「Bitlbee」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(en:Bitlbeeへの転送ページ)
 
(update Pkg/AUR templates)
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
  +
[[Category:Internet Relay Chat]]
#redirect[[en:Bitlbee]]
 
  +
[[de:Bitlbee]]
  +
[[en:Bitlbee]]
  +
[[es:Bitlbee]]
  +
[[tr:Bitlbee]]
  +
{{Related articles start}}
  +
{{Related4|Screen Irssi Bitlbee}}
  +
{{Related articles end}}
  +
[http://www.bitlbee.org/main.php/news.r.html Bitlbee] は"コンソールベースの IRC と ICQ/MSN/Jabber などの IM チャットのゲートウェイ"です。Bitlbee を使うことで XMPP/Jabber, MSN Messenger, Yahoo! Messenger, AIM, ICQ などの人気のチャットネットワーク, Twitter マイクロブログネットワーク (さらに identi.ca や status.net といった Twitter API と互換性のある他のサービス), Facebook や StudiVZ などのソーシャルネットワークチャットネットワークを IRC クライアントで扱うことができます。
  +
  +
ユーザーの友達はチャンネル上の通常の IRC ユーザーとして表示され、IRC のプライベートメッセージ機能を使って会話します。
  +
  +
== インストール ==
  +
{{Pkg|bitlbee}} パッケージを[[インストール]]してください。もしくは、開発版の {{AUR|bitlbee-bzr}}{{Broken package link|{{aur-mirror|bitlbee-bzr}}}} をインストールしてください。
  +
  +
== 設定 ==
  +
{{ic|/etc/bitlbee/bitlbee.conf}} 設定ファイルで様々な設定ができます。
  +
  +
=== デーモン ===
  +
Bitlbee をデーモンとして実行するには、Runmode 行をアンコメントして以下のように変更してください:
  +
RunMode = ForkDaemon
  +
  +
Bitlbee デーモンを実行するときは root 権限を使わないことが推奨されています。以下の行をアンコメントすることで Bitlbee は "bitlbee" ユーザーで実行されます (パッケージのインストール時にユーザーは作成されます):
  +
User = bitlbee
  +
  +
デーモンのモードを設定するには以下の行をアンコメントしてください:
  +
DaemonInterface = 0.0.0.0
  +
DaemonPort = 6667
  +
  +
プロトコルを制限するには以下の行に許可するプロトコルを設定します:
  +
Protocols = jabber yahoo
  +
  +
設定したユーザーから設定ディレクトリが書き込みできるようになっていることを確認してください:
  +
{{bc|# chown -R bitlbee:bitlbee /var/lib/bitlbee}}
  +
  +
{{ic|bitlbee}} デーモンを[[起動]]してください。{{ic|bitlbee}} デーモンを[[有効化]]することで起動時に実行するようにできます。
  +
  +
{{Note|サーバーを起動するだけでは、チャットアカウントにはログインされません。}}
  +
  +
== 基本的な使い方 (Jabber/XMPP) ==
  +
  +
Bitlbee を起動したら IRC クライアントを使って {{ic|localhost}} に接続してください。コントロールチャンネル {{ic|&bitlbee}} が基本的な情報を表示します (表示されない場合は、join してください)。{{ic|help}} と入力することでいつでもヘルプを表示できます。
  +
  +
コントロールチャンネルの中で、次のコマンドを入力して指示に従って下さい:
  +
help quickstart
  +
  +
あなたの友達があなたを追加するために認証をリクエストすることがあります。コントロールパネルの説明に従って reply してください。
  +
  +
チャットを開始するには、新しく IRC のプライベートウィンドウを開きます:
  +
  +
/msg friend hello!
  +
  +
=== OTR ===
  +
  +
OTR のサポートが必要な場合 {{Pkg|libotr}} をインストールしてください。アカウントの登録時に、bitlbee は OTR キーを生成して、OTR 対応の連絡先と通信するときに透過的にキーが使われます。
  +
  +
==外部サービス==
  +
  +
===Twitter===
  +
  +
コントロールチャンネル {{Ic|&bitlbee}} で、以下のコマンドを入力してください:
  +
  +
11:45:03 <@user> account add twitter <handle>
  +
11:45:03 <@root> Account successfully added
  +
11:45:06 <@user> account on
  +
11:45:06 <@root> Trying to get all accounts connected...
  +
11:45:06 <@root> twitter - Logging in: Requesting OAuth request token
  +
  +
プライベートチャンネル {{Ic|twitter_handle}} で、以下のように表示されます:
  +
  +
11:45:07 <twitter_handle> To finish OAuth authentication, please visit http://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=xxxxxxxxx and respond with the resulting PIN code.
  +
  +
リンクをクリックして Twitter で BitlBee アプリを認証してください。以下のように表示されます:
  +
  +
11:59:54 <@root> twitter - Logging in: Connecting to Twitter
  +
11:59:55 <@root> twitter - Logging in: Logged in
  +
  +
== 参照 ==
  +
* [http://wiki.bitlbee.org/ Bitlbee Wiki]
  +
* [http://quark.humbug.org.au/publications/internet/bitlbee.pdf Introduction to Bitlbee] by Bradley Marshall
  +
* [http://princessleia.com/bitlbee.php Quickstart Guide] by Elizabeth Krumbach
  +
* [http://wiki.bitlbee.org/HowtoTwitter HOWTO: Connect to Twitter] on the BitlBee wiki
  +
* [https://wiki.bitlbee.org/HowtoFacebookMQTT HOWTO: Connect to Facebook] on the Bitlbee Wiki

