メトリック互換フォント

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

メトリック互換フォントは他のフォント (Helvetica, Times, Courie などの汎用フォント) とメトリクスが一致しているフォントです。メトリクス (文字の大きさ) が一致しているため、メトリック互換フォントでフォントを置き換えてもドキュメントやウェブページのフォーマットが崩れることはありません。メトリック互換フォントの多くは FOSS システムでページを正しく表示するために開発されています。

メトリック互換フォントの一覧

以下の表では、一般的に指定されるフォントファミリーを太字で示しています。fontconfig30-metric-aliases.conf に概ね基づいています。

インターネット用のコアフォント (Core fonts for the Web)
PostScript URW GUST GNU Windows Microsoft Liberation CrOS StarOffice
Helvetica Nimbus Sans, A030 TeX Gyre Heros FreeSans MS Sans Serif (Helv) Arial Liberation Sans Arimo Albany
Times Nimbus Roman TeX Gyre Termes FreeSerif MS Serif (Tms Rmn) Times New Roman Liberation Serif Tinos Thorndale
Courier Nimbus Mono TeX Gyre Cursor FreeMono Courier New Liberation Mono Cousine Cumberland
Helvetica Condensed Nimbus Sans Narrow TeX Gyre Heros Cn Arial Narrow Liberation Sans Narrow
Georgia Gelasio
Wingdings (PS3) URWDings, New Dingbats Wingdings
Microsoft Office フォント
Microsoft CrOS
Cambria Caladea
Calibri Carlito
Symbol SymbolNeu
Microsoft UI フォント
Microsoft FOSS
Segoe UI Selawik
Tahoma Wine Tahoma
他の PostScript コアファミリー
PostScript URW GUST Windows
ITC Avant Garde Gothic URW Gothic TeX Gyre Adventor Century Gothic
ITC Bookman Bookman URW TeX Gyre Bonum Bookman Old Style
ITC Zapf Chancery Chancery URW, Z003 TeX Gyre Chorus Monotype Corsiva
Palatino Palladio URW, P052 TeX Gyre Pagella Palatino Linotype, Book Antiqua
New Century Schoolbook Century SchoolBook URW, C059 TeX Gyre Schola Century Schoolbook
ITC Zapf Dingbats Dingbats, D050000L
PostScript 3 フォント
PostScript URW
Optima URW Classico
Antique Olive Antique Olive
Univers URW Classic Sans, U001
Clarendon Bold Condensed Clarendon URW Bold Condensed, C011 Bold Condensed
Coronet Coronet
Letter Gothic Letter Gothic
Marigold Mauritius
Albertus Algiers, A028
Garamond Garamond No. 8

一般的なフォントファミリー

PostScript

PostScript 言語は PostScript 2 で35個のコアフォントを定義しています。URW はこれら35個のフォントのオープンソース版を Ghostscript でリリースしています (gsfonts パッケージでインストールできます)。GUST の TeX GyreGNU FreeFont などのプロジェクトは改良版のフォントを公開しています。

PostScript 3 では101個のフォントが追加で定義されており、多くは URW によって AFPL で配布されている GhostPDL から利用できます。AFPL には商用利用の制限があります。バッチアップデート によってフォント名の重複が多数発生しています。

Garamond

URW の Garamond No.8 はひとつのサイズ (8pt) しか提供していません。EB Garamond を使うことで 12pt サイズを含む多数の OpenType フォントを利用できます。

Microsoft

Microsoft は Microsoft Windows や Microsoft Office に複数のフォントをバンドルしています。Microsoft フォントの中には PostScript ファミリーの安価版も存在しますが、(MS Office 2007 からのデフォルトフォントである) Cambria と Calibri は他のファミリーと無関係のフォントです。かつて Microsoft は Core fonts for the Web プロジェクトで多数のコアフォントを提供していました。後に Microsoft のウェブサイトからこのプロジェクトは消え去りましたが、ライセンス条項で第三者のサイトからのフォントの配布を許可しているため、ttf-ms-fontsAUR などのパッケージが存在します。MS フォントのページも見てください。

メトリック互換フォントのプロジェクト

TeX Gyre

TeX Gyre は Ghostscript のバージョン 4.00 で配布された35個の PostScript ベースフォントのリメイク版です。TeX をサポートしており、クロスプラットフォームの OpenType 形式でもフォントを提供しています。関連プロジェクトの TeX Gyre Math は数学用の OpenType フォントを配布しています。

GNU FreeFont

GNU FreeFont は UCS 文字セットのほとんどをカバーするアウトラインフォントのファミリーです。ラテン文字の多くは URW フォントが 元になっています。FreeFont のフォントは GPL v3+ + FE ライセンスで公開されています。

Liberation

Liberation フォントは Microsoft Windows の一般的なフォントとメトリック互換となっている4つのフォントファミリーを提供しています: Liberation Sans, Liberation Serif, Liberation Mono。バージョン 2.0.0 から、Liberation フォントは Chrome OS のコアフォントがベースとなり、SIL OFL ライセンスで公開されています。Liberation フォントは ttf-liberation でインストールできます。

