「VMware」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(1版 をインポートしました)
(Pkg/AUR テンプレートの更新)
 
(4人の利用者による、間の21版が非表示)
1行目: 1行目:
[[Category:Virtualization (日本語)]]
+
[[Category:ハイパーバイザ]]
 
[[en:VMware]]
 
[[en:VMware]]
 
[[it:VMware]]
 
[[it:VMware]]
 
[[ru:VMware]]
 
[[ru:VMware]]
 
[[uk:VMware]]
 
[[uk:VMware]]
[[zh-CN:VMware]]
+
[[zh-hans:VMware]]
{{Related articles start (日本語)}}
+
{{Related articles start}}
{{Related2|Installing Arch Linux in VMware (日本語)|VMware に Arch Linux をインストール}}
+
{{Related|VMware に Arch Linux をインストール}}
{{Related2|VirtualBox (日本語)|VirtualBox}}
+
{{Related|VirtualBox}}
{{Related2|KVM (日本語)|KVM}}
+
{{Related|KVM}}
{{Related2|QEMU (日本語)|QEMU}}
+
{{Related|QEMU}}
 
{{Related|Xen}}
 
{{Related|Xen}}
{{Related2|Moving an existing install into (or out of) a virtual machine|既存のインストールを仮想マシンに移動する}}
+
{{Related|既存環境を仮想マシンに (から) 移動}}
 
{{Related articles end}}
 
{{Related articles end}}
   
この記事は Arch Linux における VMware のインストールについての記事です。[[Installing Arch Linux in VMware (日本語)|VMware に Arch Linux をインストール]]するのは別の記事になっています。
+
この記事は Arch Linux における VMware のインストールについての記事です。[[VMware に Arch Linux をインストール]]するのは別の記事になっています。
  +
{{Note|
{{Note|この記事では最新のメジャーな VMware バージョン、VMware Workstation 10 と VMware Player (Plus) 6 '''だけを'''サポートしています。}}
 
  +
*この記事では最新バージョンの VMware である VMware Workstation Pro と VMware Player 12 を扱います。
  +
*古いバージョンを使用する場合は、[[Arch User Repository|AUR]] の {{AUR|vmware-patch}} を使って下さい。
  +
}}
   
 
== インストール ==
 
== インストール ==
   
'''1.''' 適切な依存パッケージを[[Pacman (日本語)|インストール]]してください:
+
適切な依存パッケージを[[インストール]]してください:
  +
*{{pkg|fuse2}} - ''vmware-vmblock-fuse'' 用
*{{pkg|fuse}} - {{ic|vmware-vmblock-fuse}} サービスが {{ic|vmblock}} モジュールよりも[https://www.mail-archive.com/open-vm-tools-devel@lists.sourceforge.net/msg00213.html 優先される]ので、カーネルで [http://cateee.net/lkddb/web-lkddb/FUSE_FS.html fuse] を無効にしない限りビルドされません
 
  +
*{{AUR|gksu}} - root 操作用 (メモリ割り当てやライセンス登録など)
 
*{{pkg|gtkmm}} - GUI 用
 
*{{pkg|gtkmm}} - GUI 用
 
*{{pkg|linux-headers}} - モジュールコンパイル用
 
*{{pkg|linux-headers}} - モジュールコンパイル用
  +
*{{AUR|ncurses5-compat-libs}} - {{ic|--console}} インストーラーを動かすのに必要
  +
*{{pkg|libcanberra}} - イベントサウンド用
   
'''2.''' 最新の [http://www.vmware.com/products/workstation VMware Workstation] または [https://my.vmware.com/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0 VMware Player (Plus)] をダウンロードしてください (若しくは、可能であれば[https://communities.vmware.com/community/vmtn/beta ベータ]バージョン)。
+
最新の [https://www.vmware.com/go/tryworkstation VMware Workstation Pro] または [https://www.vmware.com/go/downloadplayer Player] をダウンロードしてください (若しくは、可能であれば [https://communities.vmware.com/community/vmtn/beta ベータ] バージョン)。
   
'''3.''' インストールを開始してください ({{ic|--eulas-agreed}} で EULA をスキップできます):
+
インストールを開始してください:
# sh VMware-''<edition>''-''<version>''.''<release>''.''<architecture>''.bundle --eulas-agreed
+
# sh VMware-''<edition>''-''<version>''.''<release>''.''<architecture>''.bundle
   
 
{{Tip|その他の有用なフラグ:
 
{{Tip|その他の有用なフラグ:
  +
*{{ic|--eulas-agreed}} - EULA をスキップ。
 
*{{ic|--console}} - コンソール UI を使います。
 
*{{ic|--console}} - コンソール UI を使います。
  +
*{{ic|--custom}} - インストールディレクトリを {{ic|/usr/local}} などに変更できます (変更した場合は [[#systemd サービス|systemd サービス]]の {{ic|vmware-usbarbitrator.service}} 内のパスも更新してください)。
 
*{{ic|-I}}, {{ic|--ignore-errors}} - 致命的なエラーを無視します。
 
*{{ic|-I}}, {{ic|--ignore-errors}} - 致命的なエラーを無視します。
  +
*{{ic|1=--set-setting=vmware-workstation serialNumber XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX}} - インストールのシリアル番号を設定 (スクリプトでインストールするときに有用)。
  +
*{{ic|--required}} - 必須の質問だけを表示 ({{ic|--eulas-agreed}} や {{ic|--console}} と組み合わせることでサイレントインストールできます)。
 
}}
 
}}
   
'''4.''' {{ic|System service scripts directory}} には、 {{ic|/etc/init.d}} を使って下さい (デフォルト)。
+
{{ic|System service scripts directory}} には、 {{ic|/etc/init.d}} を使って下さい (デフォルト)。
   
{{Note|インストール中に {{ic|"No rc*.d style init script directories"}} というエラーが表示されますが、Arch は [[systemd (日本語)|systemd]] に移行しているので、無視してかまいません。}}
+
{{Note|インストール中に {{ic|"No rc*.d style init script directories"}} というエラーが表示されますが、Arch は [[systemd]] に移行しているので、無視してかまいません。}}
   
 
{{Tip|後でターミナルからモジュールを(再)ビルドするには、次のコマンドを使って下さい:
 
{{Tip|後でターミナルからモジュールを(再)ビルドするには、次のコマンドを使って下さい:
44行目: 54行目:
 
== 設定 ==
 
== 設定 ==
   
  +
=== カーネルモジュール ===
{{Tip|このセクションで行うことを自動化する {{AUR|vmware-patch}} というパッケージが [[Arch User Repository (日本語)|AUR]] には存在します (古い VMware バージョンもサポートしています)。}}
 
   
  +
VMware Workstation 12.5 はバージョン 4.8 までのカーネルをサポートしています。
=== VMware モジュールパッチとインストール ===
 
   
  +
=== systemd サービス ===
VMware Workstation 10.0.3 と Player (Plus) 6.0.3 は 3.13 までのカーネルをサポートしています。
 
