Difference between revisions of "PC Engines"

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
(システムの起動: 同期)
m (英語版と同期、後者未訳)
 
Line 28: Line 28:
 
デバイスが SD カードや USB フラッシュドライブから起動しない場合、起動時に F10 を押してブートメニューを立ち上げてください。そして "Ctl+A" "Ctl+Q" で picocom を閉じてください。
 
デバイスが SD カードや USB フラッシュドライブから起動しない場合、起動時に F10 を押してブートメニューを立ち上げてください。そして "Ctl+A" "Ctl+Q" で picocom を閉じてください。
   
ArchIso の Grub に再接続:
+
ArchIso の [[GRUB]] に再接続:
 
LANG=C picocom --baud 38400 /dev/ttyUSB0
 
LANG=C picocom --baud 38400 /dev/ttyUSB0
   
Line 35: Line 35:
   
 
スペースの後に以下を追加して "Enter" を押してください:
 
スペースの後に以下を追加して "Enter" を押してください:
console=ttyS0,38400
+
console=ttyS0,115200
   
  +
一旦 picocom を終了させ、最初に述べたコマンドで再接続し、115200 にボーレートを変更します。
30秒ほど待てばカラフルなブートプロンプトが表示されます。
 
  +
最後に、30秒ほど待てばカラフルなブートプロンプトが表示されます。
   
 
=== システムのインストール ===
 
=== システムのインストール ===
Line 59: Line 60:
 
MENU LABEL Arch Linux
 
MENU LABEL Arch Linux
 
LINUX ../vmlinuz-linux
 
LINUX ../vmlinuz-linux
APPEND root=UUID=1ef5a2eb-1908-4929-9b91-f6c4183695ac rw console=ttyS0,38400
+
APPEND root=UUID=1ef5a2eb-1908-4929-9b91-f6c4183695ac rw console=ttyS0,115200
 
INITRD ../initramfs-linux.img}}
 
INITRD ../initramfs-linux.img}}
   

Latest revision as of 18:29, 9 June 2019

PC Engines は x86 の組み込みデバイスを製造しているスイスのハードウェアメーカーです。

apu2c4

このドキュメントでは SD カードや USB フラッシュドライブを使って SSD に Arch Linux をインストールする方法を説明します。

ハードウェア

  • CPU: AMD 組み込み向け G シリーズ GX-412TC, 64ビット 1 GHz クアッドコア
  • RAM: エラー訂正機能付き 4GB DRAM
ノート: 最初にシリアルポートからねじを外してください。

注意してデバイスを組み立てたら クーリングシステムのガイド を読んでください。

セットアップの準備

  • apu を制御するにはシリアル接続 (RS-232) が必要です。
  • ユーザーを uucp グループに追加してください。
  • picocom などのプログラムをインストールしてください。詳しくはシリアルコンソールを読んでください。
  • arch-dualboot.iso をダウンロードしてください。

システムの起動

BIOS を確認するには以下のコマンドを使用:

LANG=C picocom --baud 115200 --omap crcrlf /dev/ttyUSB0

デバイスが SD カードや USB フラッシュドライブから起動しない場合、起動時に F10 を押してブートメニューを立ち上げてください。そして "Ctl+A" "Ctl+Q" で picocom を閉じてください。

ArchIso の GRUB に再接続:

LANG=C picocom --baud 38400 /dev/ttyUSB0

"Tab" を押して cli モードに入れば以下のようにプロンプトが表示されます:

linux boot/x86_64/vmlinuz archisobasedir=arch archisolabel=ARCH_201710 initrd=boot/intel_ucode.img,boot/x86_64/archiso.img

スペースの後に以下を追加して "Enter" を押してください:

console=ttyS0,115200

一旦 picocom を終了させ、最初に述べたコマンドで再接続し、115200 にボーレートを変更します。 最後に、30秒ほど待てばカラフルなブートプロンプトが表示されます。

システムのインストール

ここからは sshd を起動してインストールガイドに従って Arch をインストールします。

dhclient で新しい IP を取得して sshd を起動:

# systemctl start sshd.service

SSD のレイアウトは以下のように決めてください:

/dev/sda1           2048   264191   262144  128M 83 Linux
/dev/sda2         264192 25430015 25165824   12G 83 Linux
/dev/sda3       25430016 31277231  5847216  2.8G 82 Linux swap / Solaris

GRUB で MBR レイアウトを使うと良いでしょう:

# grub-install --target=i386-pc /dev/sda
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

Syslinux を使用する場合、ブートメニューで console オプションを指定してください:

/boot/syslinux/syslinux.cfg
LABEL arch
    MENU LABEL Arch Linux
    LINUX ../vmlinuz-linux
    APPEND root=UUID=1ef5a2eb-1908-4929-9b91-f6c4183695ac rw console=ttyS0,115200
    INITRD ../initramfs-linux.img

シリアルコンソール#接続先のマシンのコンソールを設定も読んでください。

セットアップが完了したら SD カードあるいは USB フラッシュドライブを取り出してください。