「MuPDF」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(文字列「http://www.adobe.com/」を「https://www.adobe.com/」に置換)
(文字列「http://mupdf.com」を「https://mupdf.com」に置換)
 
17行目: 17行目:
 
== 使用方法 ==
 
== 使用方法 ==
   
MuPDF はコマンドラインから {{ic|mupdf filename.pdf}} で起動できます。使用できる引数: パスワードを指定する {{ic|-d ''password''}}、ズーム率を指定する {{ic|-z N%}}、最初にページを選択する {{ic|-p N}}。詳しくは {{man|1|mupdf|url=http://mupdf.com/docs/manual}} を参照。
+
MuPDF はコマンドラインから {{ic|mupdf filename.pdf}} で起動できます。使用できる引数: パスワードを指定する {{ic|-d ''password''}}、ズーム率を指定する {{ic|-z N%}}、最初にページを選択する {{ic|-p N}}。詳しくは {{man|1|mupdf|url=https://mupdf.com/docs/manual}} を参照。
   
 
ファイル内での移動はキーボードショートカットとマウス操作で出来ます。
 
ファイル内での移動はキーボードショートカットとマウス操作で出来ます。
25行目: 25行目:
 
== 参照 ==
 
== 参照 ==
   
* [http://mupdf.com/ MuPDF ウェブサイト]
+
* [https://mupdf.com/ MuPDF ウェブサイト]
 
* [http://poppler.freedesktop.org/ Poppler ウェブサイト]
 
* [http://poppler.freedesktop.org/ Poppler ウェブサイト]
 
* [https://www.adobe.com/devnet/pdf/pdf_reference.html Page „PDF reference“ from Adobe]
 
* [https://www.adobe.com/devnet/pdf/pdf_reference.html Page „PDF reference“ from Adobe]

2018年2月7日 (水) 00:16時点における最新版

関連記事

MuPDF はポータブルな C 言語で書かれた軽量な PDF ビューアでありツールキットです。MuPDF は XPS, OpenXPS, ePub ドキュメントも読み込みます。

MuPDF のレンダラは高品質なアンチエイリアスグラフィックで最適化されています。印刷紙を画面上で再現するために、1ピクセル以下の精度でテキストをレンダリングするほどハイファイです。

MuPDF は PDF 1.7 が要求する全ての静的関数をサポートしており、poppler ベースの pdf アプリケーションも軽量に動作します。

インストール

mupdf パッケージをインストールしてください。開発版は mupdf-gitAUR でインストールできます。

使用方法

MuPDF はコマンドラインから mupdf filename.pdf で起動できます。使用できる引数: パスワードを指定する -d password、ズーム率を指定する -z N%、最初にページを選択する -p N。詳しくは mupdf(1) を参照。

ファイル内での移動はキーボードショートカットとマウス操作で出来ます。

拡大している場合、左マウスボタンを使ってドキュメントを移動できます。右マウスボタンを押しながらマウスを移動すると領域が選択され、テキストがコピーされます。中マウスボタンを押すとテキストが貼り付けられます。

参照