foobar2000

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

foobar2000 は Windows プラットフォーム用の先進的な無料のオーディオプレイヤーです。モジュール構造による拡張機能・柔軟性を備えており wine で動作します。

インストール

Wine に書かれているように Wine をインストールしてください。

foobar2000 が音声出力を認識できるように Multilib リポジトリから lib32-libpulse または lib32-alsa-liblib32-alsa-plugins をインストールしてください。詳しくは wine の appdb の foobar2000Wine#サウンドを見てください。

https://www.foobar2000.org/download から最新インストーラーをダウンロードして以下のコマンドで foobar2000 をデフォルトの64ビットの wineprefix にインストール:

$ wine ~/Downloads/foobar2000_v*.exe

Foobar2000 の起動

.desktop エントリが自動的に作成されますが、以下のコマンドで起動することもできます:

$ wine "$HOME/.wine/drive_c/Program Files (x86)/foobar2000.exe"

エンコーダーのインストール

foobar2000 の開発者によるフリーのオーディオエンコーダーのパックが こちら から入手できます。FLAC と MP3 (LAME) エンコーダーが含まれており、どちらも特に設定しなくても動作します。インストールするには:

$ wine "$HOME/Downloads/Free_Encoder_Pack_*.exe"
ノート: パックに含まれているのは法的に配布が許可されているエンコーダーだけです。AAC エンコーダーを使うには外部のアプリケーションが必要になります。

Apple AAC と ALAC のサポートの追加

AAC Apple エンコーダーは最も損失の少ないエンコーダーのひとつであり [1]、ほとんどのデジタルオーディオプレイヤーによってサポートされています。ALAC は圧縮率で FLAC よりも優れています。

サードパーティ製のモジュールを展開・インストールすることで (Wine で動作しない) iTunes や QuickTime をインストールせずに Apple AAC と ALAC エンコーダーを利用することが可能です [2]

qAAC が含まれている Free Encoder Pack for foobar2000 の最新版をインストールしてください。

同一フォルダに以下をダウンロードしてください:

  1. 64ビット版 Windows 用の最新の iTunes または QuickTime
  2. qAAC の開発者によって提供されている makeportable.zip アーカイブ。
  3. 64ビット版 Windows 用の 7-Zip
ノート: 以下のコマンドでは上記のファイルを全てデフォルトの wineprefix の "Program Files (x86)" フォルダにダウンロードしたと仮定しています。

7-Zip をインストール:

$ wine "$HOME/.wine/drive_c/Program Files (x86)/7z1700-x64.exe"

makeportable.zip を解凍してから以下のコマンドでコマンドプロンプトを起動:

$ wineconsole cmd

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行:

$ cd "\<path to home>\.wine\drive_c\Program Files (x86)\"
$ makeportable.cmd
ノート: コマンドプロンプトではスラッシュ "/" の代わりにバックスラッシュ "\" を使います。

サードパーティ製モジュールをインストール:

$ wine msiexec /i "$HOME/.wine/drive_c/Program Files (x86)/AppleApplicationSupport64.msi"

これで wine 環境に foobar2000 の AAC & ALAC エンコーダーのサポートが追加されました。

参照