Anbox

From ArchWiki
Revision as of 23:36, 3 June 2019 by Kusakata (talk | contribs) (翻訳)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search

Anbox は Android 用に開発されたモバイルアプリケーションやゲームを GNU/Linux ディストリビューションで動かすことを目的に作られたフリー・オープンソースの互換レイヤーです。LXC (Linux Containers) を使って Android 実行環境を起動して、Android のディレクトリ構造をマウント可能なループイメージとして再現し、ネイティブの Linux カーネルを利用してアプリケーションを実行します。

インストール

anbox-gitAUR, anbox-imageAUR (もしくは Google のアプリや houdini も使いたい場合は anbox-image-gappsAUR), anbox-modules-dkms-gitAUR, anbox-bridgeAUR をインストールしてください。

最新の 5.1 カーネルでは anbox-modules-dkms-gitAUR の PKGBUILD にパッチ [1] を適用しないと必要な binder モジュールがコンパイルできません。

以下のサービスを起動有効化してください:

  • anbox-container-manager.service

DKMS モジュールを使うのにコンピュータを再起動したくない場合、手動でロードすることができます:

# modprobe ashmem_linux
# modprobe binder_linux

使用方法

anbox 内でネットワークを使えるようにするため anbox を起動する前に毎回 anbox-bridge を実行してください。

それから、デスクトップランチャーの Other カテゴリから android アプリケーションを実行できます。

adb を使ってデバッグしたい場合、android-tools をインストールしてください。

$ adb shell