イーサネット

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事ではイーサネット固有の情報について説明しています。一般的なネットワーク設定はネットワーク設定でカバーされています。

デバイスドライバ

ドライバの状態の確認

udev があなたのネットワークインターフェイスコントローラ (NIC)を検知し、必要なカーネルモジュールを起動時に自動でロードします。lspci -v のアウトプットから "Ethernet controller" エントリ(かそれに類似したもの)をチェックしてください。どのカーネルモジュールがネットワークデバイスのためのドライバを含んでいるかわかります。例:

$ lspci -v
02:00.0 Ethernet controller: Attansic Technology Corp. L1 Gigabit Ethernet Adapter (rev b0)
 	...
 	Kernel driver in use: atl1
 	Kernel modules: atl1

次に、dmesg | grep module_name を root として実行してドライバがロードされたかチェックします。例:

# dmesg | grep atl1
...
atl1 0000:02:00.0: eth0 link is up 100 Mbps full duplex

ドライバがきちんとロードされている場合は次のセクションはスキップしてください。そうでないならば、あなたの使っているモデルのために必要なモジュールを知る必要があります。

デバイスモジュールのロード

チップセットに必要なモジュール・ドライバをインターネットで検索してください。Realtek のチップセットを使っているカードには 8139too が、SiS のチップセットを使っているカードには sis900 が一般的に使われるモジュールです。どのモジュールを使うべきかがわかったら、手動でモジュールをロードしてみてください。モジュールが見つからないというエラーが表示される場合、Arch カーネルにドライバーが含まれていないのかもしれません。モジュールの名前で AUR を検索できます。

起動時に udev が自動で正しいモジュールを検知・ロードしない場合、カーネルモジュール#systemd により自動モジュールロードを見てください。

ヒントとテクニック

ラップトップのための ifplugd

ヒント: dhcpcd は同じ機能を設定不要で提供します。

ifplugd は、ケーブルが接続された時にイーサネットデバイスを自動で設定し、ケーブルが抜かれた時に自動で設定を解除するデーモンを提供します。これはオンボードのネットワークアダプタを持っているラップトップで役に立ちます。なぜならケーブルが実際に接続されているときだけインターフェースを設定するからです。他にも、ネットワークをリスタートしたいがコンピュータの再起動をしたりシェルを使いたくないときに役に立ちます。

デフォルトでは ifplugd は eth0 デバイスで動作するように設定されています。デバイスや遅延時間などは /etc/ifplugd/ifplugd.conf で設定することができます。

ノート: netctl パッケージに netctl-ifplugd@.service が含まれています、もしくは ifplugd パッケージの ifplugd@.service を使うことができます。例えば ifplugd@eth0.service有効化する。

トラブルシューティング

ケーブルモデムのコンピュータを交換

一部のケーブル ISP (Vidéotron など) はネットワークインターフェイスの MAC アドレスを使って、認識するクライアント PC を一つだけに絞るようにケーブルモデムを設定しています。ケーブルモデムが初めて PC (やケーブルモデムに接続された機器) の MAC アドレスを認識すると、それ以外の MAC アドレスには頑として返答しなくなります。その PC を別の PC (またはルーター) に交換すると、新しい PC (やルーター) ではケーブルモデムを使うことができません。新しい PC (やルーター) の MAC アドレスは昔の PC の MAC アドレスと異なるからです。新しい PC を認識させるためにケーブルモデムをリセットするには、ケーブルモデムの電源を一度切ってから再度入れる必要があります。ケーブルモデムが再起動してオンラインになったら (通知ランプがおとなしくなるのでわかります)、新しく接続した PC を再起動して DHCP のリクエストを行ったり、手動で新しい DHCP リースをリクエストしてください。

この方法が上手くいかない場合、元のマシンの MAC アドレスをクローンする必要があります。MAC アドレス偽装を参照。

Explicit Congestion Notification

古い/悪いルータで Explicit Congestion Notification (ECN) がトラフィックの問題を引き起こす場合があります [1]systemd 239 より、送受信両方のトラフィックで ECN は有効化されています。

