Slime

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

イントロダクション

SLIME (Superior Lisp Interaction Mode for Emacs) は SBCL (この記事で説明), CMUCL, CLISP などの Lisp 実装の開発環境です。

以下のコンポーネントが必要になります:

  • emacs
  • sbcl
  • slime

インストール

公式リポジトリから emacssbcl を、AUR から slime-gitAURインストールしてください。もしくは、quicklisp で slime をインストールすることもできます。

設定

.INSTALL ファイルより:

slime を利用するには、以下の行を init ファイルに追加してください:

(setq inferior-lisp-program "/path/to/lisp-executable")
(add-to-list 'load-path "/usr/share/emacs/site-lisp/slime/")
(require 'slime)
(slime-setup)

そして emacs の中から M-x slime を実行します。

もしくは、slime をファンシーに設定したい場合、以下のようにしてください:

(setq inferior-lisp-program "/path/to/lisp-executable")
(add-to-list 'load-path "/usr/share/emacs/site-lisp/slime/")
(require 'slime)
(slime-setup '(slime-fancy))

資料