OpenStack

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

OpenStack は世界中の開発者やクラウド技術研究者による、官民のクラウドで使えるユビキタスなオープンソースクラウドコンピューティング基盤を産み出そうという共同研究プロジェクトです。簡単に実装できて、大規模に展開することができ、機能豊富なプラットフォームとして、ありとあらゆるクラウドで使われることを目標としています。相互に関連がある一連のプロジェクトから成り、クラウドのインフラソリューションに値する様々なコンポーネントが存在します。

コンポーネント

コンピュート (Nova)

nova-libertyAURAUR からインストールできます。

ネットワーキング (Neutron)

neutron-libertyAURAUR からインストールできます。

イメージサービス (Glance)

glance-libertyAURAUR からインストールできます。

ブロックストレージ (Cinder)

cinder-kiloAURAUR からインストールできます。

オブジェクトストレージ (Swift)

python-swiftclientAUR からインストールできます。

アイデンティティサービス (Keystone)

keystone-libertyAURAUR からインストールできます。

ダッシュボード (Horizon)

horizon-libertyAURAUR からインストールできます。

テレメトリ (Ceilometer)

python-ceilometerclientAURAUR からインストールできます。

オーケストレーション (Heat)

python-heatclientAURAUR からインストールできます。

イメージ

利用可能なイメージ

大抵の GNU/Linux ディストリビューションの 公式 Openstack イメージ が利用できます。

Arch のイメージは未完成です。http://linuximages.de/openstack/arch/ から実験的なイメージがダウンロードできます。

自分でイメージを作成

OpenStack イメージは 特定の要件 を満たす必要があります。イメージは手動で作成することもできますし、ツールの力を借りることも可能です。

ツールについて言えば、image-bootstrap--openstack パラメータが役に立つでしょう。2015年6月24日現在、作成されるイメージは実験的な段階に留まります。

手動で作成する場合、主な手順は以下のとおり:

  • ディスクをパーティショニングして ext3/4 パーティションを作成。
  • 作成したパーティションにベースシステムをインストール (例: arch-install-scriptspacstrap を使用)。
  • ブートローダーをインストール (例: GRUBextlinux)。
  • cloud-init をインストール・設定。
  • パスワードを入力しなくても sudo を実行できる非特権ユーザーを追加。
  • DHCPeth0 を設定。
    • ネットワークインターフェイスの名前が eth* になるように udev を設定。
    • eth0DHCP を使用するように systemd-networkd を設定。
  • SSH サーバーをインストール。
  • initramfs を設定して initramfs イメージを再生成。
    • autodetect フックを無効化 (chroot からは自動検知の挙動が変わるため)。
    • mkinitcpio-growrootfsAURgrowfs フックを有効にするか cloud-utilsAURgrowpart をインストールして cloud-init でサイズを変更。
  • サービスを自動的に起動するように設定 (例: systemctl enable ...)。
  • 生成済みの鍵 (SSH サーバーや pacman の鍵) を削除。任意で最初の起動時に新しい鍵を生成。
  • 2つのシステムが混同されないようにマシン ID (/etc/machine-id/var/lib/dbus/machine-id) を削除。

参照