   
  +
''(任意)'' {{ic|/etc/init.d/vmware}} ({{ic|<nowiki>start|stop|status|restart</nowiki>}}) と {{ic|/usr/bin/vmware-usbarbitrator}} を使って直接サービスを管理するのではなく、{{ic|.service}} ファイルを使用することもできます ([[AUR]] の {{AUR|vmware-systemd-services}} から取得することも可能、{{AUR|vmware-patch}} にも入っています):
==== 3.14 カーネル ====
 
   
  +
{{hc|/etc/systemd/system/vmware.service|
3.14 カーネルでは {{ic|vmci}} と {{ic|vsock}} モジュールのビルドは[https://communities.vmware.com/thread/474178 失敗します]。
 
  +
2=[Unit]
  +
Description=VMware daemon
  +
Requires=vmware-usbarbitrator.service
  +
Before=vmware-usbarbitrator.service
  +
After=network.target
   
  +
[Service]
パッチ(ワーニングフィックスも含まれています)は [http://pastie.org/9090538 ここ] から入手できます:
 
  +
ExecStart=/etc/init.d/vmware start
$ curl http://pastie.org/pastes/9090538/download -o /tmp/vmware-3.14.patch
 
  +
ExecStop=/etc/init.d/vmware stop
  +
PIDFile=/var/lock/subsys/vmware
  +
RemainAfterExit=yes
   
  +
[Install]
モジュールのソースを展開する:
 
  +
WantedBy=multi-user.target
$ cd /usr/lib/vmware/modules/source
 
  +
}}
# for i in vmci vmmon vmnet vsock; do tar -xf $i.tar; done
 
   
  +
{{hc|/etc/systemd/system/vmware-usbarbitrator.service|
パッチを適用する:
 
  +
2=[Unit]
# patch -p0 -i /tmp/vmware-3.14.patch
 
  +
Description=VMware USB Arbitrator
  +
Requires=vmware.service
  +
After=vmware.service
   
  +
[Service]
アーカイブを再作成する:
 
  +
ExecStart=/usr/bin/vmware-usbarbitrator
# for i in *-only; do tar -cf ${i/-only}.tar $i; done
 
  +
ExecStop=/usr/bin/vmware-usbarbitrator --kill
  +
RemainAfterExit=yes
   
  +
[Install]
残ったゴミを削除する:
 
  +
WantedBy=multi-user.target
# rm -r *-only
 
  +
}}
 
モジュールを再生成する:
 
# vmware-modconfig --console --install-all
 
 
{{Note|{{ic|Tar}} は[http://stackoverflow.com/q/583889/1821548 複数の操作] をサポートしていないため、{{ic|[http://www.cyberciti.biz/faq/bash-for-loop/ for]}} ループを使っています。}}
 
 
==== 3.15 カーネル ====
 
 
3.15 カーネルでは {{ic|vsock}} モジュールに追加の [http://pastie.org/9311773 パッチ] が必要です:
 
$ curl http://pastie.org/pastes/9311773/download -o /tmp/vmware-vsock-3.15.patch
 
 
モジュールのソースを展開する:
 
$ cd /usr/lib/vmware/modules/source
 
# tar -xf vsock.tar
 
 
パッチを適用する:
 
# patch -p0 -i /tmp/vmware-vsock-3.15.patch
 
 
アーカイブを再作成する:
 
# tar -cf vsock.tar vsock-only
 
 
残ったゴミを削除する:
 
# rm -r vsock-only
 
 
モジュールを再生成する:
 
# vmware-modconfig --console --install-all
 
 
=== init.d スクリプト ===
 
 
'''5.''' {{ic|Virtual machine communication interface}} (vmci) と {{ic|VM communication interface socket family}} (vsock) サービスは、メインの ''init.d'' スクリプトがカーネル内のドライバーの包含を上手く扱えないために、起動時に失敗することが[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=169472 知られています]。
 
 
VMware のドライバーを指定することで修正できます:
 
   
  +
他の Workstation サーバーコンソールから VMware Workstation に接続したい場合、以下のサービスも追加してください:
# sed -i 's/mod=$(vmwareRealModName $vmci $vmci_alias)/mod=vmci/' /etc/init.d/vmware
 
# sed -i 's/mod=$(vmwareRealModName $vsock $vsock_alias)/mod=vsock/' /etc/init.d/vmware
 
   
  +
{{hc|/etc/systemd/system/vmware-workstation-server.service|
=== Systemd サービス ===
 
 
'''6.''' (任意) {{ic|<nowiki># /etc/init.d/vmware {start|stop|status|restart}</nowiki>}} を使うかわりにサービスを直接管理するために {{ic|.service}} ファイルを作成することができます (または [http://communities.vmware.com/docs/DOC-20855 ファイル]):
 
 
{{hc|/etc/systemd/system/vmware.service|
 
 
2=[Unit]
 
2=[Unit]
Description=VMware daemon
+
Description=VMware Workstation Server
  +
Requires=vmware.service
  +
After=vmware.service
   
 
[Service]
 
[Service]
ExecStart=/etc/init.d/vmware start
+
ExecStart=/etc/init.d/vmware-workstation-server start
ExecStop=/etc/init.d/vmware stop
+
ExecStop=/etc/init.d/vmware-workstation-server stop
PIDFile=/var/lock/subsys/vmware
+
PIDFile=/var/lock/subsys/vmware-workstation-server
TimeoutSec=0
 
 
RemainAfterExit=yes
 
RemainAfterExit=yes
   
124行目: 112行目:
 
}}
 
}}
   
作成したら、次を実行して起動時に有効することが可能です:
+
作成したら[[有効化]]することでブート時に起動できま
  +
# systemctl enable vmware
 
  +
==== Workstation Server サービス ====
  +
  +
{{ic|vmware-workstation-server.service}} はコマンドチェインで {{ic|wssc-adminTool}} を実行しますが、このバイナリファイルの名前は {{ic|vmware-wssc-adminTool}} に変更されています。
  +
  +
サービスが起動するのを防ぐには、以下のようにシンボリックリンクを作成してください:
  +
  +
# ln -s wssc-adminTool /usr/lib/vmware/bin/vmware-wssc-adminTool
   
 
== アプリケーションを起動する ==
 
== アプリケーションを起動する ==
   
VMware Workstation を開くには:
+
VMware Workstation Pro を開くには:
 
$ vmware
 
$ vmware
   
VMware Player (Plus) の場合:
+
VMware Player の場合:
 
$ vmplayer
 
$ vmplayer
   
  +
== ヒントとテクニック ==
== Tips and tricks ==
 
   
=== Workstation ライセンスキーを入力する ===
+
=== Workstation Pro ライセンスキーを入力する ===
   
 
==== ターミナルから ====
 
==== ターミナルから ====
145行目: 140行目:
 
{{ic|XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX}} はあなたのライセンスキーに置き換えてください。
 
