TLP

提供: ArchWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事

プロジェクトページ より:

TLP を使うことで技術的な内容を理解する必要なく Linux の高度な電源管理を享受することができます。TLP には電池寿命を最適化する設定が初めから付いており、インストールしたらあとはもう忘れてかまいません。さらに TLP はあなたの要件を満たすように細かくカスタマイズすることも可能です。

TLPでは、ファンスピード制御バックライトなど、いくつかの設定をプロジェクトから意図的に除外しています。

インストール

tlp パッケージをインストールして起動有効化してください。任意の依存パッケージをインストールすれば省電力機能がさらに追加されます。

Radio Device Wizard (tlp-rdw)

tlp-rdw を使うには NetworkManager が必要です。NetworkManager-dispatcher.service を有効化してください。

また、TLP の無線デバイスの切り替えオプションが適切に動作するように systemd サービスの systemd-rfkill.service とソケット systemd-rfkill.socketマスクしてください。

詳細は、TLP configuration を参照してください。

ThinkPad

充電の閾値の設定や再測定など、高度なバッテリー機能を使いたい場合、以下のパッケージをインストールしてください:

  • tp_smapi – バッテリーの充電の閾値や、キャリブレーション、tlp-stat で特定のステータスを出力するのに必要です。
  • acpi_call – Sandy Bridge 以降の新しいモデル (X220/T420, X230/T430 など) で必要です。
  • 公式リポジトリ からカーネルを実行していない場合は、acpi_call-dkms を使用してください。

詳しくは TLP FAQ の "Which kernel module?" を見てください。

threshyAURthreshy-guiAUR を使うと D-Bus を通して閾値を変更できます。root 権限は必要ありません。

フロントエンド

  • tlpui-gitAUR Python で書かれた TLP の GTK ユーザーインターフェイスです。
  • slimbookbatteryAUR は AMD や NVIDIA のような追加ドライバで動作する別の GTK インターフェースです。

設定

設定ファイルは /etc/default/tlp にあり、デフォルトで、ほぼ全ての分野を最適化して消費電力を抑えます。オプションの説明の完全なリスト: TLP configuration

USB 自動サスペンド

デフォルトの設定で TLP を起動すると、TLP の自動サスペンド機能により、オーディオ DAC などの一部の USB デバイスが バッテリー駆動時にパワーダウン します。キーボードやスキャナなどの一部のデバイスは、デフォルトで自動サスペンドのブラックリストに登録されています。

以下の設定で USB の自動サスペンドを完全に無効にすることができます。

/etc/tlp.conf
# Do not suspend USB devices
USB_AUTOSUSPEND=0

または、特定のデバイスを自動サスペンドしないようにブラックリストに登録します。詳しくは TLP documentation on USB devices を参照してください。

バッテリー(BAT)設定を強制する

電源が検出されない場合、デスクトップや組み込みハードウェアなどのデバイスではACの設定が使用されます。

これらのデバイスで TLP を使用する場合、バッテリー(BAT)設定を強制して、より省電力を図ることができます:

/etc/tlp.conf
# Operation mode when no power supply can be detected: AC, BAT.
TLP_DEFAULT_MODE=BAT

# Operation mode select: 0=depend on power source, 1=always use TLP_DEFAULT_MODE
TLP_PERSISTENT_DEFAULT=1

Bumblebee と NVIDIA ドライバー

Bumblebee で NVIDIA ドライバーを使用している場合、Bumblebee で GPU の電源供給を制御できるようにするため TLP で GPU の電源管理を無効化する必要があります。

lspci を実行して GPU のアドレスを確認してから (例: 01:00.0)、以下のように値を設定してください:

RUNTIME_PM_BLACKLIST="01:00.0"

AC での PCI(e) ランタイム電源管理

AC で PCI(e)バスデバイスの Runtime Power Management を有効にすると、一部のラップトップの省電力が向上する場合があります。 これは、バッテリーではデフォルトで有効になっていますが、ACでは有効になっていません。 AC で有効にするには、次のように設定します。

 /etc/tlp.conf
RUNTIME_PM_ON_AC = auto

コマンドライン

TLP はコマンドラインツールを提供しています。TLP commands を参照してください。

デバッグ

現在使用しているモード(AC/BAT)についてと設定を表示できます:

# tlp-stat

hci0: link tx timeout

Bluetoothヘッドホンが突然動作を停止し、dmesg にこのようなエラーが表示される場合は、TLPがデバイスを一時停止していることが原因である可能性があります。次のような /etc/tlp.d/10-disable-autosuspend.conf ファイルを作成し、配置します:

# Disable bluetooth autosuspend
AUTOSUSPEND_RUNTIME_DEVID_WHITELIST="8087:0aaa"

Bluetooth デバイスのデバイスIDは lsusb -v によって取得します。TLP と Bluetooth サービスを再起動します。

除外されている機能

参照