「SickRage」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(リンク切れ修正、英語版と同期)
(Pkg/AUR テンプレートの更新)
 
9行目: 9行目:
 
== インストール ==
 
== インストール ==
   
{{AUR|sickrage}} または {{AUR|sickrage-git}} をインストールしてください。もしくは sickrage のフォークである {{AUR|sickrage2-git}} ([https://sickchill.github.io SickChill]) を[[インストール]]してください。パッケージにはアプリケーションと systemd サービスファイルが含まれています。
+
{{AUR|sickrage}} または {{AUR|sickrage-git}} をインストールしてください。もしくは sickrage のフォークである {{AUR|sickrage2-git}}{{Broken package link|パッケージが存在しません}} ([https://sickchill.github.io SickChill]) を[[インストール]]してください。パッケージにはアプリケーションと systemd サービスファイルが含まれています。
   
 
=== systemd サービスとして起動 ===
 
=== systemd サービスとして起動 ===

2019年9月25日 (水) 23:55時点における最新版

関連記事

Sick Rage はテレビ番組の自動ビデオライブラリマネージャです。お好きな番組の新しいエピソードを監視します。

インストール

sickrageAUR または sickrage-gitAUR をインストールしてください。もしくは sickrage のフォークである sickrage2-gitAUR[リンク切れ: パッケージが存在しません] (SickChill) をインストールしてください。パッケージにはアプリケーションと systemd サービスファイルが含まれています。

systemd サービスとして起動

Sickrage は起動時に自動的に実行できます:

# systemctl enable sickrage
# systemctl start sickrage

ウェブ UI のパスワード保護

デフォルトでは SickRage のウェブ UI はポート 8081 を使用しますがパスワードで保護されません。ユーザー名とパスワードを設定するには、SickRage の設定ファイル /opt/sickrage/config.ini を編集して web_usernameweb_password の設定を変更してください:

/opt/sickrage/config.ini
web_username =
web_password =

対応 torrent クライアント

一部のクライアントを使うにはウェブインターフェイスを有効にする必要があります。

最初の使用

Sick Rage は http://localhost:8081 からアクセスできるウェブアプリケーションです。Sick Rage がバージョンがわかわないと報告してくる場合、update ボタンを押してください。アップデートがチェックされ、再起動して現在のバージョンが設定されます。設定はとても簡単です。シリーズのストレージがある場合、Sick Rage で設定することで解析してリストに追加します。