Gedit

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

インストール

公式リポジトリにある geditインストールしてください。

設定

ファイルの末尾に改行を加えない

gedit で編集したファイルに改行を最後に加えて欲しくない場合、次を実行してください:

$ gsettings set org.gnome.gedit.preferences.editor ensure-trailing-newline false

編集したファイルのバックアップを保存

必要であれば、gedit で編集したファイルのバックアップコピーを作成することができます。バックアップファイルの中身は編集して保存する前のオリジナルのファイルの中身と同じで、バックアップファイルにはオリジナルのファイルの名前に ~ 記号が付けられます。したがって、ファイルの名前が file1 の場合、バックアップコピーの名前は file1~ となります。バックアップファイルはデフォルトでは非表示です。

バックアップを有効にするには、gedit の設定パネルを開いてください (GNOME Shell を使っている場合、gedit のグローバルメニューから開けます)。設定パネルで、Editor タブをクリックして Create a backup copy of files before saving オプションにチェックを入れます。

スペルチェック

gedit でスペルチェックを使用するには適当な言語の辞書をインストールしてください (例: aspell-en)。詳しくは aspell の記事を参照。

プラグイン

gedit-plugins パッケージで複数のプラグインを使うことができます。

カスタムプラグインの追加と作成

C や C++ などの言語をタイピングするときにエラーを表示するプラグインが AUR に存在します: gedit-code-assistance-gitAUR[リンク切れ: アーカイブ: aur-mirror]

参照