xrandr

提供: ArchWiki
2017年1月29日 (日) 00:36時点におけるKusakata (トーク | 投稿記録)による版 (文字列「[[zh-CN:」を「[[zh-hans:」に置換)
移動先: 案内検索

xrandrRandR X Window System 拡張の公式設定ユーティリティです。xrandr を使うことで画面のサイズや向き、反射などを設定できます。マルチモニターの設定についてはマルチディスプレイのページを見て下さい。

インストール

xorg-xrandrインストールしてください。arandrlxrandr などのグラフィカルフロントエンドもインストールできます。

設定のテスト

何もオプションを付けずに実行すると、xrandr はシステムで利用可能な出力端子の名前 (LVDS, VGA-0, など) と各端子で利用できる解像度を表示します:

xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1440 x 900, maximum 8192 x 8192
VGA disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
LVDS connected (normal left inverted right x axis y axis)
   1440x900       59.9*+
   1280x854       59.9  
   1280x800       59.8  
...

xrandr を使うことで特定の出力端子で解像度を設定できます (上記のリストに存在する解像度である必要があります):

$ xrandr --output LVDS --mode 1280x800

リストに複数のリフレッシュレートがある場合 (上記の例では存在しません)、--rate オプションを使うことで同時に、または個別にリフレッシュレートを変更できます。例:

$ xrandr --output LVDS --mode 1280x800 --rate 75

--auto オプションは特定の出力がオフになっている場合にオンに変えて最大解像度を設定します:

$ xrandr --output LVDS --auto

1回のコマンドで複数の出力端子を指定することもできます。例えば LVDS をオフにして HDMI-0 を最大解像度でオンするには:

$ xrandr --output LVDS --off --output HDMI-0 --auto
ノート:
  • xrandr による設定は現在のセッション中だけ適用されます。
  • xrandr には多数の機能が存在します。詳しくは man xrandr を見て下さい。

設定

xrandr は RandR 拡張のシンプルなインターフェイスであり設定ファイルが存在しません。しかしながら、永続的な設定を行う方法が複数存在します:

  1. RandR 拡張は X の設定ファイルで設定できます。詳しくは マルチディスプレイ#RandR を参照してください。この方法では静的な設定だけが可能です。
  2. 動的な設定が必要な場合、X サーバーを起動するたびに xrandr コマンドを実行するようにしてください。詳しくは自動起動#グラフィカルを参照。この方法の欠点は起動プロセスに遅延が発生するということで、ディスプレイマネージャを使用している場合、ディスプレイマネージャの解像度を変更することはできません。
  3. xrandr を呼び出すカスタムスクリプトを特定のイベント (例えば外部モニターが接続された時) で実行することもできます。詳しくは acpid を見て下さい。#スクリプト セクションに役に立つようなサンプルスクリプトをいくつか記載しています。
ヒント: KDM と GDM には X が初期化されたときに実行されるスタートアップスクリプトが存在します。GDM の場合、スクリプトは /etc/gdm/ にあり、KDM の場合、スクリプトは /usr/share/config/kdm/Xsetup、SDDM の場合、/usr/share/sddm/scripts/Xsetup です。この方法は root 権限を必要とし、システムの設定ファイルを弄る必要がありますが、起動プロセスでは xprofile よりも早く設定が適用されます。

スクリプト

例 1

このスクリプトは外部モニター ($EXT で指定) とデフォルトのモニター ($IN で指定) を切り替えます。つまり一度にどちらか片方のモニターだけを使うようにします。

スクリプトを実行するときはデフォルトのモニター ($IN で指定) が接続されているようにしてください。ノートパソコンなら常時接続されているはずです。

#!/bin/bash

IN="LVDS1"
EXT="VGA1"

if (xrandr | grep "$EXT disconnected"); then
    xrandr --output $EXT --off --output $IN --auto
else
    xrandr --output $IN --off --output $EXT --auto
fi

例 2

このスクリプトは外部モニター ($EXT で指定) のオンオフだけを切り替えます。デフォルトのモニターはオンのままにします ($IN で指定)。

スクリプトを実行するときはデフォルトのモニター ($IN で指定) が接続されているようにしてください。ノートパソコンなら常時接続されているはずです。

#!/bin/bash

IN="LVDS1"
EXT="VGA1"

if (xrandr | grep "$EXT disconnected"); then
    xrandr --output $IN --auto --output $EXT --off 
else
    xrandr --output $IN --auto --primary --output $EXT --auto --right-of $IN
fi

例 3

このスクリプトは接続されているモニターを順繰りに切り替えます。現在アクティブなモニターを選択して、次のモニターをオンにして他のモニターはオフにします:

