Alienware 13

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

この記事では Alienware 13 ノートパソコンの設定やトラブルシューティングを記載しています。

一般的なインストール手順はインストールガイドを見てください。

Linux を起動

まず最初にブータブル USB を作成してください。それからコンピュータを再起動して F12 ボタンを押すと BIOS によってブートメニューが表示されるので、USB を選択して起動してください。

Arch Linux が起動せずに nouveau で止まったり黒画面になることがあります。その場合、Arch Linux を起動するためにカーネルパラメータを変更する必要があります。デフォルトのパラメータを全て消去して nomodeset だけにしてみてください。

タッチパッド

タッチパッドが機能しない場合、i2c_hid モジュールをアンロードしてデスクトップ環境を再起動してみてください:

# modprobe -r i2c_hid

それで問題が解決した場合、モジュールをブラックリストに追加してください。

ワイヤレス

執筆時点で、Alienware13 の無線チップは Atheros Qualcomm Killer N1525 ですが、デフォルトでは設定が行われません。

$ lspci
...
01:00.0 Network controller: Qualcomm Atheros QCA6174 802.11ac Wireless Network Adapter (rev 20)
02:00.0 Ethernet controller: Qualcomm Atheros Killer E220x Gigabit Ethernet Controller (rev 10)
...

詳しくは Ubuntu のバグトラッカー を見てください。

パッチを使うことで動作させることができます。以下のコマンドはカーネル 4.2.5-1 でテスト済みです:

$ git clone https://github.com/sumdog/ath10k-firmware
# cp -a ath10k-firmware/ath10k/QCA6174 /lib/firmware/ath10k/QCA6174
# echo "options ath10k_core skip_otp=y" | tee -a /etc/modprobe.d/ath10k.conf

再起動後、無線が機能するようになるはずです。

スイッチャブルグラフィック

スイッチャブルグラフィックについては Bumblebee の記事を見てください。ユーティリティを使うことで必要に応じてグラフィックカードのオンオフを切り替えることができます。コンピュータの再起動やセッションを切り替える必要はありません。

執筆時点では nouveau ドライバーは NVIDIA のグラフィックチップを認識できないため、Intel/NVIDIA で Bumblebee をインストールの手順に従ってください。

以下のようなコマンドでインストールできます:

# pacman -S bumblebee xf86-video-intel dkms bbswitch nvidia primus mesa-demos

セットアップして再起動したら、グラフィックカードはオフにできます。確認するには:

$ optirun --status
Bumblebee status: Ready (3.2.1). X inactive. Discrete video card is on.

起動したいプログラムの前に primusrunoptirun を使うことでグラフィックカードを利用することができます。例:

$ glxspheres64
...
OpenGL Renderer: Mesa DRI Intel(R) HD Graphics 5500 (Broadwell GT2) 
60.004917 frames/sec - 28.911809 Mpixels/sec
...
 
$ primusrun glxspheres64
...
OpenGL Renderer: GeForce GTX 860M/PCIe/SSE2
61.130011 frames/sec - 68.221092 Mpixels/sec
...

これで必要に応じてグラフィックカードを利用できます。

キーボードライト

適切な USB にデータを送信することでキーボードのライトを制御することができます:

$ lsusb
...
Bus 002 Device 003: ID 187c:0527 Alienware Corporation 
...

pyAlienFX や Alienware-kbl などのプログラムは機能しませんでしたが、libusb を使用して USB にデータを送信する GitHub プロジェクトは動作しました。

$ git clone https://github.com/snooze6/hack-alienfx
$ make all

"FILE is not defined" などのコンパイルエラーが発生する場合、以下に stdio.h include を追加してください:

/usr/include/readline/rltypedefs.h
# Add
#include <stdio.h>

それからコンパイルしてみてください。

コンパイルできたら、以下を実行してテストします:

# ./run seq/snooze

キーボードのライトが光るはずです。

コマンドとして登録して root にならなくてもコマンドを使えるようにするには以下を実行:

# cp run /usr/local/bin/
# mkdir /usr/local/fx
# cp seq/* /usr/local/fx
# chmod 4755 /bin/fx
# cp lights.sh /usr/local/bin/lights
# chmod +x /usr/local/bin/lights

以下のコマンドでコンソールからライトを操作できます:

$ lights
$ lights on
$ lights off

起動時にコマンドを実行させることで自動的にキーボードのライトを変化させることが可能です。