Difference between revisions of "インストールガイド"

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
(同期)
 
(One intermediate revision by the same user not shown)
Line 3: Line 3:
 
[[ar:Installation guide]]
 
[[ar:Installation guide]]
 
[[bg:Installation guide]]
 
[[bg:Installation guide]]
  +
[[bs:Installation guide]]
 
[[cs:Installation guide]]
 
[[cs:Installation guide]]
 
[[da:Installation guide]]
 
[[da:Installation guide]]
Line 23: Line 24:
 
[[sk:Installation guide]]
 
[[sk:Installation guide]]
 
[[sr:Installation guide]]
 
[[sr:Installation guide]]
  +
[[sv:Installation guide]]
 
[[th:Installation guide]]
 
[[th:Installation guide]]
 
[[tr:Installation guide]]
 
[[tr:Installation guide]]
Line 38: Line 40:
 
=== 署名の検証 ===
 
=== 署名の検証 ===
   
イメージは使用する前に署名を検証することを推奨します。特に「HTTP ミラー」からイメージをダウンロードした場合、[http://www.cs.arizona.edu/stork/packagemanagersecurity/attacks-on-package-managers.html#explanation 悪意のあるイメージ] に差し替えられる可能性があるため特に検証を行ってください。
+
イメージは使用する前に署名を検証することを推奨します。特に「HTTP ミラー」からイメージをダウンロードした場合、[https://www2.cs.arizona.edu/stork/packagemanagersecurity/attacks-on-package-managers.html 悪意のあるイメージ] に差し替えられる可能性があるため特に検証を行ってください。
   
[[GnuPG]] がインストールされている場合、ISO のディスクに ("チェックサム" の下にある) "PGP 署名" をダウンロードして、{{ic|gpg --keyserver pgp.mit.edu --keyserver-options auto-key-retrieve --verify archlinux-<version>-x86_64.iso.sig}} を実行すれば[[GnuPG#署名の検証|検証]]できます
+
[[GnuPG]] がインストールされている場合、ISO のディスクに ("チェックサム" の下にある) "PGP 署名" をダウンロードして、以下のコマンドを実行すれば[[GnuPG#署名の検証|検証]]できます:
   
もしくは、既存の Arch Linux 環境から root で {{ic|pacman-key -v archlinux-<version>-x86_64.iso.sig}} を実行してください。
+
$ gpg --keyserver-options auto-key-retrieve --verify archlinux-''version''-x86_64.iso.sig
  +
  +
もしくは、既存の Arch Linux 環境から root で以下のコマンドを実行してください:
  +
  +
$ pacman-key -v archlinux-''version''-x86_64.iso.sig
   
 
{{Note|
 
{{Note|
Line 56: Line 62:
 
* Arch のメニューが表示されたら、''Boot Arch Linux'' を選択して {{ic|Enter}} を押すことでインストール環境が開きます。
 
* Arch のメニューが表示されたら、''Boot Arch Linux'' を選択して {{ic|Enter}} を押すことでインストール環境が開きます。
 
* [[カーネルパラメータ#設定|ブートパラメータ]]の一覧については [https://projects.archlinux.org/archiso.git/tree/docs/README.bootparams README.bootparams] を、含まれているパッケージの一覧は [https://git.archlinux.org/archiso.git/tree/configs/releng/packages.x86_64 packages.x86_64] を見てください。
 
* [[カーネルパラメータ#設定|ブートパラメータ]]の一覧については [https://projects.archlinux.org/archiso.git/tree/docs/README.bootparams README.bootparams] を、含まれているパッケージの一覧は [https://git.archlinux.org/archiso.git/tree/configs/releng/packages.x86_64 packages.x86_64] を見てください。
  +
* 最初に[[Wikipedia:Virtual console|仮想端末]]に root ユーザーでログインされ、[[Zsh]] のシェルプロンプトが表示されます。
 