{{ic|XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX}} はあなたのライセンスキーに置き換えてください。
   
{{Note|The {{ic|-debug}} binary informs the user of an incorrect license.}}
+
{{Note|{{ic|-debug}} バイナリはライセンスが間違っている場合に知らせてくれます。}}
   
 
==== GUI から ====
 
==== GUI から ====
158行目: 153行目:
 
$ perl -e 'use Compress::Zlib; my $v; read STDIN, $v, '$(stat -c%s "./bios440.rom.Z")'; $v = uncompress($v); print $v;' < bios440.rom.Z > bios440.rom
 
$ perl -e 'use Compress::Zlib; my $v; read STDIN, $v, '$(stat -c%s "./bios440.rom.Z")'; $v = uncompress($v); print $v;' < bios440.rom.Z > bios440.rom
   
==== 改造 BIOS 使う ====
+
=== インストーラー抽出する ===
   
  +
インストーラー {{ic|.bundle}} の中身を確認するには:
展開した BIOS に変更を加えるつもりならば、あなたの仮想マシンがその BIOS を使うようにするには BIOS を {{ic|~/vmware/''<Virtual machine name>''}} に移動して:
 
  +
  +
$ sh VMware-''edition''-''version''.''release''.''architecture''.bundle --extract ''/tmp/vmware-bundle/''
  +
  +
=== 改造 BIOS を使う ===
  +
  +
展開した BIOS に変更を加えるとき、あなたの仮想マシンがその BIOS を使うようにするには BIOS を {{ic|~/vmware/''<Virtual machine name>''}} に移動して:
 
$ mv bios440.rom ~/vmware/''<Virtual machine name>''/
 
$ mv bios440.rom ~/vmware/''<Virtual machine name>''/
   
166行目: 167行目:
 
{{hc|~/vmware/''<Virtual machine name>''/''<Virtual machine name>''.vmx|2=bios440.filename = "bios440.rom"}}
 
{{hc|~/vmware/''<Virtual machine name>''/''<Virtual machine name>''.vmx|2=bios440.filename = "bios440.rom"}}
   
  +
=== Intel と Optimus で 3D グラフィックを有効化 ===
=== DKMS を使ってモジュールを管理する ===
 
   
  +
3D アクセラレーションが不安定なグラフィックドライバーはデフォルトでブラックリストに入れられています。''Accelerate 3D graphics'' を有効化すると、ログに以下のように表示されることがあります:
[[Dynamic Kernel Module Support|Dynamic Kernel Module Support (DKMS)]] を使って Workstation のモジュールを管理することができ、カーネルを変更する度に {{ic|vmware-modconfig}} を再実行するのを避けることができます。以下の例ではカスタムした {{ic|Makefile}} を使って {{ic|vmware-modconfig}} によりモジュールをコンパイル・インストールします。その後モジュールはカーネルツリーから削除されます。
 
   
  +
Disabling 3D on this host due to presence of Mesa DRI driver. Set mks.gl.allowBlacklistedDrivers = TRUE to override.
==== 準備 ====
 
   
  +
その場合、以下のように設定してください:
まず[[公式リポジトリ]]から {{Pkg|dkms}} をインストールしてください。
 
   
  +
{{hc|~/.vmware/preferences|2=
それから {{ic|Makefile}} と {{ic|dkms.conf}} のソースディレクトリを作成してください:
 
  +
mks.gl.allowBlacklistedDrivers = TRUE
# mkdir /usr/src/vmware-modules-10/
 
  +
}}
   
==== ド設定 ====
+
== トラブシューティング ==
   
  +
=== /dev/vmmon not found ===
{{pkg|git}} を使うか下の方法でファイルを取得してください。
 
   
  +
エラーの全文は:
===== 1) Git を使う =====
 
   
  +
Could not open /dev/vmmon: No such file or directory.
$ cd /tmp
 
  +
Please make sure that the kernel module `vmmon' is loaded.
$ git clone git://github.com/bawaaaaah/dkms-workstation.git
 
$ sed -i 's/9/10/' dkms-workstation/dkms.conf
 
# cp dkms-workstation/Makefile dkms-workstation/dkms.conf /usr/src/vmware-modules-10/
 
   
  +
これは {{Ic|vmmon}} VMware サービスが動作していないことを意味しています。[[#Systemd サービス]]の [[systemd]] サービスを使っている場合は(再)起動してください。
===== 2) 手動設定 =====
 
   
  +
=== /dev/vmci not found ===
{{ic|dkms.conf}} にはモジュールの名前とコンパイル・インストールの手順を記述します。{{ic|1=AUTOINSTALL="yes"}} で自動的に毎回モジュールが再コンパイル・インストールされるようになります:
 
   
  +
エラーの全文は:
{{hc|/usr/src/vmware-modules-10/dkms.conf|2=
 
PACKAGE_NAME="vmware-modules"
 
PACKAGE_VERSION="10"
 
   
  +
Failed to open device "/dev/vmci": No such file or directory
MAKE[0]="make all"
 
  +
Please make sure that the kernel module 'vmci' is loaded.
CLEAN="make clean"
 
   
  +
以下のコマンドを実行して VMware のカーネルモジュールを再コンパイルしてみてください:
BUILT_MODULE_NAME[0]="vmmon"
 
BUILT_MODULE_LOCATION[0]="modules"
 
   
  +
# vmware-modconfig --console --install-all
BUILT_MODULE_NAME[1]="vmnet"
 
BUILT_MODULE_LOCATION[1]="modules"
 
   
  +
=== Kernel headers for version 4.x-xxxx were not found. If you installed them[...] ===
BUILT_MODULE_NAME[2]="vmblock"
 
BUILT_MODULE_LOCATION[2]="modules"
 
   
  +
ヘッダーをインストールしてください ({{Pkg|linux-headers}})。
BUILT_MODULE_NAME[3]="vmci"
 
BUILT_MODULE_LOCATION[3]="modules"
 
   
  +
{{Note|カーネルやヘッダーをアップグレードしたら、ヘッダーのバージョンを合わせるために新しいカーネルで起動する必要があります。比較的よくあるエラーです。}}
BUILT_MODULE_NAME[4]="vsock"
 
BUILT_MODULE_LOCATION[4]="modules"
 
   
  +
=== USB デバイスが認識されない ===
DEST_MODULE_LOCATION[0]="/extra/vmware"
 
DEST_MODULE_LOCATION[1]="/extra/vmware"
 
DEST_MODULE_LOCATION[2]="/extra/vmware"
 
DEST_MODULE_LOCATION[3]="/extra/vmware"
 
DEST_MODULE_LOCATION[4]="/extra/vmware"
 
   
  +
{{Tip|{{AUR|vmware-patch}} でも対処できます。}}
AUTOINSTALL="yes"
 
}}
 
   
  +
[[#systemd サービス|systemd サービス]]を使ってサービスを自動的に管理しない場合、毎回手動で root を使って {{ic|vmware-usbarbitrator}} バイナリを起動する必要があります。
そして {{ic|Makefile}}:
 
