「LMMS」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「Category:アプリケーション Category:音声/動画 en:LMMS LMMS はコンピュータで作曲できるフリーのクラスプラットフォームソ...」)
 
(カテゴリ変更)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
[[Category:アプリケーション]]
+
[[Category:音楽]]
[[Category:音声/動画]]
 
 
[[en:LMMS]]
 
[[en:LMMS]]
  +
[[ru:LMMS]]
LMMS はコンピュータで作曲できるフリーのクラスプラットフォームソフトウェアです。メロディやビートの作成、シンセサイズ、ミックス、サンプルアレンジなどができます。MIDI キーボードを使用することもでき、ユーザーフレンドリーで近代的なインターフェイスを備えています。さらに LMMS にはすぐに使える楽器・エフェクトプラグイン・プリセット・サンプルが大量に付いてきます。
 
  +
[https://lmms.io/ LMMS] はコンピュータで作曲できるフリーのクラスプラットフォームソフトウェアです。メロディやビートの作成、シンセサイズ、ミックス、サンプルアレンジなどができます。MIDI キーボードを使用することもでき、ユーザーフレンドリーで近代的なインターフェイスを備えています。さらに LMMS にはすぐに使える楽器・エフェクトプラグイン・プリセット・サンプルが大量に付いてきます。
   
 
== インストール ==
 
== インストール ==
   
{{Pkg|lmms}} パッケージでインストールすることができます。最新機能を使いたい場合は {{aur|lmms-git}} パッケージで開発版をインストールできます。
+
{{Pkg|lmms}} パッケージでインストールすることができます。最新機能を使いたい場合は {{aur|lmms-git}} や {{AUR|lmms-beta-bin}} パッケージで開発版・ベータ版をインストールできます。リリースノートは [https://github.com/LMMS/lmms/releases] を見てください
   
  +
シングルログインで VLC など他の音楽アプリを使う場合、[[サウンドシステム#サウンドサーバー|サウンドサーバー]]が必要になります。もしくは [[ALSA#ミキシング|dmix]] を設定してください。
また、[[Timidity#SoundFont|サウンドフォント]]と [[Timidity]] が必要です。
 
   
  +
== MIDI とサウンドフォント ==
シングルログインで VLC など他の音楽アプリを使う場合、[[サウンドシステム#サウンドサーバー|サウンドサーバー]]が必要になります。
 
  +
  +
設定によっては[[Timidity#SoundFont|サウンドフォント]]と [[Timidity]] が必要です。
   
 
インストールしたら FluidSynth の設定ファイルをパッケージの [https://projects.archlinux.org/svntogit/packages.git/tree/trunk/fluidsynth.install?h=packages/fluidsynth post-installation スクリプト] に書かれているように編集してください。オーディオドライバーはインストールしたサウンドサーバーを選択してください。
 
インストールしたら FluidSynth の設定ファイルをパッケージの [https://projects.archlinux.org/svntogit/packages.git/tree/trunk/fluidsynth.install?h=packages/fluidsynth post-installation スクリプト] に書かれているように編集してください。オーディオドライバーはインストールしたサウンドサーバーを選択してください。

2019年3月1日 (金) 01:46時点における最新版

LMMS はコンピュータで作曲できるフリーのクラスプラットフォームソフトウェアです。メロディやビートの作成、シンセサイズ、ミックス、サンプルアレンジなどができます。MIDI キーボードを使用することもでき、ユーザーフレンドリーで近代的なインターフェイスを備えています。さらに LMMS にはすぐに使える楽器・エフェクトプラグイン・プリセット・サンプルが大量に付いてきます。

インストール

lmms パッケージでインストールすることができます。最新機能を使いたい場合は lmms-gitAURlmms-beta-binAUR パッケージで開発版・ベータ版をインストールできます。リリースノートは [1] を見てください。

シングルログインで VLC など他の音楽アプリを使う場合、サウンドサーバーが必要になります。もしくは dmix を設定してください。

MIDI とサウンドフォント

設定によってはサウンドフォントTimidity が必要です。

インストールしたら FluidSynth の設定ファイルをパッケージの post-installation スクリプト に書かれているように編集してください。オーディオドライバーはインストールしたサウンドサーバーを選択してください。

それから fluidsynth.service起動してください。

LMMS の起動時、設定画面が開きます。オーディオ設定を開いて、FluidSynth に設定したのと同じインターフェイスを選んでください。変更を加えた場合は LMMS を再起動してください。