最初に[[Wikipedia:Virtual console|仮想端末]]に root ユーザーでログインされ、[[Zsh]] のシェルプロンプトが表示されます。
 
   
 
{{ic|Alt+''arrow''}} [[キーボードショートカット|ショートカット]]を使用することでコンソールを切り替えることができます (例えば [[ELinks]] でガイドを見ながら操作できます)。設定ファイルを[[ヘルプ:読み方#追加, 作成, 編集 そして source|編集]]するときは [[nano#nano の使用方法|nano]], ''vi'', [[vim#使用方法|vim]] が使えます。
 
{{ic|Alt+''arrow''}} [[キーボードショートカット|ショートカット]]を使用することでコンソールを切り替えることができます (例えば [[ELinks]] でガイドを見ながら操作できます)。設定ファイルを[[ヘルプ:読み方#追加, 作成, 編集 そして source|編集]]するときは [[nano#nano の使用方法|nano]], ''vi'', [[vim#使用方法|vim]] が使えます。
Line 89: Line 94:
 
{{ic|rom}}, {{ic|loop}}, {{ic|airoot}} などのデバイスは無視してかまいません。
 
{{ic|rom}}, {{ic|loop}}, {{ic|airoot}} などのデバイスは無視してかまいません。
   
Arch Linux をインストールするデバイスには以下のパーティションが必要です:
+
Arch Linux をインストールするデバイスには以下の[[パーティション]]が必要です:
   
 
* ルートディレクトリ {{ic|/}} のパーティション。
 
* ルートディレクトリ {{ic|/}} のパーティション。
 
* [[UEFI]] が有効になっている場合、[[EFI システムパーティション]]。
 
* [[UEFI]] が有効になっている場合、[[EFI システムパーティション]]。
   
  +
[[LVM]], [[dm-crypt|ディスク暗号化]], [[RAID]] などを使う場合は、この段階で用意をします。
{{Note|[[スワップ|スワップ領域]]はスワップパーティションとして用意することも[[スワップ#スワップファイル|スワップファイル]]で設定することもできます。}}
 
   
  +
==== レイアウト例 ====
''パーティションテーブル''を変更するときは [[fdisk]] や [[parted]] を使います:
 
   
  +
{| class="wikitable"
# fdisk /dev/''sda''
 
  +
!colspan="5" | BIOS と [[MBR]]
  +
|-
  +
! マウントポイント
  +
! パーティション
  +
! [[Wikipedia:Partition type|パーティションタイプ]]
  +
! 容量
  +
|-
  +
| {{ic|/mnt}}
  +
| {{ic|/dev/sd''X''1}}
  +
| Linux
  +
| デバイスの残り容量全て
  +
|-
  +
| [スワップ]
  +
| {{ic|/dev/sd''X''2}}
  +
| Linux swap
  +
| 512 MiB 以上
  +
|-
  +
!colspan="5" | UEFI と [[GPT]]
  +
|-
  +
! マウントポイント
  +
! パーティション
  +
! [[GUID Partition Table|パーティションタイプ]]
  +
! 容量
  +
|-
  +
| {{ic|/mnt/boot}} または {{ic|/mnt/efi}}
  +
| {{ic|/dev/sd''X''1}}
  +
| [[EFI システムパーティション]]
  +
| 260–512 MiB
  +
|-
  +
| {{ic|/mnt}}
  +
| {{ic|/dev/sd''X''2}}
  +
| Linux x86-64 root (/)
  +
| デバイスの残り容量全て
  +
|-
  +
| [スワップ]
  +
| {{ic|/dev/sd''X''3}}
  +
| Linux swap
  +
| 512 MiB 以上
  +
|-
  +
|}
   
