「Xfce」の版間の差分

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎カラーマネージメント: の前に節を追加)
 
(2人の利用者による、間の16版が非表示)
1行目: 1行目:
[[Category:デスクトップ環境]]
+
[[Category:Xfce]]
 
[[cs:Xfce]]
 
[[cs:Xfce]]
 
[[de:Xfce]]
 
[[de:Xfce]]
 
[[en:Xfce]]
 
[[en:Xfce]]
 
[[es:Xfce]]
 
[[es:Xfce]]
  +
[[fa:Xfce]]
 
[[fr:Xfce]]
 
[[fr:Xfce]]
 
[[it:Xfce]]
 
[[it:Xfce]]
  +
[[ko:Xfce]]
 
[[pl:Xfce]]
 
[[pl:Xfce]]
 
[[ru:Xfce]]
 
[[ru:Xfce]]
 
[[tr:Xfce_Masaüstü_Ortamı]]
 
[[tr:Xfce_Masaüstü_Ortamı]]
[[uk:Xfce]]
+
[[zh-hans:Xfce]]
[[zh-CN:Xfce]]
 
 
{{Related articles start}}
 
{{Related articles start}}
 
{{Related|デスクトップ環境}}
 
{{Related|デスクトップ環境}}
 
{{Related|ディスプレイマネージャ}}
 
{{Related|ディスプレイマネージャ}}
 
{{Related|ウィンドウマネージャ}}
 
{{Related|ウィンドウマネージャ}}
  +
{{Related|Xfwm}}
 
{{Related|Thunar}}
 
{{Related|Thunar}}
  +
{{Related|LXDE}}
  +
{{Related|GNOME}}
 
{{Related|GTK+}}
 
{{Related|GTK+}}
 
{{Related|自動起動#グラフィカル}}
 
{{Related|自動起動#グラフィカル}}
 
{{Related articles end}}
 
{{Related articles end}}
   
[http://www.xfce.org/about/ Xfce - About] より:
+
[https://www.xfce.org/about/ Xfce - About] より:
   
 
:''Xfce はモジュール化と再利用性という伝統的な UNIX の哲学を体現しています。そして、現代のデスクトップ環境に期待されている機能をフルに提供する数々のコンポーネントで構成されています。コンポーネントはそれぞれ独立にパッケージ化されており、あなたは利用可能なパッケージ群からパッケージを選択して最適な個人の作業環境を作り出すことができます。''
 
:''Xfce はモジュール化と再利用性という伝統的な UNIX の哲学を体現しています。そして、現代のデスクトップ環境に期待されている機能をフルに提供する数々のコンポーネントで構成されています。コンポーネントはそれぞれ独立にパッケージ化されており、あなたは利用可能なパッケージ群からパッケージを選択して最適な個人の作業環境を作り出すことができます。''
34行目: 38行目:
 
以下の作業を行う前に、X サーバーがインストールされていて正しく動作することを確認しておいてください。詳しくは [[Xorg]] を見て下さい。
 
以下の作業を行う前に、X サーバーがインストールされていて正しく動作することを確認しておいてください。詳しくは [[Xorg]] を見て下さい。
   
{{Note|Xfce はモジュール化されています。どういうことかというと、あなたは以下のすべてのパートを実行する必要はありませんし、そのいくつかを取捨選択してよいということです。}}
+
{{Note|Xfce はモジュール化されています。以下のすべてのパッケジをインスールする必要はありません取捨選択してよいということです。}}
   
ベースとなる Xfce システムは[[Official Repositories|公式リポジトリ]]から利用できる {{Grp|xfce4}} グループで[[pacman|インストール]]できます。Pacman はインストールするパッケージを選ぶように尋ねますが、{{ic|Enter}} を押すことで全てのパッケージをインストールできます。もしパネルプラグイン・通知・システムツールのような追加パッケージをお望みなら、{{Grp|xfce4-goodies}} グループからインストールできます。
+
ベースとなる Xfce システムは[[公式リポジトリ]]から利用できる {{Grp|xfce4}} グループで[[pacman|インストール]]できます。Pacman はインストールするパッケージを選ぶように尋ねますが、{{ic|Enter}} を押すことで全てのパッケージをインストールできます。もしパネルプラグイン・通知・システムツールのような追加パッケージをお望みなら、{{Grp|xfce4-goodies}} グループからインストールできます。
  +
  +
Xfce のデフォルトのウィンドウマネージャは [[Xfwm]] です。
   
 
{{Tip|
 
{{Tip|
* [[Gamin|Gamin]] ([[FAM|FAM]] の後継) をインストールすることが強く推奨されています。
+
* [[Gamin]] ([[FAM]] の後継) をインストールすることが強く推奨されています。
* リムーバルディスクのマウントや圧縮ファイルの解凍などの作業は Thunar を使って行うことができます。{{Grp|xfce4-goodies}} をインストールしないでそうしたことを行いたい場合は、[[Thunar|Thunar]] のページを読んで下さい。}}
+
* リムーバルディスクのマウントや圧縮ファイルの解凍などの作業は Thunar を使って行うことができます。{{Grp|xfce4-goodies}} をインストールしないでそうしたことを行いたい場合は、[[Thunar]] のページを読んで下さい。}}
   
== Xfce 起動しよう ==
+
== Xfce 起動 ==
  +
お好きな[[ディスプレイマネージャ]]のメニューから ''Xfce Session'' を選択してください。または [[xinitrc]] に {{ic|exec startxfce4}} を追加してください。
=== ブート時に自動で起動させる ===
 
ブート時に Xfce (とデスクトップやウィンドウマネージャ) を起動する方法は2つあります:
 
   
  +
{{Note|{{ic|xfce4-session}} 実行可能ファイルを直接実行してはいけません。正しいコマンドは {{ic|startxfce4}} です。}}
* [[ディスプレイマネージャ]]を使って Xfce を起動する
 
* [[ログイン時に X を起動]]に書かれている {{pkg|xorg-xinit}} と[[仮想端末に自動ログイン]]を使って Xfce を自動的に起動する
 
 
=== 手動で起動する ===
 
 
Xfce を手動で起動する方法は2つあります:
 
 
* コンソールから直接 {{ic|startxfce4}} を実行する。
 
* {{ic|~/.xinitrc}} に {{ic|exec startxfce4}} を設定してコンソールから {{ic|xinit}} か {{ic|startx}} を実行する。詳しくは [[xinitrc]] を見て下さい。
 
 
{{Note|Xfce を起動する正しいコマンドは {{ic|startxfce4}} です、直接 {{ic|xfce4-session}} を実行しないでください。}}
 
 
=== 自動マウント ===
 
[[General troubleshooting#セッションのパーミッション|一般的なトラブルシューティング#セッションのパーミッション]]を参照してください。
 
 
シャットダウンや再起動に問題がないのに外部メディアやディスクを自動マウントできない場合は、{{pkg|gvfs}} をインストールする必要があるかもしれません。[[#リムーバルデバイス|リムーバルデバイス]]のセクションを見て下さい。
 
   
 
==設定==
 
==設定==
===Xfconf 設定===
 
Xfconf は設定オプションを保存するための XFCE のシステムであり、XFCE の設定のほとんどは Xfconf にある設定を編集することで行います。これらの設定を変更する方法は複数存在します:
 
* 一番簡単な方法はメインメニューの "Settings" からカスタマイズしたいカテゴリを選択することです。しかし、この方法では全てのカスタマイズオプションを使うことはできません。
 
* やや扱いにくいですが一般的な方法は {{ic|Main menu -> Settings -> Settings Editor}} を開くことです。ここから全てのカスタマイズオプションを編集することができます。ここで編集した設定はすぐに変更が適用されます。設定エディタはコマンドラインから {{ic|xfce4-settings-editor}} を実行することでも起動できます。
 
* {{ic|xfconf-query}} プログラムを使えばコマンドラインからカスタマイズを完全に行うことができます。詳しくは [http://docs.xfce.org/xfce/xfconf/xfconf-query XFCE のオンラインドキュメント] を見て下さい。この wiki でも多くのサンプルを載せています。設定はすぐに適用されます。
 
* 設定は {{ic|~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/}} 下の XML ファイルに保存されます。このファイルを手動で編集することが可能です。しかし、手動の変更は直ちには適用されません。
 
* 参照: [http://docs.xfce.org/xfce/xfconf/start Xfconf ドキュメント]
 
   
  +
Xfce は [https://docs.xfce.org/xfce/xfconf/start Xfconf] に設定オプションを保存します。オプションを変更する方法は複数存在します:
==== グラフィカルセッティングマネージャのコマンド ====
 
実行されるコマンドに対する公式のドキュメントは存在していません。なので、{{ic|/usr/share/applications/}} フォルダにある {{ic|.desktop}} ファイルを見なければいけません。何が起きようとしているのかを正確に知りたい人のために、その調べる努力を回避するための handy list がここにあります:
 
   
  +
* メインメニューで [https://docs.xfce.org/xfce/xfce4-settings/start Settings] を選択してカスタマイズしたいカテゴリを選択。カテゴリは {{ic|/usr/bin/xfce4-*}} や {{ic|/usr/bin/xfdesktop-settings}} にあるプログラムです。
xfce4-accessibility-settings
 
  +
* {{ic|xfce4-settings-editor}} は全ての設定を確認・編集できます。変更したオプションはすぐに適用されます。コマンドラインから設定を変更するには {{ic|xfconf-query}} を使って下さい。詳しくは [https://docs.xfce.org/xfce/xfconf/xfconf-query ドキュメント] を参照。
xfce4-power-manager-settings
 
  +
* {{ic|~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/}} にある XML ファイルに保存されている設定は手動で編集できます。ただし、変更は即座には適用されません。
xfce4-settings-editor
 
xfdesktop-settings
 
xfce4-display-settings
 
xfce4-keyboard-settings
 
xfce4-mouse-settings
 
xfce4-session-settings
 
xfce4-settings-manager
 
xfce4-appearance-settings
 
xfwm4-settings
 
xfwm4-tweaks-settings
 
xfwm4-workspace-settings
 
orage -p
 
 
すべての利用可能なセッティングマネージャのコマンドを見るには、以下のコマンドをターミナルで実行します:
 
 
$ grep '^Exec=' /usr/share/applications/xfce*settings* | sed -e 's_^.*=_ _'
 
 
===パネル===
 
====Xfce panel の背景をカスタマイズする方法====
 
{{ic|~/.gtkrc-2.0}} を編集します。
 
設定ファイルと同じディレクトリ、つまり {{ic|~/}} に画像ファイルを置かなければならないことに注意してください。画像ファイルへのパスをあなたが指定することはできませんし、もしそうした場合はうまく動かないでしょう。
 
style "panel-background" {
 
bg_pixmap[NORMAL] = "foo.bar"
 
bg_pixmap[PRELIGHT] = "foo.bar"
 
bg_pixmap[ACTIVE] = "foo.bar"
 
bg_pixmap[SELECTED] = "foo.bar"
 
bg_pixmap[INSENSITIVE] = "foo.bar"
 
}
 
widget_class "*Panel*" style "panel-background"
 
 
====Xfce パネルのフォント====
 
{{ic|~/.gtkrc-2.0}} を編集して下さい。
 
style "panel-font" {
 
font_name = "Droid Sans Bold 10"
 
}
 
widget_class "*Panel*" style "panel-font"
 
   
 
=== メニュー ===
 
=== メニュー ===
  +
Free Desktop のメニューシステムを使用する方法については [[Xdg-menu]] を参照してください。
==== 代替メニューアプレット ====
 
[http://gottcode.org/xfce4-whiskermenu-plugin/ Whisker Menu] をデフォルトの Xfce メニューアプレットの代わりに使うことができます。パネルに追加して、初めから入っているデフォルトメニューを削除してください。
 
 
{{Pkg|xfce4-whiskermenu-plugin}} パッケージとして[[公式リポジトリ]]から利用できます。
 
   
==== システムメニューからメニューの項目を取り除く方法====
+
==== Whisker メニュー ====
  +
[http://gottcode.org/xfce4-whiskermenu-plugin/ Whisker Menu] をデフォルトの Xfce メニューアプレットの代わりに使うことができます。ファジー検索に対応しています。パネルに追加して、初めから入っているデフォルトメニューを削除してください。
===== 方法 1 =====
 
組込みのメニューエディタでは、システムメニューからメニューの項目を取り除くことはできません。メニューの項目を隠してしまう方法:
 
# ターミナル (Xfce menu > System > Terminal) を開き {{ic|/usr/share/applications}} フォルダに移動します: {{bc|$ cd /usr/share/applications}}
 
# このフォルダは {{ic|.desktop}} ファイルでいっぱいのはずです。どれだけあるのか見てみましょう。次を入力してください: {{bc|$ ls}}
 
# {{ic|1=NoDisplay=true}} を {{ic|.desktop}} ファイルに追加してください。例えば、Firefox を隠したい場合、ターミナルで次のように入力してください: {{bc|1=# echo "NoDisplay=true" >> firefox.desktop}} このコマンドは {{ic|.desktop}} ファイルの一番下に {{ic|1=NoDisplay=true}} を加えます。
 
   
  +
{{Pkg|xfce4-whiskermenu-plugin}} パッケージとして[[公式リポジトリ]]から利用できます ({{Grp|xfce4-goodies}} グループにも含まれています)。
===== 方法 2 =====
 
グローバルなアプリケーションディレクトリの中身を全部、ローカルのアプリケーションディレクトリにコピーしてから、不必要な .desktop エントリを修正・無効にするという方法もあります。この方法だとアプリケーションの更新によって {{ic|/usr/share/applications/}} の変更を上書きされても大丈夫です。
 
# ターミナルで、{{ic|/usr/share/applications}} から {{ic|~/.local/share/applications/}} に全てのファイルをコピーしてください: {{bc|$ cp /usr/share/applications/* ~/.local/share/applications/}}
 
# メニューで非表示にしたいエントリに、{{ic|1=NoDisplay=true}} オプションを追加してください: {{bc|1=$ echo "NoDisplay=true" >> ~/.local/share/applications/foo.desktop}}
 
   
  +
==== エントリの編集 ====
テキストエディタで {{ic|.desktop}} ファイルの {{ic|1=Categories=}} 行を編集することでアプリケーションのカテゴリを編集することも可能です。
 
  +
エントリを編集するためのグラフィカルツールがいくつか存在します:
   
  +
* {{App|XAME|Gambas で書かれた GUI ツール。Xfce でメニューを編集するために作られています。他のデスクトップ環境では動作しません。開発は終了しています。|http://www.redsquirrel87.com/XAME.php|{{AUR|xame}}}}
===== 方法 3 =====
 
  +
* {{App|MenuLibre|近代的な機能を提供する高度なメニューエディタ。使いやすいインターフェイスを持っています。|https://launchpad.net/menulibre|{{AUR|menulibre}}}}
3番目の方法は一番クリーンであり [http://wiki.xfce.org/howto/customize-menu Xfce wiki] で推奨されている方法です。
 
  +
* {{App|Alacarte|GNOME のメニューエディタ。|http://www.gnome.org/|{{Pkg|alacarte}}}}
   
ファイル {{ic|~/.config/menus/xfce-applications.menu}} を作って以下をその中にコピーしてください:
+
もしくは、ファイル {{ic|~/.config/menus/xfce-applications.menu}} を作って以下をその中にコピーしてください:
 
<!DOCTYPE Menu PUBLIC "-//freedesktop//DTD Menu 1.0//EN"
 
<!DOCTYPE Menu PUBLIC "-//freedesktop//DTD Menu 1.0//EN"
"http://www.freedesktop.org/standards/menu-spec/1.0/menu.dtd">
+
"https://www.freedesktop.org/standards/menu-spec/1.0/menu.dtd">
 
 
 
<Menu>
 
<Menu>
173行目: 112行目:
 
{{ic|<Exclude>}} タグにはメニューに表示したくないアプリケーションを指定します。ここでは Xfce のデフォルトのショートカットをメニューから外していますが、{{ic|firefox.desktop}} など他のアプリケーションも除外可能です。
 
{{ic|<Exclude>}} タグにはメニューに表示したくないアプリケーションを指定します。ここでは Xfce のデフォルトのショートカットをメニューから外していますが、{{ic|firefox.desktop}} など他のアプリケーションも除外可能です。
   
The {{ic|<Layout>}} タグはメニューのレイアウトを定義します。フォルダを使ってアプリケーションをまとめることができます。詳しくは上述の Xfce wiki のページを見て下さい。
+
{{ic|<Layout>}} タグはメニューのレイアウトを定義します。フォルダを使ってアプリケーションをまとめることができます。詳しくは [http://wiki.xfce.org/howto/customize-menu Xfce wiki のページ] を見て下さい。
   
