ATA over Ethernet

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

ATA over Ethernet (AoE) は Brantley Coile Company が開発したネットワークプロトコルです。イーサネットネットワークによって SATA ストレージデバイスに簡単かつ高速にアクセスできるように設計されています。標準技術を使って低コストにストレージエリアネットワーク (SAN) を構築することができます。

AOE の要件

AOE を使うには AUR パッケージの vbladeAURaoetoolsAUR が必要です。

# ip set link eth0 up
ノート: AOE は IP アドレスがなくても機能します。

dd でディスクを作成するには:

# dd if=/dev/zero of=vblade0 count=1 bs=1M

Vblade の起動

# vblade 1 1 eth0 vblade0 
ノート: vblade の代わりに vbladed デーモンを使用することもできます。

これでクライアントから ATA ドライブが認識できるようになります。

ローカルテスト

セットアップをローカルでテストするには vblade を lo に割り当ててください:

# modprobe aoe
# vblade 1 1 lo vblade0 &
# aoe-interfaces eth0
# aoe-discover
# aoe-stat
     e1.1         0.001GB   eth0 up

AOE を使う

# modprobe aoe
# aoe-interfaces eth0
# aoe-discover
# aoe-stat
    e1.1         0.001GB   eth0 up

通常のデバイスのように扱うことができます。fdisk でも表示されます。使用するにはまずファイルシステムを作成してください:

# mkfs.ext4 /dev/ethered/e1.1
# mkdir /mnt/e1.1
# mount /dev/etherd/e1.1 /mnt/e1.1