 
詳しくは[[パーティショニング]]を見てください。
 
詳しくは[[パーティショニング]]を見てください。
   
  +
{{Note|
{{Note|[[LVM]], [[ディスク暗号化]], [[RAID]] などを使う場合は、この段階で用意をします。}}
 
  +
* ''パーティションテーブル''を変更するときは [[fdisk]] や [[parted]] を使います: {{ic|# fdisk /dev/''sda''}}
  +
* [[スワップ|スワップ領域]]はスワップパーティションとして用意することも[[スワップ#スワップファイル|スワップファイル]]で設定することもできます。}}
   
 
=== パーティションのフォーマット ===
 
=== パーティションのフォーマット ===
Line 131: Line 178:
 
=== インターネットへの接続 ===
 
=== インターネットへの接続 ===
   
  +
ネットワーク接続を確立するために、以下の手順に従ってください:
'''有線'''接続の場合、[[dhcpcd]] デーモンが起動時に [https://git.archlinux.org/archiso.git/tree/configs/releng/airootfs/etc/udev/rules.d/81-dhcpcd.rules 有効化] され自動的に接続を開始します。[[ping]] を使って接続が確立されているかどうか確かめてください:
 
   
  +
* [[ネットワークインターフェイス]]が認識・有効化されていることを確認してください、例えば {{man|8|ip-link}} を使って確認: {{bc|# ip link}}
# ping archlinux.jp
 
  +
* ネットワークに接続してください。イーサネットケーブルを接続するか、あるいは[[ワイヤレス設定|ワイヤレス LAN に接続]]してください。
 
接続できない場合は、''dhcpcd'' モンの状態確認してください:
+
* ネットワク接続設定してください:
  +
** [[ネットワーク設定#固定 IP アドレス|固定 IP アドレス]]
 
  +
** 動的 IP アドレス: [[DHCP]] を使う。
# systemctl status dhcpcd@''interface''
 
  +
*:{{Note|インストールイメージは起動時に [[dhcpcd]] ({{ic|dhcpcd@''interface''.service}}) を [https://git.archlinux.org/archiso.git/tree/configs/releng/airootfs/etc/udev/rules.d/81-dhcpcd.rules 有線ネットワークデバイス] で有効にします。}}
 
  +
* [[Wikipedia:ping|ping]] で接続を確認できます: {{bc|# ping archlinux.jp}}
{{ic|''interface''}} の名前は[[Wikipedia:Command-line_completion|タブ補完]]で入力できます。{{ic|Active: failed}} と表示される場合は、''dhcpcd'' デーモンの起動に失敗しています。[[ネットワーク設定#デバイスドライバ|ネットワーク設定]]を手動で行ってください。{{ic|Active: active (running)}} と表示される場合は、''dhcpcd'' デーモンは起動しています。その場合にネットワーク設定を手動で行うときは、{{ic|systemctl stop dhcpcd@''interface''}} で ''dhcpcd'' サービスを[[systemd#ユニットを使う|停止]]してください。
 
 
'''無線'''接続の場合 iw, wpa_supplicant, [[netctl#ワイヤレス .28WPA-PSK.29|netctl]] を使って接続できます。[[ワイヤレス設定]]を参照してください。
 
   
 
=== システムクロックの更新 ===
 
=== システムクロックの更新 ===
Line 155: Line 200:
   
 
=== ベースシステムのインストール ===
 
=== ベースシステムのインストール ===
[https://projects.archlinux.org/arch-install-scripts.git/tree/pacstrap.in pacstrap] スクリプトを使って、{{Grp|base}} グループをインストールします。[[Arch User Repository|AUR]] からソフトウェアをコンパイルしたり [[Arch Build System|ABS]] を使うつもりであれば、{{Grp|base-devel}} パッケージグループもインストールするべきです。
 
 
# pacstrap /mnt base base-devel
 
   
  +
[https://projects.archlinux.org/arch-install-scripts.git/tree/pacstrap.in pacstrap] スクリプトを使用して {{Pkg|base}} パッケージと[[カーネル]] ({{Pkg|linux}}) をインストールしてください:
''base'' グループにはライブ環境に存在する全てのツールが含まれているわけではありません。{{Pkg|btrfs-progs}} や無線ファームウェアなどは別にインストールする必要があります。[https://projects.archlinux.org/archiso.git/tree/configs/releng/packages.x86_64 packages.x86_64] を見てください。
 