受信の接続により要求された時に限り ECN を有効化するには(適度に安全な、カーネルのデフォルトです):

# sysctl net.ipv4.tcp_ecn=2

ECN を完全に無効化するには(例えば、ECN が問題を引き起こしているのか確認したい場合):

# sysctl net.ipv4.tcp_ecn=0

カーネルのドキュメントも参照してください。

Realtek が使えない / WOL の問題

Realtek 8168 8169 8101 8111(C) が搭載されている NIC (カード/オンボード) を使っている場合、起動時に NIC が無効化され、接続ランプが付かないという問題が発生することがあります。この問題は基本的に Windows をインストールしていると起こります (デュアルブート環境)。Windows における公式の Realtek ドライバー (2007年5月以降) の使用が問題の原因です。新しいドライバーでは Windows のシャットダウン時に NIC を無効化することによって Wake-On-LAN 機能を無効化しているのですが、これはつまり、Windows を起動するまでは NIC が無効のままになってしまうということです。Windows が起動するときに接続ランプが付いて、シャットダウン時に消えるようであれば、ずばりです。通常、システムの電源が入っていれば、(POST の間でも) 接続ランプは点きっぱなしになっています。この問題は新しいドライバーが入っていない他のオペレーティングシステムでも顔を出します (例: Live CD)。問題の解決方法は以下の通りです:

Linux で NIC を直接有効にする

ネットワーク設定#ネットワークインターフェイスを有効化/無効化に従ってインターフェイスを有効化してください。

Windows ドライバをロールバック/変更する

Windows の NIC ドライバーを Microsoft が提供しているドライバーに戻したり、2007年5月以前の Realtek 公式ドライバーに戻すことができます (ハードウェアに付属している CD を使用)。

Windows ドライバで WOL を有効にする

一番簡単な方法はおそらく Windows ドライバーで WOL の設定を変更することです。この方法はシステム全体で適用され、Arch 以外でも問題が解決します (例: ライブ CD や他のオペレーティングシステム)。Windows で、デバイスマネージャを開いて、Realtek ネットワークアダプタを探してダブルクリックしてください。"Advanced" タブ下、"Wake-on-LAN after shutdown" を "Enable" に変更してください。

Windows XP の場合
マイコンピュータを右クリックして"プロパティ"を選択
--> Hardware tab
  --> Device Manager
    --> Network Adapters
      --> "double click" Realtek ...
        --> Advanced tab
          --> Wake-On-Lan After Shutdown
            --> Enable
ノート: 新しい Realtek の Windows ドライバー (Realtek 8111/8169 LAN Driver v5.708.1030.2008 で確認。GIGABYTE のサイトから入手できる 2009/01/22 のドライバー) だとオプションが多少変わっていることがあります。例: Shutdown Wake-On-LAN --> Enable。このオプションを Disable にしても効果はないようです (Windows のシャットダウン時にリンクの光が消えることで確認できます)。あまり綺麗な方法ではありませんが、Windows を起動してからシステムをリセットする (無理やり再起動あるいはシャットダウンさせる) ことで Windows ドライバーに LAN を無効化する暇を与えないことで対処できます。Windows をまた起動してシャットダウンするまでは、リンクの光は消えないで POST 後も LAN アダプタにアクセスできるようになります。

BIOS/CMOS で LAN Boot ROM を有効にする

BIOS/CMOS で Integrated Peripherals --> Onboard LAN Boot ROM --> Enabled を設定することで、Windows のドライバーが OS のシャットダウン時に無効化するのとは関係なく、システムの起動時に Realtek の LAN チップが有効化されます。

ノート: 上記の方法は GIGABYTE GA-G31M-ES2L マザーボードの BIOS バージョン F8 (2009/02/05 に公開) で何回か確認済みです。

USB AutoSuspend を無効にする

この記事あるいはセクションで使われている用語や表現には問題が存在します。
議論: Not everybody uses TLP. (議論: トーク:イーサネット#)

少電力機能(特に TLP の USB Auto Suspend)を使用している際に、デバイスが正しくロードできずに NO-CARRIER 状態に陥り(RT8156B で検証済み)、リンクを確立できないことがあります。