# get info from xrandr
connectedOutputs=$(xrandr | grep " connected" | sed -e "s/\([A-Z0-9]\+\) connected.*/\1/")
activeOutput=$(xrandr | grep -E " connected (primary )?[1-9]+" | sed -e "s/\([A-Z0-9]\+\) connected.*/\1/")

# initialize variables
execute="xrandr "
default="xrandr "
i=1
switch=0

for display in $connectedOutputs
do
	# build default configuration
	if [ $i -eq 1 ]
	then
		default=$default"--output $display --auto "
	else
		default=$default"--output $display --off "
	fi

	# build "switching" configuration
	if [ $switch -eq 1 ]
	then
		execute=$execute"--output $display --auto "
		switch=0
	else
		execute=$execute"--output $display --off "
	fi

	# check whether the next output should be switched on
	if [ $display = $activeOutput ]
	then
		switch=1
	fi

	i=$(( $i + 1 ))
done

# check if the default setup needs to be executed then run it
echo "Resulting Configuration:"
if [ -z "$(echo $execute | grep "auto")" ]
then
	echo "Command: $default"
	`$default`
else
	echo "Command: $execute"
	`$execute`
fi
echo -e "\n$(xrandr)"

例 3a

このスクリプトは xrandr の全ての出力端子を順繰りに確認します。モニターが接続されていれば、最大解像度を確認して前のデイスプレイの右に配置します。srandrdAURi3-wm で使用する例:

~/.xprofile
srandrd ~/.i3/detect_displays.sh
#!/bin/bash

XRANDR="xrandr"
CMD="${XRANDR}"
declare -A VOUTS
eval VOUTS=$(${XRANDR}|awk 'BEGIN {printf("(")} /^\S.*connected/{printf("[%s]=%s ", $1, $2)} END{printf(")")}')
declare -A POS
#XPOS=0
#YPOS=0
#POS="${XPOS}x${YPOS}"

POS=([X]=0 [Y]=0)

find_mode() {
  echo $(${XRANDR} |grep ${1} -A1|awk '{FS="[ x]"} /^\s/{printf("WIDTH=%s\nHEIGHT=%s", $4,$5)}')
}

xrandr_params_for() {
  if [ "${2}" == 'connected' ]
  then
    eval $(find_mode ${1})  #sets ${WIDTH} and ${HEIGHT}
    MODE="${WIDTH}x${HEIGHT}"
    CMD="${CMD} --output ${1} --mode ${MODE} --pos ${POS[X]}x${POS[Y]}"
    POS[X]=$((${POS[X]}+${WIDTH}))
    return 0
  else
    CMD="${CMD} --output ${1} --off"
    return 1
  fi
}

for VOUT in ${!VOUTS[*]}
do
  xrandr_params_for ${VOUT} ${VOUTS[${VOUT}]}
done
set -x
${CMD}
set +x

例 4 - xrasengan を使って X のクラッシュを防ぐ

DisplayPort モニターでよくなる、モニターがサスペンドモードになって接続されていないと表示される場合、以下の方法を使って接続されている出力端子をオンにしてください:

local times=2
local seconds=1

while [ $times -gt 0 ]; do
    xrandr 1> /dev/null
    sleep $seconds
    let times-=1
done

xrasengan は上記のワークアラウンドを組み込んだ xrandr ラッパーです:

$ xrasengan --force -on DisplayPort-0 -off HDMI-0

--force オプションを付けると、xrasengan は HDMI-0 がオフになる前に全ての出力端子の状態を更新して、それが唯一接続されていた出力端子だった場合に X がクラッシュするのを防ぎます。

現在の設定をリロードしたいときは、xrasengan--try-reload-active-layout オプションを使います。--forcearandr パッケージの unxrandr を利用してコマンドラインを組み立てます:

$ xrasengan --try-reload-active-layout

上記のコマンドを systemd ユニットやキーボードのバインドで使うことで、DisplayPort モニターがサスペンドから復帰したときに画面が落ちるのを防ぐことができます。

トラブルシューティング

検出されない解像度を追加する

ハードウェアやドライバーにバグがあるために、モニターの適切な解像度が xrandr によって検出されないことがあります。例えば、モニターの EDID データブロックが間違っていることが考えられます。その場合でも、適当な解像度を xrandr に追加することができます。

まず gtfcvt を実行して希望の解像度の Modeline を取得します:

