Netconsole

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

netconsole はカーネルのログメッセージ (dmesg) をネットワークを通して他のコンピュータに送信するカーネルモジュールです。ユーザー空間は使いません (例: syslogd)。"netconsole" という名前は紛らわしいですが"コンソール"ではなく、実際は遠隔ログサービスに似ています。

ビルトインまたはモジュールとして使うことができます。ビルトインの netconsole は NIC カードが立ち上がって指定したインターフェイスが使えるようになったらすぐに初期化されます。モジュールは主としてヘッドレスマシンからカーネルパニックの出力をキャプチャするのに使います。もしくはユーザー空間が機能しなくなった場合に用います。

ドキュメントは Linux のカーネルツリー Documentation/networking/netconsole.txt にあります。

センダーの設定

ビルトイン設定

Netconsole は以下のように netconsole カーネルパラメータで設定することができます:

netconsole=[src-port]@[src-ip]/[<dev>],[tgt-port]@<tgt-ip>/[tgt-macaddr]

それぞれのフィールドの意味は:

  • src-port — UDP パケットのソース (デフォルトは 6665)
  • src-ip — 使用するソース IP (インターフェイスアドレス)
  • dev — ネットワークインターフェイス (eth0)
  • tgt-port — ログエージェントのポート (6666)
  • tgt-ip — ログエージェントの IP アドレス
  • tgt-macaddr — ログエージェントのイーサネット MAC アドレス (broadcast)

例:

netconsole=6665@192.168.1.28/eth0,6666@192.168.1.19/00:13:32:20:r9:a5'
ノート: MAC アドレスは任意ですが、スラッシュは必要です: ...,6666@192.168.1.19/

ログレベルは loglevel カーネルパラメータで設定することができます、例:

loglevel=7

ランタイム設定

Netconsole は起動後にカーネルモジュールとして手動でロードしたり、モジュール設定によって起動時に自動的にロードさせることができます (詳しくはカーネルモジュールを参照)。

起動後に手動で netconsole モジュールをロードするには:

# set log level for kernel messages
dmesg -n 8

modprobe configfs
modprobe netconsole
mount none -t configfs /sys/kernel/config

# 'netconsole' dir is auto created if the module is loaded 
mkdir /sys/kernel/config/netconsole/target1
cd /sys/kernel/config/netconsole/target1

# set local IP address
echo 192.168.0.111 > local_ip
# set destination IP address
echo 192.168.0.17 > remote_ip
# set local network device name (find it trough ifconfig, examples: eth0, eno1, wlan0)
echo eno1 > dev_name
# find destination MAC address
arping $(cat remote_ip) -f | grep -o ..:..:..:..:..:.. > remote_mac

echo 1 > enabled

これで Netconsole が設定されます。確認するには、dmesg | tail を実行してください。"netconsole: network logging started" と表示されるはずです。利用可能なログレベルは dmesg -h を実行することで確認できます。

レシーバの設定

公式リポジトリから gnu-netcat または socat をインストールしてください。

nc -u -l 6666

もしくは:

nc -u -l -p 6666

ロギングは syslog-ng など Arch Linux で設定されたロガーによって行われるため、利用可能なログレベル (出力の詳細) はロガーのドキュメントで定義され、ログタイプによって異なる可能性があります。カーネルランタイムに netconsole パラメータを指定することで (設定ファイルは必要ありません)、監視する PC で2つの netconsole インスタンスを起動して (片方は出力を読み取り、片方は入力を読み取る)、ランタイム設定のようにログを取る PC やデバイスのインスタンスを再起動できます:

# set log level for kernel messages
dmesg -n 8

netconsole=6666@192.168.1.28/eth0,6666@192.168.1.19/00:13:32:20:r9:a5
ノート: MAC アドレスは任意です。
nc -l -u -p 6666 &
nc -u 192.168.1.28 6666

# socat as alternative to nc in one command
socat - udp4-datagram:192.168.1.28:6666,bind=6666

Netconsole でデータを監視・入力するためには、PC やルーターのファイアウォールを無効化して、ルーターの転送ポートを適切に設定する必要があります。netconsole を 別のサブネット でセットアップする場合は柔軟な設定をすることができ、別のネットワーク IP にデバイスを移動してもクラッシュしませんが、イーサネットインターフェイスにエイリアスを設定する 複雑な設定 をレシーバにする必要があります。

使用方法

古いノートパソコンやシンクライアントなど、動作が遅いコンピュータをデバッグするときは、netconsole エントリをカーネルパラメータに記述すると役に立つでしょう。簡単に使うことができます:

  1. syslog.conf を使ってリモートホストの syslog リクエストを受け入れるように (Arch が動作する) 他のコンピュータを設定。
  2. /var/log/everything.log ファイルでログを確認。
  3. デバッグするコンピュータに、netconsole=514@10.0.0.2/12:34:56:78:9a:bc のようなカーネルパラメータを追加 (デバッグしたいパラメータも追加してください)。
  4. コンピュータを再起動してログを確認する。