  +
  +
# pacstrap /mnt base linux
  +
  +
{{Note|{{Pkg|base}} パッケージにはライブ環境に含まれているツールが全て含まれているわけではありません。[[ファイルシステム]]のユーザースペースユーティリティや、[[ネットワーク]]を設定するのに必要なソフトウェア、デバイスを動かすためのファームウェアファイルや[[テキストエディタ]]は別途インストールが必要です。どのパッケージが含まれていないかについては [https://projects.archlinux.org/archiso.git/tree/configs/releng/packages.x86_64 packages.x86_64] を見てください。}}
  +
  +
{{Pkg|linux}} は他の[[カーネル]]パッケージに置き換えることができ、また、コンテナとして使うなど、カーネルが必要ない場合はインストールしない選択肢もあります。
   
必要に応じて、上のドにパッケージの名前を追加 (スペースで区切) れば、他のパッケージやグループも[[インストール]]きます。また、[[#chroot|chroot]] を実行した後に [[pacman]] コマンドでインストールすることも可能です。
+
[[Arch User Repository|AUR]] からソフトウェアをコンパイルしたり [[Arch Build System|ABS]] を使うつもりであれば、{{Grp|base-devel}} パッケージグルプもイントールすべきで。{{Grp|base-devel}} など他のパッケージやグループインストールしたい場合、上記の ''pacstrap'' コマンドの後ろに(スペース区切ってから)パッケージ名を追加してください。また、[[#chroot|chroot]] を実行した後に [[pacman]] コマンドでインストールすることも可能です。
   
 
== システムの設定 ==
 
== システムの設定 ==
Line 213: Line 261:
 
=== ネットワーク設定 ===
 
=== ネットワーク設定 ===
   
新しくインストールされた環境ではネットワーク接続がデフォルトで有効になっていません。もう一度ネットワークの設定を行なってください。[[ネットワーク設定]]を見てください。
+
新しくインストールされた環境ではネットワーク接続がデフォルトで有効になっていません。{{Pkg|iputils}} などのパッケージをインストールして、もう一度ネットワークの設定を行なってください。[[ネットワーク設定]]を見てください。
   
 
[[ワイヤレス設定]]の場合 {{Pkg|iw}}, {{Pkg|wpa_supplicant}}, {{Pkg|dialog}} パッケージや[[ワイヤレス設定#ドライバー・ファームウェアをインストールする|ファームウェアパッケージ]]のインストールが必要です。
 
[[ワイヤレス設定]]の場合 {{Pkg|iw}}, {{Pkg|wpa_supplicant}}, {{Pkg|dialog}} パッケージや[[ワイヤレス設定#ドライバー・ファームウェアをインストールする|ファームウェアパッケージ]]のインストールが必要です。
Line 219: Line 267:
 
=== Initramfs ===
 
=== Initramfs ===
   
必要があれば {{ic|/etc/mkinitcpio.conf}} を設定 ([[mkinitcpio]]) し、イニシャル RAM ディスクを生成:
+
([[LVM#mkinitcpio.conf の設定|LVM]], [[dm-crypt]], [[RAID#mdadm フックを mkinitcpio.conf に追加する|RAID]] 環境など) 必要があれば {{ic|/etc/mkinitcpio.conf}} を設定 ([[mkinitcpio]]) し、イニシャル RAM ディスクを生成:
# mkinitcpio -p linux
+
# mkinitcpio -P
   
 
=== Root パスワード ===
 
=== Root パスワード ===
Line 233: Line 281:
   
