メタパッケージとパッケージグループ

提供: ArchWiki
メタパッケージから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

メタパッケージパッケージグループ は、関連するパッケージ一式を表すために、パッケージャー によって定義されています。 どちらも、メタパッケージまたはグループ名をパッケージ名の代わりに使用することで、パッケージ一式を同時にインストールまたはアンインストールすることができます。グループはパッケージではありませんが、パッケージと同じようにインストールすることができます。pacman#パッケージグループのインストールPKGBUILD#groups を参照してください。

メタパッケージとパッケージグループの違い

メタパッケージと普通のパッケージの違いは、メタパッケージは依存パッケージによって関連したパッケージを結び付けるためだけに存在し、それ自身は空っぽなことです。 メタパッケージ は多くの場合"-meta"サフィックスが付けられており、複数の関連したパッケージを同時にインストールまたはアンインストールできるようにするという点で似た機能を提供します。

それぞれ長所と短所を持ち合せています:

メタパッケージ:

  • メタパッケージは、他のパッケージと全く同じようにしてインストールすることができます。(pacman#特定のパッケージのインストール を参照)
  • メタパッケージは、他のパッケージと全く同じようにしてアンインストールすることができます。(pacman#パッケージの削除 を参照)
  • メタパッケージに新しい依存パッケージが追加された際、それらも追加されます。
  • ユーザーは依存パッケージのうちどれをインストールするかを選択することができません。
  • ユーザーは、メタパッケージそれ自体をアンインストールすることなくその依存パッケージをアンインストールすることはできません。

パッケージグループ:

  • パッケージグループは、そのグループの中のどのパッケージをインストールするかをユーザーに選択させます。(pacman#パッケージグループのインストール を参照)
  • パッケージグループはパッケージ群をインストールするため、パッケージグループ自体をアンインストールすることはできません。その代わりに、 pacman -R groupname はそのパッケージグループの全てのパッケージをアンインストールしようとします。
  • パッケージグループに新しいメンバーが追加されても、自動的にインストールされません。
  • ユーザーはグループメンバーのうちどれをインストールするかを選択することができます。
  • ユーザーはグループ全体を削除することなくグループメンバーをアンインストールすることができます。

メタパッケージ

一番重要なメタパッケージは base です。これは Arch Linux のインスールに必要な最低限のパッケージを含んでいます。ここには、以下のようなものが含まれています:

  • glibcbash といった basics、
  • pacmansystemd といった、ディストリビューション関連のもの
  • core utilities 、プロセス、ファイルやファイル圧縮ユーティリティなどの POSIX ツール群
  • iproute2 のようなネットワーク周りのツール

カーネル は選択式の依存パッケージです。それが導入された際のアナウンスbase がメタパッケージである理由 を参考にしてください。

グループ

The most important package group is base-devel. It contains tools required to build many packages like GCC and make. See also makepkg#Usage.

参照