Lenovo ThinkPad X1 Extreme (Gen 2)

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デバイス 状態 モジュール
Intel UHD 630 Graphics 動作 i915
NVIDIA GeForce GTX 1650 動作 nvidia
Intel AX200 Wifi 動作 iwlwifi
Intel HDA 動作 snd_hda_intel
Synaptics タッチパッド 動作 libinput
Chicony Electronics 動作 uvcvideo
カードリーダー 動作 xhci_hcd
Intel AX200 Bluetooth 動作 btusb
Intel Thunderbolt 動作 thunderbolt
Synaptics 指紋リーダー 初歩的なサポートのみ

Thinkpad X1E Gen 2 は Lenovo の2019年の ThinkPad X シリーズに含まれる薄型軽量の15.6インチワークステーション・マルチメディアノートパソコンです。

このページでは Arch Linux を動作させるときにこのノートパソコンに特有な設定について説明しています。ノートパソコン一般に関する情報はノートパソコンの記事を、他の ThinkPad ノートパソコンについては ThinkPad を見てください。

ハードウェア

Thunderbolt 3

Thunderbolt 3 を使うには、最新の BIOS ファームウェアが必要です (古い BIOS で以下の手順を実行すると文鎮化する危険があります):

1. BIOS を立ち上げる

2. BIOS アシストモードを有効化: (Thunderbolt 3 -> Enable BIOS assist mode) *必ず最新の BIOS で実行してください*

バッテリー

充電状態がおかしい

現時点で、バッテリーのデータが正しく表示されず、起動するたびに大きく変わってしまうという バグ が存在します。このバグを回避するには /etc/mkinitcpio.conf に battery を追加してください:

MODULES=(battery)

それから変更を適用するために initramfs を再生成してください。

ノート: カーネルをビルドして battery モジュールを組み込むことも可能です。

バッテリーの持ちとグラフィック

bbswitch を使用して NVIDIA カードを使っていないときに無効化することはできません [1]。NVIDIA カードを無効化するには:

# tee /sys/bus/pci/devices/0000\:01\:00.1/remove <<<1
# tee /sys/bus/pci/devices/0000\:01\:00.0/remove <<<1
ノート: #グラフィックで説明しているように optimus マネージャの電源オプションを使用するほうがおそらく簡単です。

グラフィック

Nouveau

現在 (5.2.9-arch1)、Nouveau ドライバーではウェブカメラを使ったときに大量のカーネルパニックが発生します。nouveau ドライバーはブラックリストに追加してロードされないようにしたほうが良いでしょう。

NVIDIA

Prime 機能

NVIDIA ドライバーは PRIME オフローディングをサポートしています。こちらのガイド に従って新しいモードを試してください。ただしこの方法では外部ディスプレイ端末が機能しなくなります [2]

電源管理

こちらのガイド に従ってグラフィックカードを低消費電力モードに設定することができます。

Optimus マネージャ

現在、ハイブリッドバックエンドを設定するのに一番簡単な方法は optimus-manager を使うことです。最新の nvidia と xorg-server パッケージが必要です。

上記の PRIME オフローディング機能を切り替えたり、外部ディスプレイ端末 (HDMI と USB-C) が動作するモードに切り替えることが簡単にできます。

オーディオ

シャットダウンや起動時に音声が鳴る

起動・シャットダウン時に大きな音声ノイズが入る場合、オーディオの省電力機能を有効にしてみてください: 電源管理#オーディオ

指紋リーダー

ファームウェアをアップデートすることで fprint のバージョン 2.0 が デバイスをサポートするようになります

いますぐ指紋リーダーを機能させるには:

ノート: ファームウェアはまだ LVFS のテストフェーズです。自己責任で行ってください。

AUR から以下のパッケージをインストール:

いまのところファームウェアのアップデートには fwupd の最新版が必要です。手動でアップデートをダウンロードしてください:

最新版の fwupd ツールを使って以下のコマンドを実行:

$ fwupdmgr get-devices

リストの中の "Prometheus" デバイスを確認してください。

以下のコマンドを実行してファームウェアをインストール:

$ fwupdmgr install *.cab
ノート: 実行後、再起動が必要です。

それから Fprint#設定に書かれているように指紋を登録できるようになるはずです。

ノート: 何らかの理由で、fprint.service の起動に時間がかかることがあります [3]。fprint がデバイスを認識しない場合、fprint.service が完全に停止するまで待ってください。bios の設定で指紋データをリセットすることで治ります。

ウェブカメラ

X1 Extreme のウェブカメラは "Windows Hello" に対応しており、Linux 版の Howdy が使えます。X1 Extreme で howdy を設定するときに使用するデバイスは /dev/video0 です。

ファームウェア

BIOS とファームウェアのアップデートは fwupd や Windows の Lenovo Vantage アプリケーション、あるいは Lenovo のウェブサイト から入手できます。

最新の BIOS バージョン v1.26 を使うことが強く推奨されます。このページでは特に指定しないかぎり最新版の BIOS を使っていることを前提として記述されています。

ソフトウェア

スロットリングの修正

CPU スロットリングに関する dmesg のエラーが表示されることがあります。修正するには throttled をインストールして以下のコマンドを実行:

# systemctl enable --now lenovo_fix.service

CPU の低電圧化

intel-undervolt で CPU や Intel GPU を低電圧化することができます。