デバイスファイル

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

関連記事

Wikipedia より:

Unix ライクなオペレーティングシステムにおいて、デバイスファイルまたはスペシャルファイルとは通常のファイルのようにファイルシステム上に配置されるデバイスドライバーのインターフェイスである。

Linux ではデバイスファイルは /dev ディレクトリに存在します (Filesystem Hierarchy Standard)。

Arch Linux ではデバイスノードは udev によって管理されています。

ブロックデバイス

ブロックデバイス はバッファを使ってハードウェアデバイスにアクセスすることで、任意のサイズと配置のブロックを読み書きすることができます。

ブロックデバイスの名前

デバイスの名前の最初の部分はブロックデバイスを操作するカーネルのドライバーサブシステムを示します。

警告: ブロックデバイスのカーネルによる名前は永続的ではなく起動毎に変化する可能性があるため、設定ファイルでは使うべきではありません。

SCSI

ハードディスクや SSD、フラッシュドライブなど SCSI コマンド (SCSI, SAS, UASP), ATA (PATA, SATA), USB マスストレージ接続のいずれかをサポートするストレージデバイスはカーネルの SCSI ドライバーサブシステムによって扱われます。同じ命名規則を使用します。

これらデバイスの名前は sd から始まります。そして認識順に a から始まる小文字の英字が後ろに続きます (sda)。2番目に認識されたデバイスは b が付きます (sdb)。デバイス上のパーティションにはパーティションテーブルにおける番号が付きます。例: sda1 はパーティション 1 で、sda2 はパーティション 2 です。

まとめ:

  • /dev/sda - デバイス a、最初に認識されたデバイス。
  • /dev/sda1 - デバイス a のパーティション 1
  • /dev/sde - デバイス e、5番目に認識されたデバイス。
  • /dev/sde7 - デバイス e のパーティション 7

NVME

NVM Express (NVMe) で接続された SSD などのストレージデバイスの名前は nvme から始まります。その後ろにデバイスコントローラごとに 0 から始まる数字が付きます。最初に認識された NVMe コントローラは nvme0、2番目は nvme1 と続きます。そして "n" という文字とコントローラ上のデバイスを意味する 1 から始まる数字が続きます。nvme0n1 は最初に認識されたコントローラの最初に認識されたデバイス。nvme0n2 は最初に認識されたコントローラの2番目のデバイスです。各デバイスに存在するパーティションは "p" という文字とパーティションテーブルにおける番号で表されます。例えば nvme0n1p は最初のコントローラの最初のデバイスの番号 1 のパーティションで、番号 2 のパーティションは nvme0n1p2 です。

まとめ:

  • /dev/nvme0n1 - コントローラ 0 のデバイス 1。最初に認識されたコントローラの最初のデバイス。
  • /dev/nvme0n1p1 - コントローラ 0 のデバイス 1 のパーティション 1
  • /dev/nvme2n5 - コントローラ 2 のデバイス 5。3番目に認識されたコントローラの5番目のデバイス。
  • /dev/nvme2n5p7 - コントローラ 2 のデバイス 5 のパーティション 7

MMC

SD カード, MMC カード, eMMC ストレージデバイスはカーネルの mmc ドライバーによって管理され、デバイスの名前は mmcblk から始まります。そして後ろに 0 から始まる番号が付きます。例えば mmcblk0 は最初に認識されたデバイス、mmcblk1 は2番目に認識されたデバイスです。各デバイスに存在するパーティションは "p" という文字とパーティションテーブルにおける番号によって名前が付きます。パーティションテーブルの番号 1 のパーティションは mmcblk0p1、番号 2 のパーティションは mmcblk0p2 となります。

まとめ:

  • /dev/mmcblk0 - デバイス 0、最初に認識されたデバイス。
  • /dev/mmcblk0p1 - デバイス 0 のパーティション 1
  • /dev/mmcblk4 - デバイス 4、5番目に認識されたデバイス。
  • /dev/mmcblk4p7 - デバイス 4 のパーティション 7

SCSI 光学ディスクドライブ

SCSI ドライバーサブシステムによってサポートされているインターフェイスを使って接続されている光学ディスクドライブ (ODD) の名前は sr から始まります。そしてその後ろに 0 から始まる番号が付きます。例えば sr0 は最初に認識されたデバイス、sr1 は2番目に認識されたデバイスとなります。

また、Udev によって /dev/cdrom/dev/sr0 のシンボリックリンクとなっています。ドライブがサポートしているディスクの種類や挿入されているメディアとは関係なく常に名前は cdrom です。

まとめ:

  • /dev/sr0 - 光学ディスクドライブ 0、最初に認識された光学ディスクドライブ。
  • /dev/sr4 - 光学ディスクドライブ 4、5番目に認識された光学ディスクドライブ。
  • /dev/cdrom - /dev/sr0 のシンボリックリンク。

ユーティリティ

lsblk

util-linux パッケージにはブロックデバイスを確認する lsblk(8) ユーティリティが含まれています。例:

$ lsblk -f
NAME   FSTYPE   LABEL       UUID                                 MOUNTPOINT
sda
├─sda1 vfat                 C4DA-2C4D                            /boot
├─sda2 swap                 5b1564b2-2e2c-452c-bcfa-d1f572ae99f2 [SWAP]
└─sda3 ext4                 56adc99b-a61e-46af-aab7-a6d07e504652 /

上記の例では、利用可能なデバイスはひとつだけ (sda) で、デバイスには3つのパーティションが存在しています (sda1 から sda3)。パーティションはそれぞれ異なるファイルシステムでフォーマットされています。

wipefs

wipefs は指定したデバイスのファイルシステム, RAID, パーティションテーブルのシグネチャ (マジック文字列) を確認・消去することができます。libblkid(3) から認識されないようになります。ファイルシステム自体は消去せず、デバイスの他のデータが消去されることもありません。

詳しくは wipefs(8) を見てください。

例えば、/dev/sdb デバイスのシグネチャを全て消去してシグネチャのバックアップファイル ~/wipefs-sdb-offset.bak を作成するには:

# wipefs --all --backup /dev/sdb

疑似デバイス

物理的なデバイスが存在しないデバイスノード。

参照