Stoq

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

Stoq はオープンソースの経営管理スイートです。

Stoq アプリケーションはデータベースバックエンドとして PostgreSQL を使用します。グラフィカルインターフェイスクライアントが存在します。

インストール

Stoq のインストール

stoqAUR パッケージをインストールしてください。Stoq が依存する webkitgtkAUR はインストールに時間がかかります。

Stoq の設定

最初に Stoq を起動したら、使用するデータベースを設定する必要があります。クライアントからデータベースに接続する方法は2つ存在します:

  • データベースにローカルで接続。
  • 手動でデータベースサーバーを設定。

データベースにローカルで接続

データベースにローカルで接続するには postgresqlインストールする必要があります。

PostgreSQL データベースクラスタを初期化していない場合、PostgreSQL#PostgreSQL のインストールの手順に従ってください。

root で postgresql.service起動有効化してください。

"Database location" 画面で "I want to use Stoq just on this computer" オプションを使ってください。

手動でデータベースサーバーを設定

"Database location" 画面で "I want to manually configure the database connection" オプションを選択してデータベースの情報を入力してください。

Stoq 設定ファイル

Stoq のメイン設定ファイルは ~/.stoq/stoq.conf です。

stoq-server のインストール

stoq-serverAUR パッケージをインストールしてください。新しく作成される stoqserver ユーザーのパスワードを設定してください。

stoq-server の設定

PostgreSQL データベースクラスタを初期化していない場合、PostgreSQL#PostgreSQL のインストールの手順に従ってください。

root で postgresql.service起動有効化してください。

stoqserver 用に新しく PostgreSQL の設定を作成する必要があります。デフォルトの PostgreSQL スーパーユーザー ('postgres') でログインするには以下のコマンドを実行:

  • sudo を使っていて sudoers に設定を行っている場合:
$ sudo -u postgres -i
  • sudo が使えない場合:
$ su
# su -l postgres

stoqsconf スクリプトを使って必要な設定ファイルを生成:

[postgres]$ stoqsconf -p 5432 -D "/usr/share/stoqserver"
  • -p は PostgreSQL でリモートで接続するときに使用するポートです。
  • -D は stoq-server の設定ファイルを保存するディレクトリのパスです。

exit で通常ユーザーに戻ってください。

stoq-server にリモートからアクセスできるようにしたい場合、PostgreSQL#リモートホストから PostgreSQL にアクセスできるように設定を見てください。

root で supervisord.service起動有効化してください。

スーパーバイザープロセスを再起動:

# supervisorctl update
# supervisorctl restart stoqserver

Stoq-server 設定ファイル

stoqserver のメインの設定ファイルは /usr/share/stoqserver/.stoq/stoq.conf です。

シリアル接続

stoqserver はシリアル接続や USB 経由のシリアル接続でコンピュータと通信します。そのためシリアルデバイスファイルを読み書きできる権限が必要です。Udev によって作成される /dev/tts/ のファイルは所有グループが uucp となるため、ユーザーを uucp グループに追加することで読み書き権限を付与できます:

# gpasswd -a stoqserver uucp
ノート: 変更を適用するには一度ログアウトしてログインしなおす必要があります。

参照

詳しい情報は Stoq の wikiマニュアル (ポルトガル語) を参照してください。