  +
{{ic|.desktop}} ファイルを編集することでも Xfce のメニューを変更することができます。エントリを非表示にするには、[[デスクトップエントリ#デスクトップエントリの隠匿]]を見て下さい。デスクトップエントリの {{ic|1=Categories=}} 行を変えることでアプリケーションのカテゴリも編集できます。[[デスクトップエントリ#サンプルファイル]]を参照。
===== 方法 4 =====
 
[http://www.redsquirrel87.com/XAME.html xame] という名前のツールを使うことも可能です。XAME は Gambas で書かれた GUI のツールで、Xfce に限定してメニューエントリを編集することができます。他の DE では動作しません。XAME は [[Arch User Repository|AUR]] の {{AUR|xame}} パッケージで利用できます。XAME の他に Xfce でも動くツールとしては {{AUR|menulibre}} もあります。
 
 
===== 方法 5 =====
 
 
[[GNOME|GNOME]] のメニューエディタ {{Pkg|alacarte}} は Xfce でもほぼ問題なく動きます。エントリとサブメニューをカスタマイズすることが可能です。Alacarte における唯一の問題は {{ic|<nowiki>OnlyShowIn=Xfce;</nowiki>}} という行を含む .desktop ファイルから作られたメニューアイテムが Alacarte エディタで表示されないということです。また、{{ic|<nowiki>OnlyShowIn=GNOME;</nowiki>}} という行を含む .desktop ファイルから作られたメニューアイテムは Alacarte で表示するようにしていても Xfce メニューに表示されません。[[Arch User Repository|AUR]] には Alacarte にパッチをあてた2つのバージョンが存在します: {{AUR|alacarte-xfce}} と {{AUR|alacarte-lxde}} です。後者のパッケージは、その名前にかかわらず、[[LXDE|LXDE]] だけでなくほとんど全てのデスクトップ環境で使えます。
 
 
==== /usr/share/applications にアプリケーションが存在しない場合 ====
 
[[Wine|Wine]] のアプリケーションは、インストールしても {{ic|/usr/share/applications}} にファイルが作られないことがあります。そういうときは"他の"ディレクトリを見て下さい: {{ic|~/.local/share/applications/wine/}}。
 
   
 
=== デスクトップ ===
 
=== デスクトップ ===
   
 
==== デスクトップアイコンタイトルに透明の背景を使う ====
 
==== デスクトップアイコンタイトルに透明の背景を使う ====
デスクトップアイコンタイトルのデフォルトの白色背景から、何か他の適当なものに変えるためには、GTK の設定ファイルを編集(あるいは、必要があればそのファイルを作成)してください:
+
デスクトップアイコンタイトルのデフォルトの白色背景から、何か他の適当なものに変えるためには、GTK の設定ファイルを編集(あるいは、必要があればファイルを作成)してください:
   
 
{{hc|~/.gtkrc-2.0|<nowiki>
 
{{hc|~/.gtkrc-2.0|<nowiki>
203行目: 134行目:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
   
==== 特定パーティションを非表示にする ====
+
==== 右クリック Thunar オプションを削除する ====
  +
次のコマンドを実行:
デスクトップに特定のパーティションやドライブを表示したくない場合は、udev ルールを作って下さい (例: {{ic|/etc/udev/rules.d/10-local.rules}}):
 
  +
$ xfconf-query -c xfce4-desktop -v --create -p /desktop-icons/style -t int -s 0
   
  +
==== マルチディスプレイの壁紙 ====
KERNEL=="sda1", ENV{UDISKS_PRESENTATION_HIDE}="1"
 
KERNEL=="sda2", ENV{UDISKS_PRESENTATION_HIDE}="1"
 
   
  +
{{ic|xfce4-settings-editor}} を開いて以下の設定で新しいプロパティを作成してください:
これでデスクトップには sda1 と sda2 以外の全てのパーティションが表示されます。udisk2 を使っている場合、UDISKS_PRESENTATION_HIDE がサポートされていないため上記のルールは使えません。代わりに以下のように UDISKS_IGNORE を使って下さい。
 
   
  +
* プロパティ: {{ic|/backdrop/screen0/xinerama-stretch}}
KERNEL=="sda1", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
 
  +
* タイプ: {{ic|Boolean}}
KERNEL=="sda2", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
 
  +
* 値: {{ic|TRUE}} ({{ic|1}}, {{ic|Enabled}})
 
==== 右クリックの Thunar オプションを削除する ====
 
xfconf-query -c xfce4-desktop -v --create -p /desktop-icons/style -t int -s 0
 
   
 
==== Kill Window ショートカット ====
 
==== Kill Window ショートカット ====
  +
Xfce には、プログラムがフリーズした場合などに、ウィンドウを終了させるショートカットが存在しません。
Xfce は ''kill window'' ショートカットを直接はサポートしていませんが、シンプルなスクリプトを使うことでショートカットを追加できます。まずは '''xorg-xkill''' パッケージをインストールしてください。
 
   
  +
{{Pkg|xorg-xkill}} をインストールして、{{ic|xkill}} でウィンドウを終了してください。アクティブウィンドウを終了させるには、{{Pkg|xdotool}} を使います:
以下の内容で {{ic|~/.config/xfce4/killwindow.sh}} というスクリプトを作り、スクリプトに実行可能属性を与えて下さい ({{ic|chmod 755 killwindow.sh}} で出来ます)。
 
   
  +
$ xdotool getwindowfocus windowkill
xkill -id "`xprop -root -notype | sed -n '/^_NET_ACTIVE_WINDOW/ s/^.*# *\|\,.*$//g p'`"
 
   
  +
もしくは:
そして {{ic|Settings -> Keyboard}} を使ってショートカットをこのスクリプトに関連付けてください。
 
   
  +
$ sh -c "xkill -id $(xprop -root -notype | sed -n '/^_NET_ACTIVE_WINDOW/ s/^.*# *\|\,.*$//g p')"
==== キーボードショートカットの管理 ====
 
   
  +
ショートカットを追加するには ''Settings > Keyboard'' や {{pkg|xbindkeys}} などのアプリケーションを使って下さい。
キーボードショートカットは {{Pkg|xfce4-settings}} [[Pacman#特定のパッケージのインストール|パッケージ]]や {{Grp|xfce4}} [[Pacman#パッケージグループのインストール|グループ]]からインストールできる Xfce Settings Manager アプリケーションを使って管理することができます。Settings Manager はアプリケーションメニュー (Settings -> Keyboard をクリック) やコマンドライン ({{ic|xfce4-keyboard-settings}} を実行) から開けます。Xfce のドキュメントには Settings Manager によるショートカットの管理の[http://docs.xfce.org/xfce/xfce4-settings/keyboard#application_shortcuts 詳しい説明] が載っています。
 
   
=== ウィドウマネージャ ===
+
===セッション===
Xfce のデフォルトのウィンドウマネージャは [[Xfwm]] です。
 
   
  +
====スタートアップアプリケーション====
==== コンポジタを有効にする ====
 
Xfwm には、派手なウィンドウエフェクト、影や透過などのためのオプションを追加するコンポジタが入っています。Window Manager Tweaks の中で有効にすれば、すぐに動きます。{{ic|/etc/xorg.conf}} に追加の設定をする必要はありません。設定を有効にして適用するためには以下の場所に行ってください:
 
   
  +
Xfce の起動時にカスタムアプリケーションを実行するには、''Applications Menu -> Settings -> Settings Manager'' から ''Session and Startup'' オプションを選択して ''Application Autostart'' タブをクリックしてください。起動時に実行されるプログラムのリストが表示されます。エントリを追加するには、''Add'' ボタンをクリックして、実行したい実行可能ファイルのパスを記入してフォームを埋めて下さい。
Menu --> Settings --> Window Manager Tweaks
 
   
  +
また、実行したいコマンド (環境変数の設定など) を [[xinitrc]] に追加することもできます ([[ディスプレイマネージャ]]を使っている場合は [[xprofile]])。
{{Tip|Xfwm (Xfce window manager) の内蔵コンポジタはアプリケーションの中でティアリングを起こすことがあります。最小限のエフェクトしかない軽量なコンポジタを使いたい場合は [[Compton]] を使って下さい。}}
 
   
==== ウィドウ巻き上げ ====
+
===== アプリケーションの起動の遅延 =====
タイトルバーをダブルクリックするかウィンドウメニューをクリックして'ウィンドウを巻き上げる'を選択するとタイトルバーを残してウィンドウの中身が表示されなくなります。この機能を無効にしたいときは、グラフィカルに xconf エディタを使うかコマンドラインによって同じように無効にできます。
 
   
  +
アプリケーションの起動を遅らせる必要がある場合があります。''Application Autostart'' では {{ic|sleep 3 && command}} のようにコマンドを指定しても機能しません。代わりに、以下のようなコマンドを使って下さい:
xfconf-query -c xfwm4 -p /general/mousewheel_rollup -s false
 
   
  +
sh -c "sleep 3 && command"
==== 画面端でのウィンドウの自動タイルの切り替え ====
 
XFWM4 には、ウィンドウを画面の端に移動すると自動的に画面の上半分を占めるようにリサイズしてウィンドウを並べる機能があります (公式の XFCE ウェブサイトには XFCE 4.10 ではこの機能はデフォルトで無効になっていると書かれていますが、Arch Linux ではデフォルトで有効になっています)。この挙動を有効・無効にするには {{ic|Window Manager Tweaks --> Accessibility --> Automatically tile windows when moving toward the screen edge}} から変更するか以下のコマンドを使います:
 
   
  +
====画面をロックする====
xfconf-query -c xfwm4 -p /general/tile_on_move -s false # To disable
 
xfconf-query -c xfwm4 -p /general/tile_on_move -s true # To enable
 
   
  +
Xfce4 セッションを ({{ic|xflock4}} で) ロックするには {{Pkg|xscreensaver}}, {{Pkg|gnome-screensaver}}, {{Pkg|slock}}, {{Pkg|xlockmore}} パッケージのうちどれかひとつをインストールする必要があります。
==== ウィンドウマネージャの置き換え ====
 
[[Xfwm]] を他の[[ウィンドウマネージャ]]に置き換えるにはターミナルで 'name of window manager' '--replace' というコマンドを使って下さい。
 
   
  +
もしくは次のコマンドでロックコマンドを設定することもできます:
例えば:
 
  +
$ xfconf-query -c xfce4-session -p /general/LockCommand -s "light-locker-command -l" --create -t string
* {{Pkg|openbox}} のコマンドは: {{ic|openbox --replace}}
 
* {{Pkg|metacity}} のコマンドは: {{ic|metacity --replace}}
 
   
  +
コマンドを更新したい場合:
ウィンドウマネージャを元に戻すには、まず {{ic|CTRL}} と {{ic|c}} を押してコマンドをキャンセルして、それから次のコマンドを入力してください:
 
  +
$ xfconf-query -c xfce4-session -p /general/LockCommand -s "light-locker-command -l"
   
  +
スクリーンロッカーについては[[アプリケーション一覧/セキュリティ#スクリーンロック]]を見て下さい。
$ xfwm4 --replace
 
   
  +
{{Tip|{{Pkg|light-locker}} セッションロッカーは {{Pkg|xfce4-power-manager}} と統合されています。light-locker がインストールされている場合、電源管理の設定に 'Security' タブが追加され、既存の 'Lock screen when system is going for sleep' 設定は 'Security' タブに移動します。}}
他のウィンドウマネージャが引き継いだら'''セッションの保存'''をすることができます。{{ic|logout...}} ダイアログボックスで {{ic|Save session for future logins}} オプションが利用できます。またセッション中に {{ic|xfwm4}} を復活させる場所をメモするのも重要です。変更を永続的にするために {{ic|Save session for future logins}} オプションを有効にする必要があります。これを行っていないと以前保存したセッションが代わりにロードされて Openbox がまた復活してしまうことがあります。しかしながら、{{ic|xfwm4}} に戻した場合、次のセッションから将来のセッションを保存する必要はなくなります。
 
   
  +
===== パネルのロックボタン =====
他の方法として Xfce の自動起動リストにウィンドウマネージャを追加することもできます。メインメニューから、{{ic|Settings Manager}} をまず選択し、{{ic|session and startup}} を選んで下さい。アプリケーションウィンドウが開いたら、{{ic|Application Autostart}} タブを選択して自動起動するアプリケーション・プログラムを全て表示してください。{{ic|Add}} ボタンをクリックして {{ic|Add Application}} ウィンドウを立ち上げます。
 
   
  +
アクションボタンパネルのロックボタンは {{ic|/usr/bin/xflock4}} を直接実行するため、上記の {{ic|/general/LockCommand}} 設定が無視されます詳しくは [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=189484 こちらのスレッド] を参照。
各フィールドには以下の情報を入力します:
 
   
  +
{{Pkg|light-locker}} を使用する簡単な方法が2つあります:
* '''Name''': openbox-wm
 
  +
* {{ic|/usr/bin/xflock4}} を編集して {{ic|light-locker-command -l}} を直接実行する。マルチユーザー環境の場合は使用できず、パッケージをアップグレードすると変更は元に戻ります。
* '''Description''': openbox-wm
 
  +
* アクションボタンのロックボタンをカスタムランチャに置き換える。アクションボタン設定からロックボタンを削除して、パネルにランチャアイテムを追加し、''Command'' を {{ic|light-locker-command -l}} に設定、任意でアイコンを {{ic|system-lock-screen}} に変更してください。
* '''Command''': openbox --replace
 
   
  +
====セッションの無効化====
{{Tip|
 
*name と description フィールドはあまり重要ではありません、ただ単にエントリが何なのか示すためだけのものです。command セクションには上のエントリと同じように入力します (例: 'Name of window manager' '--replace')。
 
*Compiz には起動する方法が複数あるため異なるコマンドが必要です。詳しくは [[Compiz|Compiz]] の記事を見て下さい。
 
}}
 
   
  +
以下のコマンドを実行することでセッションの保存を無効化できます:
完了したら、{{ic|OK}} クリックして、{{ic|openbox-wm}} エントリの横のチェックボックスにチェックを入れ、変更を適用するためにセッションを再起動してください。この方法の利点は自動起動するアプリケーションを自動起動のチェックボックスによって好きなときに簡単に有効化・無効化できることです。従って、{{ic|openbox-wm}} チェックボックスのチェックを外して再起動すればネイティブウィンドウマネージャ {{ic|xfwm4}} に戻すことができます。
 
   
  +
$ xfconf-query -t bool -c xfce4-session -p /general/SaveOnExit -s false
===== コンポジット効果を再度有効にする =====
 
xfwm4 をコンポジットマネージャがないウィンドウマネージャに置き換える場合 [[Xcompmgr|Xcompmgr]] や [[Compton]] などの独立したコンポジットマネージャを使うことができます。
 
   
  +
''Applications'' -> ''Settings'' -> ''Session and Startup'' -> ''Sessions'' から ''Clear saved sessions'' ボタンをクリックしてください。
===セッション===
 
====自動起動するアプリケーションのカスタマイズ====
 
   
  +
{{Tip|上記のコマンドで設定が永続的に変更されない場合、次のコマンドを使ってください: {{ic|xfconf-query -c xfce4-session -p /general/SaveOnExit -n -t bool -s false}}。}}
=====設定メニューを使う=====
 
   
  +
もしくは Xfce のキオスクモードを使うことでセッションの保存を完全に無効化することもできます。セッションを無効化するには、{{ic|/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc}} ファイルを作成または編集して以下を追加してください:
Xfce の起動時にカスタムアプリケーションを実行するには、Applications Menu -> Settings -> Settings Manager から "Session and Startup" オプションを選択して "Application Autostart" タブをクリックしてください。
 
起動時に実行されるプログラムのリストが表示されます。エントリを追加するには、"Add" ボタンをクリックして、実行したい実行可能ファイルのパスを記入したりしてフォームを埋めて下さい。
 
 
=====スタートアップスクリプト=====
 
 
また、この方法を使ってアプリケーションを起動するコマンドラインスクリプトを実行することが可能です。この作業には、必要な環境変数を GUI ランタイムの中に入れてやることが含まれています。
 
 
* {{ic|/etc/xdg/xfce4/xinitrc}} ファイルを {{ic|~/.config/xfce4/}} にコピーします。
 
* そして、そのファイルを編集します。例えば、ファイルの中程のどこかに以下のような記述を加えることができます:
 
source $HOME/.bashrc
 
# start rxvt-unicode server
 
urxvtd -q -o -f
 
 
====画面をロックする====
 
Xfce4 セッションを ({{ic|xflock4}} で) ロックするには {{Pkg|xscreensaver}}, {{Pkg|gnome-screensaver}}, {{Pkg|slock}}, {{Pkg|xlockmore}} パッケージのうちどれかひとつをインストールする必要があります。[[XScreenSaver]] が推奨です、詳しくは wiki ページを参照してください。
 
