Midnight Commander

From ArchWiki
Revision as of 17:05, 17 February 2015 by Kusakata (talk | contribs) (ページの作成:「Category:ファイルマネージャ en:Midnight Commander fr:Midnight Commander ru:Midnight Commander {{Related articles start}} {{Related|ファイル...」)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search

関連記事

Midnight Commander はビジュアルファイルマネージャです。ファイルやディレクトリー全体のコピー・移動・削除や、ファイルの検索、サブシェルでのコマンドの実行ができます。ビューアやエディタも内蔵しています。

Ncurses や S-Lang のような汎用のテキストインターフェイスを使っているため、通常のコンソール、X Window ターミナル、または SSH 接続を介してリモートシェルでも動作します。

インストール

公式リポジトリから mcインストールしてください。開発版は AURmc-gitAUR でインストールできます。

追加テーマ

  • mc-solarized-git — Midnight Commander の Solarized カラースキーム
https://github.com/nkulikov/mc-solarized-skin || mc-solarized-gitAUR
  • mc-skin-candy — Candy カラースキーム (256color)
https://github.com/izmntuk/archiso/blob/master/configs/alter/root-image/usr/share/mc/skins/candy.ini || パッケージが存在しないか AUR で検索

Tips and tricks

キーバインディングの変更

デフォルトのキーバインドのユーザーコピーを作成してください:

cp /etc/mc/mc.keymap ~/.config/mc/

そして設定を編集してください。MC_KEYMAP 環境変数/etc/mc/mc.emacs.keymap などの他のキーマップを使うように設定することもできます:

export MC_KEYMAP=/etc/mc/mc.emacs.keymap

詳しくは man 1 mcRedefine hotkey bindings を見てください。

Lynx のようなモーションを有効化

To browse folders using the cursor keys, go to Options (F9, o) → Panel Options (p), set Lynx-like motion checkbox in Navigation group (y) and press OK (o).

メニューから起動

デスクトップエントリを使うことでメニューから Midnight commander を起動することができます。例:

[Desktop Entry]
Type=Application
Version=1.0
Name=Midnight Commander
Comment=Visual file manager
Exec=mc
Icon=folder
MimeType=inode/directory
Terminal=true
Categories=Utility;

ゴミ箱のサポート

デフォルトでは Midnight Commander はゴミ箱を サポートしていません

libtrash を使う

AUR から libtrashAUR をインストールしてシェルの初期設定ファイル (例: ~/.bashrc または ~/.zshrc) に mc エイリアスを作ってください:

alias mc='LD_PRELOAD=/usr/lib/libtrash.so.3.3 mc'

変更を適用するには、シェルのセッションを再起動するかシェルの設定ファイルを source してください。

デフォルト設定は /etc/libtrash.conf.sys に定義されています。~/.libtrash を使ってユーザーごとに設定を上書きすることができます。例:

TRASH_CAN = .Trash
INTERCEPT_RENAME = NO
IGNORE_EXTENSIONS= o;exe;com

これで (mc で起動した) Midnight Commander によって削除されたファイルは ~/.Trash ディレクトリに移動します。

警告:
  • Applications launched from mc inherit LD_PRELOAD, which may cause problems with some applications. [1]
  • With GLOBAL_PROTECTION = YES set (default), files deleted outside the home directory are moved to the trash, even if they are on a different partition. Depending on the file, this may cause a significant delay.

[2] も参照。

トラブルシューティング

Exit to the current directory

On exit, the shell returns to the directory Midnight Commander was started from instead of the last selected directory. A simple workaround is to hide the interface (instead of quit) with Ctrl+o.

画面が化ける

Ctrl+l を押して画面を再描写してください。再描写を行うだけでファイルリストの更新 (Ctrl+r) は行われません。

参照