2017年5月11日 (木) 08:00時点における最新版

関連記事

Bitlbee は"コンソールベースの IRC と ICQ/MSN/Jabber などの IM チャットのゲートウェイ"です。Bitlbee を使うことで XMPP/Jabber, MSN Messenger, Yahoo! Messenger, AIM, ICQ などの人気のチャットネットワーク, Twitter マイクロブログネットワーク (さらに identi.ca や status.net といった Twitter API と互換性のある他のサービス), Facebook や StudiVZ などのソーシャルネットワークチャットネットワークを IRC クライアントで扱うことができます。

ユーザーの友達はチャンネル上の通常の IRC ユーザーとして表示され、IRC のプライベートメッセージ機能を使って会話します。

インストール

bitlbee パッケージをインストールしてください。もしくは、開発版の bitlbee-bzrAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] をインストールしてください。

設定

/etc/bitlbee/bitlbee.conf 設定ファイルで様々な設定ができます。

デーモン

Bitlbee をデーモンとして実行するには、Runmode 行をアンコメントして以下のように変更してください:

RunMode = ForkDaemon

Bitlbee デーモンを実行するときは root 権限を使わないことが推奨されています。以下の行をアンコメントすることで Bitlbee は "bitlbee" ユーザーで実行されます (パッケージのインストール時にユーザーは作成されます):

User = bitlbee

デーモンのモードを設定するには以下の行をアンコメントしてください:

DaemonInterface = 0.0.0.0
DaemonPort = 6667

プロトコルを制限するには以下の行に許可するプロトコルを設定します:

Protocols = jabber yahoo

設定したユーザーから設定ディレクトリが書き込みできるようになっていることを確認してください:

# chown -R bitlbee:bitlbee /var/lib/bitlbee

bitlbee デーモンを起動してください。bitlbee デーモンを有効化することで起動時に実行するようにできます。

ノート: サーバーを起動するだけでは、チャットアカウントにはログインされません。

基本的な使い方 (Jabber/XMPP)

Bitlbee を起動したら IRC クライアントを使って localhost に接続してください。コントロールチャンネル &bitlbee が基本的な情報を表示します (表示されない場合は、join してください)。help と入力することでいつでもヘルプを表示できます。

コントロールチャンネルの中で、次のコマンドを入力して指示に従って下さい:

help quickstart

あなたの友達があなたを追加するために認証をリクエストすることがあります。コントロールパネルの説明に従って reply してください。

チャットを開始するには、新しく IRC のプライベートウィンドウを開きます:

/msg friend hello!

OTR

OTR のサポートが必要な場合 libotr をインストールしてください。アカウントの登録時に、bitlbee は OTR キーを生成して、OTR 対応の連絡先と通信するときに透過的にキーが使われます。

外部サービス

Twitter

コントロールチャンネル &bitlbee で、以下のコマンドを入力してください:

11:45:03 <@user> account add twitter <handle>
11:45:03 <@root> Account successfully added
11:45:06 <@user> account on
11:45:06 <@root> Trying to get all accounts connected...
11:45:06 <@root> twitter - Logging in: Requesting OAuth request token

プライベートチャンネル twitter_handle で、以下のように表示されます:

11:45:07 <twitter_handle> To finish OAuth authentication, please visit http://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=xxxxxxxxx and respond with the resulting PIN code.

リンクをクリックして Twitter で BitlBee アプリを認証してください。以下のように表示されます:

11:59:54 <@root> twitter - Logging in: Connecting to Twitter
11:59:55 <@root> twitter - Logging in: Logged in

参照