昔の GPL ライセンスの Liberation フォントは Ascender Corporation のフォントがベースとなっており、Red Hat, Inc によってライセンスされていました。旧バージョンの Liberation には Arial Narrow に対応する Liberation Sans Narrow が含まれています。

Google

Google は多数の フォント を公開しており、中にはメトリック互換のフォントファミリーも存在します。

Google による Georgia 代替フォントの GelasioFontLibrary において SIL OFL の下で配布されています。

Chrome OS

Google は独自のオペレーティングシステムである Chrome OS にオープンソースのメトリック互換フォントを同梱しています。ライセンスは Apache License 2.0 です。CrOS コア (croscore, ttf-croscore) は Arimo (sans), Tinos (serif), Cousine (mono) のコレクションで Ascender Corporation からライセンスされています。追加フォントセットの CrOS エクストラ (crosextra) には Microsoft Word のデフォルトフォントと対応する Carlito (ttf-carlito) と Caladea (ttf-caladeaAUR) が入っています。

Symbol の字形マッピングはブラウザで実装されているため、Google は croscore の 1.23.0 から SymbolNeu を外しています。croscorefonts-1.23.0.tar.gz からフォントを入手できます。

Noto

Google の Noto フォントnoto-fonts パッケージでインストールできます。ライセンスは SIL OFL です。Noto フォントは Android の標準フォントである Roboto に欠けている文字を補うために作成されたため、Roboto とメトリック互換です (行の高さが同じならフォントサイズが同じになります)。

他のメトリック互換フォント

Selawik

Selawik は Microsoft の Segoe UI を置き換える Microsoft によるオープンソースフォントです。残念ながら Segoe UI のカーニングパラメータとは一致しません。

Wine Tahoma

Wine プロジェクトは Microsoft の Tahoma を置き換えるメトリック互換フォントを開発しています。ttf-tahomaAUR でインストールできます。TTF データでは Wine Tahoma ではなく単に "Tahoma" という名前になっているため特に設定は不要です。

設定例

フォントを合わせるために、fontconfig によって特定のフォントにマッピングされるエイリアスを使うように全てのアプリケーションを設定してください: serif, sans-serif, monospace。フォント設定#フォントの置き換えでは2つの方法を説明しています。以下はメトリック互換フォントを使用するサンプルです。

binding を使用する方法

以下の設定例では Liberation フォントを使用しています:

/etc/fonts/local.conf
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family"><string>serif</string></test>
        <edit name="family" mode="assign" binding="same"><string>Liberation Serif</string></edit>
    </match>
    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family"><string>sans-serif</string></test>
        <edit name="family" mode="assign" binding="same"><string>Liberation Sans</string></edit>
    </match>
    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family"><string>monospace</string></test>
        <edit name="family" mode="assign" binding="same"><string>Liberation Mono</string></edit>
    </match>
</fontconfig>

prefer を使用する方法

以下の設定例では Chrome OS フォントファミリーを使用しており、よく使われている他のフォントのエイリアスも追加しています:

/etc/fonts/local.conf
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
 
  <!-- Prefer fonts for generics -->
  <alias>
    <family>serif</family>
    <prefer><family>Tinos</family></prefer>
  </alias>
  <alias>
    <family>sans-serif</family>
    <prefer><family>Arimo</family></prefer>
  </alias>
  <alias>
    <family>sans</family>
    <prefer><family>Arimo</family></prefer>
  </alias>
  <alias>
    <family>monospace</family>
    <prefer><family>Cousine</family></prefer>
  </alias>
   
  <!-- Map specific families to CrOS ones -->
  <match>
    <test name="family"><string>Arial</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Arimo</string>
    </edit>
  </match>
  <match>
    <test name="family"><string>Helvetica</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Arimo</string>
    </edit>
  </match>
  <match> <!-- NOT metric-compatible! -->
    <test name="family"><string>Verdana</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Arimo</string>
    </edit>
  </match>
  <match> <!-- NOT metric-compatible! -->
    <test name="family"><string>Tahoma</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Arimo</string>
    </edit>
  </match>
  <match>
    <test name="family"><string>Times New Roman</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Tinos</string>
    </edit>
  </match>
  <match>
    <test name="family"><string>Times</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Tinos</string>
    </edit>
  </match>
  <match> <!-- NOT metric-compatible! -->
    <test name="family"><string>Consolas</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Cousine</string>
    </edit>
  </match>
  <match>
    <test name="family"><string>Courier New</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Cousine</string>
    </edit>
  </match>
  <match>
    <test name="family"><string>Calibri</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Carlito</string>
    </edit>
  </match>
  <match>
    <test name="family"><string>Cambria</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="strong">
      <string>Caladea</string>
    </edit>
  </match> 
</fontconfig>

参照