Telnet

提供: ArchWiki
2017年1月29日 (日) 00:36時点におけるKusakata (トーク | 投稿記録)による版 (文字列「[[zh-CN:」を「[[zh-hans:」に置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Telnet は TCP でリモートコンソール接続を作成するための伝統的なプロトコルです。Telnet はセキュアではないために今日では主に旧式の端末に接続するのに使われています。Telnet の通信は簡単に盗聴することができるため、SSH による暗号化や VPN によるトンネル化をしないかぎり、インターネットなどの信頼ができないネットワーク上で接続を行わないで下さい。安全な接続をする場合 SSH を見て下さい。

以下では Arch Linux マシンで telnet を使用する方法を説明します。

インストール

telnet クライアントを使って他のマシンに接続するには、inetutilsインストールします。

telnet サーバーは systemd ソケットや xinetd で設定することができます。systemd で telnetd を使う場合、必要なのは inetutils パッケージですが、xinetd で telnet サーバーを設定するときは xinetd もインストールしてください。

設定

systemd で telnet サーバーの接続を有効化するには、ブート時に自動的に telnet サーバーを起動するときは telnet.socket有効化し、一時的に接続をテストするときは、telnet.socket起動します。

xinetd で telnet サーバーの接続を有効化するには、/etc/xinetd.d/telnet を編集して、disable = yesdisable = no に変更し、xinetd サービスを再起動します。

ブート時に起動させたい場合は systemd の xinetd サービスを有効化してください。

セットアップのテスト

サーバーへの telnet 接続を開いてみます:

$ telnet localhost

root ログインができるかどうか確認するために試行してみてください。