LXQt

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

2013年の初めに、Hong Jen Yee "PCMan" によって LXDE コンポーネントの Qt ツールキットへの移植が開始されました。2013年7月3日に LXDE-Qt の最初のプレビュー がリリースされました。そして、7月21日、(LXDE と同じような設計思想でデスクトップを開発していた) Razor-qt プロジェクトと LXDE プロジェクトが合併することがアナウンスされました。

こうして、Razor-qt コンポーネントと LXDE コンポーネントを使用する、Qt 上に構築されたデスクトップ、LXQt が誕生しました。開発では主に LXQt に焦点を当てていますが、LXDE の GTK 2 バージョンも開発が続けられる予定です。

インストール

まず、xorg をインストール・設定してください。そして、lxqt グループをインストールし、アイコンテーマをインストールしてください (例えば、breeze-iconsoxygen-icons)。

以下をインストールすることで、機能を追加できます:

  • LXQt Connman appletConnMan の LXQt システムトレイアプレット。
https://github.com/lxqt/lxqt-connman-applet || lxqt-connman-appletAUR
  • nm-trayAURnm-tray-gitAUR NetworkManager の Qt ベースフロントエンド。
  • SDDM — LXQt での推奨ディスプレイマネージャ。
https://github.com/sddm/sddm || sddm
  • (必要であれば) スクリーンロッカー。例えば slockXScreenSaver。これらは両方 LXQt と統合されていることが確認されており、他のものもそうかもしれません。サスペンド/スリープ時のスクリーンロックを無効化したい場合は、LXQt > 設定 > LXQt 設定 > セッション > サスペンド/ハイバネートの前に画面をロックする のチェックボックスで設定してください。
    ヒント: LXQt は、スクリーンロックに xdg-utilsxdg-screensaver を使い、これは LXQt セッションで XScreenSaver と xautolock と一緒に使った場合にのみ動作します。他のスクリーンロッカーを使うこともできます。例えば、slock の場合、Slock#サスペンド時にロック の指示に従いつつ、LXQt に合う見た目を得るためにパッチを当てられた xdg-utils-slockAUR もインストールしてください。
  • 以上で、~/.config/lxqt/lxqt.conf を編集して、スクリーンロッカーを追加することができます。xautolock はもはや必要ありません。例えば、i3lock を使うには以下を追加してください:
[Screensaver]
lock_command=i3lock

デスクトップの起動

xinit を使う

以下の行を Xinitrc に追加してください:

~/.xinitrc
exec startlxqt

グラフィカルログイン

ディスプレイマネージャのメニューから LXQt Desktop を選んでください。

設定

LXQt は一般に、設定を変更するために GUI アプリケーションを提供しようと努力します。設定ファイルは ~/.config/lxqt にあります。このディレクトリは自動的に初期化されます。新しいユーザのデフォルトの設定は、/etc/xdg/lxqt にあります。

スクリーン輝度

スクリーン輝度のキーボードショートカットにスクリーン輝度制御ではなくスクリーンコントラスト制御が割り当てられてしまっている場合、LXQt コンフィグレーションセンター > ショートカットキーからコマンドを変更して xbacklight を使うように設定できます:

xbacklight -inc 10
xbacklight -dec 10

Intel カーネルモードセッティングドライバを使っている場合、xbacklight は動作しません。しかし、以下のコマンドを代わりに使うことができます:

pkexec lxqt-backlight_backend --inc
pkexec lxqt-backlight_backend --dec

スクリーンの輝度を上げ下げするために2つのスクリプトを作成し、そのスクリプトのパスをキーボードショートカットに割り当てる必要があるかもしれません。

スクリーン輝度を変更するもう一つの方法は、brightnessctl を使うことです:

brightnessctl -d intel_backlight set +5%
brightnessctl -d intel_backlight set 5%-

パネルウィジェット

「CPU モニター」や「システム統計情報」ウィジェットをパネルに追加できない場合、libstatgrablibsysstat がインストールされていることを確認してください。

別のウィンドウマネージャを使う

Openbox が LXQt のデフォルトのウィンドウマネージャですが、セッションの設定 (lxqt-config-session) から他のウィンドウマネージャを指定できます。または、~/.config/lxqt/session.conf からも設定できます。以下の行を変更してください:

window_manager=openbox

選んだウィンドウマネージャに:

window_manager=your_window_manager

自動起動

ログイン時に X アプリケーションを実行させるには、メインメニューをクリックして LXQt > 設定 > LXQt 設定 > セッション を開いてください。あるいは、以下のコマンドでこのウィンドウを開くことができます:

$ lxqt-config-session

このウィンドウで左のリストから 自動起動 をクリックしてください。ここで、新しいアプリケーションを全体の自動起動 (XDG Autostart 仕様を実装しているすべてのセッションで起動されます) かローカルの自動起動 (このオプションに関するバグは issue 746 を見てください) に追加してください。追加したそれぞれのアイテムに対して、lxqt-config-session はデスクトップエントリを適切な XDG Autostart ディレクトリに作成します。

「全体の自動起動」と「LXQt の自動起動」との違いは、対応する .desktop ファイルが配置されているディレクトリではなく、OnlyShowIn の設定によるものです。OnlyShowIn=true が設定されている場合、「LXQt の自動起動」であるとみなされます。さらに、X-LXQt-Module=true が設定されている場合、そのアイテムは lxqt-config-session に表示されません。

環境変数を設定する

LXQt セッションの環境変数は、「セッション」設定で定義できます。

アプリケーションメニューを編集する

/usr/share/applications/lxqt-*.desktop.desktop ファイルを編集することでメニューエントリを編集できます。デスクトップエントリ を見てください。

ヒントとテクニック

スクリーンコンポジタ

以下のようなコマンドで、picom などのようなコンポジタを自動起動アプリケーションに追加することができます:

picom --vsync -r 12 --no-fading-openclose -b

終了オプションをカスタマイズする

それぞれのパッケージが提供する .desktop ファイルを ~/.local/share/applications にコピーし、NoDisplay=true ディレクティブを含むように変更することで、終了 のオプションをカスタマイズできます。参照: #876

マスキングを検討すべきファイルのリストの完全なリスト:

lxqt-hibernate.desktop
lxqt-leave.desktop
lxqt-lockscreen.desktop
lxqt-logout.desktop
lxqt-reboot.desktop
lxqt-shutdown.desktop
lxqt-suspend.desktop

例: ハイバネートオプションを削除する。

$ mkdir -p ~/.local/share/applications
$ sed '/OnlyShowIn/aNoDisplay=true' </usr/share/applications/lxqt-hibernate.desktop >~/.local/share/applications/lxqt-hibernate.desktop

トラブルシューティング

デスクトップアイコンがまとめられてしまう

デスクトップ上のアイコンを移動するときに、他のアイコンと至近距離まで近づけると結合されます。アイコンを分離できなくなった場合、~/.config/pcmanfm-qt/lxqt/desktop-items-0.conf を削除してデスクトップを再起動してください。

xrdp を使って LXQt を実行する

リモートログインで LXQt を xrdp で実行することは、サーバーのリソース消費を最小化しつつ、高速で便利であるという利点があります。xrdp をセットアップすることはあまり難しくなく、~/.xinitrc を調整するだけです。LXQt は一部の D-Bus サービスの機能に頼っているようなので、そのファイルの末尾に以下の行を追加する必要があります [1]:

exec dbus-run-session -- startlxqt

参照

翻訳ステータス: このページは en:LXQt の翻訳バージョンです。最後の翻訳日は 2022-08-23 です。もし英語版に 変更 があれば、翻訳の同期を手伝うことができます。