   
  +
起動するには:
{{hc|/usr/src/vmware-modules-10/Makefile|2=
 
KERNEL := $(KERNELRELEASE)
 
HEADERS := /usr/lib/modules/$(KERNEL)/build/include
 
GCC := $(shell vmware-modconfig --console --get-gcc)
 
DEST := /lib/modules/$(KERNEL)/vmware
 
   
  +
# vmware-usbarbitrator
TARGETS := vmmon vmnet vmblock vmci vsock
 
   
  +
停止するには:
LOCAL_MODULES := $(addsuffix .ko, $(TARGETS))
 
   
  +
# vmware-usbarbitrator --kill
all: $(LOCAL_MODULES)
 
mkdir -p modules/
 
mv *.ko modules/
 
rm -rf $(DEST)
 
depmod
 
   
  +
=== インストーラーが起動しない ===
$(HEADERS)/linux/version.h:
 
ln -s $(HEADERS)/generated/uapi/linux/version.h $(HEADERS)/linux/version.h
 
   
  +
{{ic|.bundle}} を開くとプロンプトに戻ってしまう場合、おそらく VMware インストーラーの古いバージョンまたは壊れたバージョンが存在しています。削除してください (この記事の[[#アンインストール|アンインストール]]セクションも参照してください):
%.ko: $(HEADERS)/linux/version.h
 
  +
# rm -r /etc/vmware-installer/
vmware-modconfig --console --build-mod -k $(KERNEL) $* $(GCC) $(HEADERS) vmware/
 
cp -f $(DEST)/$@ .
 
   
  +
==== User interface initialization failed ====
clean: rm -rf modules/
 
}}
 
   
  +
以下のようなエラーが表示される場合もあります:
==== インストール ====
 
   
  +
Extracting VMware Installer...done.
モジュールは次のコマンドでインストールできます:
 
  +
No protocol specified
# dkms install vmware-modules/10 -k $(uname -r)
 
  +
No protocol specified
  +
User interface initialization failed. Exiting. Check the log for details.
   
  +
{{AUR|ncurses5-compat-libs}} をインストールするか、一時的に X に root でアクセスできるようにすることで解決します:
== トラブルシューティング ==
 
   
  +
$ xhost +
=== /dev/vmmon not found ===
 
  +
$ sudo ./<vmware filename>.bundle
  +
$ xhost -
   
  +
=== ゲストで VMware Tools がダウンロードできない ===
エラーの全文は:
 
   
  +
ツールを手動でダウンロードするには [http://softwareupdate.vmware.com/cds/vmw-desktop/ VMware リポジトリ] を訪れてください。
Could not open /dev/vmmon: No such file or directory.
 
Please make sure that the kernel module `vmmon' is loaded.
 
   
  +
"''application name'' / ''version'' / ''build ID'' / linux / packages/" まで移動して適切な Tools をダウンロードします。
これは {{Ic|vmmon}} VMware サービスが動作していないことを意味しています。[[#Systemd サービス|手順6]]にある [[systemd (日本語)|systemd]] サービスを使っている場合は(再)起動してください。
 
   
  +
展開するには次を実行:
=== Kernel headers for version 3.x-xxxx were not found. If you installed them[...] ===
 
   
  +
$ tar -xvf vmware-tools-''name''-''version''-''buildID''.x86_64.component.tar
ヘッダーをインストールしてください ({{Pkg|linux-headers}})。
 
   
  +
VMware インストーラーを使ってインストール:
{{Note|Upgrading the kernel and the headers will require you to boot to the new kernel to match the version of the headers. This is a relatively common error.}}
 
   
  +
# vmware-installer --install-component=''/path/''vmware-tools-''name''-''version''-''buildID''.x86_64.component
=== USB デバイスが認識されない ===
 
   
  +
上記で上手くいかない場合は {{AUR|ncurses5-compat-libs}} をインストールしてみてください。
{{Tip|{{AUR|vmware-patch}} でも対処できます。}}
 
 
VMware サービスが動作していると ([[systemd (日本語)|systemd]] のサービスは[[#Systemd サービス|手順6]]を見て下さい)、インストールで {{ic|vmware-USBArbitrator}} スクリプトが消失します。[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1003117#p1003117 フォーラムへのこの投稿]を見て手動で追加してください。
 
 
また、手動で VMware バンドルを展開して {{ic|''<destination folder>''/vmware-usbarbitrator/etc/init.d/}} から {{ic|/etc/init.d/}} に {{ic|vmware-USBArbitrator}} スクリプトをコピーすることも可能です:
 
$ sh VMware-''<edition>''-''<version>''.''<release>''.''<architecture>''.bundle --extract /tmp/vmware-bundle/
 
# cp /tmp/vmware-bundle/vmware-usbarbitrator/etc/init.d/vmware-USBArbitrator /etc/init.d/
 
 
=== インストーラーが起動しない ===
 
 
{{ic|.bundle}} を開くとプロンプトに戻ってしまう場合、おそらく VMware インストーラーの古いバージョンまたは壊れたバージョンが存在しています。削除してください (この記事の[[#アンインストール|アンインストール]]セクションも参照してください):
 
# rm -r /etc/vmware-installer/
 
   
 
=== VMware にリモートでアクセスしようとすると Incorrect login/password エラー ===
 
=== VMware にリモートでアクセスしようとすると Incorrect login/password エラー ===
   
VMware Workstation 10 には {{ic|vmware-workstation-server}} サービスによって共有 VM をリモートで管理できる機能があります。しかしながら、{{ic|vmware-authd}} サービスの PAM 設定が間違っているために、{{ic|"incorrect username/password"}} エラーで失敗します。修正するには、以下のように {{ic|/etc/pam.d/vmware-authd}} を編集して:
+
VMware Workstation には {{ic|vmware-workstation-server}} サービスによって共有 VM をリモートで管理できる機能があります。しかしながら、{{ic|vmware-authd}} サービスの [[PAM]] 設定が間違っているために、{{ic|"incorrect username/password"}} エラーで失敗します。修正するには、以下のように {{ic|/etc/pam.d/vmware-authd}} を編集して:
   
 
{{hc|/etc/pam.d/vmware-authd|
 
{{hc|/etc/pam.d/vmware-authd|
300行目: 269行目:
 
}}
 
}}
   
{{ic|vmware}} の [[systemd (日本語)|systemd]] サービスを再起動してください。
+
{{ic|vmware}} の [[systemd]] サービスを再起動してください。
   
 
これでインストールで作られた証明書を使ってサーバーにアクセスできるはずです。
 
これでインストールで作られた証明書を使ってサーバーにアクセスできるはずです。
308行目: 277行目:
 
