「St」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(インストールリポジトリの変更)
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
5行目: 5行目:
   
 
== インストール ==
 
== インストール ==
[[公式リポジトリ]]の {{Pkg|st}} パッケージか、[[Arch User Repository]] の {{AUR|st-git}} を[[インストール]]してください。
+
{{AUR|st}} または {{AUR|st-git}} パッケージを[[インストール]]してください。
 
''zsh'' が予め設定された ''st'' の {{AUR|st-git-zsh}}{{Broken package link|{{aur-mirror|st-git-zsh}}}} パッケージも存在します。
 
   
 
== 設定 ==
 
== 設定 ==
18行目: 16行目:
 
''st'' のデフォルトシェルを変更するには、以下の行を編集:
 
''st'' のデフォルトシェルを変更するには、以下の行を編集:
   
static char shell[] = "/bin/sh";
+
static char shell[] = "/bin/sh";
   
 
=== ターミナル ===
 
=== ターミナル ===
24行目: 22行目:
 
ターミナルのタイプを変更するには、以下の行を編集:
 
ターミナルのタイプを変更するには、以下の行を編集:
   
static char termname[] = "st-256color";
+
static char termname[] = "st-256color";
   
 
''st'' は {{ic|termname}} の値を {{ic|TERM}} 変数に設定します。
 
''st'' は {{ic|termname}} の値を {{ic|TERM}} 変数に設定します。
34行目: 32行目:
 
以下の行を自由に編集してください:
 
以下の行を自由に編集してください:
   
static char font[] = "Liberation Mono:pixelsize=12:antialias=false:autohint=false";
+
static char font[] = "Liberation Mono:pixelsize=12:antialias=false:autohint=false";
   
 
コマンドラインでフォントの名前を指定することもできます:
 
コマンドラインでフォントの名前を指定することもできます:
   
st -f "Liberation Mono:size=12"
+
$ st -f "Liberation Mono:size=12"
   
 
=== カラー ===
 
=== カラー ===
44行目: 42行目:
 
以下の行を編集することで''前景''・''背景''・''カーソル''の色を設定できます:
 
以下の行を編集することで''前景''・''背景''・''カーソル''の色を設定できます:
   
static unsigned int defaultfg = 7;
+
static unsigned int defaultfg = 7;
static unsigned int defaultbg = 0;
+
static unsigned int defaultbg = 0;
static unsigned int defaultcs = 256;
+
static unsigned int defaultcs = 256;
   
 
上記の値は同一ファイルの {{ic|*colorname[]}} 配列を参照します。デフォルトの色を使うことも {{ic|#rrggbb}} という形式で色を追加することもできます。例:
 
上記の値は同一ファイルの {{ic|*colorname[]}} 配列を参照します。デフォルトの色を使うことも {{ic|#rrggbb}} という形式で色を追加することもできます。例:
   
static const char *colorname[] = {
+
static const char *colorname[] = {
/* 8 normal colors */
+
/* 8 normal colors */
"black",
+
"black",
"red3",
+
"red3",
"green3",
+
"green3",
"yellow3",
+
"yellow3",
"blue2",
+
"blue2",
"magenta3",
+
"magenta3",
"cyan3",
+
"cyan3",
"gray90",
+
"gray90",
  +
 
/* 8 bright colors */
+
/* 8 bright colors */
"gray50",
+
"gray50",
"red",
+
"red",
"green",
+
"green",
"yellow",
+
"yellow",
"#5c5cff",
+
"#5c5cff",
"magenta",
+
"magenta",
"cyan",
+
"cyan",
"white",
+
"white",
  +
 
[255] = 0,
+
[255] = 0,
  +
 
/* more colors can be added after 255 to use with DefaultXX */
+
/* more colors can be added after 255 to use with DefaultXX */
"#cccccc",
+
"#cccccc",
"#eeeeee",
+
"#eeeeee",
"#111111",
+
"#111111",
};
+
};
  +
 
/*
+
/*
* Default colors (colorname index)
+
* Default colors (colorname index)
* foreground, background, cursor
+
* foreground, background, cursor
*/
+
*/
static unsigned int defaultfg = 257;
+
static unsigned int defaultfg = 257;
static unsigned int defaultbg = 258;
+
static unsigned int defaultbg = 258;
static unsigned int defaultcs = 256;
+
static unsigned int defaultcs = 256;
   
== トラブルシューティ ==
+
=== デスクップエトリ ===
  +
以下のような[[デスクトップエントリ]]を作成することで、指定したフォントで ''st'' を簡単に起動できます (例: {{Pkg|adobe-source-code-pro-fonts}}):
   
  +
{{hc|~/.local/share/applications/simple-terminal.desktop|2=
=== キーボード ===
 
  +
[Desktop Entry]
==== Backspace が正しく機能しない ====
 
  +
Name=Simple Terminal
  +
GenericName=Terminal
  +
Comment=standard terminal emulator for the X window system
  +
Exec=st -t "Suckless Terminal" -f "Source Code Pro:style=Semibold:size=12" -g "80x24"
  +
Terminal=false
  +
Type=Application
  +
Encoding=UTF-8
  +
Icon=terminal
  +
Categories=System;TerminalEmulator;
  +
Keywords=shell;prompt;command;commandline;cmd;
  +
}}
   
  +
上記のメニューエントリはアプリケーションリストのシステムツールに ''Simple Terminal'' として表示されます。
{{Note|[http://git.suckless.org/st/tree/FAQ FAQ] によれば、この挙動は上流で変更されてたということで、最新版にアップグレードすれば問題は解決するようです。}}
 
