Duply

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

duply.net より:

Duply は頼りになる Duplicity のフロントエンドです。Duplicity はリモートストレージに暗号化した状態で差分バックアップを行う Python ベースのシェルアプリケーションです。

インストール

Duply は duplyAUR パッケージでインストールできます。

使用方法

Duply の簡単な使用法は duply usage を実行することで確認できます。

まずはプロファイルを作成してください。duply my_profile create を実行すると my_profile という名前のプロファイルが作成されます。~/.duply/my_profile/conf ファイルを使ってプロファイルを設定できます。

設定が完了したら、duply my_profile backup を使用することでバックアップを作成できます。リストアするには duply my_profile restore restore_directory です。

設定

GPG 鍵でバックアップを暗号化・署名するために GPG_KEY を設定してください。GPG_PW には GPG のパスフレーズを設定します。Duply から GPG のパスフレーズが要求される場合は#GPG パスフレーズを入力しないを見てください。'TARGET にはバックアップ先を指定してください。SOURCE はバックアップ元です。Duply のバックアップ設定に関しては conf ファイルを見てください。

例:

~/.duply/my_profile/conf
GPG_KEY='72AD0468'
GPG_PW='password'
TARGET='file://my_profile_backup'
SOURCE='/tmp/important_files'

duply my_profile backup を実行すると /tmp/important_files 内の全てのファイルがバックアップされます。duply my_profile backup を初めて実行した時、ユーザーは GPG パスフレーズを入力する必要があります。鍵をエクスポートしておくと安全です。その後は Duply はパスフレーズを要求しません。

バックアップからファイルを除外するには、~/.duply/my_profile/exclude ファイルを見てください:

~/.duply/my_profile/exclude
# Backup everything except this directory
- **/less_important_files

または:

~/.duply/my_profile/exclude
# Individual files
+ /tmp/important_files/file1
+ /tmp/important_files/file2

# Exclude cache inside directory
- /tmp/important_files/directory/cache
+ /tmp/important_files/directory

# Exclude everything else
- **

Dupicity でファイルを除外するには ** が必要です。

GPG パスフレーズを入力しない

Duplyt の バグ が原因で、gpg-agent からパスフレーズを取れるときでも duplicity が GPG のパスフレーズを要求することがあります。鍵を使うのにパスフレーズは必要ないのでプロンプトが出てもエンターを押せば問題ありません。もしくは conf' に DUPL_PARAMS="$DUPL_PARAMS --use-agent" という行を追加してください:

~/.duply/my_profile/conf
# Turn on --use-agent option no matter what
DUPL_PARAMS="$DUPL_PARAMS --use-agent"

設定のバックアップ

プロファイルの設定をバックアップしておかないと、いざというときにバックアップをリカバリすることができません。post スクリプトを追加することで自動的にプロファイルを tar でまとめることができます。例:

~/.duply/my_profile/post
#!/bin/bash

profile_name=$(basename $CONFDIR)

time=$(date +%s)
backup_file="$HOME/.duply/duply-$profile_name-"$time".tar.gz"

# Archive the profile in the ~/.duply directory.
tar -zcvf $backup_file -C $HOME/.duply $profile_name
chmod 600 $backup_file

*.tar.gz ファイルは LastPass, KeePass, Peerio あるいはオフラインの USB ハードドライブなど安全な場所に保管してください。