ASUS G55VW

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search

このページでは ASUS G55VW ROG ノートパソコンに Arch Linux をインストール・設定する方法を載せています。

ブートローダー

USB で起動

Escape を押してブートメニューを開いてください。USB ブータブルデバイスが認識されない場合、設定メニューを開いて直接 F10 を押して保存してください。再起動したら Escape を再度押すことでメニューに表示されるはずです。

UEFI ブートの設定

ノート: UEFI, GPT, UEFI ブートローダーのページを先に読むことを推奨します。

カーネルの EFISTUB を使うことも出来ますが、以下では GRUB2 を使用しています。

警告: UX31A のファームウェアは x86_64 なので、UEFI モードで Windows とデュアルブートするには x86_64 カーネルを使う必要があります。

元のパーティションは以下のような構成になっています:

1番目のパーティション: UEFI ブートパーティション (fat32)。Arch では /boot/efi にマウントしてください。

2番目のパーティション: GUID Partition Table

手順0 (任意): x86_64 UEFI Shell 2.0 (Beta) をインストールする。UEFI#UEFI シェルを見てください。EFISTUB を使って手動でブートする場合、有用です。

手順1: インストールディスクを起動したら、chroot して以下を実行:

# pacman -S grub-efi-x86_64

GRUB2#UEFI システムに従って設定してください。

任意: 電源管理のカーネルパラメータを /etc/default/grub ファイルに追加:

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet add_efi_memmap i915.i915_enable_rc6=1 drm.vblankoffdelay=1 i915.semaphores=1"
ノート: pcie_aspm=force カーネルパラメータについては場合によっては推奨されません。

grub2 を再インストール:

# grub-mkconfig -o /path/to/grub.cfg

手順2: ファームウェアのブートマネージャに GRUB2 エントリを作成。efibootmgr を使うには UEFI モードで起動する必要があります。以下のコマンドを実行:

# cp /boot/efi/EFI/arch_grub/grubx64.efi /boot/efi/shellx64.efi
ノート: 必要であれば一時的に shellx64.efi を移動してください。
# reboot

再起動したら F2 を押して "Launch EFI shell from filesystem device" を選択してください。GRUB2 が起動して Arch が起動されます。その後 efibootmgr を使ってエントリを追加してください。

グラフィックドライバー

NVIDIA を見てください。

他のキー

Dynamic Kernel Module Support (DKMS) を使うことでカーネルのコンパイルをしないですみます。

 # cp -a usr/src/asus-wmi-0.2 /usr/src/
 # cd /usr/src/
 # dkms add -m asus-wmi -v 0.2
 # dkms built -m asus-wmi -v 0.2 -k 3.4.6-1-ARCH
 # dkms status
 # dkms install -m asus-wmi -v 0.2 -k 3.4.6-1-ARCH
 # dkms status

3.4.6-1-ARCHuname -r の出力で置き換えてください。

  • dkms はカーネルモジュールを圧縮しないため問題が発生します ($ modinfo asus-wmi を参照):
# cd /lib/modules/3.4.6-1-ARCH/kernel/drivers/platform/x86/
# mv asus-wmi.ko.gz asus-wmi.ko.gz.save
# gzip asus-wmi.ko
  • 再起動後 xevFn キーのイベントを表示するはずです。キーボードのバックライトは以下のコマンドで変更できます:
# echo 0 >> /sys/class/leds/asus\:\:kbd_backlight/brightness
# echo 3 >> /sys/class/leds/asus\:\:kbd_backlight/brightness

キーボードバックライトスクリプト

root で /usr/local/share/kbd_backlight ファイルを作成:

#!/bin/bash

path="/sys/class/leds/asus::kbd_backlight"
#path="/sys/class/leds/asus\:\:kbd_backlight"

# max should be 3
max=$(cat ${path}/max_brightness)
# step: represent the difference between previous and next brightness
step=1
previous=$(cat ${path}/brightness)

function commit {
	if [[ $1 = [0-9]* ]]
	then 
		if [[ $1 -gt $max ]]
		then 
			next=$max
		elif [[ $1 -lt 0 ]]
		then 
			next=0
		else 
			next=$1
		fi
		echo $next >> ${path}/brightness
		exit 0
	else 
		exit 1
	fi
}

case "$1" in
 up)
     commit $(($previous + $step))
  ;;
 down)
     commit $(($previous - $step))
  ;;
 max)
	 commit $max
  ;;
 on)
	 $0 max
  ;;
 off)
	 commit 0
  ;;
 show)
	 echo $previous
  ;;
 night)
	 commit 1 
	 ;;
 allowusers)
	 # Allow members of users group to change brightness
	 sudo chgrp users ${path}/brightness
	 sudo chmod g+w ${path}/brightness
  ;;
 disallowusers)
	 # Allow members of users group to change brightness
	 sudo chgrp root ${path}/brightness
	 sudo chmod g-w ${path}/brightness
  ;;
 *)
	 commit	$1
esac

exit 0

ファイルに実行可能属性を付与:

# chmod +x /usr/local/share/kbd_backlight

起動時にユーザーが輝度を変更できるように設定:

# echo "/bin/bash /usr/local/share/kbd_backlight allowusers" >> /etc/rc.local

.zshrc.bashrc に以下を追加:

alias -g "kbd_backlight"="/bin/bash /usr/local/share/kbd_backlight"

ターミナルで簡単にバックライトを切り替えられます:

$ kbd_backlight up
$ kbd_backlight down
$ kbd_backlight max
$ kbd_backlight off
$ kbd_backlight night
$ kbd_backlight 2
$ kbd_backlight show

キーボードショートカットを作成すると良いでしょう。詳しくは Xorg での特別なキーボードキーを参照。