 
=== 再起動 ===
 
=== 再起動 ===
chroot 環境から抜けるには、{{ic|exit}} と打つか、{{ic|Ctrl+D}} を押します。
+
chroot 環境から抜けるには、{{ic|exit}} と打つか、{{ic|Ctrl+d}} を押します。
   
 
また、任意で {{ic|/mnt}} にマウントしたパーティションをアンマウントします: {{ic|umount -R /mnt}}。
 
また、任意で {{ic|/mnt}} にマウントしたパーティションをアンマウントします: {{ic|umount -R /mnt}}。

Latest revision as of 22:22, 8 October 2019

このドキュメントは、Arch Install Scripts を使って Arch Linux をインストールする過程を案内するものです。インストールの前に、FAQ に目を通しておくことをお勧めします。使用されている用語については、ヘルプ:読み方を見てください。コードの例にはプレースホルダ (斜体 の文字) を含んでいる場合があり、手動で置き換える必要があります。

コミュニティによって管理されている Arch wiki には様々な情報が記載されており、問題が起こった時はまず wiki を参照してください (インストール環境からは ELinks で閲覧できます)。答えが見つけられない場合には、Slack や、フォーラム を使って下さい。また、使い慣れていないコマンドは man コマンド で man ページを参照しましょう。

Arch Linux は 512 MB 以上のメモリが搭載された x86_64 互換のマシンで動作します。base グループに含まれている全てのパッケージをインストールしても、使用するディスク容量は 800 MB 以下です。インストールする際はリモートリポジトリからパッケージを取得する必要があるため、インターネットに接続できる環境が必要です。

インストールの準備

インストールメディアとメディアの GnuPG 署名は ダウンロード ページから入手できます。

署名の検証

イメージは使用する前に署名を検証することを推奨します。特に「HTTP ミラー」からイメージをダウンロードした場合、悪意のあるイメージ に差し替えられる可能性があるため特に検証を行ってください。

GnuPG がインストールされている場合、ISO のディスクに ("チェックサム" の下にある) "PGP 署名" をダウンロードして、以下のコマンドを実行すれば検証できます:

$ gpg --keyserver-options auto-key-retrieve --verify archlinux-version-x86_64.iso.sig

もしくは、既存の Arch Linux 環境から root で以下のコマンドを実行してください:

$ pacman-key -v archlinux-version-x86_64.iso.sig
ノート:
  • 上記の archlinux.jp ではなくミラーサイトから署名をダウンロードした場合、署名も改変されている可能性があります。その場合、署名をデコードするのに使用する公開鍵が他の信用できる鍵によって署名されていることを確認してください。gpg コマンドで公開鍵のフィンガープリントが出力されます。
  • 署名を検証する他の方法として ISO ファイルに署名している Arch Linux の開発者 のフィンガープリントと公開鍵のフィンガープリントが一致していることを確認することでも検証できます。公開鍵認証について詳しくは Wikipedia:ja:公開鍵暗号 を見てください。

ライブ環境の起動

ライブ環境はUSB フラッシュドライブ光学ディスク、あるいは PXE を使ってネットワーク経由で起動できます。他のインストール方法についてはカテゴリ:Arch の入手とインストールを見てください。

  • 大抵の場合、起動時の POST フェイズで起動画面に書かれたキーを押すことで、Arch インストールメディアが含まれているドライブから起動するように指定できます。詳しくは使用しているマザーボードのマニュアルを見てください。
  • Arch のメニューが表示されたら、Boot Arch Linux を選択して Enter を押すことでインストール環境が開きます。
  • ブートパラメータの一覧については README.bootparams を、含まれているパッケージの一覧は packages.x86_64 を見てください。
  • 最初に仮想端末に root ユーザーでログインされ、Zsh のシェルプロンプトが表示されます。

Alt+arrow ショートカットを使用することでコンソールを切り替えることができます (例えば ELinks でガイドを見ながら操作できます)。設定ファイルを編集するときは nano, vi, vim が使えます。