   
  +
== トラブルシューティング ==
仮想端末や有名な X のターミナルエミュレータは {{ic|backscape}} キーを {{ic|^?}} エスケープシーケンスにバインドしていますが、{{ic|st}} の古いバージョンでは {{ic|^H}} にバインドされています (FAQ の旧版を参照)。
 
 
({{ic|read}} など) プログラムによっては標準入力で {{ic|backspace}} キーを押すと、文字が消去されずに {{ic|^H}} が出力されることがあります。以下を設定することで解決できます:
 
 
stty erase '^H'
 
 
上記の設定でターミナルは {{ic|^H}} を消去コマンドとして認識するようになります。
 
   
  +
==== アプリケーションによっては DEL キーが正しく機能しない ====
シェルのプロファイルに上記のコマンドを記述したい場合、シェルを起動する前に {{ic|$TERM}} を確認してください。
 
  +
以下の行を {{ic|~/.inputrc}} または {{ic|/etc/inputrc}} に追加してください:
  +
set enable-keypad on
   
=== Vim ===
 
 
==== ''vim'' のテキストの背景色が文字でない部分に表示されない ====
 
==== ''vim'' のテキストの背景色が文字でない部分に表示されない ====
 
{{ic|config.h}} の {{ic|termname}} を {{ic|st-256color}} に設定して再コンパイルしてみてください。シェルの中で {{ic|TERM}} 変数は設定しないでください。{{ic|st-256color}} に設定すると問題が発生します。
 
{{ic|config.h}} の {{ic|termname}} を {{ic|st-256color}} に設定して再コンパイルしてみてください。シェルの中で {{ic|TERM}} 変数は設定しないでください。{{ic|st-256color}} に設定すると問題が発生します。

2018年1月3日 (水) 12:51時点における最新版

stsuckless による X 向けのシンプルなターミナル実装です。xtermurxvt を置き換える軽量なターミナルとして作られました。st は現在、256色、ほとんどの VT10X エスケープシーケンス、UTF-8、X11 コピー/ペースト、フォントのアンチエイリアス (fontconfig を使用)、フォールバックフォント、リサイズ、config.h によるショートカット、線画をサポートしています。

インストール

stAUR または st-gitAUR パッケージをインストールしてください。

設定

stconfig.h ファイルで設定します。コンパイル時に config.h からコピーされます。デフォルトの config.def.h はソースに含まれています。

PKGBUILDconfig.h を自分でメンテナンスするようにしてください。

シェル

st のデフォルトシェルを変更するには、以下の行を編集:

static char shell[] = "/bin/sh";

ターミナル

ターミナルのタイプを変更するには、以下の行を編集:

static char termname[] = "st-256color";

sttermname の値を TERM 変数に設定します。

ノート: st で問題が発生する場合、termnamextermxterm-256color に設定してみてください。

フォント

以下の行を自由に編集してください:

static char font[] = "Liberation Mono:pixelsize=12:antialias=false:autohint=false";

コマンドラインでフォントの名前を指定することもできます:

$ st -f "Liberation Mono:size=12"

カラー

以下の行を編集することで前景背景カーソルの色を設定できます:

static unsigned int defaultfg = 7;
static unsigned int defaultbg = 0;
static unsigned int defaultcs = 256;

上記の値は同一ファイルの *colorname[] 配列を参照します。デフォルトの色を使うことも #rrggbb という形式で色を追加することもできます。例:

static const char *colorname[] = {
  	/* 8 normal colors */
      "black",
      "red3",
      "green3",
      "yellow3",
      "blue2",
      "magenta3",
      "cyan3",
      "gray90",

      /* 8 bright colors */
      "gray50",
      "red",
      "green",
      "yellow",
      "#5c5cff",
      "magenta",
      "cyan",
      "white",

      [255] = 0,

      /* more colors can be added after 255 to use with DefaultXX */
      "#cccccc",
      "#eeeeee",
      "#111111",
};

/*
 * Default colors (colorname index)
 * foreground, background, cursor
 */
static unsigned int defaultfg = 257;
static unsigned int defaultbg = 258;
static unsigned int defaultcs = 256;

デスクトップエントリ

以下のようなデスクトップエントリを作成することで、指定したフォントで st を簡単に起動できます (例: adobe-source-code-pro-fonts):

~/.local/share/applications/simple-terminal.desktop
[Desktop Entry]
Name=Simple Terminal
GenericName=Terminal
Comment=standard terminal emulator for the X window system
Exec=st -t "Suckless Terminal" -f "Source Code Pro:style=Semibold:size=12" -g "80x24"
Terminal=false
Type=Application
Encoding=UTF-8
Icon=terminal
Categories=System;TerminalEmulator;
Keywords=shell;prompt;command;commandline;cmd;

上記のメニューエントリはアプリケーションリストのシステムツールに Simple Terminal として表示されます。

トラブルシューティング

アプリケーションによっては DEL キーが正しく機能しない

以下の行を ~/.inputrc または /etc/inputrc に追加してください:

set enable-keypad on

vim のテキストの背景色が文字でない部分に表示されない

config.htermnamest-256color に設定して再コンパイルしてみてください。シェルの中で TERM 変数は設定しないでください。st-256color に設定すると問題が発生します。

.vimrc ファイルに以下の行を記述するという解決方法もあります:

if &term =~ '256color'
    " disable Background Color Erase (BCE) so that color schemes
    " render properly when inside 256-color tmux and GNU screen.
    " see also http://sunaku.github.io/vim-256color-bce.html
    set t_ut=
endif

参照