 
''xflock4'' のローカルコピーを作成することもできます (例: {{ic|/usr/local/bin/xflock4}})。
 
 
====ユーザーの切り替え====
 
Xfce4 はユーザー切り替え機能がある[[Display Manager|ディスプレイマネージャ]]によるユーザーの切り替えをサポートしています - 例えば [[LightDM|lightdm]] や [[GDM|gdm]] など。詳しくはディスプレイマネージャの wiki ページを参照してください。ディスプレイマネージャを正しくインストール・設定すればパネルの 'action buttons' メニューアイテムからユーザーを切り替えられます。
 
 
==== XML 設定の手動修正 ====
 
{{ic|~/.config/xfce4/xfconf/}} フォルダ内の .xml ファイルを手動で編集するのは、特にアップグレードの際に便利かもしれません。例えば、アプリケーションのキーボードショートカットを変更する場合、編集するファイルは {{ic|~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml}} です。
 
 
====セッションの無効化====
 
Xfce のキオスクモードを使うことでセッションの保存を完全に無効化することができます。セッションを無効化するには、{{ic|/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc}} ファイルを作成または編集して以下を追加してください:
 
 
[xfce4-session]
 
[xfce4-session]
 
SaveSession=NONE
 
SaveSession=NONE
322行目: 215行目:
 
これによって Xfce が設定に関わらずセッションを保存しないようになります。
 
これによって Xfce が設定に関わらずセッションを保存しないようになります。
   
===ルックアンドフィ===
+
==== デフォトウィンドウマネジャ ====
  +
[[Xfwm]] を他の[[ウィンドウマネージャ]]に置き換えるにはターミナルで 'name of window manager' '--replace' というコマンドを使って下さい。
====XFCE にテーマを追加する====
 
1. [http://www.xfce-look.org www.xfce-look.org] へと飛んで、左側のナビゲーションバーにある "Themes" をクリックします。気に入ったテーマを見つけたら "Download" をクリックしてください。
 
   
  +
例えば:
2. ダウンロードした tarball/file があるディレクトリに移動して、{{Pkg|file-roller}} などのアーカイブマネージャを使ってそれを展開します。
 
  +
* {{Pkg|openbox}} のコマンドは: {{ic|openbox --replace}}
  +
* {{Pkg|metacity}} のコマンドは: {{ic|metacity --replace}}
   
  +
ウィンドウマネージャを元に戻すには、まず {{ic|CTRL}} と {{ic|c}} を押してコマンドをキャンセルして、それから次のコマンドを入力してください:
3. 展開されたフォルダを {{ic|/usr/share/themes}} (すべてのユーザ向けの場合) か {{ic|~/.themes}} (自分だけの場合) に移動させます。{{ic|/usr/share/themes/abc}} には、xfwm4 という名前のフォルダがありテーマに含まれている全てのファイルが入ります。
 
   
  +
$ xfwm4 --replace
4. GTK のテーマはここから利用可能です:
 
Menu --> Settings --> Appearance
 
xfwm4 のテーマはここから選びます:
 
Menu --> Settings --> Window Manager
 
   
  +
他のウィンドウマネージャが引き継いだら'''セッションの保存'''をすることができます。{{ic|logout...}} ダイアログボックスで {{ic|Save session for future logins}} オプションが利用できます。またセッション中に {{ic|xfwm4}} を復活させる場所をメモするのも重要です。変更を永続的にするために {{ic|Save session for future logins}} オプションを有効にする必要があります。これを行っていないと以前保存したセッションが代わりにロードされて Openbox がまた復活してしまうことがあります。しかしながら、{{ic|xfwm4}} に戻した場合、次のセッションから将来のセッションを保存する必要はなくなります。
====アプリケーションテーマの一貫性====
 
アプリケーションはいつでも見た目に一貫性があるわけではありません。これには2つの理由が考えられます:
 
   
  +
他の方法として Xfce の自動起動リストにウィンドウマネージャを追加することもできます。メインメニューから、{{ic|Settings Manager}} をまず選択し、{{ic|session and startup}} を選んで下さい。アプリケーションウィンドウが開いたら、{{ic|Application Autostart}} タブを選択して自動起動するアプリケーション・プログラムを全て表示してください。{{ic|Add}} ボタンをクリックして {{ic|Add Application}} ウィンドウを立ち上げます。
1. 使用しているテーマがサポートしていないツールキットをアプリケーションが使っている。GTK+ 2 ツールキットを使っているアプリケーションは GTK+ 2 テーマを必要とする一方、GTK+ 3 ツールキットを使うアプリケーションは GTK+ 3 テーマを必要とします。
 
   
  +
各フィールドには以下の情報を入力します:
2. テーマが古くなってしまっている。
 
   
  +
* '''Name''': openbox-wm
全てのアプリケーションで見た目を統一するため、Adwaita などの最新の GTK+ 3 テーマを使うことが推奨されています。GTK+ 3 テーマには GTK+ 2 アプリケーションのサポートが始めから入っているからです。Adwaita は {{Pkg|gnome-themes-standard}} パッケージからインストールできます。Qt ツールキットを使っているアプリケーションは {{ic|qtconfig-qt4}} ダイアログを使うことで GTK+ テーマのように見た目を模することができます。
 
  +
* '''Description''': openbox-wm
  +
* '''Command''': openbox --replace
   
  +
{{Tip|
詳しい情報は次の wiki ページを参照してください: gtk3 は [[GTK+#GTK+ 3.x]]、qt は [[Qt と GTK アプリケーションの外観の統合]]
 
  +
*name と description フィールドはあまり重要ではありません、ただ単にエントリが何なのか示すためだけのものです。command セクションには上のエントリと同じように入力します (例: 'Name of window manager' '--replace')。
  +
*Compiz には起動する方法が複数あるため異なるコマンドが必要です。詳しくは [[Compiz]] の記事を見て下さい。
  +
}}
   
  +
完了したら、{{ic|OK}} クリックして、{{ic|openbox-wm}} エントリの横のチェックボックスにチェックを入れ、変更を適用するためにセッションを再起動してください。この方法の利点は自動起動するアプリケーションを自動起動のチェックボックスによって好きなときに簡単に有効化・無効化できることです。従って、{{ic|openbox-wm}} チェックボックスのチェックを外して再起動すればネイティブウィンドウマネージャ {{ic|xfwm4}} に戻すことができます。
==== カーソル ====
 
次の記事を参照してください: [[カーソルテーマ]]
 
   
  +
===テーマ===
X カーソルテーマをインストールしている場合、Xfce では以下で見つけることができます:
 
Menu --> Settings --> Mouse --> Theme
 
   
  +
XFCE のテーマは [http://www.xfce-look.org xfce-look.org] から入手できます。''Xfwm'' のテーマは {{ic|/usr/share/themes/xfce4}} に保存されており、''Settings > Window Manager'' から設定できます。[[GTK+]] のテーマは ''Settings > Appearance'' から設定できます。
==== アイコン ====
 
# まず好きなアイコンパックを見つけてダウンロードしてください。[http://www.customize.org Customize.org], [http://opendesktop.org Opendesktop.org], [http://xfce-look.org/ Xfce-look.org] などからアイコンをダウンロードするのを推奨します; [[AUR|AUR]] にはアイコンパックの PKGBUILD が複数存在します。
 
# アイコンパックをダウンロードしたディレクトリに移動して解凍してください。例: {{ic|tar -xzf /home/user/downloads/icon-pack.tar.gz}}。
 
# 解凍したアイコンを含むフォルダを {{ic|~/.icons}} (アイコンを使うのがあなただけの場合) または {{ic|/usr/share/icons}} (システム上の全てのユーザーでアイコンを利用したい場合) に移動してください。後者の方を使う場合はアイコンパックの [[PKGBUILD|PKGBUILD]] を作成することを推奨します。
 
# 任意: アイコンキャッシュを更新するために {{ic|gtk-update-icon-cache -f -t ~/.icons/<theme_name>}} を実行する
 
# 次の設定からアイコンを切り替えて下さい:
 
Menu --> Settings --> Appearance --> Icons
 
   
  +
全てのアプリケーションの外観を統合したい場合、[[Qt と GTK アプリケーションの外観の統合]]を見て下さい。
アイコンテーマに問題が起こる場合は、{{Pkg|hicolor-icon-theme}} パッケージをインストールすることを推奨します (まだインストールしていない場合)。
 
   
  +
[[カーソルテーマ]]、[[アイコン]]、[[フォント設定]]も参照。
==== フォント ====
 
 
もし標準のフォントが少し太いように思えたり、少しボケてるように思えるなら、 Settings>Appearance を開いて Fonts タブをクリックして、 ヒンティングを Full に変更します。
 
 
また、カスタマイズした DPI の設定を試してみるのもいいかもしれません。
 
   
 
=== サウンド ===
 
=== サウンド ===
   
==== xfce4-mixer 設定 ====
+
==== キーボードボリュームボタン ====
   
  +
{{Pkg|xfce4-pulseaudio-plugin}} のパネルアプレットはキーボードによるボリューム制御やボリュームの通知をサポートしています。また、キーバインドと通知制御が含まれている {{AUR|xfce4-volumed-pulse}} をインストールすることもできます。こちらはパネルにアイコンは表示されません。ボリュームの細かい調整を {{Pkg|pasystray}} で行いたい場合などに有用です。
{{Pkg|xfce4-mixer}} は Xfce チームによって作られた GUI のミキサーアプリ・パネルプラグインです。xfce4 グループに含まれているため、おそらくインストールしているはずです。Xfce 4.6 はコントロールボリュームのバックエンドに {{Pkg|gstreamer}} を使います。そのためまずは gstreamer が xfce4-mixer と協力するようにする必要があります。xfce4-mixer の任意の依存パッケージとして表示される gstreamer プラグインのパッケージを一つか二つインストールしなくてはなりません。必要なパッケージが欠けていると、パネルのミキサーをクリックしたときに以下のエラーが表示されます。
 
   
  +
また、[https://git.xfce.org/apps/xfce4-mixer/ xfce4-mixer] にもパネルアプレットとキーボードショートカットが入っており Alsa もサポートされています。ただし、xfce4-mixer は GStreamer 0.10 の機能に依存しており 1.0 では使用できません。
GStreamer was unable to detect any sound devices. Some sound system specific GStreamer packages may be missing.
 
   
  +
デスクトップ環境に依存しないプログラムは、[[アプリケーション一覧/マルチメディア#ボリュームマネージャ]]を見て下さい。
必要なプラグインはハードウェアによって異なります。ほとんどのユーザーは[[Official Repositories|公式リポジトリ]]から[[pacman|インストール]]できる {{Pkg|gstreamer0.10-base-plugins}} で問題ないはずです。
 
   
  +
===== ショートカット =====
プラグインパッケージをインストールする前に xfce4-mixer のパネルアイテムを動かしていた場合は、一度ログアウトしてからログインするか、パネルからミキサープラグインを削除してからもう一度追加して見て下さい。それで動かない場合、おそらく他の gstreamer プラグインが必要です。{{pkg|gstreamer0.10-good-plugins}} や {{pkg|gstreamer0.10-bad-plugins}} の[[pacman|インストール]]を試して下さい。
 
   
  +
アプレットやデーモンを使ってボリュームキーを制御しない場合、Xfce のキーボード設定を使って、ボリュームコントロールコマンドをボリュームキーに手動でマッピングすることができます。使用するサウンドシステムに合わせて、適当なコマンドを設定して下さい。
オーディオミキサーでサウンドカードを変更した場合は、ログアウトしてからログインしなおせば音が聞こえるはずです。
 
   
  +
*ALSA: [[Advanced Linux Sound Architecture#キーボードのボリュームコントロール]]を見て下さい。
デフォルトのサウンドカードの設定方法など、詳細については [[Advanced Linux Sound Architecture]] を見て下さい。また、[[PulseAudio|PulseAudio]] を {{Pkg|pavucontrol}} と一緒に使うことも可能です。
 
  +
*PulseAudio: [[PulseAudio#キーボードのボリュームコントロール]]を見て下さい。
 
  +
*OSS: [[OSS#OSS でマルチメディアキーを使う]]を見て下さい。
==== Xfce4-mixer と OSS4 ====
 
 
{{Pkg|xfce4-mixer}} を動かそうと上のセクションを試しても全くうまくいかない場合は、{{pkg|gstreamer0.10-good-plugins}} を自分自身でコンパイルする必要があります。必要な PKGBUILD と他のファイルを ABS か[https://projects.archlinux.org/svntogit/packages.git/tree/gstreamer0.10-good/repos ここ]からダウンロードしてから、PKGBUILD を編集して --enable-oss を追加してください。
 
 
./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var \
 
'''--enable-oss \'''
 
--disable-static --enable-experimental \
 
--disable-schemas-install \
 
--disable-hal \
 
--with-package-name="GStreamer Good Plugins (Archlinux)" \
 
--with-package-origin="https://www.archlinux.org/"
 
 
それから、makepkg -i を実行します。
 
 
makepkg -i
 
 
他のリンク: [http://www.4front-tech.com/forum/ OSS フォーラム]
 
 
==== Xfce4-mixer と pulseaudio ====
 
 
{{ic|xfce4-settings-editor}} を開いて、''xfce4-mixer'' まで移動してください。''active-card'' の値を変更すると良いでしょう。''sound-cards'' の下を確認すると {{ic|PlaybackInternalAudioAnalogStereoPulseAudioMixer}} というような行があるのを見つけられます。これは xfce4 によって認識された pulseaudio です。これをデフォルトにする必要があります。コピーして ''active-card'' と ''sound-card'' の値を置き換えて下さい。再起動するか xfce4-mixer のリスタートが必要です。
 
 
==== キーボードのボリュームボタンでボリュームを変更する ====
 
 
Settings --> Keyboard
 
から "Application Shortcuts" タブをクリックして "Add" ボタンをクリックしてください。コマンドを入力して以下を追加し、次のウィンドウで対応するボタンを押してみて下さい:
 
 
===== ALSA =====
 
ボリュームアップ:
 
amixer set Master 5%+
 
ボリュームダウン:
 
amixer set Master 5%-
 
ミュート:
 
amixer set Master toggle
 
 
また、上述のコマンドを標準の XF86Audio キーにセットしてコマンドを実行させることもできます:
 
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p /commands/custom/XF86AudioRaiseVolume -n -t string -s "amixer set Master 5%+ unmute"
 
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p /commands/custom/XF86AudioLowerVolume -n -t string -s "amixer set Master 5%- unmute"
 
xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p /commands/custom/XF86AudioMute -n -t string -s "amixer set Master toggle"
 
 
もし {{ic|amixer set Master toggle}} がうまく動かないなら、PCM チャンネル ({{ic|amixer set PCM toggle}}) を代わりに試してみてください。
 
 
このチャンネルは、うまく動かすためにトグルコマンド用の "ミュート" オプションを持っていなければなりません。Master チャンネルがミュートをトグルする機能をサポートしているかどうかチェックするために、ターミナルで {{ic|alsamixer}} を実行して、マスターチャンネルの下に二つの M (MM) があるか探してください。もしなければ、ミュートオプションをサポートしていないということです。トグルボタンを変更して PCM チャンネルを使う必要がある場合などは、Xfce の Mixer プロパティで PCM チャンネルが Mixer Track に設定されているかも確認してください。
 
 
===== OSS =====
 
次のスクリプトのどれか一つを使用します: http://www.opensound.com/wiki/index.php/Tips_And_Tricks#Using_multimedia_keys_with_OSS
 
 
ossvol (推奨) を使っているなら、以下を追加してください:
 
ossvol -i 1
 
ボリュームアップボタン用です。
 
ossvol -d 1
 
ボリュームダウンボタン用です。
 
ossvol -t
 
ミュート/アンミュートボタン用です。
 
 
===== PulseAudio =====
 
ボリュームアップ:
 
sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl set-sink-volume 0 +5%"
 
ボリュームダウン:
 
sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl -- set-sink-volume 0 -5%"
 
ミュート:
 
pactl set-sink-mute 0 toggle
 
 
これらの設定はコントロールするデバイスが index 0 だと仮定しています。{{ic|pactl list sinks short}} を使って sink を表示してください。
 
