ASUS Zenbook UX333

From ArchWiki
Jump to navigation Jump to search
デバイス 状態
Intel 動作
Nvidia 動作
HDMI 動作
Ethernet (USB ケーブル) 動作
ワイヤレス 動作
オーディオ 動作
タッチパッド 動作
カメラ 動作
カードリーダー 動作
Bluetooth 動作
ファンクションキー 動作
顔認識センサー 未動作
バッテリー充電閾値 未動作

ASUS より発表されているのは UX333, UX433, UX533 モデルです [1]。これらのモデルはハードウェアがほとんど同じで (違いはディスプレイのサイズとディスクリートの NVidia GPU だけです)、この記事では全ての ZenBook 13 (UX333), ZenBook 14 (UX433), ZenBook 15 (UX533) のハードウェア設定について扱います。

設定

セキュアブート (オプション)

Linux オペレーティングシステムを起動するには、BIOS を開いて、F7 を押すか "Advanced Menu" をクリックして、"Security" タブから "Secure Boot" を Off に設定してください。

"Secure Boot" オプションがオンオフのオプションではなくメニューの場合、"Secure Boot" をクリック、"Key Management" から "Reset to Setup Mode" と進んでダイアログで確認してください。

ビデオ

Intel Graphicsハードウェアビデオアクセラレーションを見てください。ディスクリートの Nvidia グラフィックカードが搭載されているモデルの場合、NVIDIA Optimus を見てください。

オーディオ

PulseAudio を見てください。

タッチパッド

Libinput を見てください。

顔認識ログイン

このコンピュータには顔認識センサーが組み込まれていますがテストしていません。顔認識を動かそうとするプロジェクトが存在します [2] (Howdy) が、動作するかはわかりません。

トラブルシューティング

マイクロコード

起動時に [Firmware Bug]: TSC_DEADLINE disabled due to Errata; please update microcode to version: 0x52 (or later) というメッセージが表示される場合、マイクロコードを見てください。

Bumblebee を使った場合の Nvidia の問題

以下のような問題が発生することがあります:

サスペンド

Linux (4.17 以上) はデフォルトで suspend-to-idle となっていますが、あまり効率が良いとはいえません。4.14-rc1 の変更が原因です。ワットパフォーマンスを良くするためカーネルコマンドラインに mem_sleep_default=deep を追加することで suspend-to-ram が使えます。

ヒントとテクニック

省電力とパフォーマンス

ASUS の宣伝によれば、バッテリー稼働時、最大で9時間まで連続で動きます。この稼働時間を達成するには:

  • BIOS アップデート - パフォーマンスを発揮して省電力機能やセキュリティ機能を活用するため、BIOS をアップデートすることが一般に推奨されます。
  • 省電力設定 - バッテリーの持ちを良くするための推奨事項。
  • SSD - ソリッドステートドライブのヒントとテクニック。ノートパソコンにはデフォルトで M.2 SSD が搭載されています。
  • CPU の低電圧化 - Intel CPU の電圧を下げます (バッテリーの消費を抑え、発熱を少なくしてファンの回転も少なくなります)。

Windows 10 ライセンスキーの抽出

Zenbook ノートパソコンには Windows 10 がプリインストールされておりアクティベーションキーはファームウェアにハードコードされています。Windows を Linux で置き換えると、ハードコードされたアクティベーションキーが意味をなさくなります。どこが別のところで使いたい場合 (例: 仮想環境の Windows 10):

# grep -aPo '[\w]{5}-[\w]{5}-[\w]{5}-[\w]{5}-[\w]{5}' /sys/firmware/acpi/tables/MSDM
ノート: Microsoft のオンラインサポートによってコードが正当であることは確認が取れていますが、アクティベートすることはできないため (Windows のアクティベートは失敗し別のコードを要求されます)、40ドルを払って他のコードでアクティベーションコードを置き換えるか、OEM (ASUS) に連絡を取ることになります。修理サービスにノートパソコンを持ち込んで ASUS の OEM Windows 10 イメージを使ってシステムを「修復」できることになっています。イメージをダウンロードすることはできません。