ダイナミックディスク

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

ダイナミックディスクは Windows で LVM や mdadm の機能を実現する、Microsoft と (現在は Symantec 傘下の) Veritas Software が開発した技術です。ダイナミックディスクは Windows 2000 で初めて使えるようになりましたが、概念自体は Windows NT Server 4.0 で既に存在していました。ダイナミックディスクが使えるのは Windows 7 までは Windows のプロフェッショナルやエンタープライズ、あるいはサーバー版に限定されていました。ホームプレミアムのユーザーが作成できるのはシンプル (シングルパーティション), スパン (JBOD), ストライプ (RAID0) ボリュームだけです。LVM や mdadm と異なり、ダイナミックディスクは常にディスク全体を使用します。ダイナミックディスクが MBR パーティションを使用する場合、巨大なパーティションがデータを保持してメタデータはディスク終末部のパーティション外に保存されます。ダイナミックディスクが GPT パーティションを使用する場合、2つのパーティションが使われます。小さなパーティションがメタデータを保持して、大きなパーティションがデータを保持し残りのディスク領域全てを使用します。

Arch Linux におけるダイナミックディスクの使用

Arch Linux では LVMmdadm を使用することを推奨します。しかしながら、Arch Linux を Windows とデュアルブートする場合、Windows は LVM や mdadm の構成を読み込むことができません。通常は dmraid による FakeRAID を使用するかネットワークストレージを使用することになります。ただし、ネットワークストレージは最大 1Gb/s (119MiB/s) までしか速度が出ませんし、Windows OS のパーティションがインストールされているドライブのコントローラを AHCI から RAID に切り替えたい場合、既存の Windows 環境に RAID ドライバーをロードさせるのは (不可能ではないとしても) 困難です。スペアの AHCI コントローラカードを持っていたとしても、オプション ROM を2つ使用するのに十分な領域が存在しないこともあります。

ダイナミックディスクを使えるようにする

ノート: 以下のツールは Arch Linux でダイナミックディスクを使えるようにするだけです。ダイナミックディスクの他の操作をしたい場合、Windows の論理ディスクマネージャを使ってください。

ldmtoolAUR パッケージをインストールしてください。インストールしたら ldmtool を使ってダイナミックディスクを確認・マウントすることができます。

全てのディスクグループを確認するには:

# ldmtool scan

ディスクグループに含まれているボリュームを確認するには:

# ldmtool show diskgroup {diskgroup UUID}

個別のデバイスマッパーを作成するには:

# ldmtool create volume {volume name}

ディスクグループの全てのボリュームに対してデバイスマッパーを作成するには:

# ldmtool create volume {diskgroup UUID}

認識された全てのディスクグループの全てのボリュームに対してデバイスマッパーを作成するには:

# ldmtool create all

システムの統合

ダイナミックディスクを Linux カーネルでネイティブにサポートされているファイルシステムのように扱えるようにするには、以下の systemd ユニットを使ってください:

/etc/systemd/system/ldmtool.service
[Unit]
Description=Windows Dynamic Disk Mount
Before=local-fs-pre.target
DefaultDependencies=no
[Service]
Type=simple
User=root
ExecStart=/usr/bin/ldmtool create all
[Install]
WantedBy=local-fs-pre.target

それから ldmtool.service有効化してください。

/etc/fstab にダイナミックディスクのボリュームのエントリを追加することで他のボリュームと同じようにマウントすることができます。