 
===== Xfce4-volumed =====
 
 
[[Arch User Repository|AUR]] にある {{AUR|xfce4-volumed}} デーモンは自動的にキーボードのボリュームキーを Xfce-mixer に割り当てます。さらにボリュームを変更すると Xfce4-notifyd を通して OSD が表示されます。Xfce4-volumed には設定が必要なく、Xfce と一緒に自動的に起動します。
 
 
pulseaudio と xfce4-volumed を使っていてアンミュートが動作しない場合は、キーボードコマンドを pulseaudio の pactl コマンドに変更してください (上の pulseaudio セクションを見て下さい)。
 
 
{{Tip|PulseAudio のユーザーは {{AUR|xfce4-volumed-pulse}} パッケージを使って Xubuntu からのフォークをインストールすることもできます。}}
 
 
xfce4 のデフォルトサウンドカードを pulseaudio に変更するのも良いでしょう - [[#Xfce4-mixer と pulseaudio]]。
 
 
===== Volumeicon =====
 
 
community リポジトリの {{pkg|volumeicon}} は xfce4-volumed の代わりになるもので、{{pkg|xfce4-notifyd}} を通してキーバインドや通知も管理することができます。
 
 
{{Note|Volumeicon は ALSA のキーバインドしか管理できません。Pulseaudio を使っている場合 Volumeicon でメディアキーを管理させると、ボリュームをアンミュートできなくなったりする問題が発生します。}}
 
 
===== 特別なキーボードキー =====
 
他のディストロから来た場合、キーボードにある特殊なキーを有効にする方法を見るとよいかもしれません、[[特別なキーボードキー]]を参照してください。
 
 
==== 起動音を追加する ====
 
 
Arch には起動音の設定ツールがありませんが、アプリケーションの自動起動設定に以下のコマンドを追加することで起動音を鳴らすことができます:
 
 
aplay /boot/startupsound.wav
 
 
ファイルの位置とファイル名は自由に出来ますが、ことを簡単にするために分かりやすい名前をつけて {{ic|/boot}} に置いて下さい。
 
   
 
=== キーボードショートカット ===
 
=== キーボードショートカット ===
   
 
キーボードショートカットは2つの場所で定義されます: ''Settings > Window Manager > Keyboard'' と ''Settings > Keyboard > Shortcuts'' です。
 
キーボードショートカットは2つの場所で定義されます: ''Settings > Window Manager > Keyboard'' と ''Settings > Keyboard > Shortcuts'' です。
 
==== 複雑なショートカット ====
 
 
公式リポジトリの Xfce4 は、{{ic|Super+Shift+j}} など特定のショートカットを設定することができません。たとえ {{ic|keyboard.xml}} ファイルを手動で編集したとしても設定は不可能です。このようなショートカットを設定するには、[[xbindkeys]] などの別のアプリケーションを使用するか、[[AUR|AUR]] から {{AUR|libxfce4ui-devel}} をインストールしてください。
 
   
 
=== Polkit 認証エージェント ===
 
=== Polkit 認証エージェント ===
   
Xfce [[Polkit|Polkit]] 認証エージェントが含まていません。[[Polkit#認証エージェント]] を見て下さい
+
{{Pkg|xfce4-session}} と一緒{{Pkg|polkit-gnome}} エージェントがインストールさ自動的に起動します。ユーザーによる設定は必要ありません。詳しくは [[Polkit#認証エージェント]] を参照
   
  +
Xfce にはサードパーティ製の polkit 認証エージェントも存在します。{{AUR|xfce-polkit}} または {{AUR|xfce-polkit-git}} を見て下さい。
==Tips & Tricks==
 
   
  +
=== ディスプレイを消す ===
=== xdg-open の統合 (規定のアプリケーション) ===
 
   
  +
{{Note|1=特定の設定では画面オフや、オフからの復帰に関して問題が発生します。[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=194313&p=2][https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id=11107] を参照。}}
ほとんどのアプリケーションは指定されたファイルや URL を開くのに適切なアプリケーションを選ぶのに [[xdg-open|xdg-open]] を使っています。
 
   
  +
Xfce でモニターが消えるのを制御したり [[DPMS]] (モニターの省電力機能) を設定するのに使用するプログラムは複数存在します。以下を見てください。
xdg-open と xdg-settings が XFCE デスクトップ環境を正しく認識し統合されるようにするには、{{Pkg|xorg-xprop}} パッケージを[[pacman|インストール]]してください。
 
   
  +
;Xfce Power Manager
それをしていないと、(exo-preferred-applications による) 規定のアプリケーションの設定が適用されません。パッケージをインストールして ''xdg-open'' が Xfce を動かしていることを検出できるようにすることで、全てのコールが ''exo-open'' に転送され、規定のアプリケーションの設定が正しく使われるようになります。
 
  +
Xfce Power Manager はディスプレイが消えるのと DPMS の設定を制御します。''xfce4-power-manager-settings'' を実行して ''Display'' タブをクリックすることで設定できます。''Handle display power management'' オプションのチェックを外すと Power Manager は DPMS を無効化してしまうので注意してください。Power Manager が DPMS の制御を放棄するわけではありません。また、画面が消えるのは無効化されません。画面オフと DPMS の両方を無効化したい場合、電源マネージャのシステムトレイアイコンを右クリックするか、パネルアプレットを左クリックして、''Presentation mode'' というオプションにチェックを入れてください。
   
  +
;XScreenSaver
xdg-open の統合が正しく動作しているか確認するには、''xdg-settings'' にデフォルトのウェブブラウザを尋ねてみて、結果を見て下さい:
 
  +
[[XScreenSaver#XScreenSaver の設定]]を見てください。Xfce Power Manager と XScreenSaver を両方実行している場合、画面オフと DPMS の設定をどちらのアプリケーションが握っているのかわからなくなります。両方のアプリケーションが制御しようとするためです。従って、(映画などを視聴するときに) モニターが消えないようにしたい場合、両方のアプリケーションで画面オフと DPMS を無効化してください。
   
  +
;xset
# xdg-settings get default-web-browser
 
  +
上記のアプリケーションのどちらも実行していないとき、画面オフや DPMS の設定は ''xset'' コマンドを使って制御することが可能です。[[DPMS#xset を使って DPMS とスクリーンセーバーの設定を変更する]]を参照。
   
  +
== ヒントとテクニック ==
以下のように返ってきた場合:
 
   
  +
=== thunar や xfdesktop でパーティションを非表示にする ===
xdg-settings: unknown desktop environment
 
   
使用しているデスクトップ環境は Xfce だということ検出されていません。{{Pkg|xorg-xprop}} パッケージをインストールしていないのが原因です。
+
デスクトップ Thunar でインストールパーティションマウントデバイスとして表示される場合、{{Pkg|gvfs}} をインストールしてみてくださ。高度設定オプションにつては [[Udisks#特定パーティションを隠匿る]]を見て下さい
   
 
=== スクリーンショット ===
 
=== スクリーンショット ===
   
XFCE にはスクリーンショットツールがあります、{{pkg|xfce4-screenshooter}}。これは {{grp|xfce4-goodies}} グループに含まれています。
+
Xfce にはスクリーンショットツールがあります、{{pkg|xfce4-screenshooter}}。これは {{grp|xfce4-goodies}} グループに含まれています。
 
==== Print Screen キー ====
 
 
メニューから:
 
 
XFCE Menu --> Settings --> Keyboard >>> Application Shortcuts.
 
   
"xfce4-screenshooter -f" コマンドを追加して "PrintScreen" キーでフルスクリーンのスクリーンショット撮れるようにしてください。screenshooter の man ページに他にも使える引数の説明があります。
+
''Applications > Settings > Keyboard'', ''Application Shortcuts'' を開いて、{{ic|xfce4-screenshooter -f}} コマンドを追加することで {{ic|Print}} キーでフルスクリーンのスクリーンショット撮れるようになります。アクティブウィンドウのスクリーンショットを撮影するには {{ic|-w}} を使ます。screenshooter の man ページに他にも使える引数の説明があります。
   
また、[[Taking a screenshot#scrot|scrot]] などの独立したスクリーンショットプログラムも使えます。
+
また、[[スクリーンショットの取得#scrot|scrot]] などの独立したスクリーンショットプログラムも使えます。
   
 
===ターミナルの F1 と F11 のショートカットを無効にする===
 
===ターミナルの F1 と F11 のショートカットを無効にする===
531行目: 317行目:
   
 
===ターミナルのカラーテーマ・パレット===
 
===ターミナルのカラーテーマ・パレット===
ターミナルのカラーテーマ・パレットは GUI を使って Preferences の Appearance タブで変更することができます。[[Emacs|Emacs]] や [[Vi|Vi]] などほとんどのコンソールアプリケーションで利用することができる色です。設定はシステムユーザー別に {{ic|~/.config/xfce4/terminal/terminalrc}} ファイルに保存されます。また、多数のテーマを選択することができます。選択できるテーマについてはフォーラムスレッド [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=51818 Terminal Colour Scheme Screenshots] を確認してください。
+
ターミナルのカラーテーマ・パレットは GUI を使って Preferences の Appearance タブで変更することができます。[[Emacs]] や [[Vi]] などほとんどのコンソールアプリケーションで利用することができる色です。設定はシステムユーザー別に {{ic|~/.config/xfce4/terminal/terminalrc}} ファイルに保存されます。また、多数のテーマを選択することができます。選択できるテーマについてはフォーラムスレッド [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=51818 Terminal Colour Scheme Screenshots] を確認してください。
   
 
====デフォルトのカラーテーマを変更する====
 
====デフォルトのカラーテーマを変更する====
570行目: 356行目:
 
ColorPalette15=#3434e2e2e2e2
 
ColorPalette15=#3434e2e2e2e2
 
ColorPalette16=#eeeeeeeeecec
 
ColorPalette16=#eeeeeeeeecec
  +
  +
=== ターミナルで中クリックを使って URL を開く ===
  +
バージョン 0.8 のアップデートで、中クリックによる URL のオープンはデフォルトでオフになり、クリップボードを貼り付けるだけになりました。古い挙動を有効にしたい場合は {{ic|${XDG_CONFIG_HOME}/xfce4/terminal/terminalrc}} (デフォルトでは {{ic|<nowiki>XDG_CONFIG_HOME=${HOME}/.config</nowiki>}}) の以下のオプションを変更してください:
  +
{{hc|${XDG_CONFIG_HOME}/xfce4/terminal/terminalrc|<nowiki>[Configuration]
  +
MiscMiddleClickOpensUri=TRUE</nowiki>}}
  +
  +
=== env-modules autocompletion in Terminal ===
  +
{{AUR|env-modules}} and {{AUR|env-modules-tcl}} packages provide shell autocompletion for login shell. However, by default sessions in {{ic|xfce4-terminal}} are not considered as ''login''. To enable autocompletion for Environment Modules tick corresponding checkbox in ''Preferences'' or just change {{ic|CommandLoginShell}} to {{ic|TRUE}} in {{ic|~/.config/xfce4/terminal/terminalrc}}.
   
 
=== カラーマネージメント ===
 
=== カラーマネージメント ===
xfce4-settings-manager にはカラーマネージメントやキャリブレーションの設定はありません。また、モニターの設定を変更する特定の XFCE プログラムも存在しません
+
Xfce にはカラーマネージメントの設定はありません [https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id=8559]。設定する方法は [[ICC プロファイル]]を見て下さい
   
==== プロファイをロドする ====
+
=== チモニター ===
  +
{{Pkg|xfce4-settings}} バージョン 4.11.4 現在、Xfce はマルチモニタをサポートしています。''Applications'' -> ''Settings'' -> ''Display'' ダイアログから設定することができます。詳細は Xfce ドキュメントの [https://docs.xfce.org/xfce/xfce4-settings/display display] の記事を見て下さい。
起動時にディスプレイを調整する '''icc プロファイルをロード'''したい場合 (以前に作成またはダウンロードしたプロファイルがある場合)、[[AUR|AUR]] から {{AUR|xcalib}} をダウンロードして、Xfce4 設定マネージャを開いて、Session and Startup アイコンをクリックし、Autostart タブを開いて、新しいエントリを追加してください。コマンドは {{ic|/usr/bin/xcalib /path/to/your/profile.icc}} です。また、表示する画像の色が管理されるように、アプリケーションにどのディスプレイプロファイルを使うのか指定する必要があります。
 
   
  +
=== SSH エージェント ===
Dispwin を使う方法もあります。Dispwin はディスプレイの調整を行うだけでなく、X の _ICC_PROFILE atom も設定するため、ユーザーが手動でディスプレイプロファイルを設定しなくともアプリケーションによっては "system" ディスプレイプロファイルを使用するようになります (GIMP, Inkscape, darktable, UFRaw など)。
 
  +
Xfce 4.10 はデフォルトでセッションの初期化中に gpg-agent または ssh-agent をこの順番でロードしようとします。これを無効にするには、次のコマンドを使って xfconf キーを作成してください:
   
  +
xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/enabled -n -t bool -s false
詳しくは [[ICC プロファイル#ICC プロファイルのロード]]を参照してください。
 
   
  +
gpg-agent がインストールされている場合にも ssh-agent を強制的に使うようにするには、次のコマンドを実行してください:
==== プロファイルを作成する ====
 
   
  +
xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/type -n -t string -s ssh-agent
使用しているディスプレイの '''icc プロファイルを作成'''したい場合 (キャラクタライズまたはプロファイリング。ColorHug などを使用するか、測色計や分光光度計を使う、もしくは"目視"する)、[[AUR|AUR]] から {{Pkg|dispcalgui}} をインストールするのがおそらく一番簡単です。
 
   
  +
[[GNOME Keyring]] を使うには、Xfce の設定の ''Session and Startup'' にある ''Advanced'' タブの ''Launch GNOME services on startup'' というチェックボックスをチェックしてください。また、これによって gpg-agent と ssh-agent が無効になります。
{{pkg|gnome-settings-daemon}} と {{pkg|gnome-color-manager}} をインストールする方法もあります (extra からインストール可能)。コマンドラインからキャリブレーションを実行するには、まず {{ic|/usr/lib/gnome-settings-daemon/gnome-settings-daemon &}} を実行して (注意: このコマンドはキーボードレイアウトなどを変更することがあるので、使い捨てのアカウントで実行すると良いでしょう)、{{ic|colormgr get-devices}} であなたのモニターの "Device ID" 行を確認してください。例えば "xrandr-Lenovo Group Limited" だったならば、次のコマンドでキャリブレーションを起動できます: {{ic|gcm-calibrate --device "xrandr-Lenovo Group Limited"}}。
 
{{Note|1=The reason you need gnome-settings-daemon running is because XFCE does not yet have a session component for colord: https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id=8559 . A lightweight daemon, [https://github.com/agalakhov/xiccd xiccd], may (and probably should) be used instead.}}
 
   
  +
ソース: https://docs.xfce.org/xfce/xfce4-session/advanced
詳しくは [[ICC プロファイル]]を参照してください。
 
   
  +
=== フォーカスを移さずに背景のウィンドウをスクロールする ===
=== マルチモニター ===
 
  +
''Main Menu > Settings > Window Manager Tweaks > Accessibility'' タブを開いて ''Raise windows when any mouse button is pressed'' のチェックを外して下さい。
If you have configured X.org so that your display spans multiple monitors, usually when you login to an '''XFCE''' session, it will appear as if your monitors are simple clones of one another. You can use an '''xrandr''' tool to tweak your setup but if this is not called at an appropriate time in the startup sequence, some functionality may be lost with parts of your display being inaccessible to the mouse pointer.
 
   
  +
=== マウスボタンの修飾キー ===
A better way is to configure XFCE to match your desired display arrangement. However, at present (xfce-settings 4.10), there is no tool available to assist with configuring multiple monitors directly.
 
   
  +
デフォルトでは、Xfce におけるマウスボタンの修飾キーは {{ic|Alt}} に設定されています。修飾キーは ''xfconf-query'' で変更することが可能です。例えば、以下のコマンドを実行するとマウスボタンの修飾キーとして {{ic|Super}} キーが設定されます:
* The ''Settings -> Display'' tool does allow configuration of screen resolution, rotation and enabling individual monitors; '''warning''': ''using this tool to adjust display settings will reset or lose settings made manually for properties not explicitly offered as buttons in the tool (see below)''.
 
* The ''Settings -> Settings Editor'' allows manipulation of all configuration items in particular the ''displays'' settings which are saved in the file '''displays.xml''' below
 
~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml
 
* Alternatively, the ''displays.xml'' can be edited using your favourite editor.
 
   
  +
$ xfconf-query -c xfwm4 -p /general/easy_click -n -t string -s "Super"
The main requirement for multiple monitors is their arrangement relative to one another. This can be controlled by setting the '''Position''' properties ('''X''' and '''Y''') to suit; an ''(x,y)'' position of ''0,0'' corresponds to the ''top, left'' position of the monitor array. This is the default position for all monitors and if several monitors are enabled they will appear as a cloned display area extending from this point.
 
