コンソールマウスサポート

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

GPM (General Purpose Mouse の略) は Linux の仮想コンソールでのマウスサポートを提供するデーモンです。

インストール

警告: xf86-input-synaptics は開発が停止しています。可能であれば libinput を使ってください。

gpm パッケージをインストールしてください。ノートパソコンのタッチパッドのサポートが必要な場合、xf86-input-synaptics もインストールしてください。

設定

-m パラメータで使用するマウスを、-t パラメータでマウスのタイプを定義します。-t オプションで使用できるタイプのリストを確認するには、-t help を付けて gpm を実行してください:

# gpm -m /dev/input/mice -t help

gpm パッケージは複数のパラメータを付けて起動する必要があります。パラメータは /etc/conf.d/gpm ファイルで指定したり、あるいは gpm を実行するときに直接使用できます。2016年現在、systemd 用の gpm.service ファイルには USB マウスのパラメータが指定されています:

/usr/lib/systemd/system/gpm.service
ExecStart=/usr/bin/gpm -m /dev/input/mice -t imps2

他のタイプのマウスを使用する場合はパラメータを編集する必要があります。

  • PS/2 マウスの場合、既存の行を以下のように置き換えてください:
-m /dev/psaux -t ps2
  • USB マウスの場合:
-m /dev/input/mice -t imps2
-m /dev/input/mice -t ps2
ノート: マウスにボタンが2つしかない場合、GPM_ARGS-2 を指定すれば2番目のボタンで貼り付け操作ができます。

満足のいく設定が決められたら、gpm.service起動有効化してください。

詳しい情報は gpm(8) を参照。

参照