Difference between revisions of "トーク:Makepkg-optimize"

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
m (日本語についてのマイナーチェンジ)
 
Line 1: Line 1:
== 完全なchrootでmakepkg-optimizeのインストールを簡素化 ==
+
== 完全なchrootでmakepkg-optimizeのインストールを簡素化 ==
   
 
[[en2:Talk:Makepkg-optimize#Simplify installation of makepkg-optimize in a clean chroot|これ]]について、日本語をもっと上手に話せる人に手伝ってくれればありがたいです! [[利用者:Quequotion|Quequotion]] ([[利用者・トーク:Quequotion|トーク]]) 2019年10月29日 (火) 03:47 (JST)
 
[[en2:Talk:Makepkg-optimize#Simplify installation of makepkg-optimize in a clean chroot|これ]]について、日本語をもっと上手に話せる人に手伝ってくれればありがたいです! [[利用者:Quequotion|Quequotion]] ([[利用者・トーク:Quequotion|トーク]]) 2019年10月29日 (火) 03:47 (JST)
Line 6: Line 6:
 
==== makepkg-optimize のインストール ====
 
==== makepkg-optimize のインストール ====
   
{{Warning|上記の操作を行うと完全な chroot ではなくなります。}}
+
{{Warning|これらの操作を行うと完全なchrootではなくなります。}}
{{AUR|makepkg-optimize}}を[[Arch User Repository#ビルドファイルを獲得|ダウンロード]]と[[en2:DeveloperWiki:Building in a clean chroot#Building in the chroot|ビルド]]してください。それから、パッケージファイルをベースchrootにコピーし、{{ic|arch-nspawn}}で{{ic|pacman}}を呼び出して、インストールます:
+
{{AUR|makepkg-optimize}}を[[Arch User Repository#ビルドファイルを獲得|ダウンロード]]と[[en2:DeveloperWiki:Building in a clean chroot#Building in the chroot|ビルド]]してください。その後、パッケージファイルをベースchrootにコピーし、{{ic|arch-nspawn}}で{{ic|pacman}}を呼び出すことで、インストールできます
 
# cp makepkg-optimize-14-1-any.pkg.tar.xz "$CHROOT"/root/root/
 
# cp makepkg-optimize-14-1-any.pkg.tar.xz "$CHROOT"/root/root/
 
$ arch-nspawn "$CHROOT"/root pacman -U /root/makepkg-optimize-14-1-any.pkg.tar.xz
 
$ arch-nspawn "$CHROOT"/root pacman -U /root/makepkg-optimize-14-1-any.pkg.tar.xz
{{Note|随意の最適化バックエンドは似たようにインストールしてもいいし、またビルドするときに[[en2:DeveloperWiki:Building in a clean chroot#Pre-install required packages|プレインストール]]してもい。}}
+
{{Note|最適化バックエンドは同様の方法でインストールしてもいいし、ビルドするときに[[en2:DeveloperWiki:Building in a clean chroot#Pre-install required packages|プレインストール]]してもです。}}

Latest revision as of 16:19, 4 November 2019

完全なchroot下でmakepkg-optimizeのインストールを簡素化

これについて、日本語をもっと上手に話せる人に手伝ってくれればありがたいです! Quequotion (トーク) 2019年10月29日 (火) 03:47 (JST)

ノート: このページの英語版の紹介の一部を言い換える必要があります。「to make optimizations available」(「最適化を行うために」)と言うのは誤解を招きます。 この随意バックエンドは、一部の最適化にのみ必要です。 その他はそのまま使用できます。 まだこれを言うより良い方法を考えています。

makepkg-optimize のインストール

警告: これらの操作を行うと完全なchrootではなくなります。

makepkg-optimizeAURダウンロードビルドしてください。その後、パッケージファイルをベースchrootにコピーし、arch-nspawnpacmanを呼び出すことで、インストールできます。

# cp makepkg-optimize-14-1-any.pkg.tar.xz "$CHROOT"/root/root/
$ arch-nspawn "$CHROOT"/root pacman -U /root/makepkg-optimize-14-1-any.pkg.tar.xz
ノート: 最適化バックエンドは同様の方法でインストールしてもいいし、ビルドするときにプレインストールしても良いです。