   
  +
厳密には、複数の修飾キーを使うことはサポートされていません。しかしながら、キーの名前を {{ic|><}} で区切ることで複数の修飾キーを指定することが可能になっています。例えば、マウスボタンの修飾キーとして {{ic|Ctrl+Alt}} を設定したい場合、以下のコマンドを使用:
To extend the display area correctly across both monitors:
 
   
  +
$ xfconf-query -c xfwm4 -p /general/easy_click -n -t string -s "Ctrl><Alt"
* for side-by-side monitors, set the '''X''' property of the rightmost monitor to equal the width of the left-most monitor
 
* for above-and-below monitors, set the '''Y''' property of the bottom monitor to equal the height of the upper monitor
 
* for other arrangements, set the '''X''' and '''Y''' properties of each monitor to correspond to your layout
 
   
  +
=== タッチパッドの2本指クリックを中クリックに設定する ===
Measurements are in ''pixels''. As an example, a pair of monitors with nominal dimensions of ''1920x1080'' which are rotated by 90 and placed side-by-side can be configured with a ''displays.xml'' like this:
 
   
  +
タッチパッドの2本指のクリックを中クリックとしたい場合、以下のファイルを作成・編集してください:
<channel name="displays" version="1.0">
 
  +
<property name="Default" type="empty">
 
  +
{{hc|~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/pointers.xml|<nowiki>
<property name="VGA-1" type="string" value="Idek Iiyama 23&quot;">
 
<property name="Active" type="bool" value="true"/>
+
<channel name="pointers" version="1.0">
<property name="Resolution" type="string" value="1920x1080"/>
+
<property name="SynPS2_Synaptics_TouchPad" type="empty">
<property name="RefreshRate" type="double" value="60.000000"/>
+
<property name="Properties" type="empty">
<property name="Rotation" type="int" value="90"/>
+
<property name="Synaptics_Tap_Action" type="array">
<property name="Reflection" type="string" value="0"/>
+
<value type="int" value="0"/>
<property name="Primary" type="bool" value="false"/>
+
<value type="int" value="0"/>
<property name="Position" type="empty">
+
<value type="int" value="0"/>
<property name="X" type="int" value="0"/>
+
<value type="int" value="0"/>
<property name="Y" type="int" value="0"/>
+
<value type="int" value="1"/>
  +
<value type="int" value="2"/>
</property>
 
  +
<value type="int" value="3"/>
</property>
 
<property name="DVI-0" type="string" value="Digital display">
 
<property name="Active" type="bool" value="true"/>
 
<property name="Resolution" type="string" value="1920x1080"/>
 
<property name="RefreshRate" type="double" value="60.000000"/>
 
<property name="Rotation" type="int" value="90"/>
 
<property name="Reflection" type="string" value="0"/>
 
<property name="Primary" type="bool" value="false"/>
 
<property name="Position" type="empty">
 
<property name="X" type="int" value="1080"/>
 
<property name="Y" type="int" value="0"/>
 
 
</property>
 
</property>
 
</property>
 
</property>
 
</property>
 
</property>
</channel>
+
</channel>
  +
</nowiki>}}
   
  +
上記の 2 が中クリックです。
Usually, editing settings in this way requires a logout/login to action them.
 
   
  +
=== 輝度スライダーの最小輝度を変更する ===
A new method for configuring multiple monitors will be available in the forthcoming xfce-settings 4.12 release.
 
  +
輝度のレベルを 0 にしたときにバックライトがオフになってしまうディスプレイの場合、最小輝度を調整すると良いでしょう。{{ic|xfce4-power-manager}} 1.3.2 では xfconf4-property によって最小輝度の値を設定できる隠しオプションが追加されています。xfconf4 で int プロパティとして {{ic|brightness-slider-min-level}} を追加してください。int の値は使用しているディスプレイに合わせて適切な最小値に設定してください。
   
  +
=== xkb-plugin でフラグアイコンのサイズを変更 ===
=== XDG ユーザーディレクトリ ===
 
freedesktop.org はデスクトップフォルダやミュージックフォルダなどの"お馴染みの"ユーザーディレクトリを規定しています。詳しくは [[Xdg user directories|Xdg ユーザーディレクトリ]]を見て下さい。
 
   
  +
フラグアイコンやテキストのサイズ変更機能は2015年に {{Pkg|xfce4-xkb-plugin}} に追加されましたが [https://git.xfce.org/panel-plugins/xfce4-xkb-plugin/commit/?id=df86d1490a4491fe29056a5a1ee10093d5a9e146]、新しいバージョンのプラグインは2013年以降リリースされていません。新しいバージョンがリリースされるまでは {{AUR|xfce4-xkb-plugin-git}} を使ってください。
=== SSH エージェント ===
 
Xfce 4.10 はデフォルトでセッションの初期化中に gpg-agent または ssh-agent をこの順番でロードしようとします。これを無効にするには、次のコマンドを使って xfconf キーを作成してください:
 
   
  +
== トラブルシューティング ==
xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/enabled -n -t bool -s false
 
   
  +
=== アクションボタンのアイコンが表示されない ===
gpg-agent がインストールされている場合にも ssh-agent を強制的に使うようにするには、次のコマンドを実行してください:
 
  +
アイコンテーマに特定のアクション (Suspend, Hibernate) のアイコンが存在しない場合や、名前が異なっている場合、アイコンが表示されません。修正するには、必要なアイコンが存在するアイコンテーマをインストールしてください。[[アイコン#Xfce アイコン]]を見て下さい。
   
  +
そして、Applications -> Settings -> Appearance -> Icons からアイコンテーマを切り替えることができます。
xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/type -n -t string -s ssh-agent
 
   
  +
また、現在使用しているアイコンテーマで、インストールしたアイコンテーマのアイコンを使うこともできます。まず、現在使用しているアイコンテーマの名前を確認する必要があります。次のコマンドを使って下さい:
[[GNOME Keyring]] を使うには、Xfce の設定の ''Session Manager'' にある ''Advanced'' タブの ''Launch GNOME services on startup'' というチェックボックスをチェックしてください。また、これによって gpg-agent と ssh-agent が無効になります。
 
   
  +
$ xfconf-query -c xsettings -p /Net/IconThemeName
ソース: http://docs.xfce.org/xfce/xfce4-session/advanced
 
   
  +
そして環境変数を設定:
=== Bluetooth 機能 ===
 
Xfce で Bluetooth を使う方法は3つあります:
 
   
  +
$ icontheme=/usr/share/icons/''theme-name''
* [[Blueman|Blueman]]
 
   
  +
''theme-name'' は現在のアイコンテーマの名前に置き換えて下さい。
* [[Bluetooth#GNOME_Bluetooth|GNOME Bluetooth]]
 
   
  +
そして現在のアイコンテーマからアイコンが存在するアイコンテーマにシンボリックリンクを作成します (以下の例では {{AUR|elementary-xfce-icons}} テーマを使用します):
* コマンドラインツールを使って Bluetooth 機能にアクセスすることができます。[[Bluetooth#Obex を使ってファイルの送受信を行う|Obex]] を使ってファイルを送受信したり [[Bluetooth#Bluetoothctl|bluetoothctl]] を使ってデバイスのペアリングが可能です。詳細は [[Bluetooth|Bluetooth]] の記事を見て下さい。
 
   
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/16/system-suspend.svg ${icontheme}/16x16/actions/system-suspend.svg
=== ウィンドウが最大化されたときにタイトルバーを隠す ===
 
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/16/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/16x16/actions/system-hibernate.svg
現在、Xfwm はこの機能をサポートしていません。これを実装するには、AUR パッケージ {{aur|xfwm4-titleless-dev}} が必要です。パネル上に最大化されたウィンドウのタイトルを表示したい場合は {{aur|xfce4-windowck-plugin}} もインストールすることを推奨します。
 
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/22/system-suspend.svg ${icontheme}/22x22/actions/system-suspend.svg
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/22/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/22x22/actions/system-hibernate.svg
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/24/system-suspend.svg ${icontheme}/24x24/actions/system-suspend.svg
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/24/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/24x24/actions/system-hibernate.svg
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/48/system-suspend.svg ${icontheme}/48x48/actions/system-suspend.svg
  +
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/48/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/48x48/actions/system-hibernate.svg
   
  +
ログアウトしてからログインしなおせば、全てのアクションにアイコンが表示されるはずです。
インストール後、
 
Main Menu -> Settings -> Window Manager Tweaks -> Accessibility tab
 
から {{ic|Hide title of windows when maximized}} にチェックを入れて下さい
 
{{note|{{aur|xfwm4-titleless-dev}} はオリジナルの {{pkg|xfwm4}} と衝突します。}}
 
 
=== フォーカスを移さずに背景のウィンドウをスクロールする ===
 
Main Menu -> Settings -> Window Manager Tweaks -> Accessibility tab
 
から {{ic|Raise windows when any mouse button is pressed}} のチェックを外して下さい。
 
 
== トラブルシューティング ==
 
=== ファイルマネージャでドライブをマウントしようとすると "Not Authorized" と表示される ===
 
ドライブをマウントするには polkit 認証エージェントが必要ですが ([[polkit|polkit]] と [[GVFS|GVFS]])、Xfce には含まれていません。[[polkit#認証エージェント|polkit#認証エージェント]] を読んで、どれか一つインストールしてログイン時に自動で起動するようにしてください。
 
 
=== xfce4-power-manager ===
 
電源関連の [[Wikipedia:ja:Advanced Configuration and Power Interface|ACPI]] イベントは [[systemd|systemd]] を使って設定することができます。{{ic|/etc/systemd/logind.conf}} のオプションによって xfce4-power-manager にコントロールを与えます。
 
 
{{hc|/etc/systemd/logind.conf|2=
 
HandlePowerKey=ignore
 
HandleSuspendKey=ignore
 
HandleHibernateKey=ignore
 
HandleLidSwitch=ignore}}
 
 
This also solves the problem when the computer registers multiple suspend events.
 
 
=== xfce4 によってディスプレイが消える===
 
Xfce4 (4.12 現在) はどうも {{ic|xfce4-power-manager}} のモニター電源設定を反映しないようです。スクリーンセーバーを10分毎に実行しようとします。このことは {{ic|$ xset q}} の出力を読むことでわかります。{{ic|$ xset s noblank}} を実行すればスクリーンセーバーが止まります。または以下の設定を {{ic|/etc/X11/xorg.conf.d/}} に追加してください (例: {{ic|20-noblank.conf}}):
 
{{bc|<nowiki>
 
Section "ServerFlags"
 
Option "BlankTime" "0"
 
EndSection
 
</nowiki>|bc}}
 
 
=== xkb-plugin のキーボード設定が保存されない ===
 
There is a bug in version {{Pkg|xfce4-xkb-plugin}} ''0.5.4.1-1'' which causes xfce4-xkb-plugin to ''lose keyboard, layout switching and compose key'' settings. As a workaround you may enable ''Use system defaults'' option in keyboard settings. To do so run
 
xfce4-keyboard-settings
 
Go to ''Layout'' tab and set the ''Use system defaults'' flag, then reconfigure xfce4-xkb-plugin.
 
 
=== GDM でロケールが無視される ===
 
あなたの locale を {{ic|/var/lib/AccountsService/users/$USER}} に追加してください ({{ic|ja_JP.UTF-8}} は使っている locale に置き換えて下さい):
 
[User]
 
Language=ja_JP.UTF-8
 
XSession=xfce
 
sed で設定することもできます。.UTF-8 の前のバックスラッシュに注意してください:
 
# sed -i 's/Language=.*/Language=ja_JP\.UTF-8/' /var/lib/AccountsService/users/$USER
 
GDM を再起動して変更を適用してください。
 
 
=== デフォルトの設定をリストアする ===
 
何らかの理由でデフォルトの設定に戻す必要があるなら、{{ic|~/.config/xfce4-session/}} と {{ic|~/.config/xfce4/}} をリネームしてみてください:
 
 
$ mv ~/.config/xfce4-session/ ~/.config/xfce4-session-bak
 
$ mv ~/.config/xfce4/ ~/.config/xfce4-bak
 
 
ログアウトしてログインすると、変更の影響が現れます。ログイン時に "Unable to load a failsafe session" という名前の付いたエラーウィンドウが表示される場合は、[[#セッションエラー|セッションエラー]]のセクションを見て下さい。
 
   
 
=== Xfce のデスクトップアイコンが並び替えられる ===
 
=== Xfce のデスクトップアイコンが並び替えられる ===
  +
パネルの設定ダイアログを開いたときなどにデスクトップのアイコンが並び替えられてしまうことがあります。アイコンの位置が {{ic|~/.config/xfce4/desktop/}} ディレクトリのファイルによって決定されているのが原因です。デスクトップに変更が加えられると (アイコンを追加・削除したり位置を変更)、ディレクトリに新しいファイルが作成され、ファイルが衝突することがあります。
You may find that at certain events (such as opening the panel settings dialog) the icons on the desktop rearrange themselves. This is because icon positions are determined by files in the {{ic|~/.config/xfce4/desktop/}} directory. Each time a change is made to the desktop (icons are added or removed or change position) a new file is generated in this directory and these files can conflict.
 
   
  +
問題を解決するには、ディレクトリを開いて、アイコンの位置を正しく定義しているファイル以外の全てのファイルを削除してください。どのファイルが正しいのかはファイルを開いて、アイコンの位置を確認することで確かめられます。一番上の行は {{ic|row 0}} と定義され、一番左の列は {{ic|col 0}} と定義されています。従って、Firefox アイコンを上から4番目、左から1番目の場所に配置すると以下のようなエントリになります:
To solve the problem, navigate to the directory and delete all the files other than the one which correctly defines the icon positions. You can determine which file defines the correct icon positions by opening it and examining the locations of the icons. The topmost row is defined as {{ic|row 0}} and the leftmost column is defined by {{ic|col 0}}. Therefore an entry of:
 
   
 
[Firefox]
 
[Firefox]
734行目: 467行目:
 
col=0
 
col=0
   
  +
=== マルチモニターで GTK テーマが使えない ===
means that the Firefox icon will be located on the 4th row of the leftmost column.
 
  +
設定ツールには displays.xml を破壊してしまうものがあり、そのために ''Applications Menu -> Settings -> Appearance'' で GTK テーマが使えなくなってしまうことがあります。これを修正するには、{{ic|~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/displays.xml}} を削除して画面を再設定してください。
   
  +
=== 右クリックメニューでアイコンが表示されない ===
=== NVIDIA と xfce4-sensors-plugin ===
 
nvidia の gpu のセンサーを検出・使用するには {{Pkg|libxnvctrl}} をインストールしてから {{Pkg|xfce4-sensors-plugin}} パッケージをリコンパイルする必要があります。
 
   
  +
{{Note|GConf は廃止されていますが、以下の設定はまだ使えます。}}
=== セッションエラー ===
 
ウィンドウマネージャが正しくロードされない場合、おそらくセッションエラーが起こっています。エラーによる典型的な症例として以下が挙げられます:
 
   
  +
何らかの理由で、[[Qt]] で作成されたアプリケーションには右クリックしてもアイコンが表示されないものがあります (qbittorrent や VirtualBox など)。この問題は以前未解決で Xfce でのみ発生します。これを修正するには、以下の2つのコマンドを実行してください:
* マウスが X になっていたり全く表示されなかったりする
 
* ウィンドウ装飾が表示されずウィンドウが閉じられない
 
* "ウィンドウマネージャ"設定ツール ({{ic|xfwm4-settings}}) は起動せず、以下のエラーが表示される
 
These settings cannot work with your current window manager (unknown)
 
* {{ic|slim}} などのログインマネージャによって以下のようなエラーが表示される
 
No window manager registered on screen 0
 
   
  +
$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/buttons_have_icons true
xfce やシステムを再起動すればおそらく問題は解決しますが、もっと問題なのは破損したセッションです。{{ic|.cache}} 下のセッションフォルダを削除してください:
 
  +
$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/menus_have_icons true
$ rm -r ~/.cache/sessions/
 
   
=== Conky背景真っ黒 ===
+
=== xkb-pluginキーボード設定保存されない ===
  +
{{Pkg|xfce4-xkb-plugin}} ''0.5.4.1-1'' にはバグが存在しており、キーボードやレイアウト、修飾キーの設定が消失することがあります [https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id=10226]。対策としては、{{ic|xfce4-keyboard-settings}} で ''Use system defaults'' を有効にしてから ''xfce4-xkb-plugin'' を再設定してください。
   
  +
=== NVIDIA と xfce4-sensors-plugin ===
xfce4 で conky の壁紙が黒くなってしまう場合、ディスプレイコンポジットを有効にすることで修正できます。
 
  +
nvidia の gpu のセンサーを検出・使用するには {{Pkg|libxnvctrl}} をインストールしてから {{Pkg|xfce4-sensors-plugin}} パッケージを [[ABS]] でリコンパイルする必要があります。{{AUR|xfce4-sensors-plugin-nvidia}} を使用して {{Pkg|xfce4-sensors-plugin}} を置き換えるという方法もあります。
   
  +
=== パネルアプレットを左側から動かせない ===
有効にするには:
 
Settings (main xfce4 settings) --> Window Manager Tweaks --> Compositor (tab) --> Enable display compositing (tick it)
 
   
  +
セパレータを右端の前に追加して "expand" プロパティを設定してください [https://forums.linuxmint.com/viewtopic.php?f=110&t=155602]。
{{note|{{AUR|conky-lua}} をインストールしても、同じような問題が起こることがあります。この場合は [[Conky#AUR_パッケージ]] を参照してください。}}
 
   
=== 規定のアプリケーションの設定が効かない ===
+
=== 規定のアプリケーションの設定が反映されない ===
''exo-preferred-applications'' で規定のアプリケーションを設定したのに、そのアプリケーションが使われていない場合、[[#xdg-open の統合 (規定のアプリケーション)]] を見て下さい
+
ほとんどのアプリケーション[[xdg-open]] を使ってファイルや URL 規定のアプリケーションで開きます
   
  +
xdg-open と xdg-settings を Xfce デスクトップ環境と正しく統合させるには {{Pkg|xorg-xprop}} パッケージを[[インストール]]する必要があります。
=== アクションボタンのアイコンが表示されない ===
 
This happens if icons for some actions (Suspend, Hibernate) are missing from the icon theme, or at least do not have the expected names. First, find out the currently used icon theme in the Settings Manager (→Appearance→Icons). Match this with a subdirectory of {{ic|/usr/share/icons}}. For example, if the icon theme is GNOME, make a note of the directory name {{ic|/usr/share/icons/gnome}}.
 