これを解決するには、デバイス ID を TLP 設定の USB Denylist に追加して、デバイスを再接続してください。

Broadcom BCM57780

この Broadcom チップセットはモジュールをロードする順番を指定しないと上手く動作しないことが時々あります。モジュールは broadcomtg3 であり、前者を最初にロードする必要があります。

コンピューターにこのチップセットが載っている場合、以下の手順に従ってください:

  • lspci の出力で NIC を確認:
$ lspci | grep Ethernet
02:00.0 Ethernet controller: Broadcom Corporation NetLink BCM57780 Gigabit Ethernet PCIe (rev 01)
  • 有線ネットワークが機能しない場合、ケーブルを切断して以下を (root で) 実行:
# modprobe -r tg3
# modprobe broadcom
# modprobe tg3
  • ネットワークケーブルを接続。これで問題が解決する場合 broadcomtg3 を (この順番で) /etc/mkinitcpio.confMODULES 行に追加することで設定を永続化できます:
MODULES=".. broadcom tg3 .."
softdep tg3 pre: broadcom
ノート: 以上の方法は、BCM57760 など、他のチップセットでも使えることがあります。

Realtek RTL8111/8168B

# lspci | grep Ethernet
03:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)

このアダプタは r8169 モジュールによって認識されます。しかしながら、使われているチップによって、接続が出来たりできなかったりすることがあります。そのような場合は、r8168 を使うことで安定した接続をすることができます。r8169ブラックリストに入れて、r8168udev によって自動でロードされない場合、カーネルモジュール#ロードを見てください。

この記事またはセクションの正確性には問題があります。
理由: "some revisions", no proof the driver is the cause, and not e.g poorly configured DNS servers (議論: トーク:イーサネット#)

このアダプタのいくつかのリビジョンのドライバにおけるもう1つの欠陥は IPv6 サポートが貧弱であることです。Web ページがハングしたり、回線が遅くなったりした場合は、IPv6#機能を無効にするが参考になります。

Gigabyte マザーボードと Realtek 8111/8168/8411

Gigabyte GA-990FXA-UD3 などのマザーボードでは IOMMU をオフにして (デフォルトでオフになっていることもあります) 起動を行うと、ネットワークインターフェイスが不安定になって、接続が出来なかったり、通信速度が遅くなったりします。オンボードの NIC だけでなく、コンピュータに接続した他の PCI NIC でも起こりえます。IOMMU の設定はマザーボードに接続された全てのネットワークインターフェイスに影響を与えるからです。IOMMU を有効にしてインストールメディアで起動すると AMD I-10/xhci のページフォールトが数秒だけ表示されますが、その後通常通り起動して、オンボードの NIC が (r8169 モジュールを使用する場合でも) 完全に機能するようになるはずです。

インストール時にブートプロセスを設定する場合、起動時のエラーメッセージを排除して USB 3.0 を機能させるためにカーネルパラメータiommu=soft を追加してください。

MicroStar Motherboard と Realtek 8111/8168/8411

"MicroStar B450M MORTAR TITANIUM" のようなマザーボードでは、イーサネットケーブルを抜き差ししたり、ルータの DHCP サーバを再起動したりすると r8169 がダウンシフト状態に入り、1000 Mbit/s のイーサネット速度が 100 Mbit/s にまで落ちます。その際、以下のようなカーネルログが表示されます:

# dmesg | grep r8169
Generic FE-GE Realtek PHY r8169-2200:00: Downshift occurred from negotiated speed 1Gbps to actual speed 100Mbps, check cabling!
r8169 0000:22:00.0 enp34s0: Link is Up - 100Mbps/Full (downshifted) - flow control rx/tx

この場合、アダプタを再起動してください(down にセットし up にセットしてください)。例えば:

# ip link set dev enp34s0 down
# ip link set dev enp34s0 up
翻訳ステータス: このページは en:Network configuration/Ethernet の翻訳バージョンです。最後の翻訳日は 2022-06-10 です。もし英語版に 変更 があれば、翻訳の同期を手伝うことができます。