Paramano

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

Paramano は GPL でリリースされている GTK3 アプリケーションで、トレイアイコンからコアのガバナーや周波数を選択したり、バッテリーの情報をグラフィカルに表示することができます。Paramano はデスクトップ環境に依存せず GTK3 とシステムトレイ、sudo だけに依存するように作られています。Xfce, LXDE, dwm などのウィンドウマネージャとよくマッチします。

略史

オリジナルのバージョンは 0.2.x.dev1-3 で開発終了し (2009年)、やがて /proc/acpi/ が廃止されて使えなくなりました。そこでオリジナルのプロジェクトをフォークして、trayfreq-archlinux と名前が変更され、trayfreq をもう一度機能させることが目標になりました。

後になって名前が Paramano に変更されました。特に意味のない命名でしたが、現在はイタリア語で 'cuff' を意味するからということになっています。

機能

  • 現在の CPU の周波数を最大値からの比率でアイコンとして表示
  • CPU アイコンを右クリックすると、周波数やガバナーを選択できるメニューが表示されます
  • バッテリーの状態 (充電中または放電中) と残量を表示するアイコン (任意)
  • バッテリーアイコンの上にマウスを乗せると完全に充電・放電されるまでの予想時間が表示されます
  • AC アダプタに接続されているかどうかにあわせて CPU ガバナーを自動的に切り替え
  • USR1 シグナルを送信することで即座に設定をリロードできます
  • 軽量かつデスクトップ環境に依存しない

インストール

AUR から paramanoAUR をインストールしてください。インストール後、任意で設定ファイルを編集してください。ユーザーごとに設定をしたい場合、ホームディレクトリに設定ファイルを作成します:

$ cp /etc/paramano.conf ~/.paramano.conf

このファイルを使いたくない場合、システム全体の設定ファイルを変更してください。この選択は自由です。

お好きなエディタで設定ファイル (/etc/paramano.conf または ~/.paramano.conf) を開いてください。全てコメントアウトされているので、必要に応じてアンコメントしてください。デフォルトの周波数を設定した場合、ガバナーは上書きされます。

トラブルシューティングとヒント

デスクトップファイル は /etc/xdg/autostart/ にインストールされます。インストール後には自動的に起動するようになりますが、自動的に起動させたくない場合は、GNOME#スタートアップアプリケーションを参考に、Paramano を対象から外してください。

Paramano がガバナーを変更しないときは、Paramono が root で動いていないことを検知し、sudo により root 権限への昇格を試みています。しかし、/usr/bin/paramano-set へパスワード不要でアクセスできる必要があります。sudo#エントリの例のように、次の行を /etc/sudoers に加えてください:

your_user_name ALL = NOPASSWD: /usr/bin/paramano-set

参照