   
  +
パッケージをインストールしていない場合、(exo-preferred-applications による) 規定のアプリケーションの設定は反映されません。規定のアプリケーションの設定が正しく使われるようにするには、パッケージをインストールして ''xdg-open'' から Xfce が動作していて ''exo-open'' に全てのコールを転送していることを検出できるようにしてください。
icontheme=/usr/share/icons/gnome
 
   
  +
xdg-open の統合が正しく機能していることを確認するには、''xdg-settings'' にデフォルトブラウザを尋ねてみて結果を見てください:
必要なアイコンが含まれている {{Pkg|xfce4-power-manager}} がインストールされていることを確認して下さい。現在のアイコンテーマから {{ic|hicolor}} アイコンテーマにシンボリックリンクを作成します:
 
   
  +
# xdg-settings get default-web-browser
ln -s /usr/share/icons/hicolor/16x16/actions/xfpm-suspend.png ${icontheme}/16x16/actions/system-suspend.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/16x16/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/16x16/actions/system-hibernate.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/22x22/actions/xfpm-suspend.png ${icontheme}/22x22/actions/system-suspend.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/22x22/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/22x22/actions/system-hibernate.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/24x24/actions/xfpm-suspend.png ${icontheme}/24x24/actions/system-suspend.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/24x24/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/24x24/actions/system-hibernate.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/48x48/actions/xfpm-suspend.png ${icontheme}/48x48/actions/system-suspend.png
 
ln -s /usr/share/icons/hicolor/48x48/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/48x48/actions/system-hibernate.png
 
   
  +
以下のように返ってきた場合:
ログアウトしてからログインしなおせば、全てのアクションにアイコンが表示されるはずです。
 
   
  +
xdg-settings: unknown desktop environment
もしくは、必要なアイコンが含まれているアイコンテーマをインストールすることもできます。例えば以下のようなアイコンテーマがあります:
 
* {{Pkg|faenza-icon-theme}} と {{Pkg|faience-icon-theme}} (faenza に依存) は[[公式リポジトリ]]からインストールできます。
 
* [http://gnome-look.org/content/show.php/GNOME-colors?content=82562 GNOME-colors] は [[GNOME|GNOME]] アイコンテーマに似ているアイコンのセットで、Xfce をサポートしています。インストールするには、tarball 内のフォルダを {{ic|~/.local/share/icons}} (ユーザー個別) または {{ic|/usr/share/icons}} (全てのユーザーで共通) にコピーします。
 
* Echo Icon Theme の git バージョンは Xfce をサポートしています。[[AUR|AUR]] の {{AUR|echo-icon-theme-git}} パッケージからインストールできます。
 
* {{AUR|gnome-icon-theme-xfce}} は [[AUR|AUR]] にある小さなパッケージで、[[GNOME|GNOME]] のアイコンテーマに欠けているテーマを追加します。
 
* {{AUR|elementary-xfce-icons}} - Xubuntu のデフォルトのアイコンテーマ。
 
   
  +
Xfce がデスクトップ環境として認識されていません。おそらく {{Pkg|xorg-xprop}} パッケージがインストールされていないのが原因です。
=== ć/Ć の代わりにセディーユ ç/Ç を有効にする ===
 
When you select the keyboard layout "U.S., alternative international" in Settings --> Keyboard --> Layout to enable accents, the typical combination for the cedilla ' + c results in ć instead of ç.To change this suffice edit files gtk.immodules for gtk-2.0 and immodules.cache for gtk-3.0 in line that contains "cedilla" adding both "en" in the list "az:ca:co:fr:gv:oc:pt:sq:tr:wa" but in alphabetical order, staying that way in /etc/gtk-2.0/gtk.immodules
 
   
  +
=== デフォルトの設定をリストアする ===
"/usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-cedilla.so"
 
  +
何らかの理由でデフォルトの設定に戻す必要があるなら、{{ic|~/.config/xfce4-session/}} と {{ic|~/.config/xfce4/}} をリネームしてみてください:
"cedilla" "Cedilla" "gtk20" "/usr/share/locale" "az:ca:co:en:fr:gv:oc:pt:sq:tr:wa"
 
   
  +
$ mv ~/.config/xfce4-session/ ~/.config/xfce4-session-bak
and this in /usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules.cache
 
  +
$ mv ~/.config/xfce4/ ~/.config/xfce4-bak
   
  +
ログアウトしてログインすると、変更の影響が現れます。ログイン時に {{ic|Unable to load a failsafe session}} というエラーウィンドウが表示される場合は、[[#セッションエラー|セッションエラー]]のセクションを見て下さい。
"/usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules/im-cedilla.so"
 
"cedilla" "Cedilla" "gtk30" "/usr/share/locale" "az:ca:co:en:fr:gv:oc:pt:sq:tr:wa"
 
   
  +
=== セッションエラー ===
Then, do
 
  +
ウィンドウマネージャが正しくロードされない場合、おそらくセッションエラーが起こっています。エラーによる典型的な症例として以下が挙げられます:
# echo "export GTK_IM_MODULE=cedilla" >> /etc/environment
 
   
  +
* マウスが X になっていたり全く表示されなかったりする
Done. Simply just close and reopen the gtk programs like gedit.
 
  +
* ウィンドウ装飾が表示されずウィンドウが閉じられない
  +
* "ウィンドウマネージャ"設定ツール ({{ic|xfwm4-settings}}) が起動せず、次のエラーが表示される {{ic|These settings cannot work with your current window manager (unknown)}}
  +
* [[ディスプレイマネージャ]]によって次のようなエラーが表示される: {{ic|No window manager registered on screen 0}}
  +
* フェイルセーフセッションがロードされない:
  +
Unable to load a failsafe session.
  +
Unable to determine failsafe session name. Possible causes: xfconfd isn't running (D-Bus setup problem); environment variable $XDG_CONFIG_DIRS is set incorrectly (must include "/etc"), or xfce4-session is installed incorrectly.
   
  +
xfce やシステムを再起動すればおそらく問題は解決しますが、もっと問題なのは破損したセッションです。{{ic|.cache}} 下のセッションフォルダを削除してください:
=== USB スティックのマウント時に非 ASCII 文字が表示されない ===
 
  +
$ rm -r ~/.cache/sessions/
fat ファイルシステムでフォーマットされた USB スティックを自動マウントするときによくおこる問題は ñ, ß などのウムラウトを正しく表示できないことです。この問題は、標準の iocharset を UTF-8 に変更することで解決されるかもしれません。これは簡単で、{{ic|/etc/xdg/xfce4/mount.rc}} に以下の行を追加するだけで行えます:
 
   
  +
{{ic|$HOME}} 内のフォルダの所有者が {{ic|xfce4}} を起動するユーザーになっていることも確認してください。[[Chown]] を参照。
[vfat]
 
uid=<auto>
 
shortname=winnt
 
'''utf8=true'''
 
# FreeBSD specific option
 
longnames=true
 
flush=true
 
   
  +
=== ウィンドウタイトルのフォントで xfce4-title がクラッシュする ===
utf-8 を使う際に、システムが大文字と小文字を区別することで、ファイルを壊してしまう可能性があることに注意してください。十分お気をつけて。
 
   
  +
{{Pkg|ttf-droid}} と {{Pkg|ttf-dejavu}} を[[インストール]]してください。{{Bug|44382}} を参照。
また、USB スティックのデータをコピーするときにより頻繁に flush させるように、''flush'' オプションを付けて vfat のデバイスをマウントすることが可能です。そうすることで、 データがディスク上にある限り thunar のプログレスバーを休ませないようにできます。代わりに ''async'' を追加することで Write ops を向上させることができますが、Thunar の ''Eject'' オプションを使ってスティックをアンマウントするようにしてください。システム全体で、起動時のストレージデバイスのマウントオプションを [[fstab|fstab]] に設定でき、他のデバイスのオプションは [[udev|udev]] ルールで設定できます。
 
   
  +
=== ノートパソコンのフタの設定が無視される ===
=== Xfwm のコンポジットが有効になった時に画面にティアリングが発生する ===
 
これは既知の問題です。[[Compton]] や [[Xcompmgr|Xcompmgr]] などの独立したコンポジタを使うことを考えて下さい。または、[[Compiz|Compiz]] や Kwin ({{AUR|kwin-standalone-git}}) など固有のコンポジタが含まれているウィンドウマネージャに置き換えることもできます。
 
   
  +
Xfce4 Power Manager で設定したフタが閉じた時のアクションの設定が反映されず、何を設定しても、フタを閉じた時にノートパソコンがサスペンドしてしまうことがあります。これはデフォルトで、電源マネージャがフタが閉じた時のイベントを管理するように設定されていないのが原因です。代わりに、フタが閉じた時のイベントは logind が管理しています。電源マネージャでイベントを管理できるようにするには、次のコマンドを実行してください:
=== コンポジットを有効にすると文字がぼやける (Intel graphics) ===
 
  +
$ xfconf-query -c xfce4-power-manager -p /xfce4-power-manager/logind-handle-lid-switch -s false
Intel graphics のユーザーはコンポジットを有効にすると文章にブラーがかかったようになることがあります。これは {{pkg|xf86-video-intel}} ドライバーがデフォルトで SNA アクセラレーションバックエンドを使っていることが原因です。このバグは昔の UXA メソッドにバックエンドを変更することで直せます。詳しくは [[Intel_Graphics#アクセラレーションメソッドの選択|Intel Graphics]] のページを見て下さい。
 
  +
{{Note|ノートパソコンのフタのアクションやサスペンド時のロック設定を変更したときに {{ic|logind-handle-lid-switch}} の設定が true になることがあります。[https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id&#61;12756#c2] を見てください。このような場合、手動で {{ic|logind-handle-lid-switch}} を false に戻す必要があります。}}
   
  +
=== 電源マネージャプラグインでバッテリーの残り時間と残量パーセントが表示される ===
=== マルチモニターで GTK テーマが使えない ===
 
設定ツールには displays.xml を破壊してしまうものがあり、そのために Applications Menu -> Settings -> Appearance で GTK テーマが使えなくなってしまうことがあります。これを修正するには、{{ic|~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/displays.xml}} を削除して画面を再設定してください。
 
   
  +
バージョン 1.5.1 からステータスバーのラベルを設定する隠しオプションが追加されました。新しい {{ic|int}} タイプの xfconf4 オプション {{ic|show-panel-label}} を設定することでラベルを様々なフォーマットにすることができます。{{ic|show-panel-label}} に設定できる値は 0 (ラベルなし), 1 (パーセンテージ), 2 (残り稼働時間), 3 (両方) です。
=== Qt で作られたアプリケーションの右クリックメニューでアイコンが表示されない ===
 
何らかの理由で、Qt で作成されたアプリケーションには右クリックしてもアイコンが表示されないものがあります (qbittorrent や VirtualBox など)。この問題は以前未解決で Xfce でのみ発生します。これを修正するには、以下の2つのコマンドを実行してください:
 
   
  +
ソース: [https://mail.xfce.org/pipermail/xfce-announce/2015-June/000424.html 1.5.1 リリースノート]
$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/buttons_have_icons true
 
  +
$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/menus_have_icons true
 
  +
===ユーザーの切り替えが行えない===
  +
  +
ユーザーの切り替えボタンでは ([[GDM]] に含まれている) ''gdmflexiserver'' が使われます。つまり、GDM 以外でユーザー切り替えボタンを使うには、設定が必要です。詳しくは [https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id=9307 上流のバグレポート] を参照してください。
   
  +
{{ic|/usr/bin}} あるいは {{ic|/usr/local/bin}} に ''gdmflexiserver'' という名前の実行スクリプトを作成して、使用している[[ディスプレイマネージャ]]の greeter 切り替えコマンドを呼び出せば解決します。
=== GNOME アプリケーションでタイトルバーが二重になる ===
 
   
  +
* LXDM の場合: [[LXDM#同時ログインとユーザー切替]]。
現在多くの GNOME アプリケーションはアプリケーションに埋め込まれたタイトルバーを持っています (クライアントサイドデコレーションまたは CSD)。今のところ [[Xfwm]] は CSD の認識に問題を抱えておりアプリケーションに自身の装飾を追加してしまってアプリケーションにタイトルバーが2つできてしまうことがあります。Xfwm のコンポジタを有効にすることでこの問題が修正されることがあります。コンポジタを有効にしても直らない場合は、Xfce で他の[[ウィンドウマネージャ]]を使用してみて下さい。
 
  +
* LightDM の場合: [[LightDM#ユーザー切り替え]]。
   
=== デスクトップ上コンテキストメニューエントリおかしい ===
+
=== .Xresources マクロ機能い ===
   
  +
Xfce は {{ic|xrdb}} を使って {{ic|$HOME/.Xresources}} ファイルをロードしますが、{{ic|-nocpp}} オプションによって前処理がスキップされます。マクロを使うには {{ic|/etc/xdg/xfce4/xinitrc}} を {{ic|$HOME/.config/xfce4}} ディレクトリにコピーしてファイル内の {{ic|xrdb}} の {{ic|-nocpp}} オプションを削除してください。詳しくは [https://bbs.archlinux.org/profile.php?id=104121 こちらのスレッド] を参照。
{{note|It has been tested that Xfce 4.10(with Thunar 1.63, xfdesktop 4.10.2) has this bug. Not sure if this bug is related to xfdesktop.}}
 
When you create a new empty(text) file on desktop, right click it then you will find that that there is a buggy menu entry {{ic|Set as wallpaper}}. It's a bit annoying and useless. To disable this menu entry you need to [[Arch Build System|rebuild]] thunar with this flag: {{ic|--disable-wallpaper-plugin}}.
 
