Yocto

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Yocto Project (YP) は組み込み環境の Linux 開発者用の人気のオープンソース合同プロジェクトです。YP の初期バージョンでは Arch Linux で動かすと問題が発生していましたが、新しいバージョンでは問題は少なくなっており、将来的には更に楽になる予定です。古いバージョンを動作させる方法は こちら に優れたガイドがあります。

bitbake をスタンドアロンなツールとして使いたい場合、bitbakeAUR をインストールしてください。vim で bitbake レシピを編集する場合、bitbake-vimAUR をインストールしてください。

このガイドでは YP Core 1.8 (Fido) 以降について扱います。

ノート:
  • Arch Linux における Yocto/Poky の動作はまだ確認されていません。
  • YP Core 2.2 (Morty) から新しく Python 3 もサポートされています。

インストール

git, diffstat, unzip, texinfo, python, chrpath, wget, xterm, sdl, socat, cpio パッケージをインストールしてください。

multilib リポジトリを有効化して multilib-devel グループをインストールしてください。

公式の git リポジトリを複製してください。以下の例では morty ブランチを使っています。

$ git clone --branch morty git://git.yoctoproject.org/poky.git ~/poky

Fido から Morty 以前までの YP Core

旧式の YP Core は python2 の使用が必須です。Python のページより:

$ mkdir -p ~/bin
$ ln -s /usr/bin/python2 ~/bin/python
$ ln -s /usr/bin/python2-config ~/bin/python-config
$ export PATH=~/bin:$PATH
ノート: Python のバージョンが正しくないために環境スクリプトのビルドに失敗した場合、何もメッセージが表示されないので注意してください。

core-image-minimal のビルド

いよいよ core-image-minimal ターゲットをビルドします。まず poky ディレクトリに移動して environment スクリプトを source してください。そして bitbake でビルドしましょう:

$ cd ~/poky
$ source oe-init-build-env build-qemux86
ヒント:

~/poky/build-qemux86/conf/local.conf で以下のことが行えます:

  • ディレクトリを再利用するにはダウンロードディレクトリを変更してください。例: DL_DIR ?= "~/poky-downloads"
  • ビルド時には相当のディスク容量を使用します。INHERIT += "rm_work" という行を追加することでディスク容量を節約できます。
$ bitbake core-image-minimal
WARNING: Host distribution "Arch-Linux" has not been validated with this version of the build system; you may possibly experience unexpected failures. It is recommended that you use a tested distribution.
Parsing recipes: 100%
|########################################################################################################################################################################################################################################################################################| Time: 00:02:42
Parsing of 884 .bb files complete (0 cached, 884 parsed). 1285 targets, 41 skipped, 0 masked, 0 errors.
NOTE: Resolving any missing task queue dependencies

Build Configuration:
BB_VERSION        = "1.26.0"
BUILD_SYS         = "x86_64-linux"
NATIVELSBSTRING   = "Arch-Linux"
TARGET_SYS        = "i586-poky-linux"
MACHINE           = "qemux86"
DISTRO            = "poky"
DISTRO_VERSION    = "1.8"
TUNE_FEATURES     = "m32 i586"
TARGET_FPU        = ""
meta              
meta-yocto        
meta-yocto-bsp    = "fido:08d32590411568e7bf11612ac695a6e9c6df6286"

NOTE: Preparing RunQueue
NOTE: Executing SetScene Tasks
NOTE: Executing RunQueue Tasks
WARNING: Failed to fetch URL http://downloads.sourceforge.net/project/libpng/libpng16/1.6.16/libpng-1.6.16.tar.xz, attempting MIRRORS if available
NOTE: Tasks Summary: Attempted 1989 tasks of which 9 didn't need to be rerun and all succeeded.

Summary: There were 2 WARNING messages shown.

完了するまでしばらく時間がかかります。yocto に関する詳細は Quick Start Guide を見て下さい。

ノート: 最初に Arch Linux での動作は未確認という警告が表示されます。リソースのダウンロードに失敗するとさらに警告が表示され、ビルドシステムは次のミラーからリソースを取得します。

core-image-minimal の実行

QEMU でイメージを実行するには、以下のように runqemu コマンドで起動します:

$ runqemu qemux86
Continuing with the following parameters:
KERNEL: [/home/user/poky/build-qemux86/tmp/deploy/images/qemux86/bzImage-qemux86.bin]
ROOTFS: [/home/user/poky/build-qemux86/tmp/deploy/images/qemux86/core-image-minimal-qemux86-20150804095542.rootfs.ext4]
FSTYPE: [ext4]
Setting up tap interface under sudo
[sudo] password for user: 
Acquiring lockfile for tap0...
Running qemu-system-i386...
/home/user/poky/build-qemux86/tmp/sysroots/x86_64-linux/usr/bin/qemu-system-i386 -kernel /home/user/poky/build-qemux86/tmp/deploy/images/qemux86/bzImage-qemux86.bin -net nic,vlan=0 -net tap,vlan=0,ifname=tap0,script=no,downscript=no -cpu qemu32 -hda /home/user/poky/build-qemux86/tmp/deploy/images/qemux86/core-image-minimal-qemux86-20150804095542.rootfs.ext4 -show-cursor -usb -usbdevice wacom-tablet -vga vmware -no-reboot -m 256 --append "vga=0 uvesafb.mode_option=640x480-32 root=/dev/hda rw mem=256M ip=192.168.7.2::192.168.7.1:255.255.255.0 oprofile.timer=1 rootfstype=ext4 "
Set 'tap0' nonpersistent
Releasing lockfile of preconfigured tap device 'tap0'
ヒント: 最近カーネルを更新した場合、再起動することで tunctl の問題が解決する可能性があります。