UZBL-Browser

提供: ArchWiki
2017年10月12日 (木) 23:15時点におけるKusakata.bot (トーク | 投稿記録)による版 (文字列「Tips and tricks」を「ヒントとテクニック」に置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

Uzbluzbl-core がベースの軽量ブラウザです。Uzbl は「一つのことをうまくやるのが良いプログラム」という UNIX 哲学を順守しています。uzbl-browser パッケージには uzbl-core, uzbl-browser, uzbl-event-manager が含まれています。通常、ブラウジングを行うための完全なツールセットとしては uzbl-browser あるいは uzbl-tabbed を使うことになります。Uzbl-browser はウィンドウごとに単一のページを表示し (複数のページを見るときは複数のウィンドウを開く)、uzbl-tabbed は uzbl-browser のラッパーとして、ウィンドウに複数のページが表示できる基本的なタブを実装します。

インストール

uzbl-browser または uzbl-tabbed パッケージをインストールしてください。

プラグイン

Uzbl は Flash や Java などのブラウザプラグインを利用することができます。プラグインのパッケージをインストールすれば uzbl-browser や uzbl-tabbed からプラグインが使えるようになります。

コマンド

Uzbl の最も大きな利点の一つはキーボードであらゆることが操作できるという点です。手をあまり動かさなくてもよくなるので、伝統的なマウスとキーボードの組み合わせよりも楽です。Vim を使っているのであれば Uzbl はすぐ手に馴染むでしょう。デフォルトキーバインドは Vim のキーストロークに似ています。例えば、リンクを開くとき、ユーザーは fl と入力してから、ページの各リンクの横に表示されるボックスにキーストロークを打ち込みます。設定ファイルでコマンドを f に変えればさらに高速な移動が可能です。

以下は uzbl-browser や uzbl-tabbed で使うことができる基本的な、デフォルトのコマンドです。コマンドは全て $XDG_CONFIG_HOME/uzbl/config (通常は ~/.config/uzbl/config) で確認できます。デフォルト設定で快適な操作ができますが、好みにあわせて設定を編集することが推奨されています。設定ファイルの編集については Uzbl の readme にヘルプが存在します。

ナビゲーション

o         = url を入力
O         = url を編集
b         = 戻る
m         = 進む
S         = 停止
r         = リロード
R         = キャッシュを捨ててリロード
fl        = ハイパーリンクの横に数字を表示。fl の後に数字を入力するとリンクを開きます。
gh        = ホームを開く

ページの移動

j         = 上にスクロール
k         = 下にスクロール
h         = 左にスクロール
l         = 右にスクロール
PgUp      = 1ページ分だけ上にスクロール
ctrl+b    = 1ページ分だけ上にスクロール
PgDn      = 1ページ分だけ下にスクロール
ctrl+f    = 1ページ分だけ下にスクロール
Home      = ページの一番上
<<        = ページの一番上
End       = ページの一番下
>>        = ページの一番下
Space     = ページの一番下
^         = ページの一番左
$         = ページの一番右
/         = ページの検索
?         = ページの後方検索
n         = 前方検索を繰り返す
N         = 後方検索を繰り返す

ズーム

+         = ズームイン
-         = ズームアウト
T         = toggle_zoom_type
1         = zoom_level = 1 に設定
2         = zoom_level = 2 に設定

検索

ddg       = DuckDuckGo でキーワード検索
gg        = Google でキーワード検索
\wiki     = Wikipedia でキーワード検索

テキストを入力

i         = toggle_insert_mode (vim と同じように Esc でコマンドモードに戻れます)
fi        = 最初の入力フィールドを選択して挿入モードに移行

ブックマークと履歴

M         = ブックマークを追加 (ブックマークは ~/.local/share/uzbl/bookmarks に保存されます)
U         = dmenu の履歴から url をロード
u         = dmenu のブックマークから url をロード

タブ (uzbl-tabbed)

go        = 新しいタブで uri をロード
gt        = 次のタブに移動
gT        = 前のタブに移動
gn        = 新しいタブを開く
gi+n      = 'n' 番目のタブに移動
gC        = 現在のタブを閉じる

その他

t         = ステータスバーを表示/非表示
w         = 新しいウィンドウを開く
ZZ        = 終了
:         = コマンドを入力
Esc       = 通常モードに戻る
ctrl+[    = 通常モードに戻る

ヒントとテクニック

  • ~/.bashrc にエイリアスを作成することで uzbl だけで uzbl-tabbed を起動できます:
alias uzbl='uzbl-tabbed'
  • プログラムランチャーで uzbl を開く場合:
# cd /usr/bin
# ln -s uzbl-tabbed uzbl

上記のコマンドで uzbl-tabbed を示す uzbl というシンボリックリンクが作成されます。

  • 軽量故に、uzbl にはキャッシュ機能がありません。Polipo をインストールすることでページの読み込み速度を改善できます。

トラブルシューティング

Parcellite

Parcellite を使用すると uzbl でテキストを選択しようとしたときに問題が発生します。無効化してください。

TLS 証明書

~/.config/uzbl/config に以下を設定してください:

set ssl_ca_file /etc/ssl/cert.pem
set ssl_policy fail

詳しくは こちらの投稿 を参照。

参照