=== ALSA 出力の問題 ===
 
=== ALSA 出力の問題 ===
   
以下 [http://bankimbhavsar.blogspot.co.nz/2011/09/hd-audio-in-vmware-fusion-4-and-vmware.html Bankim Bhavsar の wiki] に記述されている、手動で VMware {{ic|.vmx}} の [[ALSA (日本語)|ALSA]] 出力デバイスを設定する方法です。品質の問題を解決したり、適切な HD オーディオ出力を有効にするのに役立ちます:
+
音質や HD 音声出力が有効にできない問題を修正するには、まず以下を実行 [http://bankimbhavsar.blogspot.co.nz/2011/09/hd-audio-in-vmware-fusion-4-and-vmware.html]:
  +
$ aplay -L
   
  +
ゲストから 5.1 の''サラウンド音声''を再生したい場合 {{ic|1=surround51:CARD=''vendor_name'',DEV=''num''}} を、音質に問題がある場合は {{ic|1=front:CARD=''vendor_name'',DEV=''num''}} を確認して、{{ic|.vmx}} に名前を記述してください:
# Run {{ic|aplay -L}}
 
# If interested in playing 5.1 surround sound from the guest, look for {{ic|1=surround51:CARD=''<vendor-name>'',DEV=''<num>''}}. If experiencing quality issues, look for a line starting with {{ic|front:}}.
 
# Open the {{ic|''<Virtual machine name>''.vmx}} config file of the VM in a text editor, located under {{ic|~/vmware/''<Virtual machine name>''/}}, and edit the {{ic|sound.fileName}} field, e.g.: {{ic|1=sound.fileName="surround51:CARD=Live,DEV=0"}}. Ensure that it also reads {{ic|1=sound.autodetect="FALSE"}}.
 
   
  +
{{hc|~/vmware/''Virtual_machine_name''/''Virtual_machine_name''.vmx|2=
[[Advanced Linux Sound Architecture (日本語)#ユーザースペースユーティリティ|OSS エミュレーション]]を使っている場合、問題が発生することがあります。
 
  +
sound.fileName=''"surround51:CARD=Live,DEV=0"''
  +
sound.autodetect=''"FALSE"''
  +
}}
  +
  +
[[Advanced Linux Sound Architecture#OSS との互換性|OSS エミュレーション]]を使っている場合、無効化してください。
   
 
=== Kernel-based Virtual Machine (KVM) is running ===
 
=== Kernel-based Virtual Machine (KVM) is running ===
325行目: 298行目:
 
}}
 
}}
   
  +
=== Intel のマイクロコードが古いせいで起動時にセグメンテーション違反が発生する ===
=== "[...]timeTracker_user.c:234 bugNr=148722" というエラーで VMware が起動しない ===
 
The solution for this issue is taken from [http://vmblog.com/archive/2007/08/24/help-vmware-fixing-time-keeping-problems-with-the-guest-os.aspx#.U7kV_qb3uT9].
 
You have to specify the correct maximum host CPU speed in your global configuration file, /etc/vmware/config. If this file exists, edit it with a text editor, adding the lines described below. The file may not exist. If it does not exist, create it as a plain text file.
 
   
  +
Intel のマイクロコードが最新でないと起動時に以下のようなセグメンテーション違反が発生することがあります:
Add the following lines to your global configuration file:
 
  +
host.cpukHz = "X" where "X" equals the maximum speed in KHz of your host machine. That is, its speed in MHz times 1000 or its speed in GHz times 1000000. A 3GHz machine would be 3000000.
 
  +
/usr/bin/vmware: line 31: 4941 Segmentation fault "$BINDIR"/vmware-modconfig --appname="VMware Workstation" --icon="vmware-workstation"
host.noTSC = TRUE
 
