Fcitx5

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

Fcitx5 は Fcitx の後継です。

インストール

fcitx5 パッケージをインストールしてください。

fcitx5-im パッケージグループは、fcitx5 本体、#設定ツール および必要な#インプットメソッドモジュールを提供します。

ノート: fcitx5 は基本的なフレームワークを提供するだけで英語のサポートが提供されます。中国語や日本語などの他の言語を入力する場合は、インプットメソッドエンジンが必要です。

中国語

  • fcitx5-chewinglibchewing に基づく繁体字の注音入力エンジンです。
  • fcitx5-chinese-addons には中国語に関連するアドオンが含まれています。fcitx4 にバンドルされている IME も含まれます。
  • fcitx5-rimeRime IME プロジェクトのスキーマを基にしています。

日本語

  • fcitx5-anthy は人気の日本語入力エンジンです。ただし、開発は滞っています。
  • fcitx5-kkclibkkc がベースの日本語仮名漢字入力エンジンです。
  • fcitx5-mozc Google 日本語入力のオープンソース版である Mozc がベース。
  • fcitx5-skklibskk がベースの日本語仮名漢字入力エンジンです。

他の言語

インプットメソッドモジュール

より良いエクスペリエンスを得るために、以下のモジュールもインストールすると良いでしょう。モジュールをインストールしなくても大抵のアプリケーションでインプットメソッドは動作しますが、インプットメソッドがフリーズしたり、プレビューウィンドウの位置がずれたり、プレビューが表示されなかったりする可能性があります。

  • Qt プログラムには fcitx5-qt をインストールしてください。
  • GTK プログラムには fcitx5-gtk をインストールしてください。
  • Qt4 プログラムには fcitx5-qt4-gitAUR をインストールしてください。
  • Qt5 プログラムには fcitx5-qt5-gitAUR をインストールしてください。
  • Qt6 プログラムには fcitx5-qt6-gitAUR をインストールしてください。
  • 日付と時刻のサポートについては fcitx5-lua をインストールしてください。
ヒント: 通常、fcitx5-qtfcitx5-gtk をインストールすると、あらゆる状況に対応できます。

使用方法

インプットメソッドモジュールの環境変数の設定

Fcitx5を常用する場合は、環境変数を変更する必要があります。

/etc/environmentを編集し、以下の行を追加します。

GTK_IM_MODULE=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx
XMODIFIERS=@im=fcitx
ヒント: これらの変数を設定する他の方法については、 環境変数 を参照してください。SDL2ライブラリのベンダー修正版を使用する一部のゲーム(Dota2など)では、SDL_IM_MODULE=fcitx も追記します。

デスクトップ環境での自動起動

デスクトップ起動時に Fcitx5 を自動起動 させたい場合は、Fcitx#デスクトップ環境の自動起動 を参照してください。

ノート:
  • Fcitx5 の起動ファイルの場所が変更になり、現在は /usr/share/applications/org.fcitx.Fcitx5.desktop になっています。
  • KDE, GNOME, Xfce, LXDE などの XDG 互換のデスクトップ環境を使用している場合、再ログイン後、自動起動します。
ヒント: Fcitx5 が正しく動作しているかどうかを確認するには、アプリケーションを開いて Ctrl+Space を押して入力方法を切り替え(設定されている場合)、いくつかの単語を入力してみてください

設定

設定ツール

fcitx5 の設定ファイルは、~/.local/share/fcitx5 にあります。テキストエディタを使用して設定ファイルを編集できますが、GUIを使った方が明らかに便利です。 fcitx5-configtool パッケージをインストールします。

テーマ

収録されているテーマは非常に少なく、GitHub でより多くのテーマを見つけることができます。

ヒント: KCM を使用している場合は、Setting -> Location -> input method -> Configure addons -> Classic user interface -> Theme でテーマを切り替えます。

トラブルシューティング

問題の診断

​fcitx5 の使用に問題がある場合 (例. ​Ctrl+Space がすべてのアプリケーションで機能しないなど。最初に試すべきことは、fcitx5-diagnose を使用して診断することです。​fcitx5-diagnose の出力には、最も一般的な問題の手がかりが含まれています。

最新の wps は fcitx5 を使用できません

参照. WPS Office#Fcitx5 cannot input Chinese

intellij IDE で error position

一部のJavaアプリケーションは正確に位置を取得できません。Fcitx5はこの問題を修正できません [1].

