GNOME Web

提供: ArchWiki
Epiphanyから転送)
移動先: 案内検索

関連記事

Web は GNOME のデフォルトウェブブラウザです。Web にはインターネットにアクセスするためのシンプルな最小主義のインターフェイスがあります。基本的に GNOME 用に開発されていますが、他のデスクトップ環境でも問題なく Web は動作します。

ノート: バージョン 3.4 以前まで Web は Epiphany と呼ばれていました。アプリケーションにはサポートしている言語ごとに、新しい説明的な名前が付けられています。実行可能ファイルや、パッケージの名前、デスクトップエントリ、GSettings スキーマなど、様々なところで 'Epiphany' という名前はまだ使用されています。

インストール

Web は公式リポジトリepiphanyインストールすることができます。ログインパスワードを保存したい場合は、gnome-keyring もインストールしてください。

設定

広告のブロック

アプリケーション設定の "Allow advertisements" のチェックを外すことでフィルタリングを有効にできます。デフォルトでは EasyList リストが有効になり、定期的に更新されます。

ノート: エレメントの非表示などの機能がないため、Web では一部の広告が表示されてしまいます。詳しくは 関連するバグレポート を参照。

購読リストの管理

~/.config/epiphany/adblock/filters.list ファイルを作成してセミコロンで区切った URL を記述してください (EasyListKnown Adblock Plus subscriptions を参照):

/home/archie/.config/epiphany/adblock/filters.list
https://easylist.to/easylist/easylist.txt;
https://easylist-downloads.adblockplus.org/easylistdutch.txt;
https://easylist.to/easylist/easyprivacy.txt;
https://easylist.to/easylist/fanboy-annoyance.txt;
https://easylist-downloads.adblockplus.org/antiadblockfilters.txt;
https://easylist-downloads.adblockplus.org/adwarefilters.txt;
https://easylist-downloads.adblockplus.org/malwaredomains_full.txt;
https://raw.githubusercontent.com/liamja/Prebake/master/obtrusive.txt;
https://www.fanboy.co.nz/enhancedstats.txt;

次回起動時、購読リストが取得されエントリごとに ~/.config/epiphany/adblock/32-hex ファイルが作成されます。

ウェブアプリ

バージョン 3.0 から、Web はウェブアプリランチャーを GNOME Shell に追加できるようになっています。ウェブアプリを管理したり削除するには、Web で about:applications を開いて下さい。

プラグイン

ブラウザプラグインの記事を見てください。

インストールされているプラグインや有効になっているプラグインを確認するには、アドレスバーに about:plugins と入力してください。

トラブルシューティング

カクつくフォントが表示される

github.com などウェブサイトによっては Clean という名前の X11 のビットマップフォントを使用することがあります。ビットマップフォントを無効にするには、次を実行:

# ln -s /etc/fonts/conf.avail/70-no-bitmaps.conf /etc/fonts/conf.d/

フォントのヒンティング

Web は GNOME のヒンティング設定を使いません。代わりに fontconfig の設定を使用します。設定方法はフォント設定を見て下さい。

広告ブロックが機能しない

ブロックが動作しない場合、GNOME Web を終了して、フィルター設定を削除してください:

rm -r ~/.config/epiphany/adblock/

次の起動時に、アプリケーションは新しいフィルター設定を取得して適用します。

参照