Wiki Monkey

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Wiki Monkey は MediaWiki 互換のボットであり編集補助ツールです。ユーザースクリプトとしてブラウザから wiki ページで直接使用することができます。Firefox で開発・テストされていますが、ChromiumOpera でも動作するように作られています。他のブラウザでも多少の設定で動作する可能性はあります。

プロジェクトは現在 ArchWiki に重点を置いているため、ほとんどのプラグインは ArchWiki 固有の問題を解決します。

インストール

Getting started に書かれている手順に従ってください。

機能

以下では Wiki Monkey の機能を説明します。詳しい情報は UsageBundled plugins を見てください。

ヒント: Wiki Monkey のインターフェイスの下部には黒背景のログ領域があり、Wiki Monkey やプラグインによるメッセージが確認できます。

編集ページ

編集ページ (例: サンドボックス) にはページ保存ボタンの下に Wiki Monkey のインターフェイスが表示されます。複数のボタンがありますが、それぞれがプラグインやサブメニューでアクセスできるプラグイングループを表しています。ラベルの付いたボタンをクリックすると関連するプラグインが実行されたり、プラグイングループ全てが実行されます。サブメニューボタンの横にある ">" ボタンをクリックするとサブメニューが開きます。ルートメニューの "*" ボタンをクリックすると全てのプラグインが実行されます。サブメニューの "<" ボタンをクリックすると前のメニューに戻ります。

プラグインを実行すると、エディタの中のテキストに変更が加えられます。ページは保存されないので、差分を確認してから他の修正を加えることができます。.

  • Text plugins グループはソーステキストに対して即座に実行されるプラグインです。
    • Fix header はヘッダーのエレメントの順番を変更します。ヘッダーの問題 (カテゴリがないなど) について警告を発して場合によっては修正を試みます。
    • Fix headings はセクション見出しのレベルを修正してレベル2から見出しが付けられるようにします。
    • Fix external links は外部リンクを適切な内部リンクあるいは wiki 間リンク (例: Wikipedia) やテンプレート (例: Template:Pkg) に直します。
    • Fix section links はセクションへのリンク ([[#Section]]) をチェックしてリンクが切れている場合は修正します。
    • Use code templates<pre>, <code>, <tt>Template:bcTemplate:ic に置き換えて、必要な場合は番号付きパラメータや <nowiki> タグを追加します。
    • Expand contractions は一般的な英語の省略形を直します。例えば "don't" は "do not" になります。
    • Squash multiple line breaks は空行が複数重なっている場合に圧縮して一行にします。
  • RegExp substitution は正規表現による置き換えを行います。
  • Query plugins グループは全てページを更新するのに必要な情報を取得するために外部のページにアクセスします。
    • Fix external section links は他の記事のセクションへのリンク ([[Article#Section]]) をチェックしてリンクが切れている場合は修正します。Template:RelatedTemplate:Related2 にも対応しています。
    • Sync interlanguage links は編集中のページの言語間リンクを同期します。
    • Fix old AUR links は AUT-1.x のパッケージへのリンクを Template:AUR (あるいはパッケージが公式リポジトリに移動された場合は Template:Pkg) に置き換えます。
    • Update package templates は (Template:Pkg, Template:AUR, Template:Grp テンプレートで指定された) パッケージやグループの存在をチェックしてリンクが切れているテンプレートを更新します。

上記のプラグイン以外にも、Wiki Monkey はページを保存するときのブラウザのデフォルトの挙動を変更する機能があります。誤って要約フィールドで Enter を押しても保存しないようにします。望むのであれば Wiki Monkey の設定で元に戻せます。

差分ページ

差分ページ (例: サンドボックス) では差分ペインの下に Wiki Monkey のインターフェイスが表示されます。ArchWiki:レポートの表にリンクを追加する Quick report プラグインが使用できます。ArchWiki:メンテナンスチームも見てください。

ページ一覧 (ボット)

ページのリストを表示するページ (例: カテゴリページ, リンク元, 特別ページ; 例はカテゴリ:サンドボックスを参照) には Wiki Monkey の Bot インターフェイスが表示されます。Bot インターフェイスの使用方法については 上流のドキュメント を見てください。ボットによって実行できる操作は:

  • 正規表現によるテキストの置き換え。
  • 壊れたリンクのチェック・修正 (Template:RelatedTemplate:Related2 も含む)。
  • ページの言語間リンクの同期。
  • Template:Pkg, Template:AUR, Template:Grp でリンクされたパッケージやグループの存在の確認。
  • AUR-1.x パッケージのリンクを Template:AUR (公式リポジトリのパッケージの場合は Template:Pkg) に変換 (リスト内にアイテムがある場合にのみ Bot が表示されます)。
ノート: Bot インターフェイスはデフォルトでは非表示になっています。リンクをクリックして表示させる必要があります。

特別ページ

特別:特別ページ一覧の上部にも Wiki Monkey のインターフェイスが表示されます: 特定ページに限定されない汎用の目的のプラグインを使うことが可能です。目次ページを更新するプラグインや二重リダイレクトを修正するプラグインが使えます。

最近の更新と新しいページ

特別:最近の更新特別:新しいページには Wiki Monkey のフィルタが表示されます: 記事の言語によってエントリのグループをフィルタリングできます。

ノート: デフォルトフィルタは MediaWiki の最近の更新フィルタで使うように作られています。特別:個人設定#mw-prefsection-rc で設定ができます。使用するにはログインが必要です。

また、特別:最近の更新ページの巻き戻しリンクはデフォルトでは非表示になります。設定で元に戻せます。

投稿記録

特別:投稿記録ページの巻き戻しリンクはデフォルトでは非表示になります。設定で再度有効にできます。

参照