候補ボックス内で絵文字の表示がおかしい

1. 絵文字のフォントがインストールされていることを確認します。 ( 例えば noto-fonts-emoji )

2. システムフォントを Noto Sans CJK JP

3. 次のコマンドを使用して再起動 reboot Fcitx5 :

# kill `ps -A | grep fcitx5 | awk '{print $1}'` && fcitx5&

ヒントとテクニック

選択した文字の Unicode エンコーディングを表示する方法

  • 選択したテキストの Unicode エンコーディングをテキストエディタで表示する場合は、テキストを直接選択し、ショートカットキーctrl + alt + shift + uを使用して、選択したテキストのエンコーディングを表示します。
  • 非編集領域(この Wiki など)のテキストの Unicode エンコーディングを表示する場合は、まずテキストをクリップボードにコピーしてから、編集可能な領域(検索ボックスなど)をクリックする必要があります。 次に、ショートカットキー ctrl + alt + shift + u を使用して、クリップボード内のテキストのエンコーディングを表示できます。

特殊文字を入力

一般に、āá© などの単純な記号は、コンポーズキーの設定 から入力できますが などの特殊記号の場合は、次のいずれかをカスタマイズします ~/.XCompose または、Fcitx5 の Unicode 関数を使用します。

を例にとってみましょう。

任意の入力ボックスにカーソルを置いて Ctrl+Alt+Shift+U を押し、circle one と入力すると、 などの特殊文字が表示されます。

RIME

ユーザーデータディレクトリは ~/.local/share/fcitx5/rime/ です。

ノート: 次の例では、luna_pinyinを例にしています。他の入力方式の変更を参照してください

ギリシャ文字

luna_pinyin.custom.yaml をカスタムファイルとして次のコードを追加します。

luna_pinyin.custom.yaml
recognizer:
  patterns:
    # Use / as the identifier here
    # You can freely replace your favorite identifiers (such as: `~, .\; etc., characters that need not be displayed directly on the screen)
    # Replace the / before the Greek letter at the same time
    punct: "^/([0-9]0?|[A-Za-z]+)$"
punctuator:
  symbols:
    # Here, the letter name is used as the code of the Greek letter, and you can replace it with your favorite code as needed.
    # For example, if you want to use a as the alpha code
    # just replace the alpha below with a
    "/alpha": ["Α", "α"]
    "/beta": ["Β", "β"]
    "/gamma": ["Γ", "γ"]
    "/delta": ["Δ", "δ"]
    "/epsilon": ["Ε", "ε"]
    "/zeta": ["Ζ", "ζ"]
    "/eta": ["Η", "η"]
    "/theta": ["Θ", "θ"]
    "/iota": ["Ι", "ι"]
    "/kappa": ["Κ", "κ"]
    "/lambda": ["Λ", "λ"]
    "/mu": ["Μ", "μ"]
    "/nu": ["Ν", "ν"]
    "/xi": ["Ξ", "ξ"]
    "/omicron": ["Ο", "ο"]
    "/pi": ["Π", "π"]
    "/rho": ["Ρ","ρ"]
    "/sigma": ["Σ", "σ", "ς"]
    "/tau": ["Τ", "τ"]
    "/upsilon": ["Υ", "υ"]
    "/phi": ["Φ", "φ"]
    "/chi": ["Χ", "χ"]
    "/psi": ["Ψ", "ψ"]
    "/omega": ["Ω", "ω"]

例えば、α を使いたい場合、/alpha と入力します。

半角/全角句読点の切り替え

fcitx5-chinese-addons では、デフォルトで全角句読点が使用されますが、Ctrl + . で半角と全角の句読点を切り替えることができます。