   
 
==参照==
 
==参照==
* http://docs.xfce.org/ - ドキュメント
+
* [https://docs.xfce.org/ Xfce - ドキュメント]
  +
* [http://wiki.xfce.org Xfce - Wiki]
  +
* [https://xfce.org/about/tour Xfce - Xfce ツアー]
  +
* [https://www.xfce.org/about/ Xfce - Xfce について]
 
* [http://www.xfce-look.org/ Xfce-Look] - テーマや壁紙など。
 
* [http://www.xfce-look.org/ Xfce-Look] - テーマや壁紙など。
* [http://xfce.wikia.com/wiki/Frequently_Asked_Questions Xfce Wikia] - 自動で生成されたメニューをメニューエディタで編集する方法
+
* [http://xfce.wikia.com/wiki/Main_Page Xfce Wikia]
* [http://wiki.xfce.org Xfce Wiki]
 

2020年3月6日 (金) 15:13時点における最新版

関連記事

Xfce - About より:

Xfce はモジュール化と再利用性という伝統的な UNIX の哲学を体現しています。そして、現代のデスクトップ環境に期待されている機能をフルに提供する数々のコンポーネントで構成されています。コンポーネントはそれぞれ独立にパッケージ化されており、あなたは利用可能なパッケージ群からパッケージを選択して最適な個人の作業環境を作り出すことができます。

Xfce は GNOMEKDE などと同じデスクトップ環境です。ルートウィンドウアプリ、ウィンドウマネージャ、ファイルマネージャ、パネルなどのアプリケーションを一通り取り揃えています。Xfce は GTK2 ツールキットを使って書かれており、他の DE と同じように開発環境(ライブラリやデーモンなど)が含まれています。Xfce の特徴は:

  • 他の有名なデスクトップ環境 (KDE, GNOME) に比べて動作が速い。
  • ほとんどの設定は GUI によって行えます、Xfce は設定をユーザーから隠そうとはしません。
  • Xfwm には任意で使えるコンポジタを含んでおり、完全透過を使ったり GPU アクセラレーションを最大限利用できます(ティアリングの解消など)。
  • マルチモニタでもうまく動作します。

目次

インストール

以下の作業を行う前に、X サーバーがインストールされていて正しく動作することを確認しておいてください。詳しくは Xorg を見て下さい。

ノート: Xfce はモジュール化されています。以下のすべてのパッケージをインストールする必要はありません。取捨選択してよいということです。

ベースとなる Xfce システムは公式リポジトリから利用できる xfce4 グループでインストールできます。Pacman はインストールするパッケージを選ぶように尋ねますが、Enter を押すことで全てのパッケージをインストールできます。もしパネルプラグイン・通知・システムツールのような追加パッケージをお望みなら、xfce4-goodies グループからインストールできます。

Xfce のデフォルトのウィンドウマネージャは Xfwm です。

ヒント:
  • Gamin (FAM の後継) をインストールすることが強く推奨されています。
  • リムーバブルディスクのマウントや圧縮ファイルの解凍などの作業は Thunar を使って行うことができます。xfce4-goodies をインストールしないでそうしたことを行いたい場合は、Thunar のページを読んで下さい。

Xfce の起動

お好きなディスプレイマネージャのメニューから Xfce Session を選択してください。または xinitrcexec startxfce4 を追加してください。

ノート: xfce4-session 実行可能ファイルを直接実行してはいけません。正しいコマンドは startxfce4 です。

設定

Xfce は Xfconf に設定オプションを保存します。オプションを変更する方法は複数存在します:

  • メインメニューで Settings を選択してカスタマイズしたいカテゴリを選択。カテゴリは /usr/bin/xfce4-*/usr/bin/xfdesktop-settings にあるプログラムです。
  • xfce4-settings-editor は全ての設定を確認・編集できます。変更したオプションはすぐに適用されます。コマンドラインから設定を変更するには xfconf-query を使って下さい。詳しくは ドキュメント を参照。
  • ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/ にある XML ファイルに保存されている設定は手動で編集できます。ただし、変更は即座には適用されません。

メニュー

Free Desktop のメニューシステムを使用する方法については Xdg-menu を参照してください。

Whisker メニュー

Whisker Menu をデフォルトの Xfce メニューアプレットの代わりに使うことができます。ファジー検索に対応しています。パネルに追加して、初めから入っているデフォルトメニューを削除してください。

xfce4-whiskermenu-plugin パッケージとして公式リポジトリから利用できます (xfce4-goodies グループにも含まれています)。

エントリの編集

エントリを編集するためのグラフィカルツールがいくつか存在します:

  • XAME — Gambas で書かれた GUI ツール。Xfce でメニューを編集するために作られています。他のデスクトップ環境では動作しません。開発は終了しています。
http://www.redsquirrel87.com/XAME.php || xameAUR
  • MenuLibre — 近代的な機能を提供する高度なメニューエディタ。使いやすいインターフェイスを持っています。
https://launchpad.net/menulibre || menulibreAUR
  • Alacarte — GNOME のメニューエディタ。
http://www.gnome.org/ || alacarte

もしくは、ファイル ~/.config/menus/xfce-applications.menu を作って以下をその中にコピーしてください:

<!DOCTYPE Menu PUBLIC "-//freedesktop//DTD Menu 1.0//EN"
  "https://www.freedesktop.org/standards/menu-spec/1.0/menu.dtd">

<Menu>
    <Name>Xfce</Name>
    <MergeFile type="parent">/etc/xdg/menus/xfce-applications.menu</MergeFile>

    <Exclude>
        <Filename>xfce4-run.desktop</Filename>

        <Filename>exo-terminal-emulator.desktop</Filename>
        <Filename>exo-file-manager.desktop</Filename>
        <Filename>exo-mail-reader.desktop</Filename>
        <Filename>exo-web-browser.desktop</Filename>

        <Filename>xfce4-about.desktop</Filename>
        <Filename>xfhelp4.desktop</Filename>
    </Exclude>

    <Layout>
        <Merge type="all"/>
        <Separator/>

        <Menuname>Settings</Menuname>
        <Separator/>

        <Filename>xfce4-session-logout.desktop</Filename>
    </Layout>

</Menu>

<MergeFile> タグにはデフォルトの Xfce メニューを含めます。これが重要です。

<Exclude> タグにはメニューに表示したくないアプリケーションを指定します。ここでは Xfce のデフォルトのショートカットをメニューから外していますが、firefox.desktop など他のアプリケーションも除外可能です。

<Layout> タグはメニューのレイアウトを定義します。フォルダを使ってアプリケーションをまとめることができます。詳しくは Xfce wiki のページ を見て下さい。

.desktop ファイルを編集することでも Xfce のメニューを変更することができます。エントリを非表示にするには、デスクトップエントリ#デスクトップエントリの隠匿を見て下さい。デスクトップエントリの Categories= 行を変えることでアプリケーションのカテゴリも編集できます。デスクトップエントリ#サンプルファイルを参照。

デスクトップ

デスクトップアイコンタイトルに透明の背景を使う

デスクトップアイコンタイトルのデフォルトの白色背景から、何か他の適当なものに変えるためには、GTK の設定ファイルを編集(あるいは、必要があればファイルを作成)してください:

~/.gtkrc-2.0
style "xfdesktop-icon-view" {
    XfdesktopIconView::label-alpha = 10
    base[NORMAL] = "#000000"
    base[SELECTED] = "#71B9FF"
    base[ACTIVE] = "#71B9FF"
    fg[NORMAL] = "#fcfcfc"
    fg[SELECTED] = "#ffffff"
    fg[ACTIVE] = "#ffffff"
}
widget_class "*XfdesktopIconView*" style "xfdesktop-icon-view"

右クリックの Thunar オプションを削除する

次のコマンドを実行:

$ xfconf-query -c xfce4-desktop -v --create -p /desktop-icons/style -t int -s 0

マルチディスプレイの壁紙

xfce4-settings-editor を開いて以下の設定で新しいプロパティを作成してください:

  • プロパティ: /backdrop/screen0/xinerama-stretch
  • タイプ: Boolean
  • 値: TRUE (1, Enabled)

Kill Window ショートカット

Xfce には、プログラムがフリーズした場合などに、ウィンドウを終了させるショートカットが存在しません。

xorg-xkill をインストールして、xkill でウィンドウを終了してください。アクティブウィンドウを終了させるには、xdotool を使います:

$ xdotool getwindowfocus windowkill

もしくは:

$ sh -c "xkill -id $(xprop -root -notype | sed -n '/^_NET_ACTIVE_WINDOW/ s/^.*# *\|\,.*$//g p')"

ショートカットを追加するには Settings > Keyboardxbindkeys などのアプリケーションを使って下さい。

セッション

スタートアップアプリケーション

Xfce の起動時にカスタムアプリケーションを実行するには、Applications Menu -> Settings -> Settings Manager から Session and Startup オプションを選択して Application Autostart タブをクリックしてください。起動時に実行されるプログラムのリストが表示されます。エントリを追加するには、Add ボタンをクリックして、実行したい実行可能ファイルのパスを記入してフォームを埋めて下さい。

また、実行したいコマンド (環境変数の設定など) を xinitrc に追加することもできます (ディスプレイマネージャを使っている場合は xprofile)。

アプリケーションの起動の遅延

アプリケーションの起動を遅らせる必要がある場合があります。Application Autostart では sleep 3 && command のようにコマンドを指定しても機能しません。代わりに、以下のようなコマンドを使って下さい:

sh -c "sleep 3 && command"

画面をロックする

Xfce4 セッションを (xflock4 で) ロックするには xscreensaver, gnome-screensaver, slock, xlockmore パッケージのうちどれかひとつをインストールする必要があります。

もしくは次のコマンドでロックコマンドを設定することもできます:

$ xfconf-query -c xfce4-session -p /general/LockCommand -s "light-locker-command -l" --create -t string

コマンドを更新したい場合:

$ xfconf-query -c xfce4-session -p /general/LockCommand -s "light-locker-command -l"

スクリーンロッカーについてはアプリケーション一覧/セキュリティ#スクリーンロックを見て下さい。

ヒント: light-locker セッションロッカーは xfce4-power-manager と統合されています。light-locker がインストールされている場合、電源管理の設定に 'Security' タブが追加され、既存の 'Lock screen when system is going for sleep' 設定は 'Security' タブに移動します。
パネルのロックボタン

アクションボタンパネルのロックボタンは /usr/bin/xflock4 を直接実行するため、上記の /general/LockCommand 設定が無視されます詳しくは こちらのスレッド を参照。

light-locker を使用する簡単な方法が2つあります:

  • /usr/bin/xflock4 を編集して light-locker-command -l を直接実行する。マルチユーザー環境の場合は使用できず、パッケージをアップグレードすると変更は元に戻ります。
  • アクションボタンのロックボタンをカスタムランチャに置き換える。アクションボタン設定からロックボタンを削除して、パネルにランチャアイテムを追加し、Commandlight-locker-command -l に設定、任意でアイコンを system-lock-screen に変更してください。

セッションの無効化

以下のコマンドを実行することでセッションの保存を無効化できます:

$ xfconf-query -t bool -c xfce4-session -p /general/SaveOnExit -s false

Applications -> Settings -> Session and Startup -> Sessions から Clear saved sessions ボタンをクリックしてください。

ヒント: 上記のコマンドで設定が永続的に変更されない場合、次のコマンドを使ってください: xfconf-query -c xfce4-session -p /general/SaveOnExit -n -t bool -s false

もしくは Xfce のキオスクモードを使うことでセッションの保存を完全に無効化することもできます。セッションを無効化するには、/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc ファイルを作成または編集して以下を追加してください:

[xfce4-session]
SaveSession=NONE

キオスクモードが動作しない場合、セッションディレクトリに r/o パーミッションを設定してください:

$ rm ~/.cache/sessions/* && chmod 500 ~/.cache/sessions

これによって Xfce が設定に関わらずセッションを保存しないようになります。

デフォルトウィンドウマネージャ

Xfwm を他のウィンドウマネージャに置き換えるにはターミナルで 'name of window manager' '--replace' というコマンドを使って下さい。

例えば:

  • openbox のコマンドは: openbox --replace
  • metacity のコマンドは: metacity --replace

ウィンドウマネージャを元に戻すには、まず CTRLc を押してコマンドをキャンセルして、それから次のコマンドを入力してください:

$ xfwm4 --replace

他のウィンドウマネージャが引き継いだらセッションの保存をすることができます。logout... ダイアログボックスで Save session for future logins オプションが利用できます。またセッション中に xfwm4 を復活させる場所をメモするのも重要です。変更を永続的にするために Save session for future logins オプションを有効にする必要があります。これを行っていないと以前保存したセッションが代わりにロードされて Openbox がまた復活してしまうことがあります。しかしながら、xfwm4 に戻した場合、次のセッションから将来のセッションを保存する必要はなくなります。

他の方法として Xfce の自動起動リストにウィンドウマネージャを追加することもできます。メインメニューから、Settings Manager をまず選択し、session and startup を選んで下さい。アプリケーションウィンドウが開いたら、Application Autostart タブを選択して自動起動するアプリケーション・プログラムを全て表示してください。Add ボタンをクリックして Add Application ウィンドウを立ち上げます。

各フィールドには以下の情報を入力します:

  • Name: openbox-wm
  • Description: openbox-wm
  • Command: openbox --replace
ヒント:
  • name と description フィールドはあまり重要ではありません、ただ単にエントリが何なのか示すためだけのものです。command セクションには上のエントリと同じように入力します (例: 'Name of window manager' '--replace')。
  • Compiz には起動する方法が複数あるため異なるコマンドが必要です。詳しくは Compiz の記事を見て下さい。

完了したら、OK クリックして、openbox-wm エントリの横のチェックボックスにチェックを入れ、変更を適用するためにセッションを再起動してください。この方法の利点は自動起動するアプリケーションを自動起動のチェックボックスによって好きなときに簡単に有効化・無効化できることです。従って、openbox-wm チェックボックスのチェックを外して再起動すればネイティブウィンドウマネージャ xfwm4 に戻すことができます。

テーマ

XFCE のテーマは xfce-look.org から入手できます。Xfwm のテーマは /usr/share/themes/xfce4 に保存されており、Settings > Window Manager から設定できます。GTK+ のテーマは Settings > Appearance から設定できます。

全てのアプリケーションの外観を統合したい場合、Qt と GTK アプリケーションの外観の統合を見て下さい。

カーソルテーマアイコンフォント設定も参照。

サウンド

キーボードのボリュームボタン

xfce4-pulseaudio-plugin のパネルアプレットはキーボードによるボリューム制御やボリュームの通知をサポートしています。また、キーバインドと通知制御が含まれている xfce4-volumed-pulseAUR をインストールすることもできます。こちらはパネルにアイコンは表示されません。ボリュームの細かい調整を pasystray で行いたい場合などに有用です。

また、xfce4-mixer にもパネルアプレットとキーボードショートカットが入っており Alsa もサポートされています。ただし、xfce4-mixer は GStreamer 0.10 の機能に依存しており 1.0 では使用できません。

デスクトップ環境に依存しないプログラムは、アプリケーション一覧/マルチメディア#ボリュームマネージャを見て下さい。

ショートカット

アプレットやデーモンを使ってボリュームキーを制御しない場合、Xfce のキーボード設定を使って、ボリュームコントロールコマンドをボリュームキーに手動でマッピングすることができます。使用するサウンドシステムに合わせて、適当なコマンドを設定して下さい。

キーボードショートカット

キーボードショートカットは2つの場所で定義されます: Settings > Window Manager > KeyboardSettings > Keyboard > Shortcuts です。

Polkit 認証エージェント

xfce4-session と一緒に polkit-gnome エージェントがインストールされ自動的に起動します。ユーザーによる設定は必要ありません。詳しくは Polkit#認証エージェント を参照。

Xfce にはサードパーティ製の polkit 認証エージェントも存在します。xfce-polkitAUR または xfce-polkit-gitAUR を見て下さい。

ディスプレイを消す

ノート: 特定の設定では画面オフや、オフからの復帰に関して問題が発生します。[1][2] を参照。

Xfce でモニターが消えるのを制御したり DPMS (モニターの省電力機能) を設定するのに使用するプログラムは複数存在します。以下を見てください。

Xfce Power Manager

Xfce Power Manager はディスプレイが消えるのと DPMS の設定を制御します。xfce4-power-manager-settings を実行して Display タブをクリックすることで設定できます。Handle display power management オプションのチェックを外すと Power Manager は DPMS を無効化してしまうので注意してください。Power Manager が DPMS の制御を放棄するわけではありません。また、画面が消えるのは無効化されません。画面オフと DPMS の両方を無効化したい場合、電源マネージャのシステムトレイアイコンを右クリックするか、パネルアプレットを左クリックして、Presentation mode というオプションにチェックを入れてください。

XScreenSaver

XScreenSaver#XScreenSaver の設定を見てください。Xfce Power Manager と XScreenSaver を両方実行している場合、画面オフと DPMS の設定をどちらのアプリケーションが握っているのかわからなくなります。両方のアプリケーションが制御しようとするためです。従って、(映画などを視聴するときに) モニターが消えないようにしたい場合、両方のアプリケーションで画面オフと DPMS を無効化してください。

xset

上記のアプリケーションのどちらも実行していないとき、画面オフや DPMS の設定は xset コマンドを使って制御することが可能です。DPMS#xset を使って DPMS とスクリーンセーバーの設定を変更するを参照。

ヒントとテクニック

thunar や xfdesktop でパーティションを非表示にする

デスクトップや Thunar でインストールパーティションがマウントデバイスとして表示される場合、gvfs をインストールしてみてください。高度な設定オプションについては Udisks#特定のパーティションを隠匿するを見て下さい。