液晶ディスプレイ (例: Samsung 2343NW) の場合、cvt -r コマンドを使います。

$ cvt 1280 1024
# 1280x1024 59.89 Hz (CVT 1.31M4) hsync: 63.67 kHz; pclk: 109.00 MHz
Modeline "1280x1024_60.00"  109.00  1280 1368 1496 1712  1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync
ノート: Intel のビデオドライバー xf86-video-intel を使っている場合、/var/log/Xorg.0.log に望みの解像度とプロパティが報告されている可能性があります。gtfcvt の出力と違っている場合は先にそちらを使って下さい。ログの例:
[    45.063] (II) intel(0): clock: 241.5 MHz   Image Size:  597 x 336 mm
[    45.063] (II) intel(0): h_active: 2560  h_sync: 2600  h_sync_end 2632 h_blank_end 2720 h_border: 0
[    45.063] (II) intel(0): v_active: 1440  v_sync: 1443  v_sync_end 1448 v_blanking: 1481 v_border: 0
xrandr での使用例: $ xrandr --newmode "2560x1440" 241.50 2560 2600 2632 2720 1440 1443 1448 1481 -hsync +vsync

次に新しい xrandr のモードを作成します。Modeline キーワードは抜かす必要があるので注意してください。

$ xrandr --newmode "1280x1024_60.00"  109.00  1280 1368 1496 1712  1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync

モードを作成した後、この新しいモードを現在の出力 (VGA1) に追加してください。先にパラメータを設定したので、モードの名前だけで使うことができます。

$ xrandr --addmode VGA1 1280x1024_60.00

そして画面の解像度を追加した解像度に変更します:

$ xrandr --output VGA1 --mode 1280x1024_60.00

上記の設定は現在のセッションでのみ有効なので注意してください。

テストする解像度について確信が持てない場合、以下のように sleep 5 を追加することで安全に解像度を変更できます:

$ xrandr --output VGA1 --mode 1280x1024_60.00 && sleep 5 && xrandr --newmode "1024x768-safe" 65.00 1024 1048 1184 1344 768 771 777 806 -HSync -VSync && xrandr --addmode VGA1 1024x768-safe && xrandr --output VGA1 --mode 1024x768-safe

また、VGA1 は適当な出力端子の名前に置き換えてください。

EDID checksum is invalid

上記の方法で起動時に *ERROR* EDID checksum is invalid エラーが発生する場合、KMS#モードの強制と EDID[1] を見て下さい。

また、xrandr --addmodeX Error of failed request: BadMatch というエラーが表示されることがありますが、この場合も EDID のチェックサムが間違っています。詳しく確認したい場合、verbose モードで X を起動して (例: startx -- -logverbose 6)、Xorg のログに EDID に関するメッセージが出力されていないかチェックしてください。NVIDIA のカードを使っている場合は NVIDIA#EDID を上書きするを読むことを推奨します。

検出されない解像度を永続的に追加

xrandr を使って適当な解像度が見つかったら、/etc/X11/xorg.conf.d/ にエントリを追加することでモードを永続的に追加することができます:

/etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf
Section "Monitor"
    Identifier "VGA1"
    Modeline "1280x1024_60.00"  109.00  1280 1368 1496 1712  1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync
    Option "PreferredMode" "1280x1024_60.00"
EndSection

Section "Screen"
    Identifier "Screen0"
    Monitor "VGA1"
    DefaultDepth 24
    SubSection "Display"
        Modes "1280x1024_60.00"
    EndSubSection
EndSection

Section "Device"
    Identifier "Device0"
    Driver "intel"
EndSection

intel は適当なドライバーに置き換えてください。例: nvidia

解像度が低い

ヒント: 先に #検出されない解像度を追加する を試して下さい。それで上手く行かない場合、この方法を試して下さい。

ビデオカードは認識されるのに解像度が低い場合、以下の方法を試すことができます。

例: ATI X1550 ベースのビデオカードと2つの液晶モニター DELL 2408 (最大解像度: 1920x1200) と Samsung 206BW (最大解像度: 1680x1050) を使用。インストール後の最初のログイン時に、デフォルトの解像度が 1152x864 になる。xrandr でも 1152x864 以上の解像度が表示されない。/etc/X11/xorg.conf を編集して、仮想スクリーンのセクションを追加して、ログアウト・ログインしても上手く解像度が設定されない。

xorg.conf を変更:

/etc/X11/xorg.conf
Section "Screen"
        ...
        SubSection "Display"
                Virtual 3600 1200
        EndSubSection
EndSection

数字について: DELL を左に Samsung を右に配置しているため、液晶ディスプレイの横幅の合計は 3600=1920+1680 になり、高さはディスプレイの高い方に合わせて、max(1200,1050)=1200 となります。他のディスプレイの上に液晶ディスプレイを配置する場合、次のように計算します: (max(width1, width2), height1+height2)。

HDMI のフル RGB

Intel のドライバーでは HDMI モニターの出力が正しく設定されないことがあります。Broadcast RGB プロパティ によって色諧調が狭くなると (16-235)、黒が黒ではなく灰色のようになります。

次のコマンドを実行して確認してください:

$ xrandr --output HDMI1 --set "Broadcast RGB" "Full"

参照