Difference between revisions of "Makepkg-optimize"

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
(英語版と同期: nodejs-svgoがsvgoに改名)
(+executableスクリプト)
 
Line 7: Line 7:
 
{{Related articles end}}
 
{{Related articles end}}
   
{{AUR|makepkg-optimize}} は {{AUR|pacman-git}} を補助する [https://git.archlinux.org/pacman.git/commit/?id=508b4e3ec0cb3e365942f4dc0626edda4789932b buildenv] と [https://git.archlinux.org/pacman.git/commit/?id=295a3491adc4af5c8634ac82777212ed9c664457 tidy] スクリプト集です。{{ic|build()}} と {{ic|package()}} で最適化をかけるマクロを提供します。
+
{{AUR|makepkg-optimize}} は {{AUR|pacman-git}} を補助する [https://git.archlinux.org/pacman.git/commit/?id=295a3491adc4af5c8634ac82777212ed9c664457 tidy]、[https://git.archlinux.org/pacman.git/commit/?id=508b4e3ec0cb3e365942f4dc0626edda4789932b buildenv] と [https://git.archlinux.org/pacman.git/commit/?id=0bb04fa16a82db133dd010478c1256bc8500c5e7 executable] スクリプト集です。{{ic|build()}} と {{ic|package()}} で最適化をかけるマクロを提供します。
   
 
{{Note|[[Arch User Repository]] の他のパッケージと同じく、{{AUR|makepkg-optimize}} に公式サポートはありません。AUR ページのコメント欄を使ってください。}}
 
{{Note|[[Arch User Repository]] の他のパッケージと同じく、{{AUR|makepkg-optimize}} に公式サポートはありません。AUR ページのコメント欄を使ってください。}}

Latest revision as of 16:18, 12 July 2019

関連記事

makepkg-optimizeAURpacman-gitAUR を補助する tidybuildenvexecutable スクリプト集です。build()package() で最適化をかけるマクロを提供します。

ノート: Arch User Repository の他のパッケージと同じく、makepkg-optimizeAUR に公式サポートはありません。AUR ページのコメント欄を使ってください。

インストール

makepkg-optimizeAUR をインストールしてください。また、最適化を行うためにバックエンドをインストールしてください: openmp, upx, optipng, svgoAUR

設定

makepkg-optimizeAUR は現在の makepkg の設定から /etc/makepkg-optimize.conf という名前の 設定ファイル を生成します。

このファイルにはコンパイルフラグ, ビルド環境, パッケージオプション, パッケージ出力, 圧縮デフォルト の追加オプションが記載されています。デフォルトでは全て無効となっています。

警告: 最適化によってはパッケージのビルドが上手くいかなくなることがあり、過最適化がパフォーマンスの劣化を引き起こしたりセグメンテーション違反が発生する可能性もあります。

最適化されたパッケージのビルド

最適化の設定を行ったら、ビルドするときに設定ファイルを指定してください:

$ makepkg --config /etc/makepkg-optimize.conf
ノート: Profile-guided optimization ではパッケージを2回ビルド・インストールする必要があります。最初 $PROFDEST/pkgbase.gen にプロファイルを生成して、それからプロファイルを $PROFDEST/pkgbase.used に移動して適用します。

chroot で最適化されたパッケージのビルド

また、makepkg-optimize を使って chroot の中で最適化済みのパッケージをビルドすることもできます。

Chroot の設定

chroot をセットアップした後、設定が必要です。

makepkg-optimize とバックエンドのインストール

まず、chroot に最適化マクロのバックエンドをインストール:

$ arch-nspawn "$CHROOT"/root pacman -S openmp upx optipng

それから pacman-gitAURmakepkg-optimizeAURsvgoAURダウンロードビルドしてください。

chroot でインストールするには、以下のようにパッケージファイルをコピーしてインストールします:

# cp svgo-1.2.2-2-any.pkg.tar.xz "$CHROOT"/root/root/
$ arch-nspawn "$CHROOT"/root pacman -U /root/svgo-1.2.2-2-any.pkg.tar.xz
警告: 上記の操作を行うと完全な chroot ではなくなります。

PGO キャッシュの作成

PGO を使うときは、プロファイル を保存するために chroot の中と外、同じ場所にフォルダを作成します:

# mkdir -m 777 {"$CHROOT"/root,}/mnt/pgo

それから $CHROOT/root/etc/makepkg-optimize.conf を編集して PROFDEST=/mnt/pgo を設定してください。

chroot を使う

ノート: chroot を アップデート するとき、AUR パッケージは手動で更新が必要です。

パッケージのビルド

まず、$CHROOT/root/etc/makepkg-optimize.conf を編集して最適化を選択してください。

ビルドするときに、makepkg に設定ファイルを指定してください:

$ makechrootpkg -c -r "$CHROOT" -- --config /etc/makepkg-optimize.conf
PGO でビルド

最初のビルドが終わったら、PGO キャッシュをバインド:

# mount -o bind {,"$CHROOT"/root}/mnt/pgo
# mount -o bind "$CHROOT"/{root,"$USER"}/mnt/pgo
ヒント: fstab を使って起動時に上記のフォルダを バインド することもできます。

パッケージをインストールしてテスト実行してみてください。

ノート: プログラムの exit() 時にプロファイルは作成されます。systemd などのデーモンの場合、プロファイルを作成するには再起動が必要となります。再起動したら、再ビルドする前に PGO キャッシュを再バインドしてください。

ソフトウェアを一通り使ったら、パッケージを再ビルド・再インストールしてください。