「Jabberd2」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(Pkg/AUR テンプレートの更新)
(Pkg/AUR テンプレートの更新)
 
4行目: 4行目:
   
 
== インストール ==
 
== インストール ==
{{AUR|jabberd2}}{{Broken package link|パッケージが存在しません}} パッケージを[[インストール]]してください。
+
{{AUR|jabberd2}} パッケージを[[インストール]]してください。
   
 
== 設定 ==
 
== 設定 ==

2019年9月25日 (水) 23:54時点における最新版

jabberd2XMPP サーバーです。C 言語で書かれており GNU General Public License の下で配布されるフリーソフトウェアです。jabberd14 にインスパイアされて作られました。

インストール

jabberd2AUR パッケージをインストールしてください。

設定

/etc/jabberd/c2s.xml を編集して <id register-enable='mu'> から始まる行を探してドメインを指定してください。例:

/etc/jabberd/c2s.xml
<id register-enable='mu'>mymachine.com</id>

上記の行はユーザー id に追加されます (mymachine.com と記述したら、ユーザー id は user@mymachine.com となります)。jabber サービスを (vpn や lan を使うのではなく) インターネットからアクセスできるようにする場合、DNS で解決できる名前をサーバーに設定してください。

register-enable='mu' 部分は、標準的な jabber クライアントによるアカウントの登録を許可します。

また、sm.xml にもサーバーを設定してください:

/etc/jabberd/sm.xml
<id>mymachine.com</id>

デーモン

ブート時に jabberd.service を起動するように設定してください。

詳しくはデーモンを読んでください。

参照