64ビット環境に32ビット環境をインストール

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

この記事では32ビットのアプリケーションを動作させる一つの方法を説明しています。multilib リポジトリから lib32-* ライブラリをインストールする代わりに32ビットのアプリケーションを分離させます。この方法では "chroot 監獄" を作成して32ビットのアプリを管理します。

ヒント: Xyne が下記のように 32ビットの chroot に最小インストールするパッケージを作成しています。詳しくは [1][2] を見て下さい。

インストール

1. ディレクトリを作成:

# mkdir /opt/arch32

2. chroot 用に一時的な pacman の設定ファイルを作成:

# sed -e 's/\$arch/i686/g' /etc/pacman.d/mirrorlist > /opt/arch32/mirrorlist
# sed -e 's@/etc/pacman.d/mirrorlist@/opt/arch32/mirrorlist@g' -e '/Architecture/ s,auto,i686,'  /etc/pacman.conf > /opt/arch32/pacman.conf
  • これらのファイルは (後でインストールする) 通常の pacman ファイルと衝突します。
  • そのため一時的な場所に保存する必要があります (上記では /opt/arch32 を使用)。
  • multilib リポジトリを有効にしている場合は /opt/arch32/pacman.conf ファイルで無効化しておいてください。

3. ディレクトリを作成:

# mkdir -p /opt/arch32/var/{cache/pacman/pkg,lib/pacman}

4. pacman を同期:

# pacman --root /opt/arch32 --cachedir /opt/arch32/var/cache/pacman/pkg --config /opt/arch32/pacman.conf -Sy

5. base グループと任意で base-devel グループをインストール:

# pacman --root /opt/arch32 --cachedir /opt/arch32/var/cache/pacman/pkg --config /opt/arch32/pacman.conf -S base base-devel

(任意) 他のマシンの chroot でコンパイルをするときはお好きなテキストエディタと distcc を追加してください:

# pacman --root /opt/arch32 --cachedir /opt/arch32/var/cache/pacman/pkg --config /opt/arch32/pacman.conf -S base base-devel sudo vim distcc

(任意) pacman のミラーリストを移動して下さい:

# mv /opt/arch32/mirrorlist /opt/arch32/etc/pacman.d

設定

重要な設定ファイルをコピーしてください:

# for i in passwd* shadow* group* sudoers resolv.conf localtime locale.gen vimrc mtab inputrc profile.d/locale.sh; do cp -p /etc/"$i" /opt/arch32/etc/; done

ビルドする前に /opt/arch32/etc/makepkg.conf で MAKEFLAGS などの値を正しく定義してください。

デーモンと systemd サービス

/etc/systemd/system/arch32.service
[Unit]
Description=32-bit chroot

[Service]
Type=oneshot
RemainAfterExit=yes
ExecStart=/usr/local/bin/arch32 start
ExecStop=/usr/local/bin/arch32 stop

[Install]
WantedBy=multi-user.target
/usr/local/bin/arch32
#!/bin/bash

## User variables.
MOUNTPOINT=/opt/arch32

## Set MANAGEPARTITION to any value if /opt/arch32 resides on a separate
## partition and not mounted by /etc/fstab or some other means.
## If /opt/arch32 is part of your rootfs, leave this empty.
MANAGEPARTITION=

## Leave USEDISTCC empty unless you wish to use distccd from within the chroot.
USEDISTCC=
DISTCC_SUBNET='10.9.8.0/24'

## PIDFILE shouldn't need to ba changed from this default.
PIDFILE=/run/arch32

start_distccd() {
	[[ ! -L "$MOUNTPOINT"/usr/bin/distccd-chroot ]] &&
		ln -s /usr/bin/distccd "$MOUNTPOINT"/usr/bin/distccd-chroot 
	DISTCC_ARGS="--user nobody --allow $DISTCC_SUBNET --port 3692 --log-level warning --log-file /tmp/distccd-i686.log"

	[[ -z "$(pgrep distccd-chroot)" ]] &&
		linux32 chroot "$MOUNTPOINT" /bin/bash -c "/usr/bin/distccd-chroot --daemon $DISTCC_ARGS"
}

stop_distccd() {
	[[ -n "$(pgrep distccd-chroot)" ]] &&
		linux32 chroot "$MOUNTPOINT" /bin/bash -c "pkill -SIGTERM distccd-chroot"
}

case $1 in
	start)
		[[ -f "$PIDFILE" ]] && exit 1

		if [[ -n "$MANAGEPARTITION" ]]; then
			mountpoint -q $MOUNTPOINT || mount LABEL="arch32" $MOUNTPOINT
		fi

		dirs=(/tmp /dev /dev/pts /home)
		for d in "${dirs[@]}"; do
			mount -o bind $d "$MOUNTPOINT"$d
		done

		mount -t proc none "$MOUNTPOINT/proc"
		mount -t sysfs none "$MOUNTPOINT/sys"
		touch "$PIDFILE"
		[[ -n "$USEDISTCC" ]] && start_distccd
		;;

	stop)
		[[ ! -f "$PIDFILE" ]] && exit 1
		[[ -n "$USEDISTCC" ]] && stop_distccd

		if [[ -n "$MANAGEPARTITION" ]]; then
			umount -R -A -l "$MOUNTPOINT"
		else
			dirs=(/home /dev/pts /dev /tmp)
			[[ -n "$USEDISTCC" ]] && stop_distccd
			umount "$MOUNTPOINT"/{sys,proc}
			for d in "${dirs[@]}"; do
				umount -l "$MOUNTPOINT$d"
			done
		fi
		
		rm -f "$PIDFILE"
		;;
	*)
		echo "usage: $0 (start|stop)"
		exit 1
esac

初期化スクリプトに実行可能属性を付与してください:

