Cocos2D-X

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Cocos2D-X は高性能なクロスプラットフォームの 2D/3D ゲームエンジンです。iOS, Android, WinXP/7/8, WP8, BlackBerry, MeeGo, Marmelade, WebOS, macOS など複数のプラットフォームに対応しています。このページでは初めてパッケージを使うときに設定する方法を説明します。他のドキュメントはこちらを参照。

インストール

cocos2d-x-srcAUR パッケージをインストールしてください。

設定

PATH 環境変数

手動でインストールした場合は、cocos の python2 スクリプトを実行してプロジェクトを作成したり sdkbox を実行するために、<cocos2d-x のディレクトリ>/cocos2d-console/bin<cocos2d-x のディレクトリ>/tools/cocos2d-console/plugins/plugin_packagePATH 環境変数に追加してください。以下をシェルの設定ファイルに追加します (~/.bashprofile~/.zshenv など):

export PATH=/opt/cocos2d-x/tools/cocos2d-console/bin:/opt/cocos2d-x/tools/cocos2d-console/plugins/plugin_package:${PATH}

AUR のバージョンを使うと、パッケージにより自動的に必要な環境変数全てがパスに追加されます。インストール後、/etc/profile から環境変数を再読み込みしてください。手動でも再読み込みできます:

source /etc/profile

あるいは、単にセッションを再読み込みしてください。

Python ビルドスクリプトの対処

sdkbox などほとんどの Cocos2D-X スクリプトは python3 ではなく python2 を使っているため、python2 foo.pyc をただ実行するだけでは不十分で、"env python" によって呼び出される他のモジュールが python3 になってしまいます。この問題を回避するには、AUR からインストールする、スクリプトのヘッダーを変更する、あるいは Python#ビルドスクリプトのバージョン問題の対処を読んで下さい。PATH 環境変数の /usr/bin の前に、/usr/local/bin あるいはシェルスクリプトをインストールしたディレクトリを忘れずに追加してください。以下の設定で大丈夫なはずです:

export PATH=/usr/local/bin:${PATH}

シェルスクリプトの例:

/usr/local/bin/python
#!/bin/bash
script=$(readlink -f -- "$1")
case "$script" in (/opt/cocos2d-x/*|/path/to/project1/*|/path/to/project2/*|/path/to/project3/*)
    exec python2 "$@"
esac

exec python3 "$@"

利用状況データの送信を無効化

利用状況データの送信は /opt/cocos2d-x/tools/cocos2d-console/bin/cocos2d.inienable_statfalse に設定することで無効化できます:

# sed -e 's/enable_stat=.*/enable_stat=false/g' -i /opt/cocos2d-x/tools/cocos2d-console/bin/cocos2d.ini

Android のクロスコンパイル

jdk8-openjdk, android-ndkAUR, android-sdkAUR, android-sdk-platform-toolsAUR をインストールして、以下をシェルの設定ファイルに追加してください:

export NDK_ROOT=/opt/android-ndk
export ANDROID_SDK_ROOT=/opt/android-sdk
export ANT_ROOT=/usr/bin

android ツールで特定の android のバージョンの SDK プラットフォームを取得することもできますが、Arch User Repository にも android-platform など SDK プラットフォームをダウンロードするパッケージが存在します。

SDKBOX のアップデート

Cocos2D-X には sdkbox という名前のツールが付属しており、サードパーティのソフトウェア開発キットをプロジェクトに簡単に統合できます。このツールをアップデートするには、/opt/cocos2d-x/tools/cocos2d-console/plugins/plugin_package に読み書き実行の権限が必要で、ディレクトリ内に次のファイルが入っていなければなりません: sdkbox, sdkbox.bat, sdkbox.pyc

シングルユーザー設定の場合、以下を実行することでアップデートできます:

# chown $USER:$USER /opt/cocos2d-x/tools/cocos2d-console/plugins/plugin_package/{,sdkbox,sdkbox.bat,sdkbox.pyc}
$ sdkbox update

参照