スクリーンショット

Xfce にはスクリーンショットツールがあります、xfce4-screenshooter。これは xfce4-goodies グループに含まれています。

Applications > Settings > Keyboard, Application Shortcuts を開いて、xfce4-screenshooter -f コマンドを追加することで Print キーでフルスクリーンのスクリーンショットが撮れるようになります。アクティブウィンドウのスクリーンショットを撮影するには -w を使います。screenshooter の man ページには他にも使える引数の説明があります。

また、scrot などの独立したスクリーンショットプログラムも使えます。

ターミナルの F1 と F11 のショートカットを無効にする

xfce ターミナルは F1 と F11 をそれぞれヘルプとフルスクリーンに結びつけており、htop などのプログラムが使いにくくなってしまうことがあります。これらのショートカットを無効にするには、ターミナルの設定ファイルを作成または編集して、ログインしなおしてください。F10 は Preferences メニューで無効にすることができます。

~/.config/xfce4/terminal/accels.scm
(gtk_accel_path "<Actions>/terminal-window/fullscreen" "")
(gtk_accel_path "<Actions>/terminal-window/contents" "")

ターミナルのカラーテーマ・パレット

ターミナルのカラーテーマ・パレットは GUI を使って Preferences の Appearance タブで変更することができます。EmacsVi などほとんどのコンソールアプリケーションで利用することができる色です。設定はシステムユーザー別に ~/.config/xfce4/terminal/terminalrc ファイルに保存されます。また、多数のテーマを選択することができます。選択できるテーマについてはフォーラムスレッド Terminal Colour Scheme Screenshots を確認してください。

デフォルトのカラーテーマを変更する

XFCE の extra/terminal パッケージには暗い色のパレットが付いていますがデフォルトの黒背景ではカラー文字が見えづらくユーザーの可読性を著しく下げています。terminalrc ファイルに以下を追加して明るいカラーテーマにすれば、暗いターミナル背景でもよく見えるようになります。

~/.config/xfce4/terminal/terminalrc
ColorPalette5=#38d0fcaaf3a9
ColorPalette4=#e013a0a1612f
ColorPalette2=#d456a81b7b42
ColorPalette6=#ffff7062ffff
ColorPalette3=#7ffff7bd7fff
ColorPalette13=#82108210ffff

ターミナル tango カラーテーマ

tango カラーテーマに切り替えるには、好きなエディタで次のファイルを開き:

~/.config/xfce4/terminal/terminalrc

以下の行を追加 (置換) してください:

ColorForeground=White
ColorBackground=#323232323232
ColorPalette1=#2e2e34343636
ColorPalette2=#cccc00000000
ColorPalette3=#4e4e9a9a0606
ColorPalette4=#c4c4a0a00000
ColorPalette5=#34346565a4a4
ColorPalette6=#757550507b7b
ColorPalette7=#060698989a9a
ColorPalette8=#d3d3d7d7cfcf
ColorPalette9=#555557575353
ColorPalette10=#efef29292929
ColorPalette11=#8a8ae2e23434
ColorPalette12=#fcfce9e94f4f
ColorPalette13=#72729f9fcfcf
ColorPalette14=#adad7f7fa8a8
ColorPalette15=#3434e2e2e2e2
ColorPalette16=#eeeeeeeeecec

ターミナルで中クリックを使って URL を開く

バージョン 0.8 のアップデートで、中クリックによる URL のオープンはデフォルトでオフになり、クリップボードを貼り付けるだけになりました。古い挙動を有効にしたい場合は ${XDG_CONFIG_HOME}/xfce4/terminal/terminalrc (デフォルトでは XDG_CONFIG_HOME=${HOME}/.config) の以下のオプションを変更してください:

${XDG_CONFIG_HOME}/xfce4/terminal/terminalrc
[Configuration]
MiscMiddleClickOpensUri=TRUE

env-modules autocompletion in Terminal

env-modulesAUR and env-modules-tclAUR packages provide shell autocompletion for login shell. However, by default sessions in xfce4-terminal are not considered as login. To enable autocompletion for Environment Modules tick corresponding checkbox in Preferences or just change CommandLoginShell to TRUE in ~/.config/xfce4/terminal/terminalrc.

カラーマネージメント

Xfce にはカラーマネージメントの設定はありません [3]。設定する方法は ICC プロファイルを見て下さい。

マルチモニター

xfce4-settings バージョン 4.11.4 現在、Xfce はマルチモニタをサポートしています。Applications -> Settings -> Display ダイアログから設定することができます。詳細は Xfce ドキュメントの display の記事を見て下さい。

SSH エージェント

Xfce 4.10 はデフォルトでセッションの初期化中に gpg-agent または ssh-agent をこの順番でロードしようとします。これを無効にするには、次のコマンドを使って xfconf キーを作成してください:

xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/enabled -n -t bool -s false

gpg-agent がインストールされている場合にも ssh-agent を強制的に使うようにするには、次のコマンドを実行してください:

xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/type -n -t string -s ssh-agent

GNOME Keyring を使うには、Xfce の設定の Session and Startup にある Advanced タブの Launch GNOME services on startup というチェックボックスをチェックしてください。また、これによって gpg-agent と ssh-agent が無効になります。

ソース: https://docs.xfce.org/xfce/xfce4-session/advanced

フォーカスを移さずに背景のウィンドウをスクロールする

Main Menu > Settings > Window Manager Tweaks > Accessibility タブを開いて Raise windows when any mouse button is pressed のチェックを外して下さい。

マウスボタンの修飾キー

デフォルトでは、Xfce におけるマウスボタンの修飾キーは Alt に設定されています。修飾キーは xfconf-query で変更することが可能です。例えば、以下のコマンドを実行するとマウスボタンの修飾キーとして Super キーが設定されます:

$ xfconf-query -c xfwm4 -p /general/easy_click -n -t string -s "Super"

厳密には、複数の修飾キーを使うことはサポートされていません。しかしながら、キーの名前を >< で区切ることで複数の修飾キーを指定することが可能になっています。例えば、マウスボタンの修飾キーとして Ctrl+Alt を設定したい場合、以下のコマンドを使用:

$ xfconf-query -c xfwm4 -p /general/easy_click -n -t string -s "Ctrl><Alt"

タッチパッドの2本指クリックを中クリックに設定する

タッチパッドの2本指のクリックを中クリックとしたい場合、以下のファイルを作成・編集してください:

~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/pointers.xml
<channel name="pointers" version="1.0">
  <property name="SynPS2_Synaptics_TouchPad" type="empty">
    <property name="Properties" type="empty">
      <property name="Synaptics_Tap_Action" type="array">
        <value type="int" value="0"/>
        <value type="int" value="0"/>
        <value type="int" value="0"/>
        <value type="int" value="0"/>
        <value type="int" value="1"/>
        <value type="int" value="2"/>
        <value type="int" value="3"/>
      </property>
    </property>
  </property>
</channel>

上記の 2 が中クリックです。

輝度スライダーの最小輝度を変更する

輝度のレベルを 0 にしたときにバックライトがオフになってしまうディスプレイの場合、最小輝度を調整すると良いでしょう。xfce4-power-manager 1.3.2 では xfconf4-property によって最小輝度の値を設定できる隠しオプションが追加されています。xfconf4 で int プロパティとして brightness-slider-min-level を追加してください。int の値は使用しているディスプレイに合わせて適切な最小値に設定してください。

xkb-plugin でフラグアイコンのサイズを変更

フラグアイコンやテキストのサイズ変更機能は2015年に xfce4-xkb-plugin に追加されましたが [4]、新しいバージョンのプラグインは2013年以降リリースされていません。新しいバージョンがリリースされるまでは xfce4-xkb-plugin-gitAUR を使ってください。

トラブルシューティング

アクションボタンのアイコンが表示されない

アイコンテーマに特定のアクション (Suspend, Hibernate) のアイコンが存在しない場合や、名前が異なっている場合、アイコンが表示されません。修正するには、必要なアイコンが存在するアイコンテーマをインストールしてください。アイコン#Xfce アイコンを見て下さい。

そして、Applications -> Settings -> Appearance -> Icons からアイコンテーマを切り替えることができます。

また、現在使用しているアイコンテーマで、インストールしたアイコンテーマのアイコンを使うこともできます。まず、現在使用しているアイコンテーマの名前を確認する必要があります。次のコマンドを使って下さい:

$ xfconf-query -c xsettings -p /Net/IconThemeName

そして環境変数を設定:

$ icontheme=/usr/share/icons/theme-name

theme-name は現在のアイコンテーマの名前に置き換えて下さい。

そして現在のアイコンテーマからアイコンが存在するアイコンテーマにシンボリックリンクを作成します (以下の例では elementary-xfce-iconsAUR テーマを使用します):

ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/16/system-suspend.svg           ${icontheme}/16x16/actions/system-suspend.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/16/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/16x16/actions/system-hibernate.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/22/system-suspend.svg           ${icontheme}/22x22/actions/system-suspend.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/22/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/22x22/actions/system-hibernate.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/24/system-suspend.svg           ${icontheme}/24x24/actions/system-suspend.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/24/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/24x24/actions/system-hibernate.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/48/system-suspend.svg           ${icontheme}/48x48/actions/system-suspend.svg
ln -s /usr/share/icons/elementary-xfce/apps/48/system-suspend-hibernate.svg ${icontheme}/48x48/actions/system-hibernate.svg

ログアウトしてからログインしなおせば、全てのアクションにアイコンが表示されるはずです。

Xfce のデスクトップアイコンが並び替えられる

パネルの設定ダイアログを開いたときなどにデスクトップのアイコンが並び替えられてしまうことがあります。アイコンの位置が ~/.config/xfce4/desktop/ ディレクトリのファイルによって決定されているのが原因です。デスクトップに変更が加えられると (アイコンを追加・削除したり位置を変更)、ディレクトリに新しいファイルが作成され、ファイルが衝突することがあります。

問題を解決するには、ディレクトリを開いて、アイコンの位置を正しく定義しているファイル以外の全てのファイルを削除してください。どのファイルが正しいのかはファイルを開いて、アイコンの位置を確認することで確かめられます。一番上の行は row 0 と定義され、一番左の列は col 0 と定義されています。従って、Firefox アイコンを上から4番目、左から1番目の場所に配置すると以下のようなエントリになります:

[Firefox]
row=3
col=0

マルチモニターで GTK テーマが使えない

設定ツールには displays.xml を破壊してしまうものがあり、そのために Applications Menu -> Settings -> Appearance で GTK テーマが使えなくなってしまうことがあります。これを修正するには、~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/displays.xml を削除して画面を再設定してください。

右クリックメニューでアイコンが表示されない

ノート: GConf は廃止されていますが、以下の設定はまだ使えます。

何らかの理由で、Qt で作成されたアプリケーションには右クリックしてもアイコンが表示されないものがあります (qbittorrent や VirtualBox など)。この問題は以前未解決で Xfce でのみ発生します。これを修正するには、以下の2つのコマンドを実行してください:

$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/buttons_have_icons true
$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/menus_have_icons true

xkb-plugin のキーボード設定が保存されない

xfce4-xkb-plugin 0.5.4.1-1 にはバグが存在しており、キーボードやレイアウト、修飾キーの設定が消失することがあります [5]。対策としては、xfce4-keyboard-settingsUse system defaults を有効にしてから xfce4-xkb-plugin を再設定してください。

NVIDIA と xfce4-sensors-plugin

nvidia の gpu のセンサーを検出・使用するには libxnvctrl をインストールしてから xfce4-sensors-plugin パッケージを ABS でリコンパイルする必要があります。xfce4-sensors-plugin-nvidiaAUR を使用して xfce4-sensors-plugin を置き換えるという方法もあります。

パネルアプレットを左側から動かせない

セパレータを右端の前に追加して "expand" プロパティを設定してください [6]

規定のアプリケーションの設定が反映されない

ほとんどのアプリケーションは xdg-open を使ってファイルや URL を規定のアプリケーションで開きます。

xdg-open と xdg-settings を Xfce デスクトップ環境と正しく統合させるには xorg-xprop パッケージをインストールする必要があります。

パッケージをインストールしていない場合、(exo-preferred-applications による) 規定のアプリケーションの設定は反映されません。規定のアプリケーションの設定が正しく使われるようにするには、パッケージをインストールして xdg-open から Xfce が動作していて exo-open に全てのコールを転送していることを検出できるようにしてください。

xdg-open の統合が正しく機能していることを確認するには、xdg-settings にデフォルトブラウザを尋ねてみて結果を見てください:

# xdg-settings get default-web-browser

以下のように返ってきた場合:

xdg-settings: unknown desktop environment

Xfce がデスクトップ環境として認識されていません。おそらく xorg-xprop パッケージがインストールされていないのが原因です。

デフォルトの設定をリストアする

何らかの理由でデフォルトの設定に戻す必要があるなら、~/.config/xfce4-session/~/.config/xfce4/ をリネームしてみてください:

$ mv ~/.config/xfce4-session/ ~/.config/xfce4-session-bak
$ mv ~/.config/xfce4/ ~/.config/xfce4-bak

ログアウトしてログインすると、変更の影響が現れます。ログイン時に Unable to load a failsafe session というエラーウィンドウが表示される場合は、セッションエラーのセクションを見て下さい。

セッションエラー

ウィンドウマネージャが正しくロードされない場合、おそらくセッションエラーが起こっています。エラーによる典型的な症例として以下が挙げられます:

  • マウスが X になっていたり全く表示されなかったりする
  • ウィンドウ装飾が表示されずウィンドウが閉じられない
  • "ウィンドウマネージャ"設定ツール (xfwm4-settings) が起動せず、次のエラーが表示される These settings cannot work with your current window manager (unknown)
  • ディスプレイマネージャによって次のようなエラーが表示される: No window manager registered on screen 0
  • フェイルセーフセッションがロードされない:
Unable to load a failsafe session.
Unable to determine failsafe session name.  Possible causes: xfconfd isn't running (D-Bus setup problem); environment variable $XDG_CONFIG_DIRS is set incorrectly (must include "/etc"), or xfce4-session is installed incorrectly.  

xfce やシステムを再起動すればおそらく問題は解決しますが、もっと問題なのは破損したセッションです。.cache 下のセッションフォルダを削除してください:

$ rm -r ~/.cache/sessions/

$HOME 内のフォルダの所有者が xfce4 を起動するユーザーになっていることも確認してください。Chown を参照。

ウィンドウタイトルのフォントで xfce4-title がクラッシュする

ttf-droidttf-dejavuインストールしてください。FS#44382 を参照。

ノートパソコンのフタの設定が無視される

Xfce4 Power Manager で設定したフタが閉じた時のアクションの設定が反映されず、何を設定しても、フタを閉じた時にノートパソコンがサスペンドしてしまうことがあります。これはデフォルトで、電源マネージャがフタが閉じた時のイベントを管理するように設定されていないのが原因です。代わりに、フタが閉じた時のイベントは logind が管理しています。電源マネージャでイベントを管理できるようにするには、次のコマンドを実行してください:

$ xfconf-query -c xfce4-power-manager -p /xfce4-power-manager/logind-handle-lid-switch -s false
ノート: ノートパソコンのフタのアクションやサスペンド時のロック設定を変更したときに logind-handle-lid-switch の設定が true になることがあります。[7] を見てください。このような場合、手動で logind-handle-lid-switch を false に戻す必要があります。

電源マネージャプラグインでバッテリーの残り時間と残量パーセントが表示される

バージョン 1.5.1 からステータスバーのラベルを設定する隠しオプションが追加されました。新しい int タイプの xfconf4 オプション show-panel-label を設定することでラベルを様々なフォーマットにすることができます。show-panel-label に設定できる値は 0 (ラベルなし), 1 (パーセンテージ), 2 (残り稼働時間), 3 (両方) です。

ソース: 1.5.1 リリースノート

ユーザーの切り替えが行えない

ユーザーの切り替えボタンでは (GDM に含まれている) gdmflexiserver が使われます。つまり、GDM 以外でユーザー切り替えボタンを使うには、設定が必要です。詳しくは 上流のバグレポート を参照してください。

/usr/bin あるいは /usr/local/bingdmflexiserver という名前の実行スクリプトを作成して、使用しているディスプレイマネージャの greeter 切り替えコマンドを呼び出せば解決します。

.Xresources のマクロが機能しない

Xfce は xrdb を使って $HOME/.Xresources ファイルをロードしますが、-nocpp オプションによって前処理がスキップされます。マクロを使うには /etc/xdg/xfce4/xinitrc$HOME/.config/xfce4 ディレクトリにコピーしてファイル内の xrdb-nocpp オプションを削除してください。詳しくは こちらのスレッド を参照。

参照