  +
ptsc.noTSC = TRUE
 
  +
[[マイクロコード]]を参照してアップデートしてください。
  +
  +
=== 時刻がおかしくなったり "[...]timeTracker_user.c:234 bugNr=148722" というエラーで VMware が起動しない ===
  +
VMware Linux における電源管理機能 ([[Wikipedia:Intel speedstep|Intel SpeedStep]] や [[Wikipedia:AMD powernow|AMD PowerNow!]]/[[Wikipedia:Cool'n'Quiet|Cool'n'Quiet]]) のサポートが [http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&externalId=1591 不完全] で CPU 周波数が変化するのが原因です。2012年3月、[https://projects.archlinux.org/svntogit/packages.git/commit/trunk/config.x86_64?h=packages/linux&id=9abe018d91a5d8c3af7523d30b8aa73f86b680be linux 3.3-1] のリリースによって、最大周波数の [[CPU 周波数スケーリング|Performance]] ガバナーは動的な ''Ondemand'' によって置き換わりました。ホストの CPU 周波数が変化すると、ゲストのシステムクロックが早すぎたり遅すぎたりするようになり、ゲストが全く起動できなくなることもあります。
  +
  +
この問題を解決するには、全体設定で、ホストで最大 CPU 周波数を指定して、[[Wikipedia:Time Stamp Counter|Time Stamp Counter]] (TSC) を無効化します:
  +
  +
{{hc|/etc/vmware/config|2=
  +
host.cpukHz = "X" # The maximum speed in KHz, e.g. 3GHz is "3000000".
  +
host.noTSC = "TRUE" # Keep the Guest system clock accurate even when
  +
ptsc.noTSC = "TRUE" # the time stamp counter (TSC) is slow.
  +
}}
  +
  +
{{Tip|定期的に時刻を補正するには、VMware Tools の ''Options'' タブで、次のオプションを有効化してください: ''"Time synchronization between the virtual machine and the host operating system"''。}}
  +
  +
=== システムを再起動した後にゲストのネットワークが使えなくなる ===
  +
  +
おそらく {{ic|vmnet}} モジュールがロードされていないのが原因です [https://www.linuxquestions.org/questions/slackware-14/could-not-connect-ethernet0-to-virtual-network-dev-vmnet8-796095/]。自動ロードする方法は [[#systemd サービス]]セクションを参照してください。
  +
  +
=== Linux 4.9 でカーネルモジュールのビルドに失敗する ===
  +
  +
VMware Workstation Pro 12.5.2 現在、コンパイルを通すにはモジュールのソースに修正が必要です [http://rglinuxtech.com/?p=1847]:
  +
  +
# cd /usr/lib/vmware/modules/source
  +
# tar xf vmmon.tar
  +
# mv vmmon.tar vmmon.old.tar
  +
# sed -i 's/uvAddr, numPages, 0, 0/uvAddr, numPages, 0/g' vmmon-only/linux/hostif.c
  +
# tar cf vmmon.tar vmmon-only
  +
# rm -r vmmon-only
  +
  +
# tar xf vmnet.tar
  +
# mv vmnet.tar vmnet.old.tar
  +
# sed -i 's/addr, 1, 1, 0/addr, 1, 0/g' vmnet-only/userif.c
  +
# tar cf vmnet.tar vmnet-only
  +
# rm -r vmnet-only
  +
  +
=== バージョン 12.5.4 から vmplayer/vmware の起動に失敗する ===
  +
  +
[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=224667 フォーラムスレッド] によれば、{{ic|libpng}} パッケージをバージョン 1.6.28-1 にダウングレードすることで一時的に解決できます。ダウングレードしたら [[Pacman#アップグレードさせないパッケージを設定|/etc/pacman.conf]] の {{ic|IgnorePkg}} パラメータにパッケージを追加してください。
  +
  +
もしくは、以下のコマンドを実行することで VMWare がシステムの zlib を使うようになります:
  +
  +
# cd /usr/lib/vmware/lib/libz.so.1
  +
# mv libz.so.1 libz.so.1.old
  +
# ln -s /usr/lib/libz.so.1 .
  +
  +
=== バージョン 12.5.3 で vmplayer/vmware が起動できない ===
  +
  +
この問題は {{ic|/usr/lib/vmware/lib/libstdc++.so.6/libstdc++.so.6}} で {{ic|CXXABI_1.3.8}} が抜けていることが原因です。
  +
  +
{{pkg|gcc-libs}} か {{pkg|gcc-libs-multilib}}{{Broken package link|置換パッケージ: {{Pkg|gcc-libs}}}} がインストールされているのであればライブラリは既にインストールされています。ファイルを削除することで vmplayer は gcc-libs のライブラリを使うようになります。root で以下のコマンドを実行してください:
  +
  +
# mv /usr/lib/vmware/lib/libstdc++.so.6/libstdc++.so.6 /usr/lib/vmware/lib/libstdc++.so.6/libstdc++.so.6.bak
  +
  +
また、以下のコマンドで一時的に対処することもできます:
  +
  +
# export VMWARE_USE_SHIPPED_LIBS='yes'
  +
  +
=== vmware 12 のプロセスが起動後にすぐ終了し、GUI が起動しない ===
  +
  +
[https://bugs.mageia.org/show_bug.cgi?id=9739 Mageia] にバグが報告されていますが、Arch ではターミナルにエラーメッセージが表示されません。{{ic|/tmp/vmware-<id>}} のログを見ると {{ic|VMWARE_SHIPPED_LIBS_LIST is not set}}, {{ic|VMWARE_SYSTEM_LIBS_LIST is not set}}, {{ic|VMWARE_USE_SHIPPED_LIBS is not set}}, {{ic|VMWARE_USE_SYSTEM_LIBS is not set}} が確認できます。プロセスは {{ic|Unable to execute /usr/lib/vmware/bin/vmware-modconfig}} で終了しています。解決するには root で以下のコマンドを実行してください:
  +
  +
# mv /etc/vmware/icu/icudt44l.dat /etc/vmware/icu/icudt44l.dat.bak
  +
  +
もしくは以下のコマンドでも一時的に回避できます:
  +
  +
$ export VMWARE_USE_SHIPPED_LIBS='yes'
  +
  +
=== カーネル 4.11 以上で vmware モジュールのビルドに失敗する ===
  +
  +
vmware-modconfig を実行すると以下のように表示される場合:
  +
Failed to get gcc information.
  +
  +
ログで実際のエラーを確認できます:
  +
modconfig| I125: Got gcc version "6.3.1".
  +
modconfig| I125: GCC major version 6 does not match Kernel GCC major version 7.
  +
modconfig| I125: The GCC compiler "/sbin/gcc" cannot be used for the target kernel.
  +
  +
チェックをスキップするには、以下のコマンドを実行してください:
  +
# sed 's/gcc version 7/gcc version 6/' /proc/version > /tmp/version
  +
# mount --bind /tmp/version /proc/version
  +
# vmware-modconfig --console --install-all
  +
# umount /proc/version && rm /tmp/version
   
 
== アンインストール ==
 
== アンインストール ==
343行目: 397行目:
   
 
{{ic|vmware}} サービスを無効にして削除するのも忘れないで下さい:
 
{{ic|vmware}} サービスを無効にして削除するのも忘れないで下さい:
# systemctl disable vmware
 
 
# rm /etc/systemd/system/vmware.service
 
# rm /etc/systemd/system/vmware.service
  +
# rm /etc/systemd/system/vmware-usbarbitrator.service
   
You may also want to have a look at the module directories in {{ic|/usr/lib/modules/''<kernel name>''/misc/}} for any leftovers.
+
{{ic|/usr/lib/modules/''<kernel name>''/misc/}} のモジュールディレクトリにも何か残っていないか確認すると良いでしょう。

2018年8月30日 (木) 00:48時点における最新版

関連記事

この記事は Arch Linux における VMware のインストールについての記事です。VMware に Arch Linux をインストールするのは別の記事になっています。

ノート:
  • この記事では最新バージョンの VMware である VMware Workstation Pro と VMware Player 12 を扱います。
  • 古いバージョンを使用する場合は、AURvmware-patchAUR を使って下さい。

目次

インストール

適切な依存パッケージをインストールしてください:

  • fuse2 - vmware-vmblock-fuse
  • gksuAUR - root 操作用 (メモリ割り当てやライセンス登録など)
  • gtkmm - GUI 用
  • linux-headers - モジュールコンパイル用
  • ncurses5-compat-libsAUR - --console インストーラーを動かすのに必要
  • libcanberra - イベントサウンド用

最新の VMware Workstation Pro または Player をダウンロードしてください (若しくは、可能であれば ベータ バージョン)。

インストールを開始してください:

# sh VMware-<edition>-<version>.<release>.<architecture>.bundle
ヒント: その他の有用なフラグ:
  • --eulas-agreed - EULA をスキップ。
  • --console - コンソール UI を使います。
  • --custom - インストールディレクトリを /usr/local などに変更できます (変更した場合は systemd サービスvmware-usbarbitrator.service 内のパスも更新してください)。
  • -I, --ignore-errors - 致命的なエラーを無視します。
  • --set-setting=vmware-workstation serialNumber XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX - インストールのシリアル番号を設定 (スクリプトでインストールするときに有用)。
  • --required - 必須の質問だけを表示 (--eulas-agreed--console と組み合わせることでサイレントインストールできます)。

System service scripts directory には、 /etc/init.d を使って下さい (デフォルト)。

ノート: インストール中に "No rc*.d style init script directories" というエラーが表示されますが、Arch は systemd に移行しているので、無視してかまいません。
ヒント: 後でターミナルからモジュールを(再)ビルドするには、次のコマンドを使って下さい:
# vmware-modconfig --console --install-all

設定

カーネルモジュール

VMware Workstation 12.5 はバージョン 4.8 までのカーネルをサポートしています。

systemd サービス

(任意) /etc/init.d/vmware (start|stop|status|restart) と /usr/bin/vmware-usbarbitrator を使って直接サービスを管理するのではなく、.service ファイルを使用することもできます (AURvmware-systemd-servicesAUR から取得することも可能、vmware-patchAUR にも入っています):

