Samsung Chromebook (ARM)

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Samsung Chromebook (XE303C12) はクラウドでの作業を念頭に置いたノートパソコンです。1.7 GHz で動作する強力な Cortex-A15 Dual Core Exynos 5 プロセッサに、2 GiB の DDR3、16 GiB の内部フラッシュストレージ、WiFi a/b/g/n、SD・USB・HDMI 端子、11.6インチディスプレイを搭載しています。見た目は MacBook Air 11 と似ています。標準ファームウェアでは、魔改造された Gentoo Linux が動きます。ソースコードは Google から 入手可能 です。Arch Linux ARM (ALARM) をインストールすることができます。

スペックの詳細は GoogleSamsung によるページを見てください。

イントロダクション

この記事では Arch 環境のセットアップについて包括的な説明は行いません。既に Arch をインストールしたことがある読者を想定しています。

ノート: ARM アーキテクチャのサポートは http://archlinuxarm.org から得ることができます。公式の Arch Linux フォーラムに投稿しないでください。ARM アーキテクチャに関連するスレッドは Arch Linux ディストリビューションのサポートオンリーポリシーに従って閉鎖されます。

Arch Linux ARM のインストール

archlinuxarm のサイト に書かれている手順を見てください。Arch Linux ARM でフルサポートされているプラットフォームです。

以下のデバイスにインストールすることができます:

  • SD カード
  • USB 2.0 スティック
  • eMMC (上記のどちらかにインストール後)

SD あるいは USB にインストールする場合、上のリンクに書かれている手順に従ってください。eMMC にインストールする場合、SD あるいは USB メモリにインストールしてから、SD へのインストールと同じようにして /dev/mmcblk0 にインストールを行います。ただし先に別のメディアで起動する必要があります。

SD から起動

ブートローダーを間違って書き込んで起動できなくなっても、リカバリする方法があります。SoC に組み込まれているブートローダー (BL0 あるいは BL1) で SPI, USB, SD などから起動することが可能です。Arndale 開発ボードや旧 Exynos モデルと同じです。

PCB の末端にある抵抗器によって工場出荷状態では SPI から起動するように設定されています。

警告: パッドを短絡させる方法をよく知らない場合、絶対に触ってはいけません。間違ってショートさせるとボードに致命的な損傷を与える危険性があります。

参照