キーボードレイアウト

デフォルトのキーボードレイアウトは US キーボードです。利用可能なキーマップは以下のコマンドで確認できます:

# ls /usr/share/kbd/keymaps/**/*.map.gz

レイアウトを変更するには使用したいファイルの名前を指定して loadkeys(1) を実行してください。パスや拡張子は省略可能です。例えば、日本語キーボードレイアウトに設定するには:

# loadkeys jp106

コンソールフォント/usr/share/kbd/consolefonts/ に存在し、setfont(8) で設定ができます。

起動モードの確認

UEFI マザーボードで UEFI モードが有効になっている場合、Archisosystemd-boot によって Arch Linux を起動します。UEFI 環境ではインストール手順が多少異なります。efivars をチェックして UEFI モードで起動しているかどうか確認してください:

# ls /sys/firmware/efi/efivars

ディレクトリが存在しない場合、BIOS (または CSM) モードで起動しています。詳しくは使用しているマザーボードのマニュアルを読んでください。

パーティション

ライブ環境によって認識されたディスクには /dev/sda/dev/nvme0n1 などのようにブロックデバイスが割り当てられます。デバイスを確認するには、lsblk または fdisk を使ってください:

# fdisk -l

rom, loop, airoot などのデバイスは無視してかまいません。

Arch Linux をインストールするデバイスには以下のパーティションが必要です:

LVM, ディスク暗号化, RAID などを使う場合は、この段階で用意をします。

レイアウト例

BIOS と MBR
マウントポイント パーティション パーティションタイプ 容量
/mnt /dev/sdX1 Linux デバイスの残り容量全て
[スワップ] /dev/sdX2 Linux swap 512 MiB 以上
UEFI と GPT
マウントポイント パーティション パーティションタイプ 容量
/mnt/boot または /mnt/efi /dev/sdX1 EFI システムパーティション 260–512 MiB
/mnt /dev/sdX2 Linux x86-64 root (/) デバイスの残り容量全て
[スワップ] /dev/sdX3 Linux swap 512 MiB 以上

詳しくはパーティショニングを見てください。

ノート:

パーティションのフォーマット

パーティションを作成したら、適切なファイルシステムでフォーマットする必要があります。例えば、ext4/dev/sda1 のルートパーティションをフォーマットするには、以下のコマンドを実行:

# mkfs.ext4 /dev/sda1

スワップ用のパーティション (例: /dev/sda3) を作成した場合は、mkswap で初期化してください:

# mkswap /dev/sda3
# swapon /dev/sda3

詳しくはファイルシステムスワップを参照して下さい。

パーティションのマウント

ルートパーティションのファイルシステムを /mntマウントしてください。例:

# mount /dev/sda1 /mnt

他のパーティションについては、それぞれマウントポイントを作成してマウントしてください。例:

# mkdir /mnt/boot
# mount /dev/sda2 /mnt/boot

後の fstab の生成で実行する genfstab は、マウントされているファイルシステムやスワップ領域を認識します。

インターネットへの接続

ネットワーク接続を確立するために、以下の手順に従ってください:

システムクロックの更新

systemd-timesyncd を使ってシステムクロックを正確にしてください:

# timedatectl set-ntp true

サービスの状態は timedatectl status で確認できます。

インストール

ミラーの選択

/etc/pacman.d/mirrorlist を編集してミラーを選択してください。位置的に一番近いミラーがベストです。設定したミラーリストが pacstrap によってインストール時にコピーされます。

ベースシステムのインストール

pacstrap スクリプトを使用して base パッケージとカーネル (linux) をインストールしてください:

# pacstrap /mnt base linux
ノート: base パッケージにはライブ環境に含まれているツールが全て含まれているわけではありません。ファイルシステムのユーザースペースユーティリティや、ネットワークを設定するのに必要なソフトウェア、デバイスを動かすためのファームウェアファイルやテキストエディタは別途インストールが必要です。どのパッケージが含まれていないかについては packages.x86_64 を見てください。

linux は他のカーネルパッケージに置き換えることができ、また、コンテナとして使うなど、カーネルが必要ない場合はインストールしない選択肢もあります。

AUR からソフトウェアをコンパイルしたり ABS を使うつもりであれば、base-devel パッケージグループもインストールするべきです。base-devel など他のパッケージやグループをインストールしたい場合、上記の pacstrap コマンドの後ろに(スペースで区切ってから)パッケージ名を追加してください。また、chroot を実行した後に pacman コマンドでインストールすることも可能です。

システムの設定

fstab の生成

genfstab コマンドを実行して fstab を生成してください (UUID を使う場合は -U オプション、ラベルを使う場合は -L オプションのどちらかを指定します):

# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

作成された /mnt/etc/fstab を確認して、問題がないことをチェックしてください。

chroot

新しくインストールしたシステムに chroot:

# arch-chroot /mnt

タイムゾーン

/etc/localtime から /usr/share/zoneinfo/Zone/SubZone にシンボリックリンクを張って下さい。ZoneSubzone はあなたのタイムゾーンに合わせて変更してください。例:

# ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

hwclock(8) を実行して /etc/adjtime を生成してください。ハードウェアクロックが UTC に設定されている場合、マシンにインストールされている他のオペレーティングシステムも UTC に設定する必要があります。

# hwclock --systohc --utc

詳しくは時刻#時刻系を見てください。

ロケール

/etc/locale.gen を編集して使用するロケール (例: en_US.UTF-8 UTF-8ja_JP.UTF-8 UTF-8) をアンコメントし、次のコマンドを実行してください:

# locale-gen

ロケール/etc/locale.conf で設定します:

# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf

必要であれば、vconsole.conf(5)コンソールキーマップフォントを設定します:

# echo KEYMAP=jp106 > /etc/vconsole.conf

ホストネーム

あなたのコンピュータの名前を /etc/hostname に書き込んで適切なホストネームを設定してください:

# echo myhostname > /etc/hostname

同じ名前を /etc/hosts にも記述します:

/etc/hosts
127.0.0.1	localhost
::1		localhost
127.0.1.1	myhostname.localdomain	myhostname

システムに永続的な IP アドレスを割り当てる場合、127.0.1.1 の代わりにそのアドレスを指定してください。

ネットワーク設定

新しくインストールされた環境ではネットワーク接続がデフォルトで有効になっていません。iputils などのパッケージをインストールして、もう一度ネットワークの設定を行なってください。ネットワーク設定を見てください。

ワイヤレス設定の場合 iw, wpa_supplicant, dialog パッケージやファームウェアパッケージのインストールが必要です。

Initramfs

(LVM, dm-crypt, RAID 環境など) 必要があれば /etc/mkinitcpio.conf を設定 (mkinitcpio) し、イニシャル RAM ディスクを生成:

# mkinitcpio -P

Root パスワード

passwd で root パスワードを設定します:

# passwd

ブートローダー

Arch Linux を起動するために Linux に対応しているブートローダーを選択してインストールする必要があります。ブートローダーは、起動モードが UEFI の場合は systemd-bootGRUB、BIOS の場合は GRUB が多く選択されています。

Intel または AMD の CPU を使っている場合はマイクロコードのアップデートを有効にしてください。

再起動

chroot 環境から抜けるには、exit と打つか、Ctrl+d を押します。

また、任意で /mnt にマウントしたパーティションをアンマウントします: umount -R /mnt

そして reboot と入力してマシンを再起動してください。インストールメディアを取り除いて、root アカウントで新しいシステムにログインします。

インストール後

システム管理の方法やインストール後のチュートリアルは一般的な推奨事項を参照 (グラフィカルユーザーインターフェイス、サウンド、タッチパッドなど)。

あなたの興味を引くであろうアプリケーションの一覧は、アプリケーション一覧を参照。