Subtle

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Subtle プロジェクトページ より:

Subtle は手動タイル型ウィンドウマネージャでタイリングに関して他と異なるアプローチをとっています: 事前に定義したレイアウトを使う代わりに、Subtle は (グラビティと呼ぶ) カスタマイズできるスロットで画面をグリッドに分割します。

Subtle の設定は Ruby で行います。

ノート: この記事では Subtle の基本についてだけ説明します。詳しい情報やチュートリアルは Subtle のプロジェクトページ に存在します。

インストール

subtle-gitAUR パッケージをインストールしてください。

Subtle の起動

Subtle を起動するには exec subtle.xinitrc ファイルに追加して Xorg を起動してください。Subtle にはアイコンやメニューが存在しないため、ターミナルを開くキーバインディングである Super+Enter を覚えておきましょう。URxvt が開きます。URxvt をインストールしていない場合は、URxvt をインストールするか、Subtle を起動する前に設定ファイルを変更してください。Subtle を終了するときは Super+Ctrl+q を押します。

基本機能

ウィンドウが開かれると、ユーザーが定義したルールに合わせて、適切な位置とサイズが定められます。ルールが適用される順番は以下の3つに分けることができます:

  • View
  • Gravity
  • Tag

ビューはウィンドウが配置される環境です。デスクトップ画面と同じと考えて良いでしょう。実際にウィンドウに適用するルールの定義はタグで行います。タグの中では、グラビティを使うことができます。グラビティはウィンドウのサイズと位置をコントロールします。

ノート: Subtle を設定するときはこの要素を逆の順番で定義する必要があります。グラビティ、タグ、ビュー。

設定

Subtle は $XDG_CONFIG_HOMEsubtle.rb がないか検索します。存在しない場合は、$XDG_CONFIG_DIRS からデフォルトのファイルがロードされます。このファイルを $XDG_CONFIG_HOME/subtle ディレクトリにコピーしてデフォルトの代わりに使用することが推奨されています。

デフォルトのファイルには多数のグラビティ、タグ、ビューが含まれています。あなたの環境を設計するのに良いスタートポイントとなるでしょう。一致するタグがないアプリケーションは default タグが含まれているビューに配置され、default タグが存在するビューがないときは、最初のビューに自動的にアプリケーションが配置されます。

設定ファイルにエラーがないか確認するには、次のコマンドを実行:

$ subtle -k

Sublet

Sublet は Subtle のパネルに表示される小さなアプリです。Sublet を使うことで様々なアプリケーションをコントロールしたりシステムの状態を表示できます。

sublet のインストール

sublet をインストールするには、ターミナルで次のコマンドを入力します:

$ sur install <name of sublet>

sublet のリストは、sur ウェブサイト を見て下さい。

ノート: sublet を root でインストールした場合、通常ユーザーで sublet を呼び出すことはできなくなります。root アカウント以外で使用する sublet は通常ユーザーでインストールしてください。

sublet の有効化

デフォルトでは全ての sublet は右上に表示されます。subtle.rb を編集して screen 設定から :sublets を削除して以下のように sublet を追加することで位置を変更することができます:

screen 1 do
 top [ :title, :spacer, :views ]
 bottom [ :mpd, :wifi, :battery ]
end

以下のように sublet の名前を追加してください:

 bottom [ :mpd,  :<name of sublet>, :wifi, :battery ]

選択した場所に sublet が表示されます。

参照