/etc/systemd/system/vmware.service
[Unit]
Description=VMware daemon
Requires=vmware-usbarbitrator.service
Before=vmware-usbarbitrator.service
After=network.target

[Service]
ExecStart=/etc/init.d/vmware start
ExecStop=/etc/init.d/vmware stop
PIDFile=/var/lock/subsys/vmware
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target
/etc/systemd/system/vmware-usbarbitrator.service
[Unit]
Description=VMware USB Arbitrator
Requires=vmware.service
After=vmware.service

[Service]
ExecStart=/usr/bin/vmware-usbarbitrator
ExecStop=/usr/bin/vmware-usbarbitrator --kill
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target

他の Workstation サーバーコンソールから VMware Workstation に接続したい場合、以下のサービスも追加してください:

/etc/systemd/system/vmware-workstation-server.service
[Unit]
Description=VMware Workstation Server
Requires=vmware.service
After=vmware.service

[Service]
ExecStart=/etc/init.d/vmware-workstation-server start
ExecStop=/etc/init.d/vmware-workstation-server stop
PIDFile=/var/lock/subsys/vmware-workstation-server
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target

作成したら有効化することでブート時に起動できます。

Workstation Server サービス

vmware-workstation-server.service はコマンドチェインで wssc-adminTool を実行しますが、このバイナリファイルの名前は vmware-wssc-adminTool に変更されています。

サービスが起動するのを防ぐには、以下のようにシンボリックリンクを作成してください:

# ln -s wssc-adminTool /usr/lib/vmware/bin/vmware-wssc-adminTool

アプリケーションを起動する

VMware Workstation Pro を開くには:

$ vmware

VMware Player の場合:

$ vmplayer

ヒントとテクニック

Workstation Pro ライセンスキーを入力する

ターミナルから

# /usr/lib/vmware/bin/vmware-vmx-debug --new-sn XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX はあなたのライセンスキーに置き換えてください。

ノート: -debug バイナリはライセンスが間違っている場合に知らせてくれます。

GUI から

上記で上手くいかない場合は、次を試すことができます:

# /usr/lib/vmware/bin/vmware-enter-serial

VMware BIOS を展開する

$ objcopy /usr/lib/vmware/bin/vmware-vmx -O binary -j bios440 --set-section-flags bios440=a bios440.rom.Z
$ perl -e 'use Compress::Zlib; my $v; read STDIN, $v, '$(stat -c%s "./bios440.rom.Z")'; $v = uncompress($v); print $v;' < bios440.rom.Z > bios440.rom

インストーラーを抽出する

インストーラー .bundle の中身を確認するには:

$ sh VMware-edition-version.release.architecture.bundle --extract /tmp/vmware-bundle/

改造 BIOS を使う

展開した BIOS に変更を加えるとき、あなたの仮想マシンがその BIOS を使うようにするには BIOS を ~/vmware/<Virtual machine name> に移動して:

$ mv bios440.rom ~/vmware/<Virtual machine name>/

ファイルの名前を <Virtual machine name>.vmx ファイルに追記してください:

~/vmware/<Virtual machine name>/<Virtual machine name>.vmx
bios440.filename = "bios440.rom"

Intel と Optimus で 3D グラフィックを有効化

3D アクセラレーションが不安定なグラフィックドライバーはデフォルトでブラックリストに入れられています。Accelerate 3D graphics を有効化すると、ログに以下のように表示されることがあります:

Disabling 3D on this host due to presence of Mesa DRI driver.  Set mks.gl.allowBlacklistedDrivers = TRUE to override.

その場合、以下のように設定してください:

~/.vmware/preferences
mks.gl.allowBlacklistedDrivers = TRUE

トラブルシューティング

/dev/vmmon not found

エラーの全文は:

Could not open /dev/vmmon: No such file or directory.
Please make sure that the kernel module `vmmon' is loaded.

これは vmmon VMware サービスが動作していないことを意味しています。#Systemd サービスsystemd サービスを使っている場合は(再)起動してください。

/dev/vmci not found

エラーの全文は:

Failed to open device "/dev/vmci": No such file or directory
Please make sure that the kernel module 'vmci' is loaded.

以下のコマンドを実行して VMware のカーネルモジュールを再コンパイルしてみてください:

# vmware-modconfig --console --install-all

Kernel headers for version 4.x-xxxx were not found. If you installed them[...]

ヘッダーをインストールしてください (linux-headers)。

ノート: カーネルやヘッダーをアップグレードしたら、ヘッダーのバージョンを合わせるために新しいカーネルで起動する必要があります。比較的よくあるエラーです。

USB デバイスが認識されない

ヒント: vmware-patchAUR でも対処できます。

systemd サービスを使ってサービスを自動的に管理しない場合、毎回手動で root を使って vmware-usbarbitrator バイナリを起動する必要があります。

起動するには:

# vmware-usbarbitrator

停止するには:

# vmware-usbarbitrator --kill

インストーラーが起動しない

.bundle を開くとプロンプトに戻ってしまう場合、おそらく VMware インストーラーの古いバージョンまたは壊れたバージョンが存在しています。削除してください (この記事のアンインストールセクションも参照してください):

# rm -r /etc/vmware-installer/

User interface initialization failed

以下のようなエラーが表示される場合もあります:

 Extracting VMware Installer...done.
 No protocol specified
 No protocol specified
 User interface initialization failed.  Exiting.  Check the log for details.

ncurses5-compat-libsAUR をインストールするか、一時的に X に root でアクセスできるようにすることで解決します:

 $ xhost +
 $ sudo ./<vmware filename>.bundle
 $ xhost -

ゲストで VMware Tools がダウンロードできない

ツールを手動でダウンロードするには VMware リポジトリ を訪れてください。

"application name / version / build ID / linux / packages/" まで移動して適切な Tools をダウンロードします。

展開するには次を実行:

$ tar -xvf vmware-tools-name-version-buildID.x86_64.component.tar

VMware インストーラーを使ってインストール:

# vmware-installer --install-component=/path/vmware-tools-name-version-buildID.x86_64.component

上記で上手くいかない場合は ncurses5-compat-libsAUR をインストールしてみてください。

VMware にリモートでアクセスしようとすると Incorrect login/password エラー

VMware Workstation には vmware-workstation-server サービスによって共有 VM をリモートで管理できる機能があります。しかしながら、vmware-authd サービスの PAM 設定が間違っているために、"incorrect username/password" エラーで失敗します。修正するには、以下のように /etc/pam.d/vmware-authd を編集して:

/etc/pam.d/vmware-authd
#%PAM-1.0
auth     required       pam_unix.so
account  required       pam_unix.so
password required       pam_permit.so
session  required       pam_unix.so

vmwaresystemd サービスを再起動してください。

これでインストールで作られた証明書を使ってサーバーにアクセスできるはずです。

ノート: 仮想マシンを起動するために libxslt が必要になるかもしれません。

ALSA 出力の問題

音質や HD 音声出力が有効にできない問題を修正するには、まず以下を実行 [1]:

