Difference between revisions of "SDRplay"

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
(翻訳)
 
(No difference)

Latest revision as of 00:25, 4 June 2019

関連記事

SDRplay は様々なソフトウェア無線 (SDR) 受信機のメーカーです。全て Mirics Semiconductor MSi2500 を搭載しており、DVB-T から AM ラジオまで幅広いアプリケーションで使われています。

ハードウェアドライバー

SDRplay のドライバーはクローズドソースで、バイナリ形式でのみ入手できます。こちら からダウンロードするか、あるいは libsdrplayAUR パッケージでインストールできます。

SoapySDR

現在 libmirsdrapi-rsp をサポートしているアプリケーションは多くないため、soapysdr または soapysdr-gitAUR をインストールすると良いでしょう。

SoapySDRPlay モジュールも必要です。soapysdrplayAUR あるいは soapysdrplay-gitAUR で入手できます。

GNU Radio

GNU Radio で SDRplay を使いたい場合は gr-osmosdr-nonfree-gitAUR をインストールしてください。

他のアプリケーション

  • cubicsdrAUR または cubicsdr-gitAUR はフル機能で使いやすい SDR アプリケーションを提供します。
  • gqrx は GNU Radio をベースに作られた使いやすい SDR アプリケーションです。
  • sdrangel は見た目が良いインターフェイスを備えた多目的ツールで、デジタルボイスのデコードもできます。

参照