# chmod +x /usr/local/bin/arch32

arch32.service起動有効化してください。

設定

新しい環境に chroot:

# /usr/local/bin/arch32 start
$ xhost +SI:localuser:username_to_give_access_to
# chroot /opt/arch32

通常の環境との区別がつくように32ビットの chroot 環境では bash プロンプトをカスタマイズすることを推奨します。例えば、~/.bashrc で定義する PS1 変数に ARCH32 という文字列を追加します。Debian のデフォルトの .bashrc プロンプトは作業ディレクトリが chroot の中かどうか表示するようになっています。

初期設定

ロケールの問題を修正:

# /usr/bin/locale-gen

pacman を初期化:

# sed -i 's/CheckSpace/#CheckSpace/' /etc/pacman.conf
# pacman-key --init && pacman-key --populate archlinux

Schroot

schroot をネイティブの64ビット環境にインストール:

/etc/schroot/schroot.conf を編集して [Arch32] セクションを作成して下さい。

[Arch32]
type=directory
profile=arch32
description=Arch32
directory=/opt/arch32
users=user1,user2,user3
groups=users
root-groups=root
personality=linux32
aliases=32,default

(任意) /etc/schroot/arch32/mount を編集して /usr/local/bin/arch32 で作成されるマウントと一致させます。

Schroot を使って32ビットのアプリケーションを実行

chroot の中にあるアプリケーションを呼び出すときは以下のようにします:

# schroot -p -- htop

上記の例の場合、htop は32ビット環境から実行されます。

トラブルシューティング

コンパイルとインストール

Ensure the desired options are set in the local /etc/makepkg.conf.

Some packages may require a --host flag be added to the ./configure script in the PKBUILD:

$ ./configure --host="i686-pc-linux" ...

This is the case when the build makes use of values (for example, the output of the uname command) inherited from your base system.

ビデオ問題

ビデオアクセラレーションが必要なアプリケーションを実行したときに以下のように表示される場合:

X Error of failed request: BadLength (poly request too large or internal Xlib length error)

chroot の中で適切なビデオドライバーをインストールしてください。

Flash の音声

Firefox の Flash プレイヤーから音を流すには、ターミナルを開いて32ビット環境に chroot:

# chroot /opt/arch32

そして、pacmanalsa-oss をインストールします。

それから以下を入力してください:

$ export FIREFOX_DSP="aoss"

Every chroot into the 32-bit system will require this export command to be entered so it may be best to incorporate it into a script.

Finally, launch Firefox.

For Wine this works the same way. The package alsa-oss will also install the alsa libs required by Wine to output sound.

ヒントとテクニック

chroot の Java

Java を見て下さい。インストール後、パスを設定します:

$ export PATH="/opt/java/bin/:$PATH"

32ビットアプリケーションから64ビットの PulseAudio にアクセス

chroot 環境にパスをバインドマウントする必要があります:

# mount --bind /var/run /opt/arch32/var/run
# mount --bind /var/lib/dbus /opt/arch32/var/lib/dbus

環境を離れるときはアンマウントしてください:

# umount /opt/arch32/var/run
# umount /opt/arch32/var/lib/dbus

Optionally add the commands to the /usr/local/bin/arch32 script after the other bind-mount/umount commands. See PulseAudio from within a chroot for details

Firefox の音声

root で /usr/bin/firefox32 を作成:

#!/bin/sh
schroot -p firefox $1;export FIREFOX_DSP="aoss"

実行可能属性を付与:

# chmod +x /usr/bin/firefox32

必要であれば Firefox のエイリアスを作成:

alias firefox="firefox32"

上記を ~/.bashrc に追加して source してください。もしくは、デスクトップ環境のランチャーから firefox32 が使われるように変更してもかまいません。

3D アクセラレーション

適切なパッケージをインストールしてください。

グラッフィックアダプタの設定については以下の記事を参照:

Wine

Wine をコンパイルするには、32ビット環境をインストールする必要があります。PulseAudio を動作させるパッチをあてるには Wine のコンパイルが必要です。AUR の wine-hacksAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror] を見てください。

以下のエイリアスを ~/.bashrc に追加:

alias wine='schroot -pqd "$(pwd)" -- wine'

The -q switch makes schroot operate in quiet mode, so it works like "regular" wine does. Also note that If you still use dchroot instead of schroot, you should use switch -d instead of -s.

印刷

ノート: If you have a 64-bit base installation with a 32-bit chroot environment, explicit installation of CUPS is not necessary in the 32-bit environment.

chroot 環境からインストール済みの CUPS プリンターにアクセスするには、/var/run/cups ディレクトリを chroot 環境の同じ場所にバインドする必要があります。

chroot 環境に /var/run/cups ディレクトリが存在することを確認してホストの /var/run/cups を chroot 環境にバインドマウントしてください:

# mkdir chroot32-dir/var/run/cups
# mount --bind /var/run/cups chroot32-dir/var/run/cups

すぐに32ビットの chroot アプリケーションからプリンターが使えるようになるはずです。