Oculus Rift

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Oculus Rift は Oculus VR によって開発されているバーチャルリアリティヘッドマウントディスプレイです。

インストール

ハードウェア

Oculus Rift のデバイスは HDMI によってセカンダリディスプレイとしてグラフィックカードに接続します。センサーとして使うには USB でも接続します。oculus-udevAUR パッケージが適当な udev ルールを設定します。

完全に利用するには inputvideo グループにユーザーを追加する必要があります。plugdev グループは必要なくなりました (モードは 0666 に設定されます)。

SDK

公式の Oculus Rift SDK はAUR のパッケージ oculus-rift-sdkAUR からインストールすることができます。CMake ビルドの対応などの修正が加えられたバージョンは oculus-rift-sdk-jherico-gitAUR でインストールすることが可能です。

パッケージは X セッションが起動した時に oculusd デーモンが実行されるように設定します。パッケージをインストールして X を再起動すれば自動的にバックグラウンドで実行されます。

ビデオモード

Rift を適切に機能させるには、特定のビデオモードを使う必要があります。特に、リフレッシュレートが低い通常のモニタと同じビデオモードを使っている場合、ゲームのリフレッシュレートも低くなってしまいます。

Rift をプライマリモニタにしないと、同期が正しく動作しません。

ノート: ディスプレイを回転させると遅延フレームが発生し、Windows における Extended Mode と同じ状態になります。ディスプレイを回転しない場合、遅延がなくなります (Windows の Direct Mode と同等)。残念ながらディスプレイを回転しない状態で動作するアプリケーションは一部に限られています。問題なく動作するかアプリケーションごとにテストする必要があります。

手動で xrandr を使う

プライマリディスプレイが DVI-I-2 で DVI-I-3 が Rift の場合、1152x864 が 75Hz をサポートする最大解像度です。使用するには:

$ xrandr --output DVI-I-3 --primary --rotate left --mode 1080x1920 --rate 75 --auto --output DVI-I-2 --mode 1152x864 --rate 75 --auto --same-as DVI-I-3 --scale-from 1920x1080

Rift SDK ではセカンダリディスプレイの回転を推奨していませんが、回転しないと多くのプログラムで問題が発生します。以下のコマンドはプライマリディスプレイをディスプレイ全体の拡大版として設定します。パンしたい場合、--scale-from--panning に変更してください:

$ xrandr --output DVI-I-3 --primary --rotate left --mode 1080x1920 --rate 60 --auto --output DVI-I-2 --mode 1920x1080 --rate 60 --auto --same-as DVI-I-3 --scale-from 1920x1080

xrandr --auto を使用した場合、ディスプレイが乱れることがあります。以下のコマンドを使ってひとつのモニターに戻してください:

$ xrandr --output DVI-I-2 --primary --auto --rotate normal --panning 1920x1080 --scale 1x1 --output DVI-I-3 --off

動作するアプリケーション

バーチャルリアリティ#対応ソフトウェアを参照。