SickRage

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

関連記事

Sick Rage はテレビ番組の自動ビデオライブラリマネージャです。お好きな番組の新しいエピソードを監視します。

インストール

sickrageAUR または sickrage-gitAUR をインストールしてください。もしくは sickrage のフォークである sickrage2-gitAUR をインストールしてください。パッケージにはアプリケーションと systemd サービスファイルが含まれています。

systemd サービスとして起動

Sickrage は起動時に自動的に実行できます:

# systemctl enable sickrage
# systemctl start sickrage

ウェブ UI のパスワード保護

デフォルトでは SickRage のウェブ UI はポート 8081 を使用しますがパスワードで保護されません。ユーザー名とパスワードを設定するには、SickRage の設定ファイル /opt/sickrage/config.ini を編集して web_usernameweb_password の設定を変更してください:

/opt/sickrage/config.ini
web_username =
web_password =

対応 torrent クライアント

一部のクライアントを使うにはウェブインターフェイスを有効にする必要があります。

最初の使用

Sick Rage は http://localhost:8081 からアクセスできるウェブアプリケーションです。Sick Rage がバージョンがわかわないと報告してくる場合、update ボタンを押してください。アップデートがチェックされ、再起動して現在のバージョンが設定されます。設定はとても簡単です。シリーズのストレージがある場合、Sick Rage で設定することで解析してリストに追加します。