Budgie Desktop

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

solus-project.com より:

Budgie は Solus オペレーティングシステムの旗艦デスクトップであり、Solus のプロジェクトです。最近のユーザーを念頭に開発されており、シンプリシティとエレガンスに注力しています。Budgie デスクトップは他のプロジェクトのフォークではありません。スクラッチから書かれています。
Budgie Desktop は GNOME スタックと密に連携していて、GNOME のテクノロジを使用して新しいデスクトップエクスペリエンスを提供します。オープンソースの精神に則り、Budgie プロジェクトは他の Linux ディストリビューションでも利用することが可能です。
さらに Budgie には GNOME 2 のデスクトップのルックアンドフィールをエミュレータする機能も存在します。設定パネルから任意で設定することができます。
現時点では Budgie はまだ未完成で、GitHub でホストされています。貢献はいつでもウェルカムです。コード、バグレポート何でもござれ。

インストール

公式リポジトリbudgie-desktop で安定版をインストールすることができます。最新の git master は budgie-desktop-gitAUR でインストールできます。完全なデスクトップ環境として使用するために、任意の依存パッケージもインストールすることを推奨します。また、標準的な GNOME を動作させるのに必要なアプリケーションが含まれている gnome グループもインストールすることを推奨します。

起動

ディスプレイマネージャから Budgie Desktop セッションを選択してください。あるいは xinitrc に Budgie Desktop を記述してください:

~/.xinitrc
export XDG_CURRENT_DESKTOP=Budgie:GNOME
exec budgie-desktop

使用方法

"Raven" という名前のサイドバーで、通知メッセージを表示したり、ボリュームを設定したり、デスクトップの外観を変えることができます。サイドバーを表示するには Super+N キーを押すか Status Indicator アプレットをクリックしてください。

設定

Budgie Desktop の設定はサイドバーから行うことができ、システム設定の変更は gnome-control-center から行います。

ボタンレイアウトの変更

ウィンドウボタンのレイアウトは dconf, dconf-editor, gsettings を使って変更できます。例:

$ gsettings set com.solus-project.budgie-wm button-layout 'close,minimize,maximize:appmenu'
$ gsettings set com.solus-project.budgie-helper.workarounds fix-button-layout 'close,minimize,maximize:menu'

Budgie WM を置き換える

Budgie では別のウィンドウマネージャを使うことができます。budgie-wm を使用したいウィンドウマネージャに置き換えたカスタムセッションを作成するか、my-wm --replace自動起動してください (my-wm は使用したいウィンドウマネージャの実行ファイルの名前に置き換えてください)。

参照