$ aplay -L

ゲストから 5.1 のサラウンド音声を再生したい場合 surround51:CARD=vendor_name,DEV=num を、音質に問題がある場合は front:CARD=vendor_name,DEV=num を確認して、.vmx に名前を記述してください:

~/vmware/Virtual_machine_name/Virtual_machine_name.vmx
sound.fileName="surround51:CARD=Live,DEV=0"
sound.autodetect="FALSE"

OSS エミュレーションを使っている場合、無効化してください。

Kernel-based Virtual Machine (KVM) is running

起動時に KVM を無効にするために、以下のようなファイルを使うことができます:

/etc/modprobe.d/vmware.conf
blacklist kvm
blacklist kvm-amd   # For AMD CPUs
blacklist kvm-intel # For Intel CPUs

Intel のマイクロコードが古いせいで起動時にセグメンテーション違反が発生する

Intel のマイクロコードが最新でないと起動時に以下のようなセグメンテーション違反が発生することがあります:

/usr/bin/vmware: line 31: 4941 Segmentation fault "$BINDIR"/vmware-modconfig --appname="VMware Workstation" --icon="vmware-workstation"

マイクロコードを参照してアップデートしてください。

時刻がおかしくなったり "[...]timeTracker_user.c:234 bugNr=148722" というエラーで VMware が起動しない

VMware Linux における電源管理機能 (Intel SpeedStepAMD PowerNow!/Cool'n'Quiet) のサポートが 不完全 で CPU 周波数が変化するのが原因です。2012年3月、linux 3.3-1 のリリースによって、最大周波数の Performance ガバナーは動的な Ondemand によって置き換わりました。ホストの CPU 周波数が変化すると、ゲストのシステムクロックが早すぎたり遅すぎたりするようになり、ゲストが全く起動できなくなることもあります。

この問題を解決するには、全体設定で、ホストで最大 CPU 周波数を指定して、Time Stamp Counter (TSC) を無効化します:

/etc/vmware/config
host.cpukHz = "X"  # The maximum speed in KHz, e.g. 3GHz is "3000000".
host.noTSC = "TRUE" # Keep the Guest system clock accurate even when
ptsc.noTSC = "TRUE" # the time stamp counter (TSC) is slow.
ヒント: 定期的に時刻を補正するには、VMware Tools の Options タブで、次のオプションを有効化してください: "Time synchronization between the virtual machine and the host operating system"

システムを再起動した後にゲストのネットワークが使えなくなる

おそらく vmnet モジュールがロードされていないのが原因です [2]。自動ロードする方法は #systemd サービスセクションを参照してください。

Linux 4.9 でカーネルモジュールのビルドに失敗する

VMware Workstation Pro 12.5.2 現在、コンパイルを通すにはモジュールのソースに修正が必要です [3]:

# cd /usr/lib/vmware/modules/source
# tar xf vmmon.tar
# mv vmmon.tar vmmon.old.tar
# sed -i 's/uvAddr, numPages, 0, 0/uvAddr, numPages, 0/g' vmmon-only/linux/hostif.c
# tar cf vmmon.tar vmmon-only
# rm -r vmmon-only
# tar xf vmnet.tar
# mv vmnet.tar vmnet.old.tar
# sed -i 's/addr, 1, 1, 0/addr, 1, 0/g' vmnet-only/userif.c
# tar cf vmnet.tar vmnet-only
# rm -r vmnet-only

バージョン 12.5.4 から vmplayer/vmware の起動に失敗する

フォーラムスレッド によれば、libpng パッケージをバージョン 1.6.28-1 にダウングレードすることで一時的に解決できます。ダウングレードしたら /etc/pacman.confIgnorePkg パラメータにパッケージを追加してください。

もしくは、以下のコマンドを実行することで VMWare がシステムの zlib を使うようになります:

# cd /usr/lib/vmware/lib/libz.so.1
# mv libz.so.1 libz.so.1.old
# ln -s /usr/lib/libz.so.1 .

バージョン 12.5.3 で vmplayer/vmware が起動できない

この問題は /usr/lib/vmware/lib/libstdc++.so.6/libstdc++.so.6CXXABI_1.3.8 が抜けていることが原因です。

gcc-libsgcc-libs-multilib[リンク切れ: 置換パッケージ: gcc-libs] がインストールされているのであればライブラリは既にインストールされています。ファイルを削除することで vmplayer は gcc-libs のライブラリを使うようになります。root で以下のコマンドを実行してください:

# mv /usr/lib/vmware/lib/libstdc++.so.6/libstdc++.so.6 /usr/lib/vmware/lib/libstdc++.so.6/libstdc++.so.6.bak

また、以下のコマンドで一時的に対処することもできます:

# export VMWARE_USE_SHIPPED_LIBS='yes'

vmware 12 のプロセスが起動後にすぐ終了し、GUI が起動しない

Mageia にバグが報告されていますが、Arch ではターミナルにエラーメッセージが表示されません。/tmp/vmware-<id> のログを見ると VMWARE_SHIPPED_LIBS_LIST is not set, VMWARE_SYSTEM_LIBS_LIST is not set, VMWARE_USE_SHIPPED_LIBS is not set, VMWARE_USE_SYSTEM_LIBS is not set が確認できます。プロセスは Unable to execute /usr/lib/vmware/bin/vmware-modconfig で終了しています。解決するには root で以下のコマンドを実行してください:

# mv /etc/vmware/icu/icudt44l.dat /etc/vmware/icu/icudt44l.dat.bak

もしくは以下のコマンドでも一時的に回避できます:

$ export VMWARE_USE_SHIPPED_LIBS='yes'

カーネル 4.11 以上で vmware モジュールのビルドに失敗する

vmware-modconfig を実行すると以下のように表示される場合:

Failed to get gcc information.

ログで実際のエラーを確認できます:

modconfig| I125: Got gcc version "6.3.1".
modconfig| I125: GCC major version 6 does not match Kernel GCC major version 7.
modconfig| I125: The GCC compiler "/sbin/gcc" cannot be used for the target kernel.

チェックをスキップするには、以下のコマンドを実行してください:

# sed 's/gcc version 7/gcc version 6/' /proc/version > /tmp/version
# mount --bind /tmp/version /proc/version
# vmware-modconfig --console --install-all
# umount /proc/version && rm /tmp/version

アンインストール

VMware をアンインストールするには製品名が必要です (vmware-workstation または vmware-player)。インストールされている製品を全て表示するには:

$ vmware-installer -l

次のコマンドでアンインストールしてください (--required で確認をスキップできます):

# vmware-installer -u <product> --required

vmware サービスを無効にして削除するのも忘れないで下さい:

# rm /etc/systemd/system/vmware.service
# rm /etc/systemd/system/vmware-usbarbitrator.service

/usr/lib/modules/<kernel name>/misc/ のモジュールディレクトリにも何か残っていないか確認すると良いでしょう。